永福町 「黒森庵」 (試)粗挽き蕎麦

2009/02/18/21:21  [東京の蕎麦]杉並区 画像あり

永福町の素敵な住宅が軒並み並ぶ、閑静な住宅街。
その中に溶け込みながらもさりげなく、暖かくて優しい空気溢れたお店。
ちょっとご無沙汰していたところ、なんでも新しい石臼を仕入れた…、とお聞きし、今日はここでお友達と待ち合わせ niko.gif

09-2-18 店

永福町 「黒森庵」

横の梅の木のつぼみはまだ堅そう。もうちょっと、春は遠いかな~…
暖簾をくぐって入るとすぐ、かわいらしい笑顔で娘さんが迎えてくれ、
すでに到着していた友人二人…と、思ったら、さらに何人かの蕎麦友達が来ていて、途端うれしくなってしまう。

隣のテーブルに腰を下ろし、すぐに弾む話に、ちょっとビールを頂こう~♪。

09-2-18 ビール08-2-18 びーるあて

今日のアテは、冬らしい味の染みた 「大根と厚揚げの炊いたん」。
白滝と一緒に、大根の葉も刻んで添えてあり、しゃきしゃきっとした歯ごたえが楽しい。

と、ビール片手に、話が盛り上がる中、先に来ていた友人3人が
「ちょっとお先に…」
と、早速お蕎麦を頼み、食べ始めている姿を見ていたら…
もう、私もお蕎麦が食べたくなって仕方ない

ビールそこそこに、私もお蕎麦を頂くことに niko.gif

09-2-18 1長野

「今日は、ちょっといろいろあるんだ」
と、にっこりと微笑まれ、まず出されたのは、茨城七会村の常陸秋蕎麦。

09-2-18 1長野あぷ09-2-18 2どあぷ

黒森庵独特の、丹精で美しい細切りの蕎麦。
顔を寄せると、ふわ~っと野生味ある穀物の香りが充満し、もちもちとした腰が気持ちいい。
噛み締めると、これも濃い風味が途端に広がり、汁を使わずにペロリと食べてしまう。

と、すぐに二枚目の笊が運ばれる。一年寝かせた 「2007年産の富山」の蕎麦。

09-2-18 2あぷ09-2-18 2富山07

姿形に大きな違いはないが、顔を寄せると、これが違う。
しっとり熟成したような、甘み深みを含んだぬくもりのある香り。
口にすると、この風味も又、落ち着いたしっとり感のある香ばしい味わい。
これも、美味しい…

流れるように運ばれた三枚目は、新もの、「2008年産富山」の蕎麦。

09-2-18 3富山0809-2-18 3あぷ

お、これはおもしろい♪
同じ富山の蕎麦でも、こちらはまだ新鮮さが加わったような香ばしい香り。
味わいも去年ものとはやはり違う。甲乙つけ難い、こちらも深い香ばしさが感じられる。

09-2-18 酒

あれこれと、どれがよかった、あれはどうだった…、などと話ながら、
さっき開けたばかりだとういう、「豊盃」の発泡うすにごりを頂き、あれこれと蕎麦談義。

と、又友人達と歓談し始めていると、ご主人がにっこにっこと
「粗挽き、打ってみたんだけど、試食してみてくれる?」
とおっしゃる。
あ、粗挽き wao.gif?? それを聞いたら、答えは一つ。
皆揃って「もちろん!」とお願いすることに。

09-2-18 4

と、程なくして目の前に置かれた笊を見て、目が見開くbikkuri.gif
あの、微粉だけだった「黒森庵」で、この挽きぐるみの、びっしりと蕎麦の粒が浮き出た、野趣さあふれた姿の蕎麦を見られるとは…!

09-2-18 4あぷ

4枚目と同じ富山の蕎麦、それを新たに仕入れた石臼で挽かれたとの、見るからに粗挽きの蕎麦。

09-2-18 4どあぷ

蕎麦の粒が豪華に散り、その角の鋭角な姿の蕎麦は、顔を寄せるまでもなく、ぶわ~っと、どこかだだ茶豆を思わせる、香ばしい香りを放つ。
お聞きすると、これは昨日打ったものを一日寝かせたものとの事。

09-2-18 4たべ

もう、香りだけでうっとりしてしまう蕎麦を口に含む。
途端に感じる、心地のいい蕎麦の粒がかすめていくざらつき感。
噛み締めると、香り同様の深くて濃い、そして甘みのある風味がこれも口いっぱいに広がってくる。
こ、これは…、たまらな~~いっっlove.giflove.gif

興奮冷めやらぬ間に、今日打ちたての粗挽きも続いて出され…

09-2-18 5

この粗挽きの姿も美しく、こちらはだだ茶豆というよりは、焙煎したような香ばしい香り。

09-2-18 5あぷ

もっちりとして、穀物感に溢れ、荒々しいというのとは違う心地のいいざらつき。
そして、噛み締める途端に広がる、蕎麦独特の持つ深みのある味わい。

09-2-18 5たべ

もう、すっかり虜になってしまい、うっとりしながら夢中で手繰り続けてしまう。

…と、さらに、さすが!Hさん。
「これを『温もり』で食べてみたい」
とご主人に言うではないの。

で、早速、皆で回し食べて、と出された「粗挽きそば」の「温もり」。
まずは、私から・・・。

09-2-18 あつもり

粗挽き蕎麦では切れぎれになってしまうのでは、と思った温もりだが、これが旨い!
温められた事で、さらに穀物感が豊かに感じ、ざらつき感、つながりも変わらない。
これは美味しい !

しかも、その後で、ぽんっと載せられた卵の黄身を絡めたら…、
もう~っbuchu-.gif 言葉にならなーいっ

09-2-18 蕎麦湯

すっかり、心抜かれたように満喫して、最後にとろっとろのポタージュ蕎麦湯を頂きながら、ご主人に
「どの石臼なんですか?」
と、新兵器の石臼をお聞きすると、
「ちょっと待ってて」
と何やら抱えて持ってきた石臼。
思ったより小さな石臼は、ドイツ製のものとのこと。
いろいろ目たてなどをお聞きしていたら、素人の私でも楽しくなってきてしまう。

「今、とってもね、これで挽く粗挽きが楽しくて楽しくて…」
と、子供のような笑顔で夢中で話して下さるご主人。

しかも、近い将来、枚数限定になるかもしれないが、メニューに加えていくつもりとのこと。
これはうれしいっonpu.gif
これまでの黒森庵の蕎麦ももちろん大好きだけど、粗挽き好きとしてはこの蕎麦がこれからも食べられるとあったら、感動もの。

「『ドイツの石臼のもり』、かなぁ~futt.gif
と楽しそうにつぶやくご主人は、既にネーミングまで考え始めてる。

09-2-18 まめ

デザートに出される最後の美味しい「煮豆」を頂きながら、
このご主人はすごい…、と何度目かの思いをしみじみと感じ入る。
そして又、皆さんとの楽しい時間も頂いて…

ご馳走様でした~hahha.gif

ああ、なんて充実したひと時。
あの粗挽きがメニューに乗る日が、今から楽しみ、楽しみ… futt.gif

Tさん、Kさん、Hさん、Fさん、Yさん、Aさん…、ありがとうございました♪

09-2-18 うす
 「黒森庵」 

杉並区和泉3-17-6
03-3327-4496
11:30~15:00
金・土・祝 & 東京都民の日 定休 
禁煙
 

関連日記
2008年12月24日 「あつあつきのこの白もり」で、ホワイトクリスマス
2008年11月27日 冬限定の新メニュー 「あつあつきのこの白もり」
2008年10月20日 「もりそば」玉子付き 友人とお料理いろいろ
2008年 9月24日 新メニュー 「ケイジャン風味焼き味噌」
2008年 7月17日 (幻)「四川のもりそば」
2008年 5月20日 「running -soba」かけそば
2008年 2月 4日 「ちくわの味噌ネーズ」に「温もり」
2007年12月25日 クリスマスに新メニュー 「イタリアの赤もり」
2007年10月15日 新メニュー 「イタリアの白もり」
2007年 6月28日 新メニュー「温もりそば」 ちくわの味噌ネーズ、焼き海苔 
2007年 3月 8日 「ニンジンサラダ・マスタード風味」に、「もりそば」
2007年 1月30日 「じゃがとひじきのアルデンテ」、「パルマ産生ハムサラダ」


関連記事
トラックバックURL

http://chibiyukarin.blog4.fc2.com/tb.php/1196-69945407

◄ prev next ►