谷保 「俊」

2008/11/11/21:49  [東京都下の蕎麦]国立市 画像あり

再び当番の受付で立川に。
前回の教訓から防寒してきたのだが、やっぱり寒~い zozo.gif
が、今日は次の人が早めに来てくれ、ありがたく交代し・・・

新しくできた「玄庵」さんのお弟子さんが開いたというお店に伺ってみることに niko.gif

08-11-11 身s

立川から乗り換えた南武線、谷保駅で下車。
駅北口前にすーっと伸びた、国立へと続く道沿いを歩いていく。
ちょこちょことした商店街が途切れ、いつしかアカデミックな雰囲気感じられる、広い通りに入ってきた頃合に・・・

すっきりとしてシンプルな白壁の、素敵なお店に行き当たる。

谷保 「手打そば 俊」


蕎麦屋というよりは、シックなカフェ?と思うようなお店。
入り口前には、イーゼルに品書きが置かれ、ちょっと目を通し扉を開く。

08-11-11 店内2

足を踏み入れた店内は、まだ新しい空気の流れる気持ちのいいワンフロア。
テーブル席6卓のみのすっきりとしてモダンな小さな空間には、心地のいいBGMが流れ、ゆったりとした空気に満ちている。

「いらっしゃいませ hahha.gif
にこにことした花番さんに迎えられ、空いていたテーブル席に腰を下ろす。

すぐに出されたそば茶を頂きながら、置かれている品書きを吟味。
開くと真っ先に、
「少しづつメニューを増やしていく予定でおります」
の一言。まだ開店して一月未満・・・、この気持ちがうれしいな~などと思いながら、後のページをめくる。

蕎麦は、せいろに田舎の二種。それに、いくつかの種物、お料理は結構揃い、今でも十分うれしい品書き。
と、眺めながら・・・
とにかく寒かった体を温めたく、「熱燗、一合を・・・」。

08-11-11 差k

快く受けて下さったのもうれしく、程なくして出された熱燗には揚げ蕎麦が添えて出される。

それに何かと吟味していたお料理も、なかなかリーズナブル。
中から「じゃこねぎ豆腐」と、「秋かぶらの漬物」で悩んでいると・・

「これ、おすすめですよ♪」
と、花番さんがにっこりおっしゃって下さった、「じゃこ豆腐」をお願いすることに。

08-11-11 じゃこ豆腐

程なくして
「そのままでも、お醤油をかけてでも、どうぞ」
と、出された器には、大きめの豆腐にたっぷりのじゃこに葱が豪華に盛り付られた一品。
これは美味しそう~。

08-11-11 じゃこ豆腐3

カリカリに揚げられたじゃこは香ばしく、葱のしゃきしゃきとした食感に、胡麻油の風味がよく、これは旨い
熱燗にもよく合うもので、豆腐もじゃこも好きな私にこれはうれしい。

心地のいい空間で、しばし、これに熱燗をゆっくりと楽しみ・・・
〆のお蕎麦は、「数量限定」の田舎蕎麦を。

08-11-11 田舎

奥から気持ちよい水切りの音がし、目の前に出された「田舎蕎麦」は、思った通り onpu.gif
玄庵さん流れの「田舎そば」で、挽きぐるみの黒めの蕎麦。
その表面には、蕎麦の欠片がびっしりと篭められている。

08-11-11 田舎あぷ2

角が立ち、野趣さあふれた面持ちの、切り幅長さにもムラのない丹精な細切り。
常陸秋蕎麦、二八で打たれている蕎麦は、手繰り寄せると、ふわ~と穀物の香りがやさしく漂う。

08-11-11 田舎どあぷ2

口に含むと、きりっと冷水に締められているのが心地よく、噛み締めるとしっかりとした腰。この歯ごたえも楽しく、食べ進めていると、始めは穏やかに感じられた蕎麦の風味が、次第に濃くなり、香ばしい蕎麦の風味がじわじわと広がってくる。
これは、美味しい niko.gif

08-11-11 田舎たべ

鰹の風味高い汁もまろやかで、やや田舎には弱いかとも思うが、蕎麦との相性はいい。

何よりも、オープンしてまだ一月足らずにして、この蕎麦。
これは、これからもまだまだ楽しみになってしまう。

08-11-11 蕎麦湯

頃合見て出された蕎麦湯は、滑らかでやさしく白濁した風味あるもの。
これを注ぎいれ、たっぷりと頂くと、量もしっかりとあった蕎麦にお腹もいっぱい。

花番さんの、気さくでにこやかな応対も気持ちよく、これから徐々に品書きも増やしていくとのことで、これは楽しみ。

ご馳走さまでした~niko.gif
このしっかりした蕎麦で、今度はかけも食べてみたいな。

帰りは気持ちよく、色づいた木々を眺めながら国立までお散歩を兼ねて・・・。



*お品書き
せいろ 740円、田舎 850円、辛味大根 900円、天ぷらせいろ 1,650円、まいたけ天せいろ 1,320円、つけとろ 980円、鴨せいろ 1,540円、かけ 750円、九条ねぎそば 990円、天ぷらそば 1,750円、まいたけ天そば 1,420円、大盛 200円増、追加せいろ 540円

鯛の塩辛 600円、肉味噌きゅうり 530円、江戸甘味噌 300円、しらすおろし 320ん、じゃこねぎ豆腐 430円、出し巻き 760円、岩手産地鶏の塩焼き 650円、銀だらの西京焼き 820円、鴨焼き 1,320ん、さつま揚げ 580円、ハタハタ干し 680円、いいだこ干し 360ん、秋かぶらのお漬物 300円、合鴨ウインナー 580ん、季節野菜の天ぷら 630円
一番絞り 530円、越後桜、浦霞、新政、一の蔵 600円、燗酒 370円など



08-11-11 看板
「手打そば 俊」

国立市富士見台1-4-4
042-572-8939
11:30~14:30 / 17:00~20:30
水曜、第1,3火曜定休日
禁煙



関連記事
トラックバックURL

http://chibiyukarin.blog4.fc2.com/tb.php/1111-2a8bf8b1

◄ prev next ►