つれづれ蕎麦 
    夏旅行Ⅱ 島田 「藪蕎麦 宮本」
    2008年09月13日 (土) 23:55 | 編集
    1日目 9月9日(火) 

    「美味しい蕎麦だったね~♪」
    と「ふく田」さんを出て車に乗り込み、次の目的地を島田にある蕎麦屋、と告げると、
    「今食べてきたのに、なんで、もう一軒行くの?」
    と、いう彼を、
    「どうしても、どうしても行きたいの・・・」
    と何とか説得し、どうにか吉田ICで降りて向かう。

    分かりにくい住宅街にひっそりとあるのかとばかり思っていたお店は、ICから降りた通りに、あまりにもさりげなく看板が掛けられていてちょっと驚く。

    こ、ここが・・・!
    お店に入り、お店の前にある駐車場へと入って目にしたお店は・・・、
    な、なんて素敵なんだろう~・・・hahha.gif。 

    08-9-9-2 店

    一瞬通り過ぎてしまいそうな程に、あまりにもさりげなく通りに面して佇むお店。
    まるでそこだけ違う空気が流れているかのよう。。

    08-9-9-2 入り口

    車から降り、入り口へと向かうと、

    ちり~ん、ちり~ん・・・ちりちり~ん・・・

    と、なんとも涼しげな風鈴の音に出迎えられる。
    肌を優しく撫でる、さらさらとした自然な風が流れていく、静かな佇まい。。

    島田 「藪蕎麦 宮本」

    すっと落とされた暖簾を潜り、いくつか敷かれた石畳を歩き、入り口へ。

    08-9-9-2 玄関

    扉を開くと、夏の炎天下でありながら、ひんやりと沈んだ空気が流れる、土間作りのちょっとした間が目の前に広がる。

    小さなベンチが置かれていて、ここは待合室でもある様子だが、運良く待っているお客さんはいない。
    入っていくとすぐに奥様が顔を出して下さり、二人であることを告げると、
    「こちらにどうぞ~」
    と、優しく微笑んで通して下さる。

    もう、この風情だけでうっとりとしながら、靴を脱ぎ、通された座敷の席へ。
    年月を積み重ねたような、しっとりとした畳の部屋。
    古い柱に、所々に置かれた懐かしさを覚える年代ものの古箪笥。

    時が止まったかのような店内は、鴨居が置かれ、全部で5卓くらいだろうか・・・、
    どの席もゆったりと配され、相席させない配慮にお店の気持ちが伝わってくる。

    座った途端、既に憩ってしまいそうになっているところに・・・、

    08-9-9-2 水
    お品書きといっしょにお水が出される。

    何気なく口にしたこの、ただの水が!
    なんて、美味しいんだろう~っbikkuri.gif

    どこまでも清らかで柔らかく、
    まるで美酒を口にしているような感覚にまで。。


    と、感動しながら、置かれた品書きをゆっくりと開くと、達筆な書で書かれたお品書き。

    08-9-9-2 品書き108-9-9-2 品書き2
    08-9-9-2 品書き308-9-9-2 品書き4

    本当だったら、この空間・・・
    何かをちょっと頂き、一献傾けゆっくりと浸りたいところだが・・・

    車なので、ぐうっとがまんし、「ざるそば」と、まだ残っているとの「限定 手挽きそば」を、各々一枚ずつお願いする。
    (二枚も食べられるのかよっっ、という彼を説得するのが大変~・・・ase2.gif

    08-9-9-2 店内しながき

    待つ間、ゆっくりと店内を見渡すと、静かに時を刻む柱時計の横には、季節の品書きも・・・。
    「冷かけ」、この文字に心が惹かれかけていると、目の前に「ざるそば」が置かれる。

    08-9-9-2 ざる

    笊にささやかに盛られた蕎麦は、なんとも繊細にキラキラと輝く細切りの蕎麦。

    08-9-9-2 ざるあぷ

    均一な微粉で打たれた蕎麦は、エッジの鋭い、キリリとしとした上品な面持ち。

    08-9-9-2 ざるどあぷ

    おずおずと手繰り寄せると、強くはない爽やかな蕎麦の香りが軽やかに感じられる。

    08-9-9-2 ざるたべ

    口に含むと、すぐに感じるしなやかな感覚。
    上品で繊細、それが口の中でまどろみ、ゆっくりと静かに蕎麦の風味を残していく。
    あっという間に食べてしまった蕎麦に、お、美味しい・・・futt.gif、と余韻に浸っていると・・・

    タイミングよく出される、「手挽き蕎麦」。

    08-9-9-2 手挽き

    目の前に置かれた瞬間、この佇まいに、一瞬目を見張る。
    な、なんて・・・、美しいんだろうか・・・っ!

    08-9-9-2 手挽きあぷ

    透き通るかのようなグレーの蕎麦には、びっしりと埋め込まれた蕎麦の欠片。
    繊細なガラス細工を思わせる、はかないような美しさを思わせる。

    手繰り寄せると、穀物の香ばしい香りがしっかりと漂う。

    08-9-9-2 手挽きたべ

    繊細で清々しく、口に含んだ途端にはらりと解け、そのまま体に染み渡っていくような感覚を覚える、たまらない魅力。
    人の手で作り上げたものとは思えないような、可憐で洗練された美しさを感じてしまう。

    汁は、さすが藪。
    かなりしっかりと濃い目の汁だが、出汁のしっかりと感じる濃い汁に蕎麦をほんのちょっと浸すと、ぐんっと蕎麦の風味が強く感じる、素晴らしさ。

    粗挽きや田舎蕎麦を苦手とする彼さえも、「旨い!」と思わずつぶやいている言葉を聞きながら、私もこの蕎麦に、もう、うっとり・・・love.gif

    頃合を見て、蕎麦湯を出して下さった奥様が、
    「これは、主人が手で挽いているお蕎麦なんですよ」
    と優しくおっしゃって下さり、さらさらとした蕎麦湯を注ぎ、頂く汁が本当に美味しい。

    始終、そっと水を継さして下さる、細やかな持て成しもうれしく、美味しかった・・・と興奮止まぬような心地で告げると、
    「そうですか・・・futt.gif
    と、優しく上品に微笑んでくださる。

    ああ・・
    ここは、又是非とも訪れたい。
    できれば、車でなく訪れ、この空間をたっぷりと堪能しながら、最後にお蕎麦を頂に・・・

    と、しかと胸に思いながら、丁寧に対応してくださる女将さんにお勘定を。
    ご馳走さまでした~・・ hahha.gif

    長年、望んでいた念願のお店。
    思っていたよりもずっとずっと素敵なお店に、お店を後にしながらもしばらくぼおっと・・・

    ああ、よかったなぁ・・・futt.gif


    *お品書き
    ざる 800円、手挽きそば 800円、各汁なし 600円、ごまだれ 1,100円、おろし 1,100円、山かけ、とろろ 2,300円、花まき 1,200円、にしんそば 1,800円、天ぷら 2,000円など

    板わさ 800円、天だね 1,600円、穴子 1,500円、にしん棒 1,500円、天抜き 1,700円、合い焼き 1,700円など
    酒 660円、冷酒 800円



    08-9-9-2 暖簾
    「藪蕎麦 宮本」

    静岡県島田市船木253-7
    0547-38-2533
    11:30~15:00
    月曜定休 Pあり
    禁煙



    名古屋へと向かう、浜名湖さえも、幻想的で・・・。

    08-9-9 浜名湖

    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント
    この記事へのコメント
    明石 暁 様
    ありがとうございます!
    何よりのお言葉です…(u_u*)~。
    2012/06/04(月) 09:16:33 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    今週行きます。
    書き手の文章も素晴らしい。場面が目に浮かびます。
    2012/06/04(月) 06:21:32 | URL | 明石 暁 #LnujfEGY[編集]
    …様
    了解しました。
    私も女将さんの前で、なのですが…・?

    ちょっと確認し、考慮してみます。
    ありがとうございました。
    2009/01/23(金) 09:03:44 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2009/01/21(水) 15:00:46 | | #[編集]
    ・・・様
    はい・・。。
    絶対、こちらは再訪しようと思っているので、その時は、ぜひとも食べてみます♪

    冷かけ、これも気になって・・・
    2008/09/21(日) 10:56:03 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    なべさん
    う~ん残念

    掻揚げは召し上がらなかったんですね。

     
    2008/09/21(日) 00:46:17 | URL | no name #t6T7IGSs[編集]
    SUZY様
    コメントありがとうございます。
    すごくわかりやすくて美しいブログですね♪
    これから、参考にさせて頂きます!

    「ぐらの」さん、行ってみたいと思っているお店のひとつです。(ここの、天せいろを食べてみたい・・・と)。
    ぜひ、機会を作って行ってみますね。
    これからも・・
    よろしくお願い致します。
    2008/09/18(木) 12:16:28 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    静岡道楽手帖というブログをやっていますSUZYといいます。夏休みの蕎麦紀行楽しく拝見させていただきました。行ったことのあるお店がたくさん出てきてウンウンと頷きつつ、おいしい蕎麦を食べたくなってきました。島田の藪そば宮本は静岡県が誇る蕎麦の名店だと思います。次回は天ぷらそばとか鴨南蛮など種ものを是非。それから相方の実家の近く、埼玉県ふじみの市の「ぐらの」というお店もなかなかのものですので一度どうぞ。
    2008/09/17(水) 21:04:10 | URL | SUZY #-[編集]
    yuka様(なんだかくすぐったい・・・)
    一瞬、とてもびっくりしてしまいました~(^^;
    同じお名前なんて、なんだかうれしいです♪
    これからもよろしくお願い致します。

    お近くにご友人がいらっしゃるなんて・・・
    う、う、う、羨ましすぎです!
    私も欲しい~。。

    店内撮影禁止・・?だったんですか?
    表示はなかったので、女将さんの目の前で撮っていましたが、何もおっしゃられませんでしたよ~。
    2008/09/17(水) 13:31:19 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    いつも楽しませて頂いています。^^
    いつも楽しく拝見させて頂いています。
    同じく蕎麦好きのyukaです。(笑)
    宮本さんは友人宅の近所なので、『友人宅を訪れる=宮本さん』になっています。
    相変わらずの水水しい蕎麦、新蕎麦になったら1番に行きたい気分・・・
    ところで気になったのですが、宮本さんは店内撮影禁止だたと記憶しています。
    解禁になったのですか?
    2008/09/17(水) 13:02:07 | URL | yuka #0LdaiEBU[編集]
    ソバツユ様
    コメント・・・、ありがとうございます。
    とてもうれしいです。

    そうですか・・、過去に。。
    ぜひ、ソバツユさんも、うかがってみて欲しいです。
    こんな私の表現なんかでは、ぜんぜん足りないくらいです。

    でも・・
    口福、でした・・・(u_u*)~
    2008/09/15(月) 22:29:44 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    羨ましい♪
    古くから音に聞こえた名店ですね、過去に振られてしまい!
    実に美しいお蕎麦を拝見出来て眼福です♪
    yukaさん口福でしたね♪
    2008/09/15(月) 11:51:12 | URL | ソバツユ #amXlFcx2[編集]
    しのぶ様
    うふふ、予想していたんですか~(^^)。

    はい、温泉もたっぷり♪

    こちらの蕎麦、三手繰り程で食べてしまえちゃうくらいのものなんですが、でも、本当に素晴らしいものでした。
    2008/09/15(月) 10:14:46 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    予想通り
    蕎麦三昧の旅行だったみたいですねぇ。
    この後には温泉の話もあるのかな。
     
    しかし、コチラの手挽き蕎麦はキレイですねぇ。
    スルッといけちゃいそうです。
    2008/09/14(日) 20:06:50 | URL | しのぶ♂@ #-[編集]
    蕎麦喰い師様
    うふふ(^^)。

    私も、ちょいっと思ったりして~。

    やっぱり、花まきさんは、花巻が好きなんですね♪
    2008/09/14(日) 18:12:44 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    花まき様
    花まきさんも?♪♪
    もう、大感激でした。
    手挽きには、心奪われてしまいましたです。

    でも、今度は、蕎麦前も楽しみたい・・・。
    花まきも、ぜひ、食べてみますね。
    といいつつ、夏季限定の冷かけ、とってーも気になってしまっていました(^^)
    2008/09/14(日) 18:11:37 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    おけい様
    よかったですよ、本当に・・・。
    おけいさんも、ぜひぜひ(^^)。

    いやあ、何も知らないヒトなので、ほんっと苦労しました~(^^;;
    やれやれ、です。
    2008/09/14(日) 18:09:57 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    まあやん様
    私も長年憧れていて・・・。
    本当によかったです。

    でも、そうなんです、そうなんです、
    蕎麦前をがまんするのが、とてもつらかったです・・・。
    いずれ、又(^^)。
    2008/09/14(日) 18:06:45 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    遠まき・・
    >「花巻」も美味しいですよ。

    っで、もって
     「花まき」
      
      っは、いかに・・
    2008/09/14(日) 15:41:37 | URL | 蕎麦喰い師 #ZEqp4aRo[編集]
    宮本だぁ~。
    yukaさん、『藪蕎麦宮本』に行かれたんですね!!
    こちらは私も好きなお店なので、yukaさんに気に入ってもらえたようで、なんだか嬉しいです。(yukaさんの彼にも)。

    「花巻」も美味しいですよ。
    次回は是非!
    2008/09/14(日) 15:36:01 | URL | 花まき #pYrWfDco[編集]
    ステキ!!
    宮本!!行かれたんですね~!
    すごく憧れているお蕎麦屋さんの一つです。

    ほんときれいなお蕎麦ですよね。
    透き通っていて、芸術品のよう。

    初め躊躇していた、yukaさんの『彼』も喜んでくれたのが、なんだか嬉しいですね♪
    2008/09/14(日) 13:08:43 | URL | おけい #-[編集]
     おお、宮本だ。いつか行こうと機会を狙いながら未だ訪問していない店~
     流石にその蕎麦も美味しそうですね(^^)
     店も風情のある佇まい~ここで蕎麦前なしでは厳しいですね(^^;
    2008/09/14(日) 12:42:25 | URL | まあやん #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >