つれづれ蕎麦 
    保谷 「そばきり すゞ木」 蕎麦三昧
    2009年01月15日 (木) 21:49 | 編集
    今日はお友達2人と、新年会を兼ねてのランチ。
    リクエストされた「すゞ木」さんで、蕎麦料理のつく「蕎麦三昧」を頂きに。
    私も久しぶりなので、これは楽しみ niko.gif

    09-1-15 店

    保谷駅南口の商店街から、入ったまったくの住宅街。
    メルヘンチックな幼稚園の目の前に、暖簾だけが目印の、白壁のモダンで素敵な一軒の住宅に行きあたる。

    09-1-15 暖簾

    保谷 「季彩 蕎麦切り すゞ木」

    ぴゅうぴゅうと吹く凍えてしまいそうな冷たい風も、扉を開いた店内の温かさに、一気に体が包まれほっと futt.gif
    モダンでセンスのいい店内もすっと馴染む心地の良さを感じ、用意されていたテーブル席に腰を下ろす。

    09-1-15 ビール
    まずは、ちょっと遅れるとの友人を待ちながら…
    ビールで乾杯~onpu.gif

    ビールはエビス。
    陶器のビアグラスは泡がきめ細やかでこれもうれしい。


    と、ビールのあてにと、そっと出して頂いたお通しは、茶巾型に作られたポテトサラダ。

    09-1-15 ビールあて

    これが美味しい~heart.gif
    中にみじん切りにされた玉ねぎがしゃきしゃきと心地よく、混ぜられたパセリの風味がふわりと立つ。
    さらりとかけられたソースが又よくあい、これだけでちょっと満足してしまいそう。

    09-1-15 ビールあてたべ

    久し振りに会う友人と会話を楽しみ頂いていると、程なくもう一人の友人も到着♪。
    早速、お料理を出して頂くことに。

    まずは、「季節の前菜」二品に、自家製「蕎麦豆腐」が置かれる。

    09-1-15 前菜

    こんなお料理を前にしたら、と早速お酒に切り替えて。
    ご主人のオススメされた「悠々」は、江戸切子の美しいお猪口と出される。

    09-1-15 酒1 ゆう

    お酒のあてがさらに又別に出して下さるのが、なんともうれしい「蕗味噌」。

    09-1-15 酒2 あて

    しっとりとした蕗の舌ざわりに、ふわりとした風味豊かな蕗味噌で、これは絶品。
    これだけで、お酒がすすんでしまいそう…。

    とは言え、早速目の前に出されたお料理を heart.gif

    09-1-15 前菜大根

    美しく輝く銀餡のかけられた風呂吹き大根。

    09-1-15 前菜大根たべ

    箸を入れるとすっと通る柔らかさ。
    透けるようなガラス細工のような大根は、口に含むととろ~と溶けていく。
    優しくてしっかりと味の染みた味わいに、大根の甘みがじわ~っと広がりたまらない。
    お、美味しい~love.gif

    そして、白とオレンジの色合いも鮮やかな、「人参の白和え」。

    09-1-15 前菜にんじん

    まっとりとして上品な甘さの和え衣は口当たり優しく、絡まった人参がとても美味しい。

    下にもり汁が惹かれ、山葵をちょこんっと載せた「蕎麦豆腐」

    09-1-15 前菜そば豆腐

    さっくりとしたながら、まったりとした滑らかな口当たり。
    口の中で溶けながらじわ~と広がるほんのり甘い胡麻と香ばしい蕎麦の風味が合わさった濃い味わい。
    この「蕎麦豆腐」は、やっぱり美味しい

    これらのお料理に盃は重なり、「影虎龍」、さらに熱燗を頂いて…

    09-1-15 酒2 国龍09-1-15 酒3熱燗

    頼むと次々に出されるお酒のあて。
    しゃきしゃきとした新鮮なブロッコリーのさらりとしたお浸しが熱燗にうれしい。

    09-1-15 酒3 あて

    ひとつひとつがどれも丁寧に作られた美味しいお料理に舌鼓していると、
    「温かいうちに、ぜひどうぞ」
    とおっしゃりながら出された「ミニそばがき」。

    09-1-15 そばがき

    もり汁の上にぽっこりと盛られたそばがきには、紅葉おろしを乗せて出される。
    (ちょっとおっぱいみたい?^^)
    箸でつかみ口に含もうとした途端に、ふわっと広がる蕎麦の香ばしい香り。
    ほんのり温かいそばがきは、もっちりとした弾力がありながら、心地のいい柔らかさ。
    口に含むと、ざらりとした蕎麦の実の感触を感じ、ほどけていきながら広がる、香ばしい蕎麦の味わい。
    ん~、たまらない。

    とこれに合わせて、と、ぬる燗のお変わりも。

    09-1-15 酒4 ぬるかん

    次々に変えられる徳利やお猪口のセンスの良さに、一つ一つ見入ってしまう。

    09-1-15 酒4 ぬるかんあて

    なんてうれしい酒のあて。
    ぬる癇に合わせて出して頂いたのは、大好物の「クリームチーズの酒盗和え」。
    こんなのがあったら…、もぉ~buchu-.gif
    と、しっかりとお酒にお料理、そば豆腐にそばがきで満足し…、
    お声をかけて、いよいよとお蕎麦を。

    まず出されたのは、もう一度食べたくて我儘言ってお願いした、「小かけそば」。

    09-1-15 かけ

    「玄びき蕎麦で作ったものです」
    とのかけそばは、蕎麦が鮮やかに見える澄んだ美しいかけ汁。
    まずその汁を頂くと、ああ、なんて美味しいんだろう。
    上品ですっきり、それでいて出汁の優しい旨味がしっかりとしみた、命の汁のようなかけ汁。
    飲む程に体中が澄んでいくかのような心地を感じるよう。

    09-1-15 かけたたべ

    中の蕎麦は、熱い汁に浸されながらもしっかりとした腰。
    十割で打たれた蕎麦なのに、繋がりもしっかりとし、中には豪華に籠められた蕎麦の欠片。
    暖められた事で、又ふわっと立つ香りに風味に、無心で手繰り続けてしまう。

    ほおっと食べ終えた頃合いに
    「太打ちで作った、鴨出汁の卵とじです」
    と出された器を見て、思わず歓声を上げてしまう。

    09-1-15 鴨汁とじ

    美しい卵がたっぷりと綴じられた卵とじ。
    この汁を頂くと…、なんて味わい。鴨汁ではなく、これも澄んだ汁に、鴨の風味がしっかりと広がりほんのり甘めに仕立てられたもの。
    どこか柳川のような風味の汁に、溶かれた卵はふっわふわ。

    09-1-15 鴨とじたべ

    中の蕎麦は、しっかりとした太めのもので、もちもちとした歯ごたえ。
    このしっかりとした汁に卵に負けず、絡まるとさらに味わいが引き立つよう。
    こ、こんな味わいの卵とじ、これは初めて。

    と、この温蕎麦ふたつだけでも満足してしまいそうになっていると…、
    蕎麦猪口に薬味の大根卸が出され、笊に盛られた蕎麦が出される。

    09-1-15 玄びき

    蕎麦の殻ごと手挽きした、角のきりっと立った丹精な細切り。
    手繰り上げた途端に、ぶわ~っと立ち込める香ばしい蕎麦の香りに、友達二人も思わず唸ってる。

    09-1-15 玄びきあぷ

    口に含むとしっとりとした弾力のある歯ごたえ。
    噛み締めるとこれも濃い蕎麦の風味が、口中に豊かに広がる。
    蕎麦という穀物をいっぱいに感じ、噛み締める毎に噴き出すような味わいに、私もうならずにはいられない~love.gif
    もり汁があることを忘れてしまいそうになりながら、漬けた汁はどろりとしてまったりとした、やや甘めの汁。
    独特のこの汁がこの蕎麦の香ばしさを引き立ててくる。

    09-1-15 玄びきどあぷ

    と、夢中に食べていると、続いて出された蕎麦が…、
    うれしい「粗挽きそば」

    09-1-15 粗挽き

    外殻を含まず挽かれた、やや太めの蕎麦には、飛び出てくるかのようにびっしりと詰まった蕎麦の粒粒

    09-1-15 粗挽きあぷ

    思わず見とれてしまいながら、手繰り上げると、なんて強く濃い香りに風味。
    口に含むと、ざらりとした心地のいいざらつき感が口を掠め、もっちりとした歯ごたえがたまらない。
    噛み締めると、蕎麦の粒が弾けたのではないかと思う程、途端に広がる味わいに言葉を無くしてしまいそう。
    これはたまら~い love.gif

    食べ終えうっとりとしながら、蕎麦湯を注ぎ入れ、ゆっくりと余韻に浸り…

    09-1-15 そばぼうろ

    「デザートの蕎麦ぼうろです」
    とほっこりしみじみとした蕎麦ぼうろを口にし、しみじみと味わう。

    美味しかったね~と話は止まらず、このお料理を一人ではなく、言葉を交わしながら友人と頂けたことがとてもうれしい。

    ご馳走様でした~hahha.gif

    いつも美しいご夫妻の、心からのお持て成しにお腹も心もいっぱい。
    又、訪れさせて頂きます futt.gif


    *お品書き
    せいろ 800円、特選手挽き粗挽き1,000円、特選手挽き特吟そば1,000円
    蕎麦三昧(前菜、蕎麦がき、蕎麦二種、そばぼうろ)1,500円、おまかせ 2,500円

    砂肝煮 600円、野菜の天もり 1,000円 ビール 600円、日本酒各種 500円~



    09-1-15 看板2
    季彩 「そばきり すゞ木」

    練馬区南大泉4-43-32
    03-5387-2010
    11:30~20:00(売り切れじまい)
    月曜休  禁煙

    これまでの訪問 
    2008年6月11日 蕎麦三昧 茄子煮びたし、舞茸と小松菜のお浸し、茄子とゴーやの味噌炒め
    2007年1月17日 蕎麦三昧 大根コンソメ煮、椎茸の含め煮
    2006年1月 6日 蕎麦三昧 大根の豆腐餡、じゃがいも胡麻マヨ
    2005年6月14日 蕎麦三昧 キャベツのカレーマリネ、切干大根 


    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント
    この記事へのコメント
    粗汁様
    どうりで…、
    耳鳴りかと思ったら、粗汁さんのうなり声だったんですね(^^)。

    すごいでしょ、
    きれいでしょ、
    美しいでしょ~♪

    ぜひ、粗汁さんにも頂いてもらいたい!
    そう思って手繰っていました。
    2009/01/18(日) 08:37:43 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    粗挽きの旅
    蕎麦の粒が膨れて 角をなくしている!
    見ただけで 解る粗挽き度

    私も唸りたい
    読みながら唸っているのがきこえませんか
    2009/01/17(土) 12:25:34 | URL | 粗汁 #phHF4o9M[編集]
    まあやん様
    ほんっとにここはいいですよね~♪
    ぷらり、と行けるお店ではないですが、
    ここも定期的に行きたくなってしまうお店です。

    今までいつも一人で伺っていて、一人でしみじみ味わっていたのですが、
    「美味しいね~♪」
    と語りながら頂けたのが、今回とてもうれしかったです。
    あ、そうそう、鴨汁ではなくて、鴨出汁なんですよ。

    相変わらず…
    奥様、ご主人も美しかったです(^^)
    2009/01/16(金) 21:53:43 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    そろそろ伺おうかと思っていたら、なんと行かれたんですね。ここは蕎麦もその前にで来る料理もグレードが高いので、たまに足を運びますが、鴨汁の卵とじは未経験!
     いやあ、美味しそうです。♪
    2009/01/16(金) 14:47:05 | URL | まあやん #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >