FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    中目黒 「波心」
    2009年02月12日 (木) 23:57 | 編集
    朝方のフラワークを済ませ、その後あれこれと用事があり、気づくとお昼もとうに過ぎている。

    午後から目黒での所用で移動するがてら、
    前にtatenonさんが紹介していた、中目黒のお店でお昼を頂いて行こうと、急ぎ向かってみることに niko.gif

    中目黒駅下を走る、山手通り。
    そこから行くほどか歩いた左の路地を入る、前に「東山 織田」さんがあった場所。
    が、看板も何もなく、分からない…ase.gif

    も、もしかしてここっ??

    09-2-12 店

    まるで高級な料亭の入口かのような、格式高いオーラが漂っている…。

    目黒東山 「波心 HASHIN 」

    少々不安に思ったが、すでに2時。
    これから移動するも、後にない、と、この門をくぐり、しんっと静まった長い石畳を歩いて行く。

    ドキドキしながら向かうエントランス。
    お店の入口まで行くと、やっと「波心」の文字が見え、ほっとし、扉を開くと程なく花番さんが顔を出して下さる。

    …がっ
    「あの…、すみません。ラストオーダー2時で、もう終わってしまったのですが」
    と。
    ええええええ~っっっitata.gif

    見ると腕時計は2時5分。
    お店の前でうろうろ迷っていたのが、悪かった…
    「もう、だめ、なんです、よ、ね…」
    と、がっかりとしながらつぶやくと、ちょっと待って下さい、とおっしゃり、一旦中へ入り、
    「あ、大丈夫です (^^)。どうぞお入り下さい」
    と、受け入れてくれ、中へと案内して頂けることに。

    よ、よかったよぅ…hanamizu.gif

    ほっとして、花番さんについて入った店内は、うんと照明が落され、昼間であることを忘れてしまうような、しっとりと静まった空間。
    黒木板の床に、所々に落された間接照明の明かり。
    いかにも、大人が憩うために作られた空間と、隅々から伺える。

    やや緊張しながらいる私に、案内して下さったのは、4人掛けのテーブルが2つに、2人がけのテーブルが一つ置かれた小さな一室。
    その窓際の席を勧められ、腰を下ろして、改めてほっと…。

    09-2-12 店内

    ふと横を見ると、これもなんて素敵な演出・
    広く取られた大きなガラス窓からは、小さな箱庭のような中庭が眺められる。

    09-2-12 窓から

    ほおっと見つめていると、お茶と共に一枚の紙に書かれたランチメニューが置かれる。
    グランドメニューも他にあるのだろうが、出された品書きはランチのみ。
    せいろ、とろろ、鴨せいろに、小鉢と炊き込みご飯がつくお膳に、親子丼などがすらりと書かれてる。

    この空間からするとリーズナブルな事にほっとし、中から「せいろご膳」をお願いすることに。

    09-2-12 ランチ

    しばしして、桐のお盆に載せられた「せいろご膳」が配置よく目の前に置かれる。

    09-2-12 そば

    まずは、白木の、どこか神器のような趣きを感じる蒸篭に盛られたお蕎麦から。
    二段重ねの蒸篭に盛られた蕎麦は、すのこが透けるような上品な薄盛り。

    09-2-12 そばあぷ

    角が立ち、表面には蕎麦の欠片の埋もれた丹精な細切りの蕎麦は、手繰り上げるとほのかに干し草のような香りが立つ。

    09-2-12 そばたべ

    口に含むと、冷水でしゃきっと〆られた感触が心地いい。
    噛み締めると、初め穏やかな気がしたが、食べ進めるに従い、じわじわと蕎麦の香ばしさが広がってくる。
    するりと喉を通り落ちていくのど越しも爽やかで、あっという間に二枚食べてしまう。

    09-2-12 なのはな

    添えて出された小鉢は「菜の花のお浸し」。
    茹で加減も程良く、上品な出汁のかけられた一品。

    09-2-12 ごはん

    丁度いい量で盛られた「炊き込みご飯」は、ひじきと牛蒡で炊かれたもの。
    じっくりと味が染み、もちもちとしたご飯が美味しい。

    09-2-12 はくさい

    それに付けられた漬物は「白菜の浅漬け」。
    これもさっと漬けた具合が、白菜の甘みを感じさせ、しゃきしゃきと瑞々しい美味しい漬物。

    09-2-12 湯桶

    湯桶は、これも蒸篭と同じ、真白の白木で作られた、神々しさ感じる湯桶。
    さらさらとした熱々の蕎麦湯をもり汁に注ぎいれると、やや甘めの出汁の奥深い汁は素直に伸び、お吸い物のように、するすると入る。
    これもたっぷりと頂いたら、お腹もようやく一杯に…。

    本当だったら、この素敵な空間、ゆっくりとした気持ちだが、お店ももう閉店時間。
    すぐに席を立ち、お勘定を。

    とどの店員さんもにこやかなのもうれしく、カウンターの中のお兄さんに
    「遅くにすみませんでした」
    と通りがけら伝えると、
    「いえいえ、ありがとうございました。又、ぜひいらっしゃって下さい」
    と笑顔でおっしゃって下さる言葉に、じ~んとしてしまう。

    無理言って入れて下さった上に、こんな暖かいお持てなし。
    素敵な空間だけじゃない、「心」をも感じられ、いつかゆっくりと改めて訪れよう、と心に思う。

    ご馳走様でした~hahha.gif

    波心・・・「湖面にうつる月の如く、くもりなき心」、素敵な言葉だなあ…


    ランチ品書き
    親子丼セット 1,050円、せいろご膳 940円、とろろ(山かけ)せいろ膳 1,140円、鴨せいろ(鴨南蛮)膳 1,470円



    09-2-12 なかにわ
    「くおん東山 波心 HASHIN」

    目黒区東山1-17-3
    03-5724-3113
    11:30~14:00 / 18:00~24:00
    年中無休
    禁煙(と思う)





    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    夢八様
    まあ、お知り合いの方が打ち手で…♪

    蕎麦、なかなか美味しいものでした。
    ぜひ、夜のお料理も頂きたい…と思っていたところです。
    行かれる時、ご一緒できたらうれしいです(^^)
    2009/02/17(火) 23:04:01 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    織田のあとでしたか
    このページ見逃してました。

    知り合いの打ち手が入った店で、
    何かのおりいこうかと思ってました。
    2009/02/17(火) 17:18:30 | URL | 夢八 #D2os1cdk[編集]
    …様
    いえいえ!
    ありがとうございます♪
    2009/02/16(月) 08:15:16 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2009/02/15(日) 21:55:23 | | #[編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2009/02/15(日) 21:53:05 | | #[編集]
    ソバツユ様
    そう、ちょっと珍しいと私も思いました。
    ちょっと、神棚にお供えされたものを思い出してしまったり…(^^;

    前に、「東山織田」さんがあったところに、できたお店なんです。入口もそうですが、中の雰囲気も、本当に素敵でしたよ…。
    もり汁、確かにやや薄めの、上品なものでした。
    2009/02/15(日) 08:07:32 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    白木とは!
    まず少ないでしょうね白木の蒸籠や湯桶は!
    乾かすのが大変でしょうね、盛り付けの時も濡れぬようにと。
    入り口の佇まいは良いですね、
    東山の新店でしょうか、上品なお蕎麦、汁はやや薄めなのでは?
    2009/02/14(土) 17:22:08 | URL | ソバツユ #tHX44QXM[編集]
    tatenon様
    そうなんです、かなり迷ってしまいました…。
    しかも、外にはどこにも看板がなかったので、余計に…(^^;

    はい、平日のこのセットは、なかなかいいいと思いました。少々男性には量が少ないかもしれませんが、大盛り(あるのかしら?)にすれば、いいかと…。
    親子丼も、絶品らしいそうです。
    2009/02/14(土) 09:06:08 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    入っていいかどうか迷いますよね(笑)
    平日の昼はお得なセットがあるんですね。何かの折りに行けたらいいなあ。土曜日は昼でも夜のようなメニューでした。
    2009/02/13(金) 23:23:32 | URL | tatenon #-[編集]
    まがり様
    い、いや…
    巫女では、なかったです。。(^^;;

    (あ、私高校生の時、巫女さんのバイト、年末年始にやってましたよー)
    2009/02/13(金) 20:00:20 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    ほんと
    花番さん巫女のコスプレしてませんでした?
    って趣ですな
    蕎麦の器って塗りがおおいですからね
    器が白木だとなんかすげー高そうに
    見えます
    2009/02/13(金) 12:08:33 | URL | ☆まがり★ #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >