つれづれ蕎麦 
    石神井公園 「菊谷」 ぶっかけそば
    2006年08月30日 (水) 20:34 | 編集
    先週、主治医の診察時間が変更になっていて、診察してもらえなかったので、
    再び病院に・・。
    ーと!なんとっ、今日は、緊急で休診~
    急を要するわけではないし、主治医以外の先生に診てもらうのもなんなので、
    「どないしよ~・・」な気分で駅に戻る。

    ぽっかり時間も空いてしまったし、かと言って、今から遠出も出来ないし・・、ここは、久しぶり(?)に、石神井公園に行こう♪

    で、再び、お気に入りの「菊谷」さんに、突如お邪魔する。
    石神井公園に着いた途端に、雨まで降り出し・・、これは、”雨宿りして行きなさい”というお告げね♪、などと、言い訳をしながら、見知った扉を・・。

    地元の方達かな?が、楽しそうに憩っている店内の、今日はカウンターの一番奥の椅子を引く。
    相変わらず、ご主人のやわらかな対応は、本当にうれしい。

    20060830202938.jpg
    ちょっと迷ったけど・・、
    外は雨だし、予定もなくなっちゃったし、

    そして、このお店は、本当にいつも
    ゆっくりしたくなってしまう。

    ・・ので、「四季桜」花神を頼んじゃう


    四季桜の優雅な上品な香り、それでいてすっきりと辛口のお酒。
    んんんー、これは昼酒にいいお酒だなぁ~・・ 充ての「昆布煮」も美味しい。

    20060830202923.jpg20060830203010.jpg

    本日の小鉢の中から、「胡麻豆腐」の文字が見えたので、すかさずそれをお願いすると、ご主人が「前回なかったので」と、四季桜の大吟醸粕で作られた、自家製の山葵漬けまでサービス♪

    以前頂いた、やはり自家製の山葵漬けより、さらに美味しい!
    四季桜の山葵漬けで、四季桜を頂く・・・、なんだか非常に贅沢な気分~


    ≫ "石神井公園 「菊谷」 ぶっかけそば" の続きを読む...

    スポンサーサイト

    麻布十番 「更科堀井」
    2006年08月29日 (火) 20:04 | 編集
    又しても、昨日は出口のない洞窟のような残業になり、ほぼ一日オフィスに篭もらされ・・、へろへろになりつつの、今日。

    晴れて♪、今日はなんとか終わり、さっさと退社。
    こんな日でもなければ、ゆっくり見ることもできない、ヒルズの中のお店やらを、ぷらぷら見つつ、いつもとは反対側の、麻布方面へと足を向ける。

    麻布十番の商店街は、不思議な町。都心ど真ん中だというのに、肌にしっくりするような、生活感のある空気が流れ、下町風情が続く。・・・のに、着崩した感じで歩く人々も、やはりどこかセンスが洗練されている。。

    都会の中の下町。こういう町を、ゆっくりと歩いているのは、なんだか楽しい。

    そして、その真ん中あたりに、ショーケースに蕎麦のサンプルも飾っている、老舗のお店。
    考えてみると、かなり久しぶり。
    夕方には、まだちょっと早めの中途半端な時間だけど・・、ここに寄り道して帰ろう~・・。

    20060829195420.jpg

    「総本家 更科堀井」

    創業寛政元年。
    20060829194318.jpg
    この、お江戸東京の、列記とした老舗の蕎麦屋。
    佇まいのどこかしらから、遠い年月を思わせつつも、奢ったところなく、気兼ねなく立ち寄れる、気さくさをも携えている。

    この町にも、新旧いくつかの蕎麦屋はあるけど、私はここがやっぱり好き。

    扉を開けると、この時間でも、適度な人の賑わう店内。
    しゃきしゃきとした、気持ちのいい女将さんに通される。



    ≫ "麻布十番 「更科堀井」" の続きを読む...

    練馬 「176」
    2006年08月27日 (日) 09:34 | 編集
    昨日は、突然「行こうよ」と話が出て、急遽友人たちと、休日のランチ。
    なぜか(?)練馬で待ち合わせて、意見のあったお店に決まる。

    私もかれこれ、一年ぶり。前回は、さくっと一人で蕎麦を手繰っただけで、いつかゆっくりと訪れてみたいなぁ、と思っていたお店。

    20060827091035.jpg

    練馬駅西口からすぐ。
    ガード下に突然、野の里の片隅でふと出会ったかのような、草庵のような佇まい。
     
     「そば 176」

    住所も郵便番号も176という、遊び心を持った店。
    店前に植え込まれた自然に伸びた植栽が又、得も言われぬ雰囲気をかもし出している。

    ≫ "練馬 「176」" の続きを読む...

    布田 「たなか」
    2006年08月25日 (金) 20:52 | 編集
    調布に出向く用があったので、久しぶりに布田の「たなか」さんを訪れてみる。
    20060825203843.jpg
    駅から、ちょっと離れているのがつらいところだけど、相変わらずの店構えにほっと・・。
    ほぼ、一年ぶりかしら~・・

    「手打ちそば たなか」


    20060825203606.jpg
    というのも・・、
    こちらの、ランチメニューがすごく心に残っていたので、又、ぜひ食べたいな、と思っていたので。

    おしおし 出てる出てる♪

    「蕎麦屋のランチ」





    ≫ "布田 「たなか」" の続きを読む...

    吉祥寺 「中清」
    2006年08月24日 (木) 19:52 | 編集
    吉祥寺で所要があり出向き、すっかり用を済ませてから、ちょっと遅めのお昼。
    入院中からずっと気になっていたお店へ、今日は行ってみよう・・。

    いろいろな方のブログや、HPを見ては気になっていたけど、先日、信頼おける知人の話を聞いたら、とにかく行ってみたくて仕方なかったところ。

    吉祥寺の駅からは、ほど・・・遠い 、分かってはいたけど、この暑さの中を歩くと、さらに遠く感じてしまう。でも!今日は、絶対行ってみたい・・。

    五日市街道を出て、成蹊学園を目指すようにしばらく歩くと、やっと眼中に看板が入ってきた。
    着いた~っ・・・

    20060824194215.jpg

    普通の町のお蕎麦屋さん風情。 でも主張のある暖簾が大きく入り口に掛けられ・・・、ん?「清田」?
      
      「手打ち 中清」


    ≫ "吉祥寺 「中清」" の続きを読む...

    小平 「吟」
    2006年08月23日 (水) 18:38 | 編集
    午後から病院なので、病院からも比較的近場の小平でお昼。
    20060823181958.jpg
    久々に小平の「吟」さんへ伺う。

    電車で来るのは初めてだったけど、
    小平の駅を北に出て歩くとほどなく。

    相変わらず、粋な暖簾がそよいでる。

     「手打そば 吟」


     


    ≫ "小平 「吟」" の続きを読む...

    駒形 「蕎上人」
    2006年08月22日 (火) 20:41 | 編集
    人形町での所要があり、終わったのが昼すぎ。
    丁度いい・・。このところ、何となく、「基」なる処をやっぱり訪れてなくては、と思っていたから。

    この所よく、出会うお蕎麦屋さんの親であるお店。なんだか、まだ敷居が高いような気がしていたけど・・。人形町から都営浅草線に乗ればほんのすぐそこ。場所は分かってる。

    20060822203511.jpg

    ちょっと、緊張した気持ちを抱えながら、「浅草」で下車。何度も訪れている町だけど、このお店の前に来るのは初めて・・。

    殺風景なビルの間に、ここだけ、静かな威厳のようなオーラが漂う。

     「駒形 蕎上人」

     
    ≫ "駒形 「蕎上人」" の続きを読む...

    福生市 「志向庵」
    2006年08月19日 (土) 23:28 | 編集
    美味しいお醤油が欲しくなると、いつも野田の「板倉」に行っていたのだが、Manoaさんが前に福生のお醤油屋さんを紹介していたので、東京の醤油も・・と、買いに出かける。

    この辺りには本当に、行きたいお店がいっぱい。
    その中から今日は、醤油屋さんに近そうな、牛浜駅近くのお蕎麦屋さんでお昼を頂くことに。ここもずっと、行って見たいなと思っていたお店。

    五日市街道を通り、牛浜の駅を通り過ぎて、小さな「銀座通り」を入るとほどなく、禅味ある店構えが見えてくる。

    20060819180021.jpg


      「蕎麦・酒肴 志向庵」

    熱風にそよぐ暖簾が、ちょっと涼味を感じさせてくれる。



    ≫ "福生市 「志向庵」" の続きを読む...

    田無 「ほしの」
    2006年08月17日 (木) 21:05 | 編集
    20060817191800.jpg
    また、是非訪れたい・・と、ずっと思っていたお店。
    今日は、お休みをもらって、近くに住む蕎麦友とのんびりランチを楽しもうと、伺う。

    田無の駅からバスでほどなく。
    「ひばりが丘団地西口」バス停で降りると、目の前に看板が目に入る。
    確か、去年訪れたのも、こんな夏の日・・。


    シンプルなマンションの半地下になる階段を下りると、変わらぬ入り口がお出迎え。
    20060817190617.jpg

      「手打ちそば ほしの」

    女将さんが一人でもてなしてくれる、気兼ねないサロンのような素敵なお店。


    ≫ "田無 「ほしの」" の続きを読む...

    六本木 「六本木更科」
    2006年08月16日 (水) 21:20 | 編集
    忙しく、外に出る時間がないので、今日はビル内にある「六本木更科」さんでお昼。

    テーブル席4つに、大テーブルひとつが、狭い空間にぴしっと並ぶ、お昼時には、近くのサラリーマンが入っては、出ていく繁盛したお店。

    今日は私も「せいろそば」で、「うずらの卵つき」にしてもらう♪
    20060817211818.jpg20060817211831.jpg

    機械切りだろう蕎麦だが、腰は固い。盛りもよくて、結構おなかいっぱいになるせいろ。多くを望まなければ、これも又、いいか。

    何しろ、早いし、どんなに混んでいても、にこやかに見事な客さばきをする花番さんは気持ちがいい。おじさんも感じがいいし、こういうのは、仕事合間のちょっとのひと時には、うれしいもの。

    今日もご馳走さまでした~・・

    せいろ 600円、うすらの卵 30円、
     お昼の定食 850円から(丼、蕎麦、サラダ、お漬物)


    20060817211842.jpg
    おや?こんな札が立ってるけど・・??

    「六本木更科」
    六本木ヒルズ ノースタワーB1
    03-3405-2876
    11:00~23:00
    中休みなし




    武蔵新城 「鴨門」
    2006年08月13日 (日) 21:46 | 編集
    梶ヶ谷にあるお気に入りの花屋さんに連れて行ってもらうついでに、比較的近くに、以前、detakeさんが紹介していたお店が気になっていたので、そこでお昼を食べようと向かう。

    246から梶ヶ谷の駅を通過してしばらく行ったところにある、「武蔵新城」という町。
    コインパーキングに車を止めて歩くと、なあんだかとってもかわいらしい商店街が続く。
    猛暑の中、その商店街をしばらく行くと、はたはたとひらめく、大きめな「手打ちそば」の旗が見てきた。これだ・・

    20060813214327.jpg


    お寿司屋さんのようなこざっぱりとしたお店。でも、力強く掛けられた「手打ちそば」の看板が頼もしい。
     「手打ちそば処 鴨門」

    ≫ "武蔵新城 「鴨門」" の続きを読む...

    神田 「眠庵」 かけそば
    2006年08月11日 (金) 23:38 | 編集
    今日もまたまた、残業でくたくた。足は、久しぶりに神田へと・・。
    ぼんやりと灯る光の路地の先に、懐かしいような民家の引き戸の、「眠庵」。

    20060813103632.jpg
    8時も回った時分、
    ひときわの喧騒が過ぎたような
    静かな店内で・・。

    まずは、ヱビス小瓶でほっと。

    今日頂いたのは、「小夜衣」純米吟醸。
    やさしく上品にふわりと香っていく、清々しい初夏の風のようなお酒。

    20060813103654.jpg20060813103946.jpg

    あての豆腐は、いつもにも増し甘みのしっかりしたもの。


    ≫ "神田 「眠庵」 かけそば" の続きを読む...

    鷺宮 「加賀屋」
    2006年08月10日 (木) 21:16 | 編集
    中杉通りは「蕎麦街道」。

    通り途中にあるいくつかのお蕎麦屋さんの名前が、さらりと「憩う」にいくつか書かれていて、どれをもいつかは行ってみよう~、なんて思ったりしてたけど。

    今日は、買い物帰りにちょっとだけ・・。 鷺宮駅近くにあるお店のひとつに、寄ってみる。

    20060810211019.jpg

    駅からさらに阿佐ヶ谷へと続く道なりに、町の蕎麦屋さんにしては威厳がありそうな、ちょっと風格のあるお店がさりげなく佇ずむ。

    「手打ちうどん 蕎麦 加賀屋」
     
    ≫ "鷺宮 「加賀屋」" の続きを読む...

    六本木 「本むら庵」 
    2006年08月09日 (水) 23:10 | 編集
    予期せぬことに、残業になってしまいへろへろ・・。
    わざわざ何処かに行く元気はないけど、通りがかったらふらふらとついつい寄ってしまった
    20060810090820.jpg
    先日はお盆休みで真っ暗だった窓も、
    今日はぼんやりと薄明かりが外に漏れている。

    いいなぁ、この風情も・・

    お馴染み
    「六本木 本むら庵」





    ≫ "六本木 「本むら庵」 " の続きを読む...

    東伏見 「蕎夢 三晃庵」 鴨せいろ
    2006年08月08日 (火) 20:55 | 編集
    昨夜は、銀座の「国定」さんで、蕎友達と飲み食いを。
    途中で、特別ゲストまでいらっしゃったものだから、久々(?)に、みんなではじけちゃったっ

    記憶おぼろながら、カメラに残っていたお料理・・
    20060808205030.jpg20060808205048.jpg
    20060808205058.jpg20060808205107.jpg
    06-8-7.jpg
    こ、こんなもの食べた?
    なんてものまで~・・

    しかも、無念ながら、
    蕎麦の写真がないっっ。
    確かに、美味しい「鳥そば」を食べたはずだが・・・


    ・・・というわけで、ちょっと二日酔いの残る気分で、食べなおし(?)に、
    近所の蕎麦屋「蕎夢 三晃庵」さんへ


    ≫ "東伏見 「蕎夢 三晃庵」 鴨せいろ" の続きを読む...

    吉祥寺 「よしむら」 
    2006年08月06日 (日) 22:08 | 編集
    彼が休日出勤なので・・、たまには休日に一人でゆっくり蕎麦屋昼酒を、と密かに画策し、久しぶりに「よしむら」さんへ向かう。
    20060806220243.jpg
    家事などを終わらせてゆっくり向かう。
    でも、大丈夫
    なって言ったって、ここは日曜日は中休みなし♪

    とはいえ、炎天下の中へとへとになりそうなところで・・、
    ようやく看板が見えてくる。

    20060806220035.jpg

    ほぼ、一年ぶりの訪問。変わらぬ佇まいが、なんだか懐かしい。

     蕎麦ニ味酒「よしむら」
     

    ≫ "吉祥寺 「よしむら」 " の続きを読む...

    野方 「手打ちそば かわむら」
    2006年08月03日 (木) 22:27 | 編集
    仕事を終わせ帰ろうとしたら、彼は飲んでくると電話が。
    だったら・・、私も寄り道してこっと、駅途中の「本むら庵」に向かうと、ん?暗い。
    入り口には貼り紙があり、なんとっ、夏期休業と・・・ 

    仕方なく諦めて大江戸線に乗り、一度は帰ろうと思ったけど、食べられないとなると妙に、食べたくなってしまうもの。

    ・・で、咄嗟に野方で途中下車。久しぶりに、「かわむら」さんへ。ほぼ半年振り。
    駅からも程近いので、だるい暑さの残る今日なんかはとてもうれしい。少々不安はあったけど(お休みだったらどうしよう~と)よかった やってる。

    夕方の口開けのように、静かで整ったお店に入ると、またにこやかな若女将さんに通され、奥のテーブルに。ん?テーブルの配置が少し変わった・・。
    20060804082620.jpg
    で♪、仕事明けだし・・、
    と品書きを広げて、まだ飲んだことがなかった埼玉の「秩父錦」純米を冷やで頂く。

    お、この塗りの酒器は「さらしなの里」さんと同じだ。
    思ったより、すっきりとした軽快で爽やかなお酒。
    蕎麦前にはいいな。
    充てには、濃厚な蕎麦味噌。




    ≫ "野方 「手打ちそば かわむら」" の続きを読む...

    一橋学園 「悟空」
    2006年08月02日 (水) 22:14 | 編集
    午後の診察は2時からだから・・その前に。
    今日なんだかとっても行ってみたい・・、そう思い立っていそいそと向かう。
    萩山で乗り換える国分寺線はなんてのどかな電車。一橋学園駅に降り立ち、朧げな記憶を元に小さな商店街にたどり着く。

    主婦や、夏休みに入っている少年たちが駆け巡る小さいながらも賑わいのある商店街をゆっくりと下ると、次第に人がまばらになって・・、そして目の前に目指すお店が見えてくる。

    20060802153910.jpg

    「石臼挽き 十割蕎麦 悟空」

    黒板に描かれた石臼の絵がなんだ微笑ましい。




    ≫ "一橋学園 「悟空」" の続きを読む...

    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >