FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    代田橋 「まるやま」
    2009年06月02日 (火) 23:38 | 編集
    近くまで所用で来たので…、久し振りにご挨拶がてら、「まるやま」さんへ niko.gif

    09-6-2 みs

    今日は、あの粗挽きのお蕎麦で、さっぱりとした「おろし」が食べたいな~…

    代田橋 「手打蕎麦 まるやま」
    ≫ "代田橋 「まるやま」" の続きを読む...

    スポンサーサイト



    阿蘇 「蕎麦や漱石」
    2009年06月02日 (火) 12:11 | 編集
    5月31日

    前日の雨もすっかり上がり、今日は爽やかないい天気。
    今回の九州で、ただひとつだけ、どうしても行きたい場所があって…と、お願いして阿蘇へと寄って頂く事に。

    09-5-31 あそ

    宮崎から熊本へ。
    高千穂の景色とは又違う、雄大なる阿蘇の風景をたっぷりと望みながら、すっかり阿蘇の魅力を堪能し…、いよいよお店へと。

    広々とした国道沿い。
    その両脇に、和菓子やさんにケーキ屋さん、雑貨屋さんなどが並びちょっとした人気スポットになった隅の方に、小さな手書きの看板が目立たぬように立っている。

    その横の細い路地を入って行くと、後ろに雑木林を携えた静かな一角に入り込み、すっと佇む一軒家。

    09-5-31 みs

    行こう行こうと思っているうちに、保谷から九州へ移転してしまって残念に思いながら、ここに来る事をずっと夢見てきた念願のお店。

    阿蘇 「自家製粉・石臼挽き手打ちそば 蕎麦や漱石」

    ああ、やっと…futt.gif
    ≫ "阿蘇 「蕎麦や漱石」" の続きを読む...

    高千穂 「天庵」
    2009年06月02日 (火) 07:00 | 編集
    雨に降られながらの高千穂峡散策から、一旦宿に入り…
    「神楽の舞」の名前の所以となるところの、本物の「神楽の舞」を見物しに再び出発。

    囲炉火を囲んで、神話に元づいた「神楽の舞」。

    09-5-30 神楽舞

    「手力雄の舞」に始まり、「鈿女の舞」、そして、〆の「戸取の舞」。
    天岩戸を開き天照大神(あまてらすおおみかみ)に再び出て頂き、
    これで又世の中が明るくなった…という神話に基づいた舞。

    ちかちかと興っている炭火を囲みながら…というのが又良く、
    むか~し読んだ神話を思い出しつつ見入ってしまう。

    09-5-30 神楽舞差k

    ふむふむ、この「神楽の舞」、確かにこの雰囲気がよく出ているなぁ futt.gif

    09-5-30 神楽舞かっぽ09-5-30 かっぽのbm

    そして、ここでふるまわれるのは、「かっぽ酒」。
    竹筒に焼酎を注ぎいれ、それを囲炉裏に掛けて温めて飲むそう。
    注ぐ時に、かっぽかっぽ…と、心地いい音が聞こえるのが、何とも風流~。
    焼酎には、竹の香りがほんのり移り、これは又美味。
    (でも焼酎そのものの味は、分からなくなっちゃう??(笑))

    お料理は、囲炉裏にど~んと置かれる大きな竹笊に盛られたお煮しめなど。

    09-5-30 神楽舞料理

    「しょーけ盛り」という(そうな)、薩摩揚げに野菜の煮物、それにお握りやお稲荷…
    などなどぎっしりと盛られたお料理。
    宮崎独特との、やや甘めの味わいが、しみじみとして美味しいなぁfutt.gif

    と、珍しい経験をさせて頂き……… sunglass.gif


    やっぱ~り、〆はお蕎麦でしょうっ♪
    運よく宿近くにあった、高千穂町中にある、手打ちのお蕎麦屋さんへ~。

    09-5-30 夜1

    街中の通りから入った路地すぐに、木彫りの看板が暗闇に灯されている。

    09-5-30 夜3

    その横の細い通路を入って行くと…
    凛っとした「蕎麦」の文字に、すっと降ろされた生成りの暖簾。

    高千穂 「手打ちそば 天庵」

    かの高橋さんの達磨で修業なさったとの、女御主人の手打ちのお店。



    ≫ "高千穂 「天庵」" の続きを読む...

    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >