FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    京都 下京区 「たかはし」
    2008年03月01日 (土) 22:29 | 編集
    2月27日夜 (

    「じん六」さんでの余韻に浸りながら、降り出して来た雪の為に傘を取りに一度ホテルへ。
    ほっと一休みしたところで・・・
    さてniko.gif
    夜は又、行こう~と思いつつ2年も経ってしまった、お目当てのお店へと。

    と、京都在住の蕎麦に詳しい御仁が、急遽連絡を下さる。心もとない一人旅としては、これは何と心強いお言葉。喜んで、大丸の前で待ち合わせ。

    08-2-27d 入り口
    大丸前の細い路地。

    ひっそりとした暗闇に、果たしてお店はどこに・・・?
    と、左右をきょろきょろしながら歩いていくと、
    ふっと小さな明かりのついた階段に行き当たる。

    ここ・・・hatena.gif

    08-2-27d 看板
    近づいて見る小さなささやかな看板は、まさしく目指していたお店の名前。

    こ、これは、まさしく「京都の隠れ家」・・・。
    と、看板の横の階段を上って二階へと。


    京都 烏丸 「たかはし」



    ≫ "京都 下京区 「たかはし」" の続きを読む...

    スポンサーサイト



    京都 北区「じん六」
    2008年03月01日 (土) 08:56 | 編集
    2月27日 (東京、京都

    骨折で延び延びになってしまっていた、2年越しの夢、京都へ・・。
    何日も前から、興奮して眠れない夜をすごしつつ、浮いてしまいそうな足取りで、念願の「京都一人旅」へと新幹線に乗り込む。

    08-2-27 富士山

    静岡を通り過ぎる時、車窓から見える富士山の美しさに、一人ため息。

    ・・・が、岐阜あたりに差し掛かると一転して吹雪いている車窓からの景色を見つつも・・、なんとか昼遅くの京都にのんびりと到着。すぐに、ホテルへ向かい一旦荷物を降ろす。
    そして、腰を下ろす間ももどかしく、すぐに地下鉄へ。

    下車した「北山駅」を、はちきれそうな気持ちで地上へと。と、な、なんと、雪が降っている bikkuri.gif
    お日様が輝く中で、ふわふわと雪が舞い落ちてくる景色は、異国の絵本の中のような幻想的な光景。通り沿いの、素敵な喫茶店や、パン屋さんが並ぶ、ハイソな雰囲気の漂う道沿いを、私も雪とたわむれながら、ゆっくりと進んでいくと・・・、

    08-2-27 看板
    ふと目の前に、このお洒落な雰囲気の通りからはちょっと異質な、素朴な木の看板に行き当たる。

    こ、ここだ・・・hahha.gif

    念願のお店、京都に来たらまず真っ先に訪れたいと思っていたお店・・・。

    08-2-27 店

    看板の後ろに立て掛けられた品書きを見ながら、入り口へと入っていくと、この界隈から切り離された、どこかの山奥でふっと出会ったかのような草庵を思わせる、禅味あふれた佇まい。

    京都北山 「蕎麦屋 じん六」


    ≫ "京都 北区「じん六」" の続きを読む...

    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >