吉祥寺 「ほさか」

2008/08/15/23:34  [東京都下の蕎麦]吉祥寺 画像あり

所用で出向いた吉祥寺。
この暑さで、食欲もない中、水分ばかり取っていた為、お腹がすかずにお昼も食べず・・・。

すっかり用事を済ませ、3時を回ろうとする時間。
中休みのないうれしいお店「ほさか」さんへ、一休みしようと寄ってみることに。

08-8-15 看板108-8-15 看板2

お、丁度、さっぱりと食べたいな~と思っていた「しそ切り」も piko-n.gif
と、横の階段を降り、お店へと・・・。

08-8-15 店

吉祥寺 「五色そば ほさか」

民芸調たっぷりの入り口を入ると、これはびっくり。
平日の午後3時とはいえ、お盆ウィーク最中の今日は、お店の中も賑わっている。
それぞれ、蕎麦前をたっぷりと楽しんでいる様子も伺え・・・

08-8-15 ビール

私も、喉が渇いていたので、とりあえず生ビールの小をお願いする。
これをくぅ~っと飲んでみたら、やおらお腹が空いていることに気づいたので・・・

前々から気になっていた「甘エビの唐揚げ」をお願いしてみることに。

08-8-15 えび

小海老の唐揚げのようなものを想像していたので、出された海老を見てちょっとびっくり。
これは美味しそう~ heart.gif
お行儀よく、揚げられた海老が5尾盛られてる。

食べてみると、これが美味しい 。
唐揚げというよりは、むしろ薄い衣で揚げられた天ぷらのような感じで、カラリとしてサクッサク。
噛み締めると海老の甘みがじわ~っと口いっぱいに広がって、これはいいな~

吉祥寺での所用も、とってもうれしい結果に終わったことだし・・・と、
ついでに枡酒も。

08-8-15 酒

甘海老の唐揚げに、添えられた粗塩に、と、ゆっくりとこれを頂きながら楽しんだ後に・・・

「二色そば」を、せいろと紫蘇切りでお願いする。

08-8-15 せいろ

まずは「せいろ」から。
二八で打たれた蕎麦は、顔を寄せればほんわか~と漂う蕎麦の香り。

08-8-15 せいろあぷ

口に含むと・・・
あれれ、今日はちょっと茹で時間がほんのちょっぴり長かったかな?
ま、忙しそうだし・・・、とちょっと柔らかめ。(いつもはもっとしっかり)

食べ終わる寸前辺りという、絶妙なタイミングで出される「紫蘇切り」。

08-8-15 しそ

鮮やかなグリーンの蕎麦は透明感があり、さらにその中に紫蘇の破片が散りばめられている。

08-8-15 しそあぷ

手繰り寄せただけで、ふわ~っと香る、紫蘇の香り。
こういう暑い日には、この香りだけで清涼感を感じてしまう・・・futt.gif

08-8-15しそたべ

口に含むとぷるっぷるっとした歯ごたえが心地いい。
噛み締めれば、香り以上に紫蘇の風味がいっぱいに広がり、とても爽やか。
夏の日の紫蘇、これはやはり格別・・・、

と、満足な思いで頂くと、お腹もいっぱい niko.gif

ご馳走さまでした~hahha.gif

と、さらに、後から又お客さんが・・・。
今日は、忙しそうだな~。。


*ビール小 360円、甘海老の唐揚げ 520円、枡酒 640円、二色そば 840円


08-8-15 のれん
「五色そば ほさか」

武蔵野市吉祥寺南町1-4-1 井ノ頭ビルB1F
0422-48-2118
11:00~21:00(日、祝~20:30)
月曜定休 5時まで禁煙

これまでの訪問



関連記事
トラックバックURL

http://chibiyukarin.blog4.fc2.com/tb.php/1035-31814f6c

◄ prev next ►