FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    新座 「みやもと」
    2009年02月08日 (日) 23:10 | 編集
    志木方面に用があるとの事で、しぶしぶ彼に付き合わされ、車に乗り込む。
    …だぁったらば!、と、お昼は私のリクエストのお店に行ってもらう、と
    先週行ってきたというお友達の写真を見て、興味を持ったお店へと、向かうことに niko.gif

    小金井街道を延々と進み、次第に細くなってきた辺り、野火止近くの水道道路に入って行くと、ふっと小さな看板が電信柱に掛けられいる。
    その本当に細い細い路地沿い。
    場所を確認してから、改めて車を停め、お店へと…。

    09-2-8 看板そと
    私道のような、小さな路地の入口には、
    これも小さなさりげない看板が、足元に置かれてる。


    民家の並ぶ中進んでいくと…

    09-2-8 店

    自宅を改装して作ったのだろうか、ほのぼのとした、
    だがしかし、掛けられた純白の暖簾に、どこか禅味感じるお店に行きあたる。

    新座 「石臼挽手打ち 蕎麦どころ みやもと」

    扉を開き入った店内は、とても小さな空間。
    手作り感感じる、4人掛けの木のテーブルが3卓に、二人がけのテーブルがひとつあるのみの、ほのぼのとした雰囲気漂うワンフロア。

    お昼丁度の店内は、先客が一人いるのみで、入口近くのテーブル席に腰を下ろす。

    すぐに、奥さま(かな?)がお茶を出して下さり、ほっとしてぐるりと店内を見渡すと、
    …おっ!
    あの、「友蕎子」の書が壁にしかと掛けられている。

    09-2-8 額

    一茶庵系列のお店なんだ…
    と、置かれている品書きを手にし開くと、思った通り、「三色蕎麦」の品書きが。

    あまり品数は多くなく、すっきりと絞った中から、やはり私は「三色蕎麦」を、彼は「せいろ」を大盛りでお願いすることに。

    09-2-8 せいろ大

    しばしして、まずは彼の「せいろ大盛り」が置かれる。
    さりげない程に飾り気ないお店に、大きな期待を持って来た私にはちょっと肩すかしのような気持ちもあったのだが、この「せいろ」の蕎麦の姿を見て、一気に期待に胸が膨らむ。

    09-2-8 三色

    と、続いて私の前にも置かれた「三色蕎麦」。
    確かに、確かに、これは一茶庵系列の、独特の蕎麦の盛りつけ 。
    小さな正方形に区切られた蒸篭に、「せいろ」「田舎」「白雪」、そして薬味の葱、ちょこっとの山葵と大根おろしが盛られて出される。

    どの蕎麦も折り目正しく、きりりとした趣持って盛られている様に、ご主人の真面目に蕎麦に向かい合っている姿が見えてくるよう。

    09-2-8 せいろ

    まずは、「せいろ」から。
    手繰り上げた蕎麦は、香りはやや穏やか。
    が!、口に含み噛み締め、喉元を通り過ぎようとした途端、ぐわっと上ってくる、香ばしい蕎麦の風味に香り。
    程良い腰も心地よく、手繰る度ごとにこの風味が広がり、途端うれしくなってしまう。

    09-2-8 白雪

    そして、繊細なほどに細切りの「白雪」は、まるで妖精かの如くの美しさ。

    09-2-8 白雪たべ

    凛っとしてすっと伸びた蕎麦に見とれながら口に含むと、極細ながらもきちんと腰があり、清々しい蕎麦の風味が漂う。

    09-2-8 いなか

    最後に、どっしりと構えた「田舎」蕎麦を。
    もちもちとしたしっかりとした歯ごたえのある蕎麦は、噛み締めるとじわじわと甘みが広がる、味わいのある風味。
    これは、なかなか…、いや、美味しいではないの hahha.gif

    素朴な感じの奥様が出して下さった蕎麦湯は、ナチュラルに白濁した熱々のもの。
    これを汁に注ぎ頂くと、まろやかで伸びのあるもり汁の美味しさを実感できる。

    派手さはない。
    でも、しっかりきちんと、美味しい蕎麦がここにはある。

    と、しみじみと感じながら、蕎麦湯をゆっくりと頂いていると、
    一組、又一組と、後から続々とお客さんがいらっしゃり、いつの間にか、この小さな空間が満席に。

    ああ、私も車でなかったら…と、
    ビールにお酒をお願いしている様子を横目で見つつ、お勘定を。

    ご馳走さまでした~hahha.gif

    中休みもないのも素晴らしく、
    近くにあったら、ふらりと訪れ頂くのにいいのになぁ、などと思いながら…。
    今度は、自転車で来てみようかな niko.gif


    A様、早速行ってきました~♪


    *お品書き
    せいろ、田舎 700円、白雪、三色 850円、天せいろ、鴨せいろ、天ぷらそば、鴨なんばん 1,500円、つけとろ、やまかけ 1,200円

    大根サラダ 350円、そば豆腐、そばやき味噌 450円、のり 500円、つくね 650円、だし巻き玉子、そばやの玉子焼き 600円、天ぷら盛り合わせ 800円
    〆針鶴 1,000円、久保田千寿 750円、開運 600円 ビール 650円



    09-2-8 看板店前
    「石臼挽手打ち 蕎麦どころ みやもと」

    埼玉県新座市新堀3-4-10
    042-495-0872
    11:30~21:00
    火曜・水曜定休 P下参照
    禁煙




    参考までに・・・
    09-2-8 P案内


    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    あべそば様
    はい(^^)、早速行ってきました~。
    見て下さりうれしいです。

    次回は、ぜひ♪
    そちらにも伺ってみようと思います。
    2009/02/25(水) 08:43:19 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    よかった~[i:63899]
    最近バタバタしており、久しぶりにつれづれ蕎麦を拝見しました。

    早速行って頂いたんですね。

    yukaさんに喜んで頂くと大変嬉しいで~す。

    機会がありましたら、「夢笑」さんにも足を延ばして見て下さいね。

    もうこんな時間だ…早く寝なきゃ!
    2009/02/25(水) 03:12:38 | URL | あべそば #-[編集]
    tatenon様
    そうなんです!
    私も、この正当な姿に、思っていた以上にびっくりしました。
    ちょっと「庵」さんを思い出したりしながら…。

    今回車で行ってしまいましたが、前に清瀬からの帰り、自転車でこの辺りを通った記憶があったので、近いかな?
    入口がとても目立たないので、注意して下さいね(^^)。
    (二回通りすぎてしまったので…^^;)
    2009/02/10(火) 08:23:41 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    恵比寿様
    「松鶴庵」も、寛いでしまいますよね~♪

    今日?
    ってことは、行かれたのかしら(^^)。
    楽しみです。
    2009/02/10(火) 08:20:33 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    正統一茶庵調ですね
    写真で見る限り、正統な一茶庵系ですね。これだけ正統なのは今時珍しい?
    清瀬からも近いし、これはぜひ行かねば!
    2009/02/09(月) 21:28:57 | URL | tatenon #-[編集]
    昨日は..
    家人のリクエストで新座の「松鶴庵」でくつろいでいましたが、
    やはり梯子を慣行すればよかった。。(ぜんやにも行きましたがw)

    三色手繰りに本日行ってきます(^^ゞ


    2009/02/09(月) 09:39:16 | URL | 恵比寿 #-[編集]
    ふるふる様
    さすが、これだけで場所わかるんですね♪
    私も、行ってみて、前に清瀬の病院に自転車で行った帰りに、近くを走っていたのを思い出したのです。

    >玉子焼きはどうだったんだろう?

    それそれ♪
    「出汁巻き玉子」と、「蕎麦屋の玉子焼き」の二種類あるので、ものすっごく興味もってしまいました。
    今回は、時間がないとかなんとかで、せかされちゃったので、今度一人でゆっくり伺ってみたいです。
    2009/02/09(月) 09:31:03 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    こりゃまた
    随分レアな場所のお店ですね~~。

    あの近所にはラーメン食べに行くか、東京病院のレストランを利用しに行くか、選択肢が余り無かったのですが、良いお店を教えてもらいました。

    一茶庵系列というと、玉子焼きはどうだったんだろう?
    2009/02/09(月) 09:16:10 | URL | ふるふる #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >