九品仏 「庵」

2008/09/25/21:17  [東京の蕎麦]世田谷区 画像あり

阿佐ヶ谷にあった「庵」さんが、お店をたたまれ、広島へ移ってしまったのはいつだったろう・・・。

その「庵」さんが、広島から又東京に帰ってきたと知り、気になっていたところ。
今日は、近くで用事があったので、伺ってみることに。

東急大井町線「九品仏」駅。かわいらしい改札を抜け、九品浄心寺産道へ向かって行くと・・・、すぐ。

08-9-25 店

まさに参道の入り口に、通りに面して、静かに、上品に佇んでいる。

九品仏 「手打そば 庵」
阿佐ヶ谷にあった時の厳かなお店の雰囲気を思い出しながら、扉を開き店内へ。

入った店内は、ぱ~と開けた一つのフロア。
テーブル席が2つに真ん中に置かれた大テーブル。奥にゆったりとした小上がりの席が二卓置かれてる。
取り立てた飾りつけのない、簡素ですっきりとした空気は、参道横にあるお店にふさわしい。

昼ちょっと過ぎ。礼服をまとったお客さんに、近所の方とみられるお客さんがいる中、
「いらっしゃいませ~。お好きなところどうぞ」
と、女将さんに迎えられ、奥の小上がりの席に腰を下ろす。

すぐにお茶を出してくれた女将さんに、たまらず
「あの・・・、阿佐ヶ谷にあった『庵』さんですよね」
とお聞きすると、途端にこっと微笑まれ、少々お話なども。
広島での契約期間が終わったので、又こちらに戻ってきたそうで、
「阿佐ヶ谷ではないんですが・・・、又よろしくお願いしますね」
と、ゆっくりしていって下さいと、添えておっしゃって下さる。

なんだか、すぐにお蕎麦だけ食べて帰るのがいとおしいような気持ちになり、この後予定はあるのだが、ちょっとだけ・・・と、蕎麦前をお願いする事に。

08-9-25 酒

いくつか冷酒もあったのだが、ここは蕎麦屋定番の「菊正宗」を常温で。
あてに出された、木ノ子の煮物がしっとりとして美味しい。

08-9-25 焼き味噌08-9-25 焼き味噌あぽう

それに、これも蕎麦屋の定番「焼き味噌」を。
西京味噌仕立ての蕎麦味噌には、葱がたっぷり。時折混ぜられた柚子欠片の風味がとてもいい。

静かな空間で、ゆったりとこれを楽しみ・・・
〆のお蕎麦をと、品書きを開く。

こちらではやっぱり三色蕎麦、とも思ったが、どうしても今日はとろろ汁が食べてみたい。と、「つけとろ」をお願いすることに。

08-9-25 つけとろ

程なくして出された「つけとろそば」。
予めつゆと混ぜられたたっぷりのとろろ汁に、添えて出されるのが鶉の卵 heart.gif

08-9-25 そば

と、蕎麦を手繰ると、切り口の立った蕎麦は、香ばしい穀物の香りがふわ~と豊かに立ち込める。

08-9-25 そばたべ

口に含むと、しなやかな腰加減。喉越し滑らかな清々しい蕎麦で、飲み込む瞬間蕎麦の香ばしさがじわじわと広がってくる。
真面目で、きっちりと打たれた江戸前の蕎麦。

08-9-25 つけとろたべ

そして、このつけとろを漬けて頂くと、これが旨いっ。
とろとろっとしたつけとろの味はコクがあり、蕎麦に絡まるとさらに蕎麦の香ばしさを引き立てるかのよう。
まずは、そのまま楽しみ・・・

08-9-25 とろろにうずら

途中で鶉の卵を溶いて、これに注ぎいれ混ぜて頂くと、卵のまろやかな味が加わる。
鶉の卵って味が濃いな~buchu-.gif・・・と、うれしく一気に食べてしまう。

最後には、さらさらとした熱々の蕎麦湯を注ぎいれ、たっぷりのとろろ汁もすっかり頂くと、大満足。

お勘定をしつつ、顔を出されたご主人に
「どちらの蕎麦なんですか?」
とお聞きすると、茨城、富山などの蕎麦をブレンドして打っているとのこと。さらに、
「いや、実は・・・。今製粉していたんですが、明日から北海道の新そばなんですよ」
と、ちょっと申し訳なさそうにおっしゃる。
おおっ、それは一足早かった?などと思ったが、今日の蕎麦も香りも風味もよかった、と伝えると、
「そうなんですよ・・・。ヒネでもいい感じなんですが・・。でも、又新蕎麦も食べにきてください」
と、おっしゃって下さる。

「中お休みも無しでやってますので、又お近くに来たらいらっしゃって下さいね」
と、女将さんのおっしゃって下さる言葉もうれしい。

ご馳走さまでした~hahha.gif

阿佐ヶ谷の駅からてくてくと歩いて行った頃のことが、ふっと頭をかすめながら、なんとも言えない懐かしい思いでお店を後に。

今度は、三色をも頂きに訪れてみようかな、
と、ついでにちょっとお参りをして・・・ futt.gif  


*お品書き
せいろ 735円、田舎 840円、変りそば 945円、つけとろ 1,050円、三色そば 1,260円、鴨せいろ 1,470円、天せいろ 1,575円、穴子天せいろ 1,680円、三色天せいろ 2,100円、かけ 735円、玉子とじ、月見そば 945円、山かけ 1,050円、鴨南蛮 1,470円、天ぷらそば 1,575円、穴子天ぷらそば 1,680円、そばがき 1,260円

焼き味噌 315円、板わさ、焼きのり 525円、月見とろろ 630円、玉子焼き 735円、天ぷら盛り合わせ、鴨柳川風 1,260円
ビール 580円、お酒 525円、賀茂泉、雪雀、菊姫 840円



08-9-25 店入り口
「手打そば 庵」

世田谷区奥沢7-33-1
九品仏浄真寺参道口
03-3704-9089
11:30~19:00
水曜定休 禁煙



関連記事
トラックバックURL

http://chibiyukarin.blog4.fc2.com/tb.php/1065-7357ac78

◄ prev next ►