つれづれ蕎麦 
    田無 「田無さらしな総本店」 れもん切り
    2008年08月25日 (月) 20:43 | 編集
    午前中からずっと詰め込みで、外に出られず作業していたので・・、
    帰りにちょっと一休みして行こうと、寄り道を。

    08-8-25 店

    さらさらと降り続く雨の中、変わらぬしっとりとした佇まい。

    田無 「田無さらしな総本店」


    5時ちょっと過ぎたばかりの店内は、まだお客さんもまだらのしんとした静かな空気。
    「お好きな場所にどうぞ~」
    と、見知った花番さんに通され、お気に入りの打ち場を囲んだカウンター席に腰を下ろす。

    夏だというのに、このところの肌寒さ。
    なんだかビールを飲む気分になれなくて、咄嗟にぬる燗をお願いしてしまう。

    08-8-25 酒

    猪口を選ばせて頂き、お酒と一緒に出された今日の充ては、切干大根の酢の物。
    しゃきしゃきとして爽やかな切干大根を頂きながら、品書きを広げ・・・、
    見ていたら、(夏季限定)の文字が名残惜しいような気持ちにかられ、「茶豆」をお願いしてみることに。

    もう夏も終わりなのかな~…
    などとの思にふけっていると、程なくほかほかと湯気を立てた、茹でたての「茶豆」が置かれる。

    08-8-25 茶豆

    冷たい枝豆も悪くはないけど、この茹でたてっていうのは、やっぱりうれしい。
    一口ほうばると、これが甘~い

    08-8-25 茶豆あぷ

    「茶」豆、というだけあって、お豆は文字通り茶色をしているのが、皮からも透けて伺える。
    豆の味の濃い、甘みの強い茶豆で、これは美味しい♪

    ぽつりぽつりと一房づつ口に入れ、ゆっくりと頂く人肌温度のぬる燗。

    見るとはなしに、目の前で職人さんの追い打ちをする様子をぼおっと見ていると、だんだんと心が落ち着いてくるよう。
    賑わいのある店内もいいけど、この時間のこのお店の、しっとりと落ち着いた空気はやっぱり心地がいい…futt.gif

    と、ひと時のゆったりとした時間を十分楽しみ…
    お蕎麦を頂こうと、今月の変わりそばをチェックすると、8月は「れもん切り」と書かれてる。

    レモンっていうのはまだ食べていないなぁ、と、花番さんに念のため「三色」の内容をお聞きすると、「田舎、れもん、笹切り」とのこと。

    笹まで?れもんと一緒に、7月の食べ損ねていた「笹切り」が食べれるなんて、これはうれしい。
    ということで、「三色そば」をお願いすることに。

    08-8-25 さんしょく

    程なく、定番の長方形の蒸篭に盛られて、それぞれ個性ある姿で盛られて出される。

    どんなのだろう~と思っていた「笹切り」は、鮮やかな緑というよりは柔らかいうぐいす色。
    笹の葉の破片だろうか…が、ところどころに盛り込まれている。

    08-8-25 ささ

    手繰り口に含むと、ふわ~と漂う竹のような笹の香り。
    ふっと嵐山の竹林が頭を横切りながら、かみ締めるとぷるぷるとした心地のいい腰加減。草のような、青みのある風味がじんわりと漂い、清々しい。

    08-8-25 ささたべ

    そして、8月の「れもん切り」。

    08-8-25 れもん

    ほんのりと黄色がかった色が、見るからに爽やかで、手繰り寄せるとすぐ、ふわっとフレッシュなレモンの香りが漂ってくる。

    08-8-25 れもんたべ

    口に含みかみ締めると、レモンが弾けたかのような爽やかな味わい。
    柚子とは又違う、きりっとして清涼感たっぷり。そのままでもこの風味が美味しくて頂けてしまうもの。
    これは…、今日のような天気よりもむしろ、ギラギラとした暑い日に食べたら、それこそ気持ちいいだろうな~と思ってしまう。

    思っていた以上に、このレモン切りが美味しいことにびっくり。

    そして、定番のこちらのどっしりとした太打ちの「田舎そば」。

    08-8-25 いなか

    挽きぐるみで打たれた蕎麦は、グレーというよりはどこか小豆色に近く、もっちもっちとしたしっかりとした腰。すするというよりは、もぐもぐもぐもぐと噛み締めていくと、ゆっくりゆっくり、じんわりと穀物の風味が漂ってくる。

    細く繊細な変わり蕎麦との対比もおもしろく、満足して頂く三色そば。

    そして、「お熱いので気をつけて…」と出された、どっしりとした湯桶から、優しく白濁した蕎麦湯を注ぎ、ゆっくりとこれも頂いて。

    いつも変わらぬ満足を頂けるこのお店はありがたいな~と、お勘定をしようとしたら、珍しく打ち場にいた若い職人さんがレジに立ってくださる。
    思わず、
    「いずれ、お店を開かれるんですか?」
    とお聞きすると、
    「はい、そのつもりで…。地元が千葉なので、そっちで開けたらいいな、と思ってます」
    とのこと。

    そうか…、それはがんばって欲しいな~niko.gif
    と、途端あったかい気持ちを感じつつ、お店をお後に。

    いつか、何年後かに、又、ここからひとつの新しいお店が誕生するんだな~…futt.gif


    *ぬる燗 550円、茶豆 450円、三色そば 900円


    08-8-25 ふふふ
    「さらしな総本店 田無店」

    西東京市田無町4-3-17   
    0424 -50 -6333
    11:00~22:00 
    原則無休

    これまでの訪問



    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント
    この記事へのコメント
    ☆まがり★様
    そうなの、そうなの
    あぢい~~っっ
    なんて思っていたけど、こう急に寒くなっちゃうと、寂しくって・・・。

    茹で立てちゃ豆、いいですよ~。
    茄子同様に、夏の旨さ。

    今日は、ちょっと晴れ間が??(^^)
    (でも、明日から又雨??)

    2008/08/27(水) 12:11:28 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    なんだか寂しいっす
    まだ後僅かとは言え8月なのに
    この陽気では盛り上がりません
    できれば9月半ばくらいまでは
    カッ!
    と、暑いのを所望したい
    いいですね茹でたて茶豆

    これから少しは暑さが戻って来るのかしら
    2008/08/26(火) 15:55:12 | URL | ☆まがり★ #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >