つれづれ蕎麦 
    代田橋 「まるやま」
    2008年12月21日 (日) 23:22 | 編集
    彼が休日出勤で出かけてしまったので・・・、無事抜糸を済ませた報告も兼ねて、再び代田橋の「まるやま」さんへ niko.gif

    08-12-20 店

    通り過ぎる人々の足どりが速いような、師走の空気を感じながら・・・

    代田橋 「手打蕎麦 まるやま」

    休日の昼下がり。
    お昼をとおに過ぎた時間にもかかわらず、まだまだゆったりと寛いでいるお客さんのいる中、私も空いていたテーブル席に腰を降ろす。

    すぐににこにこと出てきてくれた女将さに挨拶しながら・・・、まずは陶器ビールで喉を潤す。

    08-12-20 ビール

    きんっと冷やされた陶器グラスで頂くビールは、又殊のほか美味しい heart.gif

    08-12-20 お通し

    「ごめんなさい、今日はお通し終わっちゃって・・・」
    と、済まなそうに出して下さった板わさのお通し。
    鈴廣のしっかりとした板わさが厚切りで、私にはこれもとてもうれしい。

    と、うれしく頂きながら、さあて今日は何を頼もうかな♪
    と、品書きを見ていると、
    「カツ煮じゃなくて、親子煮作りましょうか?」
    と、カツがあまり得意でない私にうれしいお言葉。ぜひ、と一人なので少なめで作って頂くことに。

    08-12-20 親子と字

    ほどなくして出された「親子煮」は、ところどころ半熟のとろっとろの卵で綴じられた、いわゆる「親子丼」の親子ヌキ。

    08-12-20 親子と字どあぷ

    中にはごろごろとふわっと柔らかい鶏肉が入っていて、玉ねぎもたっぷり。
    しっかりとした甘辛の味付けの玉子に、これらが絡まりこれは旨い

    08-12-20 酒新メニュー208-12-20 酒

    このお料理を前に、今日は飲むつもりはなかったのだが、ちょっとだけ。
    季節のお酒と書かれた、「黒牛」生原酒純米しぼりたて。
    これをハーフで頂いて、この親子煮をゆっくりと楽しみ・・・futt.gif

    08-12-20 産地

    目の前に書かれた「本日の蕎麦」の文字を確認しながら、そろそろお蕎麦をも。
    今日は、とっても「まるやま」さんのごまだれが食べたくて、それを二色でお願いすることに。

    08-12-20 ごまだれ

    まずはせいろから。
    しっとりとした陶器の器に胡麻汁がたっぷりと添えて出される。

    08-12-20 せいろ2

    様々な蕎麦の欠片がびっしりと埋め込まれた蕎麦は、野趣さ溢れた粗挽きの蕎麦。手繰り上げるまでもなく、ふわ~と香ばしい穀物の香りが豊かに立ち込める。

    08-12-20 せいろたべ

    口に含むと、ざらりとした舌触りがたまらなく、もちもちっとしたしっかりとした腰。
    蕎麦という穀物がまさに一本の麺になった・・・という感覚をしかと感じるもので、噛み締めるとこれも濃い、香ばしい蕎麦の風味がいっぱいに広がる。
    お、美味しい~・・・love.gif

    そのままでも十分、これだけで味わえてしまう蕎麦を、この胡麻汁に絡めると、胡麻のコク、優しい甘みが蕎麦に絡まりたまらない。

    するすると食べてしまうと、タイミングよく出された「田舎蕎麦」。

    08-12-20いなか

    やや太めの挽きぐるみの蕎麦には、これもびっしりと蕎麦の欠片。
    こちらの香りが又濃く、香りだけでもううっとり。

    08-12-20 田舎たべ

    口に含むと、凝縮したしっかりとした腰の蕎麦は、噛み締めて、噛み締めて味わっていくと、じわじわと濃厚な穀物の味わいで口いっぱいになる。

    しかも、このしっかりとした田舎蕎麦に胡麻汁が又いい。
    汁の力強さに負けず、蕎麦によく汁が絡まり、合わさるとさらに濃い風味に。
    これはいいな~・・・buchu-.gif

    と、うっとりしながら食べていると、
    「最近、田舎用の汁も作ってみたので、よかったら試してみて」
    と出して下さった、せいろとは別に作った田舎汁用のもり汁。

    せいろ用の鰹の風味香るまろやかな辛汁に、さらに力強さが加わった汁は、力強い田舎の蕎麦にばっちり。
    こちらのご主人もきろいろと研究し、日々進化してるんだ・・・と、改めて思ってしまう。

    すっかり満足しながら、しっかりと白濁した蕎麦湯を胡麻汁に注ぎ、これもたっぷりと頂くと幸せな心地でいっぱい。
    ご主人奥様とのお話も楽しく、又心温まる気持ちでお店を後に。

    ご馳走さまでした~ hahha.gif

    今年もたくさんご馳走になったまるやまさん。
    来年もよろしくお願いします・・・futt.gif


    *お品書き
    せいろ 700円、ごまだれ 900円、辛味おろし 950円、とろろ 980円、鴨せいろ 1,250円、天せいろ 1,500円、穴子天せいろ 1,800円、たぬき 800円、玉子とじ 880円、カレー南蛮、おかめ 1,000円、花巻き 950円など
    (ランチ)丼と蕎麦 1,050円~、地鶏せいろ 1,000円(プラス100円でとじにも可能)、地鶏南蛮 1,000円

    冷奴 400円、焼き味噌 530円、刺身蒟蒻 480円、肉じゃが 530円、もつ煮 550円、天ちら 1,050円、穴子天ちらし 1,600円、揚げ蕎麦、おでん、玉子焼き、湯葉刺身 550円、茄子揚げ出し 530円、たこわさび 300円
    久保田、上喜元、村祐、獺祭、四季桜、〆張鶴、満寿泉、くどき上手など 740円~(ハーフあり)



    08-12-20 お休み案内
    自家製粉 石臼挽 
    「手打蕎麦 まるやま」

    杉並区和泉1-2-3
    03-3321-1478
    11:30~15:00 / 17:00~21:00
    木曜定休、水曜昼のみ 禁煙 
    これまでの訪問

    12月31日~1月4日までお休み


    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント
    この記事へのコメント
    のこ様
    京ゆばそばもいいですよね♪
    でも、地鶏せいろもいいでしょでしょ?(^^)。
    もし、玉子がお好きだったら、頼む時に「玉子でとじて下さい」と伝えれば、地鶏とじせいろ、作っていただけますよ♪
    これも、私のイチオシの品書きです。

    「もつ煮」・・・
    もつ以外は、食べた事が(^^;
    味付けがとても美味しかったのを思い出しました~・・・。
    2008/12/22(月) 23:38:34 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    真秀様
    そうそう、私も大好きな一品♪
    こちらも、とろっとろの玉子にふわりとした鳥。
    しっかり甘辛の味付けがお酒にとてもうれしい一品でした。

    いろんなお店で試してみたい品書きです。

    こちらはそんなにお高くないんですよ~♪
    それがうれしい限り(^^)。
    2008/12/22(月) 23:34:35 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    岡崎宏一郎 様
    まあまあ♪
    お蕎麦に胡麻汁、これは美味しいですよ!
    ぜひぜひ、試して下さい(^^)。

    はい、もう、にこにこ。
    いや・・・、うっとり、かも・・・(^^;

    「蕎麦前」は、お蕎麦を頼む前に頂く、お酒の事です♪
    素敵な言葉ですよね(^_-)
    2008/12/22(月) 23:32:14 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    ☆まがり★ 様
    私も鈴廣の大きなお店で、作っているの見たことありますよ~♪
    (ちくわがおもしろかった)

    うふふ、私も玉子が好きだから(^^)。
    おいしそうでしょ。
    美味しいんですよ~ん♪
    2008/12/22(月) 23:29:38 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    いいですよね~
    まるやまさん、大好きです~
    いろいろ食べてみたい!と思いつついつも冷やし京ゆば蕎麦、、ゆばが溶け出したおつゆがたまりません。
    でも先日はyukaさんのを見て、いてもたってもいられず、お昼に地鶏せいろを頂きました。おいしかったですぅ~
    そうそうもつは苦手だそうですが、
    まるやまさんのもつ煮たいへんおいしいです、もつ、お好きな方には是非おすすめです。
    2008/12/22(月) 22:32:15 | URL | のこ #-[編集]
    蕎麦屋の親子煮
    親子煮は、この冬の時期いいですよね。
    元々、親子丼好きなのでついつい頼んでしまうのですが、
    具や鳥の使い方、盛り方、卵の固めかたなど
    お店ごとに個性が有って、いただいていて楽しい。
    好きな品の一つです。
    ちょっと蕎麦屋のつまみとしては、
    お値段高めですが。(笑)
    2008/12/22(月) 19:15:27 | URL | 真秀 #p6owyR5Q[編集]
    おおお、胡麻ダレにザラザラ。
    うまそうですねえ。うどんじゃなくって胡麻汁で
    そばって未体験かもしれません。
    yukaさんもおいしいものを食べているときは
    ニコニコしているのでしょうかね~。(笑)
    蕎麦で〆る前のあれこれを「蕎麦前」というようで、
    勉強になっています。m(__)m
    2008/12/22(月) 17:14:15 | URL | 岡崎宏一郎 #SiKI9aDI[編集]
    おっ
    鈴廣のかまぼこですか
    一回、小田原の鈴廣かまぼこ博物館
    行きましたよ
    箱根登山鉄道の風祭駅の近くなんだけど
    前二両しかドアが開かないの知らなくて
    焦りましたよ
    一度行ってみて下さい
    楽しいので
    斜向かいに鈴廣経営の箱根ビール蔵って
    ビアレストランもあってそこの
    料理が美味しいんだ

    親子煮が美味しそう
    卵、好きなので
    あ、何度も言ってますね
    おほほほほ
    2008/12/22(月) 12:52:52 | URL | ☆まがり★ #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >