野方 「大平庵」

2008/09/18/21:42  [東京の蕎麦]中野区 画像あり

もう秋なんだろうか・・・、
いやいや、台風のせいだろう、などと考えつつも、今日はなんだか肌寒い。
久しぶりに温かいお蕎麦を食べたい、と、あったかい蕎麦も美味しかったなぁ、と思い出し、出かけ途中で野方で下車。

08-9-18 店

さらさらと小雨振る中、変わらぬ佇まいにほっとさせられる futt.gif

野方 「手打そば 大平庵」

ランチタイムを過ぎた頃合の昼下がり。
にこにことした女将さんの笑顔に迎えられ、店内へ。
丁度、お昼ラッシュが過ぎ、ゆったりとした空気が漂う中、囲炉裏仕立てのテーブル席の一角に腰を下ろす。

「まだ振ってるみたいねぇ~」
と言葉を交わして下さりながら、出されたお茶を頂き、品書きを開こうとしたら・・・

08-9-18 品書き きのこ108-9-18 品書き きのこ2

目の前に置かれた「旬を楽しむ」のお品書きに、ちょっと目が留まる。

”舞茸、しめじ、ひら茸、しいたけ、えのき等、まつたけご飯”と書かれた「きのこ天せいろ」に、「きのこ汁せいろ」・・・heart.gif

来る道中は、まだこちらでは頂いていない「玉子とじ」を食べよう♪
なんて思っていたのだが、こんなのを見たら、とたん心揺らいでしまう。
女将さんに、
「このきのこ汁は、温かい汁なんですか?」
と、念のためお聞きすると、
「そう、お蕎麦はせいろで、おつゆがあったかいのよ」
とおっしゃる言葉に、天ぷらも捨てがたかったが、温かいつけ汁、しかも「きのこ汁」。
これはぜひ食べてみたい・・・とそれをお願いすることに。

ううむ・・・。
ここは、定番の品書きにも、まだまだ食べてみたいものがたくさんあるのに、来る度ごとに魅力的な旬のメニューが出されているから、ついついそれを頼んでしまい・・・(^^;
まだまだ、通わなくては、などと(うれしい迷いを感じ)思う。

そして、程なくにこにこして運ばれた「きのこ汁せいろ」そば。

08-9-18 きのこ汁そば

ほかほかと湯気を立てたたっぷりのきのこ汁に、見ただけでうれしくなるような角のざっくりと断たれた蕎麦が出される。

08-9-18 そば2

ああ、やっぱりここの蕎麦はいいな~と、手繰り寄せると、しっかりと香ってくる穀物の香り。
これがうれしく、口に含むと穀物感溢れた腰加減。
蕎麦という穀物の、蕎麦切りを食べているという実感を感じさせるもので、ここの蕎麦はやっぱり美味しい love.gif

08-9-18 たべ3

そのままでも美味しい蕎麦を楽しみ、横でほかほかと美味しそうな湯気を立てているきのこ汁をも。

08-9-18 きのこ汁

まずは、そおっと蓮華ですくって一口含むと、
・・・お、美味しいぃぃぃ~っlove.gif

漬け汁だが、あまり濃すぎない汁は、きのこの風味がたっぷり!
思わず 「美味しい~・・・」
とつぶやき、女将さんに
「すごい、こんなにきのこの味が出るものなんですね~」
と伝えると、
「きのこと、ね niko.gif,それに、鴨も入ってるのよ」
とおっしゃる。

えっ?と、改めて汁をすくってみると、薄切りの鴨肉がなんと5枚も!
これは美味しいはずだ~・・・
と納得し、いよいよ蕎麦を浸し頂く。

08-9-18 たべ

これは、いい
しゃきしゃきとした歯ごたえのある、しめじに舞茸、えのき、なめこ、椎茸、エリンギ・・・
様々なきのこがたっぷりと入った汁と蕎麦との共演♪

腰のしっかりとした蕎麦は、温かい汁に浸されてもなお歯ごたえを残し、さらに茸の風味を纏って倍増する味わい。
もうもう、夢中で食べてしまう一品。

頃合を見て出された蕎麦湯には、きちんと別にお猪口が添えられて。
移しいれ、注ぎ注ぎ、きのこ蕎麦湯汁を頂きながらほっとしていると、

「もう、すっかり足は大丈夫?」
と、突然声をかけられ思わずびっくり。
覚えて下さったんだ・・・futt.gif

あれから何度も訪れているけど、初めて来た時は、松葉杖を突いて訪れた日のことを。

なんだか、とてもうれしく暖かいものが胸にこみ上げるように感じながら、
「いや・・、時折・・」
などと、ちょこちょこと話しなどしながら、もうひとつの「きのこ天ぷら」も気になり、
「いつまでありますか?」
とお聞きすると、
「きのこは、始まったばかりだから、まだ大丈夫よ」
とのこと。

これは・・・、ぜひとも、それも食べに訪れなくては、と心に思いお店を後に。

ご馳走様でした~ hahha.gif

どうしよう・・・
ここで、頼んでみたいものが、まだまだありすぎるよう~・・・っase2.gif 


*お品書き
せいろ 550円、田舎そば 730円、カレーつけめん 900円、つけとろ、つけおろし 840円、天せいろ 1,260円、きのこ天せいろ 1,380円、根菜せいろ 780円、鴨汁せいろ 1,150円、地鶏汁せい 1,000円、豚汁せいろ 900円、つけとろ 840円、きのこ汁せいろ 980円、かけ 580円、山菜、山かけ、肉、力、あんかけ 840円、玉子とじ、かき玉 730円、天ぷら、穴子天ぷら 1,260円、地鶏南蛮 1,000円、鴨南蛮 1,260円など、
(ランチ)小天丼とそば、カレーうどんと小ライス、つけとろセットなど 840円~

おしんこ 400円、冷奴 350円、とろろ、板わさ 420円、あげだし豆腐 580円、鴨焼き 790円、あなご天ぷら 790円、季節の野菜天ぷら 950円など 高菜ごはん、いなり 210円
生ビール 580円、菊秀 (本醸造)480円(特別純米)780円



08-9-18 暖簾
「きそば 大平庵」

中野区野方5-19-11   
03-3337-4082
11:30~15:00 / 18:00~21:00  
土曜休 禁煙
これまでの訪問





関連記事
トラックバックURL

http://chibiyukarin.blog4.fc2.com/tb.php/1061-904f8b00

◄ prev next ►