FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    武蔵小山 「ちりん」
    2008年08月07日 (木) 23:55 | 編集
    武蔵小山に、ちょっと前に新しくできたお蕎麦屋さん。

    ずっと気になっていたのだが、平日は夜だけの営業とのことで、なかなか伺えなかった所、今日は近くで夕方まで所用があったので・・・,
    友人を誘って、訪れてみることに niko.gif

    武蔵小山南口、賑やかなパルム商店街とは反対側の、病院の間を通る細い小道を進んでいくと・・・、程なく。
    すっきりとした白い暖簾が長々とかかった、間口の広いお店に行き当たる。

    08-8-7 夜店

    まだ新しそうな木のカウンターが外からも見え、中の様子が垣間見える作り。
    こういうのはどこか安心できて、うれしいな。

    08-8-7 夜看板2

    と、近づくと・・・、足元にそっとおかれた小さな看板。

    武蔵小山 「手打蕎麦 ちりん」

    入り口の前には、きちんとお品書きも置かれていて、これに目を通しながら、ガラス尾扉を開く。

    08-8-7 夜品書き外

    熱心に下準備だろうか・・・、厨房で仕事をしていたご主人が、すぐに手を休め、
    「いらっしゃいませ niko.gif
    と、笑顔で迎えて下さる。

    コの字型に伸びたすべて手作業が見渡せる、オープンカウンターに白いスツール。
    その一角に通され並んで腰を下ろす。

    すっきりとしてシンプル、茶色の木で統一された店内は清潔感に満ち、気持ちがいい。
    蕎麦屋というよりは、気さくな居酒屋のような雰囲気で、ほっとした心地にさせられる。

    まずは・・・、
    「お疲れ様」の、ビールで乾杯~onpu.gif

    08-8-7 夜ビール

    出されたビールは、「アサヒプレミアム熟撰」。
    お通しは、さっぱりと古漬けの胡瓜に大根。

    ビールでほっと一心地着けたところで、品書きを。
    目の前に置かれた品書きには、やっぱりお蕎麦屋さん、まずは蕎麦のメニューを筆頭に、定番のお料理のメニューが書かれてる。
    さらに・・・、
    日替わりなのかな?、心そそらえそうなお料理にお酒が黒板に手書きで書かれ置かれてる。

    08-8-7 夜品書き黒板

    あれこれと吟味し、いくつか頼んだお料理は。。

    まずは・・・、これもあったらついつい頼んでしまう「ポテトサラダ」。
    ここでは「和風」と頭についているのが、又興味をそそられてしまうところ。

    08-8-7 夜ポテト

    頼むと程なくだされた「和風ポテトサラダ」は、パプリカの頬紅をはたかれて、ほっこりと盛られて出される。
    食べてみて、成るほど~onpu.gif

    細かく切られた鰹節にじゃこが混じったもので、かみ締めるとこれが香ばしく、とても美味しい。
    これは美味しい

    そして、あれば頼んでしまう、好物の「お漬物」。

    08-8-7 夜漬物

    ここでの漬物は、しっかりと漬けられた糠付け。人参、胡瓜、大根。

    さらに・・・、蕎麦屋の定番「玉子焼き」。
    しかも珍しく「青唐辛子の玉子焼き」と書かれているので、お願いすると、とても丁寧に、何度も何度も返して焼いて下さっている。

    08-8-7 夜たまご2

    そして、ようやく出された玉子焼きは、出汁がしたたるジューシーなもの。
    ふわっふわの熱々で、甘さを控えた関西風の上品な出汁の味わい。
    時折、ぴりっとくる青唐辛子の刺激が又たまらなく、これはお酒にいいな~・・・

    08-8-7 夜たまご3

    と、ビールから早速お酒に切り替えて。

    08-8-7 夜酒108-8-7 夜酒2

    黒板に書かれていた銘柄から、まずは、「王録」を、続いて、「陸奥八仙人」とお願いする。

    これで、ゆっくりと味わいながら、天ぷらがちょっと気になり、追加で「天ぷら盛り合わせ」の小をお願いすることに。

    08-8-7 夜てんぷら

    程なくして出された天ぷらは、盛りだくさん♪
    旬の野菜を盛り込んだもので、茗荷に三つ葉、パプリカ、茄子、かぼちゃ、シシトウに、海老と(「盛り込んで下さい♪」とリクエストした)ちくわ。

    08-8-7 夜てんみょうが

    薄い衣で揚げられた天ぷらは、どれもさっくさく。
    時間が置いても、ぐちゃりとしない程の、軽やかでからりと揚げられた天ぷらで、とっても美味しい。茗荷の独特な風味がたまらな~い

    08-8-7 夜てんみつば

    しかも・・・、三つ葉など、美しく結んで揚げていたりと、細かな仕事ぶりを思わせるもの。
    これは、うれしいな~。

    と、うれしく頂きながら、お近くにいらしたご主人にお聞きすると、あの深大寺の蕎麦屋中でも一二を争う、「湧水」さんで長く修行されていたそう。
    お聞きして、「湧水」さんの美味しいお蕎麦、それにどの従業人も、心のこもった気持ちのいい接客をして下さったことを思い出す。

    ちょこっちょことお話をさえて頂き、納得していると、
    「実は、今日、これからここで宴会があって・・・、バタバタしちゃってすみません」
    とおっしゃり、どうやらこの一階で行われるとのこと。そして、
    「よかったら・・・」
    と、今日はたまたま手に入ったという、「真子カレイ」のお造りを出して下さる。

    08-8-7 夜カレイ

    ポン酢醤油を添えて出して下さったカレイ。
    透き通るような身のカレイ、こ、これが美味しい~love.gif
    しっかりと身が締り、かみ締めると次第に甘みを感じるようなカレイにうっとり。

    ついつい、お変わりをお願いし・・

    08-8-7 夜酒308-8-7 夜酒ラベル

    見たことの無い名前の「山和」をお願いすると、宮城のとても小さな蔵のお酒とのこと。
    これが、軽やかでありながら、旨味のしっかりと味わえるお酒で、大満足♪。

    と、次第に宴会のお客さんが集まりだし・・・
    どうやら、予定の人数よりも多くなってしまったそうで、我々は二階へと。

    お二階は、下のカウンターとは又打って変わった、小さな小部屋のような造り。
    テーブル席が3卓だけ置かれた小さな空間は、これも手作り感のあるテーブルが暖かくまったりとして居心地がいい。

    しばし、ここで、ゆっくりとお酒にお料理を満喫したところで、そろそろ肝心のお蕎麦をも。

    うれしい事に、全体的にどれもがとてもリーズナブルなお蕎麦の中から、私はさっぱりと「きのこおろし
    そば」を選ぶと・・・

    08-8-7 夜きのこ

    まずは、大きめの器に、たっぷりのきのこの中にこんもりと形作った大根おろしが盛られて出される。
    汁は、別に徳利で出される配慮がうれしい。

    そして、続いて笊に盛られた蕎麦も目の前に。

    08-8-7 夜せいろ

    二八の割合で打ったという蕎麦は、きりりとしたエッジの、かなり細めの丹精な細切り。
    艶やかな表面には、細かな蕎麦の欠片が時折混じってる。

    08-8-7 夜せいろたべ

    まずは、そのまま手繰り寄せると、新鮮でどこか草原を思わせる、若い穀物の香りがふわりと立つ。それを感じながら口に含むと、しゃきっとした腰加減。細いながらもしっかりとした腰が心地よく、かみ締めると、強烈ではないまでも、きちんと蕎麦の風味が口に広がる。

    08-8-7 夜せいろきのきおと

    そして・・・、この大根おろしの入ったきのこ椀に盛り汁を注ぎいれ、絡め頂くと、これが旨い。きのこの風味に、爽やかな大根おろし、それが蕎麦と一緒に口に入ると、融合する味わいがたまらない。
    これは美味し~い

    絡めては食べ、そのまま汁だけを漬けては食べ、とするすると入っていってしまう。
    うんうん、これは美味しいな~ futt.gif   

    友人が頼んだのは、「鴨せいろ蕎麦」。

    08-8-7 夜鴨せいろ

    ほかほかと湯気を立てた鴨汁はたっぷりと注がれ、ふわ~と立ち込める香りがいい匂い。

    08-8-7 夜鴨

    ちょっと交換して、この鴨汁を頂くと、かなりしっかりとした味わい。
    鴨の旨味がしっかりと染みたもので、これも美味しい。
    これで・・・、「かしわせいろ」なんてあったら、もっとうれしいな~heart.gif、などと思ってしまう。

    頂いたお料理のどれも、そして美味しい天ぷらに、珍しいお酒。
    そして、思った以上のお蕎麦に、大満足 niko.gif

    こんなお店が・・・、自分の駅にあったらどんなにいいだろう、と思ってしまう
    笑顔の素敵な優しい口調のご主人も、とても素敵な方。
    又、是非とも寄らせて頂きたいと、心に思う。

    ご馳走様でした~hahha.gif

    武蔵小山に素敵なお店が、又ひとつ。
    これは・・・、こっち方面での用事が、又楽しみになってきたな~・・・ futt.gif


    *お品書き
    せいろ、かけ 600円、おろし 700円、とろろ 800円、きのこおろし 850円、鴨せいろ 1,100円、天せいろ 1,100円、月見 650円、山かけ 850円、きのこ 800円、天ぷらそば 950円、鴨南蛮 1,100円



    08-8-7 夜階段
    「手打蕎麦 ちりん」

    品川区小山3-5-20
    03-3719-3778
    18:00~23:30(平日)
    12:00~15:00 / 18:00~23:30(土日祝)
    月曜定休 禁煙
    お店のHP


    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    エイムハウス熊澤様
    いつもありがとうございます。

    いえいえ、とんでもない、
    紹介して下さったなんて、
    とても光栄です。

    これからも、こんなブログですが、よろしくお願い致します。
    2009/10/25(日) 00:16:42 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    はじめまして。
    エイムハウスの熊澤と申します。
    なかなかお蕎麦屋さんに行く機会がないので、美味しそうなお写真を見ていると、お蕎麦を食べた気になってしまいます。
    機会があれば、ぜひ挑戦してみようと思います。
    品川区の情報として弊社のブログで紹介させていただきました。
    http://xn--ihq79ivi75cfzwq57a.biz不適切でしたら削除いたします。
    2009/10/24(土) 10:14:03 | URL | エイムハウス熊澤 #-[編集]
    みんちょる様
    お名前が変わった…?
    ご主人は、同じだといいな、なんて思って読ませて頂きました。
    天麩羅も良さそうですね(^^)。
    近々、又伺ってみます♪
    2009/03/22(日) 09:54:56 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    穂のか
    「ちりん」ならぬ「穂のか」にやっと行ってきました。どうも店名が変わったようです。店主が変わったのかまでは聞きませんでしたが・・・天せいろを大盛りでいただきました。蕎麦の量が半端でなく多く、びっくりしました。普通手打ち蕎麦屋は量が少なく、大盛りで調度いいくらいですが、ここは普通でも十分と思います。天ぷらも丁寧にさくっと上がっていてどれもおいしかったです。一番の感激はこれで1130円とのこと。メニューには天せいろ1100円と出ていたので確認しましたが、良いそうです。大盛りが+30円?後でわかりましたが、昼は天せいろが980円にサービスされているそうです。蕎麦もおいしいし、良いですねーこういうお店は、大満足です。
    2009/03/20(金) 21:04:33 | URL | みんちょる #K.3xII1M[編集]
    ちりん様
    大変ご馳走さまでした(^^)
    お二階のライトの関係上、あまり美しく映せなくて、申し訳なく思っています。
    本当は、もっともっと美しいお蕎麦だったのに・・・。

    又、ぜひ、寄らせて頂きたいと思っています。応援しています♪
    2008/08/12(火) 10:58:48 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    遂に
    先日は本当にありがとうございました。ずっとブックマークにはいっていたブログにのせていただき、うれしいです。また何年か後によろしくお願いいたします。ぼくもそれまで店を潰さないようにがんばりますので。(笑)
    2008/08/12(火) 01:58:14 | URL | 手打ち蕎麦ちりん #YPohwTDQ[編集]
    みんちょる様
    そうなんですよね、私もこっち側を歩いたのは初めてだったんです。
    でも、それがいいな~、って感じを受けました。

    お料理も、お蕎麦もきちんと美味しいものでしたし、ご主人もとてもいい方で・・・。
    お近くだったら、是非!お勧めしちゃいます(^^)
    2008/08/11(月) 09:31:23 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    ちりん
    ちりん、全然知りませんでした。武蔵小山は時々下車して家まで歩いたり、目黒まで歩いたり自転車で行くときにも通るのですが、小山台高校の反対側の道を通るのでこの道はほとんど通ったことがありません。また、武蔵小山に名物店誕生ですね。今度是非行ってみます。店主も多趣味で面白そうですね。
    2008/08/10(日) 10:42:01 | URL | みんちょる #-[編集]
    PTN様
    こ、これも知りませんでした。
    雑穀米も大好きなので、あわせて行ってみます♪
    いろいろな情報、本当にありがとうございます。

    これからも、よろしくお願い致します!
    2008/08/10(日) 10:27:53 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    PTN様
    はい、なかなかご機嫌なお店でした(^^)

    「柿乃木」、知りませんでした。
    とても興味がそそられます。行ってみたいです。情報、ありがとうございます!
    「沙羅の花」は、以前、一度伺いました。美味しい魚料理をたっぷり頂き、蕎麦をも・・・。

    出さないで下さい、とのことだったので、あえて書いていませんでした(^^)
    2008/08/10(日) 10:16:47 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    日本酒大好き様
    さすが!
    よくご存知で・・・。

    打ち間違えてしまいました。
    訂正しておきます(^^)。

    なんでも、とても小さな蔵で、なかなか手に入りにくいそうですね♪
    2008/08/10(日) 10:01:56 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    度々すいません。あと、世田谷は代沢にある八百屋兼自然食堂の「GAIA」でも手打ち
    蕎麦を出してます。ランチは雑穀米のおにぎりとお新香が付いて、1000円ぐらいだったと思います。
    2008/08/09(土) 20:45:57 | URL | PTN #-[編集]
    ここは安くて、そこそこのボリュームで中々ですね。ところで、大田区西嶺町にある「柿乃木(二八で北海道から取り寄せた蕎麦粉)」と上野アメ横にある「沙羅の花(オリジナルの十割板蕎麦)」はご存知でしょうか?前者は昼の営業時間二時間で売切れ次第終了、後者は定休日以外にも休みが多く、こういった蕎麦専門で食べ歩く方々には認知度がまだまだ低いようで。
    2008/08/09(土) 20:30:24 | URL | PTN #-[編集]
    たしか山和は宮城だったような?

    2008/08/09(土) 15:03:11 | URL | 日本酒大好き #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >