FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    石神井公園 「菊谷」 杉山君の蕎麦
    2009年02月13日 (金) 07:45 | 編集
    昨日は、先日、「菊谷」さんに訪れた際、こちらで修業している好青年、杉山君がお蕎麦を打つという。
    いつも気持ちよくもてなして下さり、真面目にご主人菊谷さんについて仕事をされている杉山君。
    しかも彼は、常々伺ってみたいと思っていた、宇都宮の郊外に情緒あふれた古民家で営むお蕎麦屋さん、「石奈多」さんのご子息。

    いずれは、ここも卒業して、お父様とお蕎麦を打つことになるらしい、となったら…、
    これは是非、杉山君のお蕎麦を食べてみたい futt.gif

    と、目黒での仕事を済ませ、再び池袋へ戻り、石神井公園へ。

    09-2-12 夜みせ

    石神井公園 「手打そば 菊谷」
                …に於ける 「杉山青年の蕎麦」


    ちょっと予定より遅い到着になってしまった店内は、いい感じに席が埋まった、宵のゆったりとした空気が流れてる。
    皆さん、ゆっくりしみじみと、各々のお酒などで楽しんでいる様子は、心地がいい。

    丁度空いていたカウンターの一席に腰を下ろし、まずは恵比寿の小瓶で、一日の疲れを解きながら喉を潤す。

    09-2-12 よるしな

    アテに、「本日の酒肴」の中から、好物の「ウド」の文字が書かれているのがうれしく、迷わずこの「吉祥寺ウドのキンピラ」を。

    09-2-12 二点

    キンピラ独特のたまらない風味に、しっかり味が染み、それでいてしゃきしゃきっとした歯ごたえのあるウドが美味しい
    練馬の路地ものと聞き、ああ、もう春はそこまで来ているんだなぁ…
    などとしみじみと思わせる。

    09-2-12 きゃべつ

    それに、前回とても気に入ってしまった、練馬産キャベツの「お浸し」も。

    ビールをくぅっと飲み干した後には、この美味しいお料理で…

    09-2-12 きしゅ09-2-12 きどいずみ

    丁度、待ち合わせていたお友達も到着した事もあり、日本酒を。
    「四季桜」貴酒に、後には「木戸泉」の熱燗を五勺ずつ頂いると…

    09-2-12 大根

    「蕎麦だけ、じゃ、なんですので、作ってみました。よかったら…♪」
    と、杉山君が作ったという、宇都宮石那田産の「大根と蕪の餡かけ」を出して下さる。
    ほっこりとした蕪は甘く、大根の瑞々しいお料理で、熱燗をじっくりと味わい…

    さて、そろそろ肝心のお蕎麦を頂こうっ onpu.gif

    頼むと、さっと真剣な眼差しになり、釜に向かう杉山君。

    程なくして出された「十割蕎麦」は、期待以上に丹精な細切りの美しい蕎麦。

    09-2-12 すぎそばぜんぶ

    福井丸岡産の蕎麦を、菊谷さんの指導の元、自家製粉して打たれた十割。

    09-2-12 すぎそば

    顔を寄せると、ふわ~っと濃く漂う香ばしい香りにうっとり。
    これは、いい!

    09-2-12 すぎそばあぷ

    口に含むと、たおやかさを携えた腰があり、きりっと〆られた感触が心地いい。
    噛み締めると、お、これは…bikkuri.gif
    味わいも、濃い。
    噛み締める度毎に、じわ~っと広がる、深い香ばしい穀物の味わいがに広がってくる。

    09-2-12 すぎそば食べ

    切り幅、長さにもムラがなく、蕎麦の中にはびっしりと蕎麦の粒が見える蕎麦は、なんて美しい。
    結構盛りのいい蕎麦も、するすると喉を落ちていく。

    これは…、将来がますます楽しみ futt.gif

    いつしか、我々だけになってしまった店内で、
    あれこれと蕎麦談義(?)を語りながら、夜はふけていき…
    今日頂いた、杉山君の蕎麦の味、忘れずにいよう、と思いながらお店を後に。

    杉山君、ご馳走さまでした~hahha.gif

    なんだか、すぐにでも、宇都宮のお父様のお店にも伺いたくなってしまうなぁ~…


    09-2-12 なまそば
    「手打そば 菊谷」

    練馬区石神井町3-27-16
    03-5393-6899
    11:30~14:30 / 17:30~21:00
    (日曜 11:30~17:00売り切れ)
    月曜定休 禁煙
    すぐ近くにコインP有り
    お店のHP 品書きなども


    関連日記
    2009年 2月 5日 「つけ玉そば」
    2008年11月 4日 「鴨そぼろとキノコの蕎麦」
    2008年 6月25日 「つけ玉蕎麦」
    2008年 3月28日 「菊酔い膳」 そば茶プリン
    2007年12月21日 「ごま汁蕎麦」
    2007年 9月14日 「新蕎麦の会」
    2007年 8月17日 至極の「手挽き蕎麦」
    2007年 4月 5日 「ぶっかけ蕎麦」
    2007年 1月25日 「手挽き蕎麦を味わう」の宴
    2007年 1月 5日 「卵とじ蕎麦」
    2006年11月18日 「菊祭り」
    2006年 8月30日 「葱天のぶっかけ蕎麦」
    2006年 7月 8日 友人と共に…「かけ蕎麦」
    2006年 5月26日 「菊酔い会」松葉杖を付きながら…
    2006年 3月 7日 昼酒を楽しむ
    2005年 6月 2日 石神井公園に新しいお蕎麦屋さん

    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    粗汁様
    先日ご紹介されていたお店ですね。

    杉山青年の蕎麦は、遜色なくいい蕎麦でした。
    こちらでは、普段は菊谷さんしか打ちません。
    年に何回か、夜に限定数だけ、杉山君が打つみたいですが、それもお客さんの希望の方のみ、なので大丈夫ですよ。

    習字…
    私も小学校の時にちょっとやっただけだったので、やはり今、もっときちんと習っておけばよかった、としみじみ思っています。
    美しい文字は、心清らかにさせられます…。
    2009/02/16(月) 08:12:53 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    打ち手
    京都で竹やぶのお弟子さんの店が
    出来たんですが・・・
    ご主人曰く、打ち手毎に蕎麦が違いますのでとの事。
    (暗に 同じ蕎麦ではありませんと理解)

    同じ様に 菊谷さんの蕎麦と どれほど
    違いがあったのでしょう
    蕎麦屋 菊谷の範疇の蕎麦だったのでしょうか?

    もし 初めて 私がお伺いして
    これが 菊谷さんの蕎麦だと理解して
    帰ったら 少し 悲しいかな?とも
    思ったりしています。

    比較できるほど 味が分かる訳では
    無いし 実際に食べてないので
    思いつきの話で 御免なさいませ。

    PS.最近 習字をやっておいたら良かったと
    よく思います。恥のかきどおしです。
    少なくても わかり易い
    丁寧な文字を心がけるぐらいの 気持ち
    しか持ち合わせてはいません。
    2009/02/15(日) 09:10:38 | URL | 粗汁 #phHF4o9M[編集]
    tatenon様
    あらっ、地元っっ?(^^)。
    もしかしたら、菊谷さんが買われている農家かもしれませんね♪
    ウドは、結構調布近辺にも多いですよ。

    山ウドも好きですが(実家ではこれが多かった)、東京ウドも大好き。
    酢味噌あえ、胡麻和え、キンピラ、天ぷら・・
    捨てるところがまったくなくて、どの部分も大好きです。

    うどの大木、見てみたい…。
    探しに行ってみます(^^)♪
    2009/02/14(土) 12:02:32 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    独活(ウド)話
    独活の露地物は、多分私の超地元…
    東京ウドは地下で日にあてないようにして育てるそうだけど、我が家のまわりの独活畑…練馬区だけど道の反対側は吉祥寺北町…では露地で育てています。季節によっては「独活の大木」が見られますよ(笑)
    あれはそのまま食べるのではなく東京ウドの苗木?になると聞いていたけど、露地物としても出荷しているのですね。
    独活畑は練馬ではうちの近所だけらしい。キャベツは練馬区全域。そばの話でなくてごめんなさい。
    2009/02/14(土) 10:35:43 | URL | tatenon #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >