矢川 「素朴庵」 山かけ蕎麦

2008/07/25/23:20  [東京都下の蕎麦]国立市 画像あり

今日は、敬愛するお方二人と、ちょっとした小さな昼の宴会を、素朴庵で・・・niko.gif

08-7-25 店

駅からほんのすぐそばなのに、ここまで歩いてくるだけで、汗が出てしまう暑さの中、緑に囲まれたお店にほっと・・・

矢川 「十割蕎麦 素朴庵」


08-7-25 乾杯
まずは、やっぱ~りビールで乾杯~onpu.gif

暑い夏に飲む、このジョッキの生は
又格別・・・。


そして、お通しの定番の「素朴煮」は、今日は涼しげにガラスの器で。
中に枝豆が入った季節感溢れる施し。

08-7-25 あて

それに、見目も美しく盛られた「自家製ぬか漬け」。
ゴーヤ、人参、蕪、茄子、胡瓜、山芋と豊富な種類の漬物は、どれもが美味しい。

08-7-25 漬物

それに・・・、とろりと揚げられらた「茄子の揚げ煮」。

08-7-25 茄子

ほんのり甘めで、ジューシーな「出し巻き玉子」は、銘々に出して頂けるのがうれしい心遣い。

08-7-25 たまご

と、ビールから早速切り替えて・・・
08-7-25 酒
ご主人のお許しを受けて、御仁のお一人が持ってきてくださった、(幻の)「森伊蔵」。

フルーティーで芳醇な香りが、すぅ~っとぬけるような、どこまでもまろやかな口当たり。
こ、こんな柔らかい焼酎、初めて。
お、美味しい~~っbuchu-.gif


そして、大好きな「三河屋の冷奴」をお願いし(写真失念・・・ase.gif)、
さらに「鳥レバの味噌漬け」も。
これが、とても美味しいとのこと。(私はちょっと苦手m002.gif

08-7-25 レバ

そっと、奥様が出して下さった「蕎麦寿司」。ここの蕎麦寿司もとっても美味しい~。

08-7-25 そばずし

さらに・・・、
まだ頼んだ事のなかった「サバの燻製」。

08-7-25 さば

脂がじっとりと乗ったサバが、香ばしく焼かれ、口に含むとふわりと薫る薫香がオツな味わい。サバの旨さが凝縮され、これは旨いっ。

08-7-25 さばアップ

・・・と、美味しい焼酎にお料理を前にし、尽きる事のない蕎麦談義などなど。
楽しく濃厚な会話に、時間の立つのをすっかり忘れてしまいそう・・・。
暖簾を下ろしてご主人をも交えてのお話などもさせて頂き、そろそろお蕎麦をも。

お二方は、「もり」と「田舎」の二色を頼まれ、
私は、「半田舎」と、前回頂いた「山葵芋」がとてっも美味しくて、是非食べてみたいと思っていた「山かけ蕎麦」をハーフでお願いすることに。

08-7-25 田舎

まずは、素朴庵独特の、挽きぐるみで色の濃い、蕎麦の欠片がびっしりと覆う、「田舎蕎麦」。

08-7-25 田舎あぷ

手繰り寄せると、香りはやや穏やかめ。
さすがにこの時期だし・・・と、口に含みしっかりとした腰の蕎麦を噛み締めると・・・、
これが濃い!
穀物の香ばしい味わいが、深く豊かに広がってくる。
や、やはり、この蕎麦は、美味しい~・・・love.gif

と、満足な気持ちに浸っていると、念願の「山かけそば」も。

08-7-25 山懸

すっきりと澄んだ美しいかけ汁を、まずは頂く。
出汁がしっかりと感じられる、まろやかですっきりとした上品なかけ汁。
すぅ~っと体に染み入るような、柔らかく優しい汁は、やはり旨い。

しかも、ふわっふわの山かけもあるが、こちらのはとろとろ~っとした山かけ。
山芋が汁に溶けて一体になっているかのよう。
これが、かけ汁を一層まろやかにしたようで、しみじみと美味しい。

そして、中の蕎麦をと手繰ると、柔らかくとろりとした山芋が、程よく蕎麦に絡まってくる。
これを一緒に口に含むと、山芋の素朴な風味が蕎麦と合わさり、優しさとコクを感じらる。
これはいいな~

08-7-25 山懸たべ

暖められた蕎麦も相変わらず美味しくて、すっかり汁まで頂いてしまう。ん~、大満足 futt.gif

08-7-25 蕎麦湯

最後には、もり汁にとろとろの蕎麦湯を注ぎいれ、これもたっぷりと頂き、余韻を噛み締めるひと時。

08-7-25 だんご
ちょこんっと出される、小さなそば饅頭はやっぱりうれしい。

これをゆっくり頂きながら、
楽しかったな~・・・と、しみじみ思う。
蕎麦を通じての人との触れ合い、
なんて幸せなことだろう~と・・・futt.gif。。。


今日も又、ご馳走様でした~hahha.gif

いつしか、すっかり、外も涼しい風が吹き始め・・・。


ぬか漬け盛り合わせ 420円、冷奴 315円、サバの燻製 600円、自家製鳥レバの味噌漬け 630円、出し巻き玉子 735円
二色そば、山かけそば 945円


*夏休み 8月4~6日 / 18~20日

08-7-25 ごちそうあま
「手打蕎麦 素朴庵」

東京都国立市谷保 6721-1 
042-571-0019
10:00~15:00 / 17:00~20:00
月曜、第1,3火曜休  
店内禁煙 Pあり
これまでの訪問

関連記事
トラックバックURL

http://chibiyukarin.blog4.fc2.com/tb.php/1016-2bb232ea

◄ prev next ►