FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    西国分寺 「潮」 冬の夜の「蕎麦会席」 「あんこうのどぶ汁鍋」
    2018年01月15日 (月) 23:49 | 編集

    秋の落ち鱧を食べ逃し、年末も伺えず…、
    年明け楽しみにしていた、久しぶりの潮さん ふわふ~1

    18-1-15 店

    今宵は素敵な方々と共に、新春の宴 niko.gif

    西国分寺 「潮」

    扉の先から向かえてくれた笑顔のご主人に、
    まずは、改めて新年のご挨拶 niko.gif

    18-1-15 品かべ

    壁に貼られた品書きに冬の味覚が並ぶ中…、

    18-1-15 乾杯

    寒いけど、乾杯はビールで、
    サッポロ恵比寿で、今宵に乾杯~ 乾杯_M~1

    18-1-15 1かぶあぷ

    程なく置かれる「先付」は、春が舞い込む「花手まり」 春_桜_~2

    18-1-15 1くずし

    蕪の甘酢みぞれを手まりに仕立て、
    金時人参の小花に、中から零れる赤海鼠 。

    18-1-15 1たべ

    土佐酢で柔らかく上品に仕立てた蕪霙を
    たっぷり絡めた海鼠は、さっぱりコリっ、
    ん~、美味しい、残った汁も飲み干しちゃう love.gif

    18-1-15 品酒

    これはもう、お酒でしょう~と、
    長野の「松尾」を頂いて…、

    18-1-15 2前菜2

    いつも楽しみな、「前菜の盛り合わせ」

    18-1-15 2ちゃわんn

    牡蠣のすり流しを射込んだ、「牡蠣茶碗蒸し」に、

    18-1-15 2前菜2 (2)

    卵黄で炒った卯の花を蟹で巻いた、「かに卵の花寿司」、
    「蕗の薹の白和え」は、甘さ控えめで実に美味。
    「葉付き大根と豆腐の味噌漬け」に、

    「新唐墨」は、しっとりと柔らか、卵がほろほろ love.gif

    18-1-15 2まめ

    艶々ふっくらの「黒豆煮」の美味しい事。
    奈良「春鹿」、宮城「男山」とお替りをして…、

    18-1-15 3うめ

    続いて椀物、「白梅海老芋」。

    18-1-15 3うめ↑

    ぷっくりと浮かんだ白梅は、
    もちもちとやわらかな海老芋饅頭。

    18-1-15 3うめたべ

    優しく慈愛に満ちた白味噌に、はぁ~と充足のため息。
    饅頭の中のシルキーな海老芋に、
    真ん中には、ぷりっぷりの車海老。

    18-1-15 3梅大根

    下の柔らかな大根は味染みしゃくり、
    はぁ~、なんて美味しいんだろう~ love.gif

    18-1-15 4さよりよこ

    お造りが又美ししい、
    ぴかぴか輝く、「さより(かんぬき)」 

    18-1-15 4さよりたべ

    添えられた煎り酒の塩梅の良さに、
    さっぱりとしたさよりに甘みが広がり、
    高知「酔鯨」を頂いて…、

    18-1-15 5椎茸

    焼物は、「海老椎茸 二味焼き」。

    18-1-15 5椎茸たべ

    身厚のどんこ椎茸はじゅわっと滴り、
    盛られたほんのり甘い玉子は海老入り、
    くー、これお代わりしたい程っ buchu-.gif

    18-1-15 6つくる

    …と、ふわ~りい~いに匂いが漂い始め、
    横では潮さんが鍋仕込み。

    18-1-15 6の2

    極寒の鍋は、「あんこう鍋 どぶ汁仕立」

    18-1-15 6よそり4

    鮮やかな手捌きであっという間に完成した鍋を、
    潮さんが銘々によそって下さり…、

    18-1-15 6できた

    ん~お出汁が染みるぅ~ love.gif
    コク味深く、しかもさらりと、至極上品、
    春菊は煮込まずしゃきっと香りよく、

    18-1-15 6たべ

    ほろほろと零れ蕩けるアンコウの身に、
    様々な「お宝」をしゃぶりしゃぶり、
    しばし皆、無言で夢中~ buchu-.gif

    18-1-15 6ぞうすい

    はふはふと楽しんだその後は、
    お鍋の後の楽しみ、あんこう雑炊~

    18-1-15 6ぞうすいたb

    アンコウの出汁をたっぷりすった雑炊にはふはふ buchu-.gif
    添えられた漬物も見事な浸かり、
    すっか~り、お腹もいっぱいだけれども…、

    18-1-15 品産地

    やっぱり最後はお蕎麦を食べたい niko.gif

    18-1-15 7そば

    北海道弟子屈 「摩周そば」。
    きりっとした腰にツツっと落ちる粋な喉越し。
    鼻に抜ける爽やかな香りに、口に広がる甘みを楽しみ…、

    18-1-15 品そば

    冬の潮さんに来たら、これも楽しみ。

    18-1-15 7カレー

    料理人の作る「カレー蕎麦」 niko.gif

    18-1-15 7カレーたべ

    さら~っとした汁には、様々な野菜が煮込まれ、
    まるでポタージュのようにまろやかでぴりりっ、
    「蕎麦屋のカレー」とは異なる洗練した一杯

    18-1-15 7蕎麦湯

    はぁ~、今宵も大満足、
    さらさらとした蕎麦湯を頂いたら…、

    これも毎度楽しみな甘味 niko.gif

    18-1-15 8甘味

    和風モンブランのような、「千代の糸」

    色付けした糸状の百合根の餡に、
    さらりと蕩ける白餡、
    底はさっくさくの、胡桃を混ぜたメレンゲ。

    幾重もの層を崩すごとに、心を溶かす幸せ心地…love.gif

    IMG_0312.jpg

    もう一つ、ぷっくりと大きな、
    「あまおうの苺大福」。

    18-1-15 8甘味2

    白餡に生クリーム、あまおう苺ははっとする程甘く、
    ぷしゅっと口に滴り、
    心の底から、甘美な心地に酔いしれて…

    ご馳走様でした〜 hahha.gif 

    共に味わい語らったひと時も楽しき冬の宴、
    次は、春のお料理を早くも楽しみにして…ふわふ~1


    18-1-15 仏
    「武蔵国分寺 潮」 
     
    国分寺市西元町 2-18-11
    042-359-2898
    11:30~14:00 (~15:00土日祝)
    /17:00~21:00
    火曜定休 
    禁煙  P2台



    2017年 8月25日 「夏野菜のお浸し」灼熱の「とまと蕎麦」
    2017年 5月 1日 春の夜の「蕎麦会席」 「花山椒と筍の和牛鍋」
    2016年12月10日 暮の夜の「蕎麦会席」 「ふぐ白子の天かぶら釜」
    2016年10月31日 秋の夜の「蕎麦会席」「松茸と鱧のしゃぶしゃぶ鍋」
    2016年 5月 2日 春の夜の「蕎麦会席」 「花山椒と筍の和牛鍋」
    2015年12月17日 冬の夜の「蕎麦会席」 焼穴子と白子の「冬至鍋」
    2015年 夏のお昼の「蕎麦会席」 鱧三昧に「とまとの冷かけ」
    2015年 4月22日 春の夜の「蕎麦会席」 「花山椒と牛しゃぶ鍋」
    2014年11月27日 秋の夜の「蕎麦会席」 「せいこ蟹の鍋やき」
    2014年 8月25日 夏の夜の「蕎麦会席」 「比内鶏冬瓜釜蒸し」に「とまとそば」
    2014年 4月24日 春の夜の「蕎麦会席」 花山椒と筍の比内鶏鍋
    2014年 1月27日 冬のお昼の「蕎麦会席」 悲しみをも癒す幸せ料理
    2013年 7月24日 夏の夜の「蕎麦会席」 鱧しゃぶと冷かけ「とまと」
    2013年 5月 9日 春の夜の「蕎麦会席」 花山椒と軍鶏鍋
    2012年10月 8日 秋の夜の「蕎麦会席」 軍鶏に松茸
    2011年10月 1日 秋の夜の「蕎麦会席」 鱧に松茸
    2011年 7月 4日 夏の夜の「蕎麦会席」 絶品!とまとそば」
    2011年 4月20日 一人誕生会「限定平日のお昼のご膳」
    2010年11月28日 秋の夜の「蕎麦会席」 うずら茸鍋
    2010年 4月25日 春の夜の「蕎麦会席」 花山椒肉鍋
    2010年 1月31日 冬の夜の「蕎麦会席」 あんこう鍋
    2009年11月 1日 秋の夜の「蕎麦会席」 松茸と鱧のしゃぶしゃぶ鍋
    2009年 8月10日 夏の夜の「蕎麦懐石」 鮑のステーキ
    2009年 3月23日 春の夜の「蕎麦懐石」 竹の子と蛤に鯛の鍋
    2007年11月23日 秋の夜の「蕎麦会席」 鯛と聖護院蕪の鯛チリ
    2007年 6月20日 「焼筍」、「鰊昆布」、「そばきり」
    2005年 3月18日 「そばきり」
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント
    この記事へのコメント
    グスタフ様
    はい、あんこがとにかく美味しいの。しかもふわふわの生クリームも入っているので、もうケーキのようでした♪。
    2018/02/13(火) 10:08:35 | URL | yuka #-[編集]
    お料理からデザートまで
    昔、初めて食べたイチゴ大福ががっかりのお味で、それから「邪道」と敬遠していました。

    でも、あるとき美味しいと評判のイチゴ大福を口にしたら、バランスも絶妙で考えが一気に変りました。


    こちらのイチゴ大福もきっと感動物でしょうね。

    お料理からデザートまで本当に美しく美味しそうです!
    2018/02/06(火) 15:27:09 | URL | グスタフ #D32UzxwU[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >