矢川 「素朴庵」

2008/10/31/21:28  [東京都下の蕎麦]国立市 画像あり

ご出身が北海道、というのもきっとあるのだろう、幌加内の蕎麦に拘り、一本で打ち続けているご主人。

町のあちこちで「新そば」の文字を見かけるようになってから、きっとこちらも・・・と、うずうずしていたところ。
「今だったら新旧の蕎麦の食べ比べが出来るよ」
と聞き、早速立川での所用の後に立ち寄ってみる事に niko.gif

08-10-31 店

矢川 「十割手打ちそば 素朴庵」

出てる、出てる♪。「新そば(田舎)打ち始めました」の文字 hahha.gif

見慣れた扉を開き店内に入ると、ずらりと一列に並べられたテーブル。お聞きすると、今夜は10人程の団体のお客さんの予約が入っているそう。(いいな~)

「まだまだ大丈夫ですよ」
と優しく奥様がおっしゃって下さり、端のテーブル席に腰を下ろす。
品書きを開くまでもなく・・・、あまりの寒さに思わず熱燗を。

08-10-31 酒08-10-31 通し

程なく出された熱燗には、定番の「素朴煮」のお通し。
お♪、今日は「むかご」入り。ほこっほことしたむかごに、ほろりとした素朴煮がよく合い、美味しい。

あれこれとお話などしつつ、熱燗を少しずつ頂いていると、次第に体も暖まり、ほおっとするひと時。
こちらの美味しい冷奴か、滑らか~な「山葵芋」をお願いしようと思っていると・・・

「今夜のお料理のひとつなんだけど、よかったら食べてみて」
と、出して下さったのが「柿なます」。

08-10-31 柿なます

とろりとして甘い柿に、しゃきっしゃきとしたレンコン、胡瓜、それにしめじの和えられたなますが、熱燗の口に爽やかでうれしい一品。

これで、ご主人とゆっくりお話しながらの、ゆったりまったりとした時間がとても楽しい futt.gif

と、ゆっくりしたいところだが・・・、
今夜の準備のお邪魔になっては申し訳ない。
しかも、楽しみにしていた新蕎麦。早々にお蕎麦を頂こうと、新旧の「田舎そば」をお願いすることに。
・・・が、残念~。
今日は、去年の蕎麦は打っていないとのこと hanamizu.gif

だったらば・・・とちょっと考え、新そばの「田舎」ハーフと、まだこちらで頂いたことのない、「きのこそば」をハーフでお願いすることに。(きのこづいてるな~笑)

08-10-31 いなか

まずは、「新そば」の田舎から。
出された蕎麦は、角のピンっと立つ細切り。表面には荒々しく蕎麦の欠片が豪華に散りばめられている。

08-10-31 いなかあぷ

その野趣あふれた姿に見とれながら、手繰り顔を寄せた途端、・・・ノックアウト~ッ。
「今年の新蕎麦は、新そばらしくないんだよ」
とおっしゃっていたご主人の言葉がよく分かる。

新蕎麦独特の草のような香りとは全く異なる、まるで熟成したかのような、濃く深い香ばしい蕎麦の香り。これが、ぐわ~と途端立ち込め、この香りだけでもう、うっとり love.gif

08-10-31 いなかたべ

口に含むと、ぎゅっと穀物が詰まったようなしっかりとし腰の蕎麦。
今日はやや硬質感が気になるが、噛み締めると、まるでナッツのような甘みのある香ばしい風味が濃く広がる。
美味しい~っ・・・buchu-.gif

つゆも塩も何もなく、それだけで十分な程の濃い味わい。
そのままで、するするとほとんど頂いてしまう、田舎そば。

そして、食べ終わるタイミングよく出された、初めての「きのこ蕎麦」(ハーフ)。

08-10-31 きのこそば2

中の様子が見える程澄み、透けるような美しいかけ汁。
そこに、表面を立派なきのこがびっしりと覆っている。
真ん中に浮かぶ生麩の鮮やかな色彩が、秋の風情そのもので見目もうれしい。

そのかけ汁を、そっと一口含むと、ふわりと香る鰹の風味。
優しくすっきりとした上品なかけ汁を、ゆっくりと味わっていくと、その中にしっかりときのこの風味が溶け出している。
これも、美味しい・・・futt.gif

08-10-31 きのこたべ

そして、中に沈む蕎麦を手繰り頂くと、田舎とはまるで正反対のような、たおやかな蕎麦が又美味しい。
暖められたことで、優しさが加わり、それでいて穀物感のしっかりと感じさせる蕎麦。
ああ、やっぱり素朴庵の温蕎麦は、美味しい・・・と、しみじみと思ってしまう。

と、すっかり最後の一滴まで頂くと、ほかほかとした幸せな心地に。

08-10-31 蕎麦湯

ほっとしたところで出して頂いた、まろやか~でしっかりと白濁した濃いポタージュ蕎麦湯もたっぷりと頂いたら、お腹も満足な至福の心地。

「まだ少し去年の残ってるから、又おいで」
とおっしゃって下さるのをうれしく聞きながら・・・

ご馳走さまでした~ hahha.gif


*お品書き
もり 735円、田舎、さらしな 840円、二色 945円、三色 1,365円、掻き揚げ天もり 1,365円、とろろ、冷し山菜、おろし 945円、辛味大根、わさびぶっかけ 1,155円、かけ 735円、やまかけ、山菜、岩のり花巻 945円、けんちん 1,155円、豚角煮そば 1,260円、にしん、きのこ 1,050円、巣籠り 1,365円、更級そばサラダ 1,260円

掻き揚げ、出し巻き 735円、山菜おろし、素朴煮、わさび芋、自家製塩辛、冷奴 315円、あみ茸おろし 630円、雑茸おろし、茎山葵、柔らかそばがき 525円、昆布と椎茸の佃煮 160円、いくらの醤油漬け 500円
ビール 525円、お酒 420円、焼酎 420円



08-10-31 かざり
「手打蕎麦 素朴庵」

東京都国立市谷保 6721-1 
042-571-0019
10:00~15:00 / 17:00~20:00
月曜、第1,3火曜休
店内禁煙 Pあり お店のHP
これまでの訪問 





すぐに貼って下さったご主人。ありがとうございます hahha.gif

08-10-31 ポスタ大






関連記事
トラックバックURL

http://chibiyukarin.blog4.fc2.com/tb.php/1102-36f0a051

◄ prev next ►