矢川 「素朴庵」

2009/02/14/23:23  [東京都下の蕎麦]国立市 画像あり

何やら、「素朴庵」に新たに置くお酒の検討が、あれこれと進んでいるというのを聞き…
私も興味シンシン。
彼が所用で出かけてしまった今日、少々ご無沙汰している事もあり、ちょっと様子を伺いに…niko.gif

09-2-14 店

お店の前では、きれいに咲きそろったチューリップがお出迎え。
もう、すっかり春…

矢川 「十割手打そば 素朴庵」

日曜日の昼さがり。
奥の一席では楽しそうに小さな宴会が行われ、ほぼ満席に埋まった店内。
入れ違いになんとか空いた席に座る事ができて、ほっと。

09-2-14 ビール

まるで春がスキップして訪れてしまったかのような、ぽかぽかとした今日。
来る途中から、飲みたいなー、と思っていたビールをすぐに頂いて。

09-2-14 そばさしみ

お通しは、「さらしな」で作られた「蕎麦刺身」。
ふわっと溶けていく刺身は、甘みがじわり。これは旨い。

09-2-14 かきあげ

ビールを頂いていたら、とっても食べたくなって、「小ぶり」でお願いした「掻き揚げ」。
目の前に出された掻き揚げは、なんってかわいいミルフィーユ仕立て m001.gif
掻き揚げの上に、大葉、その上にレンコン、上にちょこんっとピンクの生麩が乗せられていて、まるでケーキのよう。
「特別に遊んでみちゃったの(^^)」
と女将さんがお茶目な笑顔でおっしゃっり出して下さる。

09-2-14 かきあげあぷ

大葉にレンコンのさっくさくの天ぷらを頂くと、下の掻き揚げには、小ぶりとは思えない程、ごろごろと入った海老に貝柱

09-2-14 かきあげえび

小海老ではなく、しっかりとした身の海老がぶつ切りにされ入っていて、この海老が本当に美味しい。
衣はさっくさくとして軽やかで、贅沢な心地にさせられる絶品「かき揚げ」。

掻き揚げに堪能し、横に添えられた、舞茸の天ぷらも美味しく頂いていると…

09-2-14 そばがき

宴会の人たちに出した一品のおすそわけ、と出して下さった「ミニ蕎麦掻」。
うれしいな~ onpu.gif

09-2-14 そばがきあぷ

「田舎」の粗挽き挽きぐるみの粉で作られた蕎麦掻は、すっきりとした上品なかけ汁が掛けて出される。
口に含むと、もっちりとして、後にざらりとした舌ざわり。
ゆっくりと口の中で転がしていると、じわ~っと蕎麦の深い香ばしい風味がいっぱいに広がる。
これは美味しい

かけられている出汁のきいた上品な汁も美味しく、これも全部頂き満喫したところで…

さあて、今日は何を頂こう。
と品書きを見つめながら、久し振りに「さらしな」を頂いてみたくなり、「さらしな」と「田舎」の二種でお願いすることに。

09-2-14 さらしな

程なくして目の前に置かれた、生粉で打たれた「さらしなそば」。

09-2-14 さらしなあぷ

透けるかのような純白の細切りの蕎麦は、艶々と輝き、神々しいまでの美しさ。
凛とした様子に、swan の文字がふっと頭をよぎってく。

09-2-14 さらしなたべ

口に含むと、しなやかできりりっとした腰が心地いい。
噛み締めると、ふわ~り、爽やかな風味に甘みがじんわり広がってくる。
さらしなもいいなぁ、と改めて。

09-2-14 田舎

そして…、
食べ終える頃合いよく、タイミングよく出された、大好きな「田舎蕎麦」。

09-2-14 田舎あぷ

挽きぐるみで打たれた蕎麦は、透明感のあるグレーの蕎麦。
その中にびっしりと蕎麦の欠片が埋まり、顔を寄せるとしっかりと香ばしい穀物の香りが漂う。

09-2-14 田舎たべ

口に含むと、きりりっとした固めの腰。
だが、今日はどこかたおやかな感触も感じられそれがうれしい。
噛み締めると、じわ~っと広がる蕎麦の風味を楽しみながら、そのままで、まろやかな美味しいもり汁を浸しながらとするすると頂いてしまう。

最後にはとろとろっとした、滑らか濃厚なポタージュ蕎麦湯もたっぷり頂きながら…、

ほぼ、女将さん、ご主人の間では決めつつある、これから置くであろう日本酒についてお話ししつつ、今度来る頃には揃っていたらうれしいなぁ、などと思いながらお店を後に。

ご馳走さまでした~hahha.gif

さあて、今日はバレンタイン。
立川のデパートで、彼に買って帰ろう♪


*お品書き
もり 735円、田舎、さらしな 840円、二色 945円、三色 1,365円、掻き揚げ天もり 1,365円、とろろ、冷し山菜、おろし 945円、辛味大根、わさびぶっかけ 1,155円、かけ 735円、やまかけ、山菜、岩のり花巻 945円、けんちん 1,155円、豚角煮そば 1,260円、にしん、きのこ 1,050円、巣籠り 1,365円、更級そばサラダ 1,260円

掻き揚げ、出し巻き 735円、山菜おろし、素朴煮、わさび芋、自家製塩辛、冷奴 315円、あみ茸おろし 630円、雑茸おろし、茎山葵、柔らかそばがき 525円、昆布と椎茸の佃煮 160円、いくらの醤油漬け 500円
ビール 525円、お酒 420円、焼酎 420円



09-2-14 蕎麦湯
「手打蕎麦 素朴庵」

東京都国立市谷保 6721-1 
042-571-0019
10:00~15:00 / 17:00~20:00
月曜、第1,3火曜休
店内禁煙 Pあり

関連日記
2008年12月26日 尊敬するお方達との忘年会 「かけ」に「田舎」
2008年10月31日 新蕎麦「田舎」、それに「きのこそば」
2008年 7月25日 尊敬する御方と…「田舎」と「山かけ」
2008年 5月28日 絶品「わさび芋」、「岩のり花巻そば」さらしなで
2008年 4月25日 「多摩には蕎麦を」オフ会 皆さんと楽しい宴
2007年12月28日 ひそやかに…忘年会
2007年10月12日 「新旧田舎そば」食べ比べ
2007年 6月22日 「半かけ」に「半田舎」
2007年 4月 9日 「もり、田舎、さらしなの三色そば」
2006年12月28日 「半田舎」に「かけ」
2006年10月18日 新そばを堪能 「もり」に「田舎」
2006年 5月 4日 退院して待ち切れず、松葉杖にて訪問
2006年 1月20日 「もり」「いなか」それに、はじめての「かけそば」
2005年11月30日 「三色そば」
2005年 7月15日 「もり」「田舎」の二色そば
2005年 4月 3日 「さらしな」と「田舎」の二色そば
2005年 3月 9日 初めての訪問


関連記事
トラックバックURL

http://chibiyukarin.blog4.fc2.com/tb.php/1192-4eb76dcb

◄ prev next ►