夏旅行Ⅴ 小諸 「そば七」

2008/09/15/12:07  [甲信越の蕎麦]長野 画像あり

4日目 9月12日(金) 

大町の温泉も又存分に楽しみ、夜には女将さんの手打ち蕎麦も頂いて
夏旅行もこれでお仕舞い。 東京へ・・・。

08-9-12 そば畑2青き

佐久まで行って関越で帰ろうとルートを決め、途中通りがかった青木村。
左右一面に広がる蕎麦畑が美しい・・・。

と、当初は佐久でお昼を取ろうと思ったが、途中道の駅などちょこちょこと立ち寄っていたら、すっかりお昼を過ぎてしまい・・・、
小諸でお昼を取ることに niko.gif

北国街道小諸宿。
古い建物が残された、情緒あふれた町の一角に、瓦屋根のどっしりとした店構え。

08-9-12 店とおめ

築100年は経っているだろう・・・、
年代を感じる立派な建物にしばし見入りながら、お店へと。

08-9-12 店内

小諸 浅間山麓産・自家製粉・純手打 「そばや七良右ヱ門 そば七」


暖簾をくぐり中へ入った途端、タイムスリップしたかのような景色が広がる。

08-9-12 店内2

黒光りした風格ある太い柱に、天井下に作られた障子窓。どっしりとした年季を感じる大テーブルが真ん中に鎮座し、その横に置かれたテーブルや椅子にも、時が刻まれているのを感じられる。

08-9-12 入り口

奥のゆったりとした小上がりからは、中庭が見渡せ、風情良さそう~。

「信州」の、宿場町に来てるんだな~・・・
そんな心地になりながら、空いていたテーブル席に腰を下ろす。

08-9-12 あげそば

座ったテーブルには、既に「揚げ蕎麦」がお皿にこんもり。
出された蕎麦茶と一緒に頂きながら、柱に張られている品書きを左から順に目を通す。

「うんまい蕎麦」の後に並べられているのが微笑ましく、蕎麦は「ざる」に「せいろ」「かけ」「みぞれ」のみ。
それに、やっこ、や玉子やき、絶品焼き味噌の文字が並んでる。

程なく見計らって注文を取りに来てくれた女将さんに、目の前に下がっている紙に書かれている「十食限定 石臼手挽きざる」が残っているかお聞きすると、
「もう、終わっちゃったのよ~」
とのこと。
すでに2時を回ろうとしている時分、仕方ない、とちょっとがっかりしていたら、
「でもうちは、全部ここで自家製粉してるのよ」
とおっしゃって下さるのをうれしく聞きながら、二人で「ざるそば」を、それと「玉子焼き」をお願いすることに。

揚げ蕎麦を食べながら待っていると、まずは、たっぷりのおろしを添えた「玉子焼き」が出される。

08-9-12 たまごやき

ほかほかで、しっとりとした甘めの玉子焼き。
ほっこりとちょっと懐かしいような味を頂いていると・・・

笊に盛られたしっかりとした太めの蕎麦が置かれる。

08-9-12 ざる

やや黒めの艶々と輝く蕎麦を手繰り寄せると、清々しい蕎麦らしい香りが漂う。

08-9-12 ざるあぷ

口に含むとしっかりとした腰。
噛み締め、噛み締め頂いていると、じわじわと穀物の風味に、甘みが広がってくる。
信州蕎麦らしい、この素朴な感じがなんだかとっても美味しい。

08-9-12 ざるどあぷ

汁は、辛めだがふっと酸味を感じるもので、それ自体でも美味しいが、薬味の大根おろしを加えると、すぅっとまろやな感じになりさらに美味しい。

しかも珍しいのが、山葵ではなく練り柚子(?)が添えられていること。
途中でこの練柚子を溶かし頂くと、柚子独特の風味がふわ~っと漂い・・・、
これもいいな~futt.gif

優しく白濁した蕎麦湯を注ぎ頂きながら、蕎麦と一緒に添えられていた、蒸かし芋と野沢菜を頂くと、これもほのぼのとした美味しさ。

08-9-12 ついてきた

味噌を漬けて食べるジャガイモは初めてだけど、これは旨い。
野沢菜もさすが長野、美味しい山葵風味の野沢菜で、すっかり満足な心地に futt.gif

お勘定をしていると、厨房から出てきて下ったまだお若いお兄さんは、息子さんかな?
「ありがとうございました」と笑顔でおっしゃって下さるのが気持ちがいい。

ご馳走さまでした~hahha.gif

旅行最後にふさわしい、信州蕎麦らしい蕎麦を頂けた事に大満足。

帰り際もらったお店のしおりには、
「当店は、いわゆる「そば通」をうならせる店ではございません。
そば好きに喜んでいただける店を目指しております。
ごめんなさい。」
の一言が。

いいな~・・・futt.gif
なんだかとってもうれしくなって、又訪れたい気持ちを感じながら、

一路、東京へ。。


*お品書き
ざる 800円、せいろ 1,200円、かけ 800円、みぞれ 1,000円、そばがき 800円、酒 500円、ビール 500円、そば焼酎 500円、自家製とうふ味噌漬け 500円、やっこ 200円、絶品やきみそ 400円、玉子やき 300円、にしん漬 400円



08-9-12 店

浅間山麓産 自家製粉・純手打
 「そばや七良右ヱ門 そば七」

長野県小諸市本町3-1-2
0267-22-7688
11:30~15:00 / 17:00~20:00
(土日は通し営業)
火曜定休



蕎麦って、いいな~・・・
どこに行っても、蕎麦がある。
そして、素敵な蕎麦屋がある・・・。。

08-9-12 そばの花青き


関連記事
トラックバックURL

http://chibiyukarin.blog4.fc2.com/tb.php/1058-8108db04

◄ prev next ►