FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    大阪 谷町 「月山」
    2008年12月10日 (水) 23:12 | 編集
    12月7日 

    いよいよ、大阪での最後の夜。

    かの松尾芭蕉が、「雲の峯 いくつ崩れて 月の山」 と詠った出羽三山のひとつ、月山。
    その山と同じ名前にまず興味を持っていたところ、行かれた友人の話を聞き、ここは是非夜に訪れたいと・・・futt.gif

    谷町9丁目の駅で降り、谷町筋通りへと。
    激しく車の行きかう大通りを歩いて行くと、程なく目の前に見えてくる控えめな灯り。

    08-12-7-2 店

    08-12-7-2 品書き
    あれだ・・・!
    と、近づくと木の札にこれも控えめに書かれた「月山」の文字。

    あまりにさりげなくあったお店には、灯りに照らされ品書きが置かれてる。
    本当だ・・・♪
    お料理にお酒、その種類の多さはうれしいもので、これは楽しそう~futt.gif


    と、その横から建物の中に入っていくと、ほのぼのとした印象を受ける入り口が、ある。

    08-12-7-2 店入り口

    山形そばと地酒に料理 「そば匠  月山」

    ≫ "大阪 谷町 「月山」" の続きを読む...

    スポンサーサイト



    大阪 福島 「からに」
    2008年12月10日 (水) 20:17 | 編集
    12月7日  9℃

    前夜の帰り道のあまりの寒さに鼻水が止まらず、コナモンの方々との合流を諦め早めにホテルで休んでいたので・・・、
    それが効してか、朝気持ちよく目も覚め、冬の気持ちのいい空気の中、早めにホテルを出発。
    その蕎麦の写真から、是非とも行ってみたいと思っていたお店へと niko.gif

    地下鉄からJRに乗り換え降り立った福島駅。
    地図を頼りに、駅下に伸びる駅前の商店街を抜け、入り込んだ聖天通商店街。
    これがなんとも懐かしい風情たっぷりの下町情緒。お豆腐やさんにお魚やさん、レトロなお店が並ぶ通りは、ゆっくりと歩いているだけでも楽しい。

    と、ふと目の前の角に現れた長い紺地の暖簾。
    こ、ここが・・・bikkuri.gif

    08-12-7-1 店

    あまりにもさりげなく、町にとっぷりと溶け込んだ古いギャラリーのように飄々と佇む。

    大阪 福島 「そば切 からに」



    ≫ "大阪 福島 「からに」" の続きを読む...

    大阪 「たかま」
    2008年12月10日 (水) 08:33 | 編集
    12月6日 

    たこ焼きやさんを出て、ひとまずホテルにチェックイン。
    今夜は関西のラーメンの方々の大規模な忘年会があるらしく、それに向かう人、向かわない人と別れる中・・・
    私は夜蕎麦へと、再び niko.gif

    今夜に、と選んだのは、「関西の蕎麦101」で見て行ってみたいと思っていた、天神橋のお蕎麦屋さん。

    ちょっと休んだ後にホテルを出たら、ますます寒さが増している~っitata.gif
    そんな中、目指すお店へと、地下鉄に乗り天神筋六丁目へと。

    土曜日の夜だからだろうか、ひっそりとした天神筋の大通り。
    目印のファミリーマートを曲がり、暗い路地沿いを歩いていると・・・、
    程なく、心和む小さな明かりの灯ったお店に行き当たる。

    08-12-6-2 店

    素朴に作られた木板の壁。
    一見蕎麦屋とは分からない、シンプルですっきりとしたセンスのいい店構え。

    大阪 天神橋 「蕎麦 たかま」
    ≫ "大阪 「たかま」" の続きを読む...

    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >