コメント一覧

yas 様
そうだったんですか…。
かわいくって、あのおばちゃん、好きだったのに、ちょっと寂しいです。
うずらの玉子がつく、もりそばも、随分頂いた思い出があります。

今のご夫婦のお店にも…
今度行ってみます(^^)

yuka URL
2011/06/01/ 09:51 編集

はじめまして。

いらっちゃいませ~のおばちゃんは、引退されてしまいましたよ。高齢でお疲れだったようです。確か2007年頃だったかなぁ。
どういう経緯かは知りませんが、いらっちゃいませご夫婦から家族庵の権利を譲りうけたと当代のおばちゃんに聞きました。

私はけんちんそばが大好きでした。

yas URL
2011/05/31/ 11:25 編集

jin-n様
jinさんも関西出身でしたね♪

もしかしたら、こちらのお店も何かゆかりがあるのかも、なんて思ってきてしまいました。
出汁が京風の、澄んで透明な、優しい汁ですし…。

本場の木の葉丼も食べてみたいです。
(なると、かまぼこ好きなので^^)

yuka URL
2009/02/24/ 08:01 編集

木の葉・・・
関西出身者には、なつかしぃ~響き。
木の葉丼は、昔は休みの日に、家で母が作ってくれました。
蒲鉾の細切り、鳴門に、タマネギ、しいたけやねぎを入れて、木の葉に見立てる庶民の味。

御揚げさんだけをとじた丼は、「きつね丼」と言っておりましたが・・・?
ちなみに、「ハイカラ丼」は、「天かす」(天華とは、敢えて言いませんが・・・)だけをとじた丼。

なつかしいなぁ。

jin-n URL
2009/02/23/ 09:20 編集

真秀様
さすが、真秀さん。

なるほど、京都からの出だったんですね。
私も長年、どうしてこれが「木の葉」なんだろう、と思っていたんです。
きっと、ご主人がその辺りからヒントを入れたのかもしれないです(そんなすごいお店ではないのですが…^^;)
でも、言われてみれば、かけ汁もいつも「京風だなあ」と思う、上品なかけ汁なんです。
ふうむ…。
そうそう♪
鴨肉、結構たくさん入っているの。
わざわざ…とは、言えないのですが、
もし、何かの機会があったら、このお蕎麦食べてみて欲しいです。

yuka URL
2009/02/21/ 00:08 編集

木の葉そば
「木の葉そば」ですかぁ。東京では珍しいお品書きですね。

京都辺りに旅行に行くと蒲鉾を卵で親子丼風に綴じた物を
「木の葉丼」といって、あちらに行くと定食屋等でよくいただきます。
お店によっては、油揚げ等も入っている時も有りますね。
京都の軽いお昼用家庭料理の定番らしいです。

おそらく、そちらから着想を得た種物なのでしょうね。
鴨入りは、ちょっと贅沢(笑)ですが、食べてみたくなりました。

真秀 URL
2009/02/20/ 21:31 編集