FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    狭山市 「みぞろ木」
    2008年11月24日 (月) 23:10 | 編集
    今にも雨が落ちてきそうな連休最後の日。
    彼は休日出勤と出かけて行ってしまったし・・・、
    と、久しぶりに女将さんに会いに行こう♪と、狭山市へ行ってみることに。
    最近、更科、生粉、田舎に加えて新たに加わったという、粗引き蕎麦も頂きたくて niko.gif

    …が!降り立った狭山市駅前の様子にびっくり a.gif

    な、何もない~ase2.gif。ごちゃごちゃとあったお店も、何度か通ったお店への細い道もなくなり、全くの更地になっている様子に途方に暮れてしまう。
    (こんな日に限って、携帯電話も充電し忘れ・・)
    こっちだろうか、あっちだろうかと、さまよう事30分余り。
    こらえようもなくなったとばかりに降り出した雨の中、咄嗟に駅前の交番に駆け込み、親切なお巡りさんに、住所と電話番号を調べてもらい、なんとかお店へと。

    着いた~…naki.gif
    変わらないほのぼのと温もりあふれたお店を前にし、雨に打たれた寒さも一気に吹き飛んでしまう。

    08-11-24 店

    狭山市  「十割そば うどん みぞろ木」

    すでに2時もとうに回った午後遅く。
    待ってたよ、とばかりに暖かく迎えて下さるご主人がとてもうれしい。

    と、あれ?女将さんがいらっしゃらない。
    お聞きすると、あさってからお店で陶器の展示会をするそうで、今正念場と、窯に篭って最後の本焼きをしているとのこと。

    08-11-24 押しらs

    女将さんにお会いできなかったのは残念だけど…、
    丁寧に暖かくもてなして下さるご主人がとてもうれしい。

    すぐにあれこれと、世間話をしながら、
    「お飲み物どうします?」
    と聞かれ、この寒さ、熱燗をお願いすることに。

    出されるのを待ちながら、お店に置かれている品書きを目にすると、とっても魅力的なお料理の品々。

    08-11-24 品書き

    ぜんまい煮、ふきの煮物、塩から、三菜おろしにしらすおろし・・・
    どれをお願いしようかな~、などと思っていると、目の前に山形のお酒「大山」の熱燗が置かれる。

    08-11-24 酒

    しっとりと手に馴染むお銚子に、あてにうれしくも三点盛られたお料理も。

    じんわりと体を温めてくれる熱燗は、しっかりと味わいのあるお酒。
    頂きながら、出されたお料理にゆっくりと箸を伸ばす。

    08-11-24 つkもの

    まずは、薄切りされた大根と千切り大根の甘酢漬け。
    しゃきしゃきとした瑞々しい大根に、ほどよい加減に漬かった漬物が清々しく熱燗を飲んだ口に心地いい。

    08-11-24 にもの

    糸こんにゃく、切干大根、椎茸のしっとりとした白和えは、ほっとする味わい。

    08-11-24 いか

    それにこの、手作りの「烏賊の沖漬け」が絶妙な味わい。
    烏賊独特の歯ごたえに、塩、醤油をまったく使わずに肝だけで漬けたとの味は、実に乙。
    こと、お酒にたまらい一品に、しばし酔いしれてしまう。

    08-11-24 tんな

    素敵な陶器の飾られた、ウッディーな空間に身をゆだね、ほっとしながら、ご主人と語る蕎麦談義の楽しさ。
    時が経つのも忘れてしまうような時間の中で頂くお酒の、なんて美味なること…futt.gif
    熱心なご主人の語る言葉に、ついつい身をのりだして聞き入ってしまう。

    「今、茨城の常陸秋蕎麦が入ってて、今日はそれの粗引きがありますよ」
    とのご主人の言葉に歓喜し、いよいよお蕎麦を頂くことに。

    08-11-24 やくみ

    すぐに、まずは薬味の乗ったお盆が出される。
    暖かみのある手作りの陶器に注がれたもり汁に、蕎麦猪口、それに、葱と山葵、刻み海苔。
    ん?これは・・・?と見ると、こちらでは定番の女将さんオリジナルのポテトサラダまで。

    08-11-24 ぽてと

    お蕎麦の出るのを待ちながら、残りのお酒でこのポテトサラダを頂くと、やっぱり美味しい heart.gif
    ホコホコとしながら、クリーミィーで口の中でとろりと溶けていくポテトサラダを頂いていると・・・、
    お蕎麦が目の前に置かれる。

    08-11-24 そば

    玄蕎麦をコーヒーミルで外殻を挽き、それを胡麻すり器で挽きメッシュで越し、さらに残った蕎麦をコーヒーミルで挽いて作ったという、手挽きの蕎麦。
    その手間暇だけでもありがたくなってしまうような蕎麦は、ところどころにくっきりと蕎麦の欠片の浮く、野趣さあふれた面持ち。

    08-11-24 そばあぷ

    やや幅広に切られた蕎麦を手繰り上げると、ふわ~と穀物の放つ香りが豊かに漂う。

    08-11-24 そばどあぷ

    口に含むと、しっとりとしながらもしっかりとした腰。舌の上を掠めていく、ざらりとした感触が何とも言えず、顔がほころんでしまう。

    08-11-24 そばたb

    その舌触りをゆっくりと楽しみ、かみ締めると蕎麦の欠片が弾けたかのように、蕎麦の風味がふわ~と口に広がる。
    そのまま何もつけずにしばし楽しんでしまう蕎麦に、大満足 futt.gif

    さらに、こちらの汁が又美味しい。
    鰹、昆布に加え、鯖、顎、などの出汁の調和が醸し出す、複雑で深みのあるまろやかな汁。
    これを蕎麦に浸し頂くと、ぐんっと蕎麦の風味が濃く感じられ、さらに美味しい。

    すっかり夢中で食べつくし、最後にさらさらとした熱々の蕎麦湯を注ぎ頂くと、いつまでも飲んでいたくなるような、洗練された美味しさが体に染みていくよう。

    これをお変わりをして、又ゆっくりと頂き、いつまでも止まることがないようなご主人とのお話を…。

    帰るのが名残惜しいような心地で、ようやく席を立ち、暮れかかった秋の日の早い夕暮れの中お店を後に。
    ご馳走様でした~hahha.gif

    女将さんにお会いできなかったのは残念だけど、又、違う粗引きの蕎麦を頂くことを約束し、心あったかいものを感じながら駅へと向かう。
    このお店と出会えた事に、本当に感謝しながら…。




    *お品書き
    十割そば、変わりそば(日替わり)、挽きぐるみ 各895円、田舎そば 650円、
    そばセット(蕎麦、天ぷら、ご飯、サラダ、お新香)980円、けんちんそば、きのこ汁そば 1,050円、鴨せいろ 1,200円、まぐろ丼セット 1.050円、野菜天丼セット 980円など
    地鶏たたき 765円、馬刺し 765円、鴨スモークロース 580円、天盛り 630円など


    08-11-24 暖簾
    手打ち 十割そば・うどん 器 
      「みぞろ木」

    狭山市入間川2-1-17天竜ビル1階 
    11:30~14:30 / 18:00~22:00
    月曜夜、火曜日休業 P有り 禁煙


    2008年11月24日 絶品三点盛りに「粗挽きそば」
    2008年 1月18日 「そばがき」に「けんちんせいろ」
    2006年10月28日 「牛すじ煮込み」に「鴨団子」「秋刀魚の刺身」、
    「さらしな、挽きぐるみの二色そば」

    2006年 6月25日 入院での運命の出会いのお店。
    再会に、「さらしな」「挽きぐるみ」「十割そば」の三色


    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    ぽこぺん様
    そうですか、女将さん、元気で働いていらっしゃるんですね(^^)。
    よかった…。

    ご主人もとても素敵なダンディなお方で、蕎麦に熱心な方で…
    私も、早速又、伺いたくなってしまいました。
    報告、ありがとうございます。
    うれしかったです。
    2011/06/12(日) 07:42:40 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    6月8日みぞろ木さんに行ってまいりました。大勢のお客様でたいへん賑わっていましたよ。
    女将さんが一人で明るくてきぱきと元気よく接客をこなしていらしゃいました。
    出していただいた曳きぐるみお蕎麦は、女将さんが手作りされた器に笹が敷かれ、その上に盛られていて、
    とても美しく、おいしかったです。
    またあの女将さんに会いに行きたくなるようなお店ですね。



    2011/06/12(日) 02:12:11 | URL | ぽこぺん #nxB/PJ6Y[編集]
    gun様
    偶然、彼とみぞろ木さんの話を、昨夜していたところでした。
    (一緒に入院していた、同志でもあるので…)

    そろそろ伺いたいと思っていたところです。
    今度、ヤンワリと話してみますね(山葵と禁煙)。
    2011/04/25(月) 09:56:25 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
     二度目でしたがやっぱり美味しかった。
    すごく好みです。
     その一方で、つけづゆも2種類出すなど、とてもこだわって
    るようなのに、練り山葵だったり、なにより禁煙じゃなかった
    りと、とても残念なお店です。
    2011/04/24(日) 23:38:38 | URL | gun #nEx7PFYA[編集]
    倉山 昭蔵様
    そうなんですよね、やっぱり北海道はすごいです。
    そういえば、深川のお写真がありましたね♪

    こちらは、雰囲気もご主人女将さんのお人柄も、そして蕎麦も、素晴らしいお店です。又、ぜひ・・・。私もなんだかうれしく思います。
    2008/11/30(日) 09:05:01 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    ふるさとの音江ソバを使っているとは
    狭山市民会館で民音主催のお笑い「浅草21世紀」の講演の帰り、友人と食事のために偶然寄ったお店でした。ふるさと「北海道深川市」の蕎麦を使っていると知って大変驚きました。親しみを感じるとともに、全国で北海道の蕎麦が80%くらい使われていることもわかりました。北海道幌加内産が出荷日本一と聞いたことが本当なんだと信じられるようになった。ソバも大変おいしくいただきました。また、寄りたいお店がふえました。
    2008/11/29(土) 23:24:54 | URL | 倉山 昭蔵 #l/j6wFY2[編集]
    ソバツユ様
    そうです!そうですっ♪♪
    覚えていて下さったのですね・・・。

    そう、だからここは、私には又特別なお店。
    あの、女将さん(が一緒に入院していて・・・)は、とってもあったか~な作品をおつくりになるんです。

    とっても仲良しで素敵な夫婦。
    ここにいるととても和みます。
    ソバツユさんにも、こっそりででも・・・
    伺ってみてもらいたい、です(^^)。
    2008/11/27(木) 22:21:12 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    確かこのお店では?
    退院の日に、お蕎麦の神様が引き合わせたお店では?
    粗引きいいなあ~しっかりとしたお蕎麦の味が見えますよ♪

    女将さん陶芸をなさるのですか、お店の器作りを!
    登り窯のような気がします、飴釉の色が良いですね。

    手打ちで、手つくりの陶器・・・・・お蕎麦屋さんとしては珍しいですね。

    夫唱婦随のお蕎麦頂いて見たいですね、
      焼き物にも手の温もりが・・・
    こういうお店って、いいですねえ~和めそう♪
    2008/11/27(木) 09:41:05 | URL | ソバツユ #tHX44QXM[編集]
    蕎麦屋のおかみ様
    ほんっと!!!
    すごく会いたかったです。
    又、絶対近いうちに伺います(^^)。

    できれば、陶芸展も行きたいところです・・・。

    そうそう!ご主人に、ご馳走さま、と。。
    (更科、彼もとっても喜んでました♪)
    2008/11/26(水) 00:50:00 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    ふるふる様
    うふふふふふふ~・・・(^^v
    でしょでしょでしょ♪
    こちら、田舎もよかったけど、この粗挽き、よかったです!
    こっちにもぜひ、いらして下さ~い♪

    名古屋も、また行きますですよ!
    2008/11/26(水) 00:46:59 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    残念です
    逢えなくてとても残念でした。今ようやく明日の陶芸展の準備が終わりました。    又・・・近いうち来てください~連絡待ってます。
    2008/11/26(水) 00:26:50 | URL | 蕎麦やのおかみ #4ARdecsc[編集]
    挽きぐるみが
    おいでおいでしてるぅ~~(笑)

    さすがに素晴らしいお蕎麦ですね。

    名古屋の挽きぐるみもびっくりです。

    入間川かぁ・・・行って見たいなぁ~~(遠い目)
    2008/11/26(水) 00:04:57 | URL | ふるふる #POQ5NLzM[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >