FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    矢川 「かり庵」
    2009年02月25日 (水) 22:47 | 編集
    先月半ば頃、国立のさくら通り沿いに、ちょっと素敵なお蕎麦屋さんが出来たらしい、という話を聞き、どんななのかしら…、と思っていたところ。
    先日、ひめはるぜみさんが早くも伺ったそうで、ブログを拝見したらなんだか良さそう。

    丁度立川での予定がある今日。帰りにちょっと寄ってみる事に niko.gif

    一番近そうな矢川駅から、さくら通り入り、雨上がりののどかな通りを歩いていると…
    程なく、通り沿いにぱっと目を惹く、大きな上り旗の掛けられた黒い壁一面のお店に行きあたる。

    09-2-25 店

    お蕎麦屋さんというよりは、かわいらしい和菓子屋さんのような雰囲気も。

    国立富士見台 「蕎麦茶寮 かり庵 -かりほー

    立川での用事がちょっと長引き、お店に着いたのは既に2時。
    それでもまだ、「営業中」の文字に安堵し、扉を開き入った店内は…、
    あ、とってもいい感じ hahha.gif

    09-2-25 店内1

    程良く落とされた照明の明かりに、木のテーブル。
    どこかアジアンティックな雰囲気を感じる、優しく温かみのある雰囲気に、途端に居心地の良さを感じてくる。
    一人なので、端にある2人掛けのテーブル席に腰を下ろそうとしたら、
    「ゆっくりと、こちらにどうぞ」
    と顔を出された花番さんに、ゆったりとした4人掛けのテーブル席を勧められ
    「お昼、4時までやってますのでごゆっくりなさって下さいね」
    と優しくおっしゃって下さるのが、とてもうれしい。

    ずらりと並べられた、手作りのようなクッションに、後ろに流れるジャズのBJM。

    09-2-25 店内2

    紗織のかけられた衝立など、どこか南国の風を感じるような、安らぎのようなものを感じてくる。
    すぐに出されたお茶に品書きを見つめながら、これはちょっとゆっくりして行きたい…
    途端にそう思い、中から「開運」をお願いし、
    品書きの中に書かれていた「酒肴三点盛り」の内容をお聞きすると、
    「このわた、アンキモ、烏賊の黒作り」とのこと。

    ううむ…、今の気分とちょっと違うかなぁ、と、考えていると
    「こちらの、『蕎麦昼膳』だと、お料理にお野菜の天ぷらと、お蕎麦がつくので、お勧めですよ」
    とおっしゃって下さったので、そちらを頂いてみることに。

    程なくして、まずはお酒が、陶器の片口に注がれ、手作りらしい味わいのある猪口が添えて出される。

    09-2-25 さけ

    充てには、しっとりと炊かれた「椎茸と切昆布」。

    09-2-25 とおし

    これで「開運」を頂き、、後ろに流れるBJMに身をゆだねていると…、
    「錦玉子に空豆」の前菜が出される。

    09-2-25 1

    ほこほこと暖かい初物の空豆に、丁寧に作れたほんのり甘めの出汁巻き玉子。

    09-2-25 2

    続いて、「和牛ばら肉と牛蒡の煮込みです」と、流れるように出される。

    09-2-25 2あぷ

    しっとり柔らかく炊かれた牛蒡は、しっかりと味が染み、箸を入れるとほろほろっとこぼれるように解ける牛肉が、すこぶる旨い。
    これだけでも、一合飲めてしまいそう~ ♪、などと思いながら、うれしく頂いていると…

    09-2-25 3

    これはうれしい、「牡蠣のグラタン」まで。

    09-2-25 3あぷ

    とろりとしたホワイトソースの中には、大ぶりの牡蠣が埋まり、この味が濃厚。
    ややしっかり目の味付けのグラタンで、これはお酒がすすむすすむ…。

    と、頂いていると、しばしして、最後の「野菜の天ぷら」が塩を添えて出される。

    09-2-25 てんぷら

    パリパリとして香ばしい明日葉に、舞茸、そして春らしいたらの芽の天ぷら。
    どれも、さくっさくの軽やかな衣の天ぷらで、これも大満足で頂き…

    お声をかけてお蕎麦をも。

    09-2-25 やくみ09-2-25 やくみあぷ

    まずは、薬味の大根卸に、葱、瑞々しい山葵が置かれる。
    待つ間に、ちょこっとなめてみる汁は、やや甘めのしっかりと味わいのあるもり汁。

    09-2-25 そば

    そして、「幌加内産石臼挽きぐるみ」と書かれた、生粉打ちの蕎麦が、笊に盛られて出される。

    09-2-25 そばあぷ

    ところどころに蕎麦の欠片が浮く蕎麦は、丹精な細切り。
    手繰り寄せると、ふわりと爽やかさのある蕎麦の香りがぷ~んっと漂う。

    09-2-25 そばたべ

    口に含むと、やや優しい腰加減。
    噛み締めると強くはないが、そこはかと漂う蕎麦の風味を感じ、するりと落ちていく喉越しの爽やかな蕎麦。

    するすると落ちていく蕎麦は飲んだ後に心地よく、あっという間に頂いてしまう。

    09-2-25 蕎麦湯

    頃合い見て出された蕎麦湯は、別に作られたものらしく、適度に白濁した熱々のもの。
    これをもり汁に注ぎ頂くと、すっと伸びる汁が美味しい。

    一連のお料理に蕎麦を、ゆったりとした時間の中で満喫し、お勘定をと席を立ちながらお聞きすると、ご主人は、深大寺、盛岡で修業をなされ、先月半ばに開いたとの事。

    始終にこやかで丁寧な花番さんのもてなしも心地よく、
    「又いらして下さい」
    とおっしゃって下さる言葉がうれしい。

    ご馳走さまでした~hahha.gif

    もちょっと暖かくなった頃、桜並木を眺めながら散歩がてらに訪れ…、今度は気になった「太打ち」を頂いてみようかな。
    それにしても、この辺りもすっかり蕎麦激戦区~♪


    *お品書き
    せいろ 750円、大盛 200円、追加 500円、つけとろ 1,050円、野菜天ぷらせいろ 1,200円、海老天ぷらせいろ 1,600円、淡雪 1,300円、海老天ぷらそば 1,700円
    蕎麦昼膳 1,600円、夜おまかせ 3,200円~

    酒肴3品 600円、殻牡蠣六ヶ 800円、合鴨ロース焼 800円、揚蕎麦掻 800円、豚角煮と大根 600円、和牛ばら肉と牛蒡の煮込み 700円など、
    ビール 500円、加賀鳶、開運、越の寒中梅、獺祭 700円~



    09-2-25 店内3
    「蕎麦茶寮 かり庵(ほ)」

    国立市富士見台3-5-15
    042-575-8468
    11:00~16:00 / 18:00~22:00
    月曜定休
    P2台



    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    gun様
    成程…
    2013/09/05(木) 09:02:45 | URL | yuka #-[編集]
     太い方のせいろは麺もつゆもこれといって
    ピンとくるものもなく、うかがったところやは
    り機械切り。山葵も甘みも辛みも薄い。

     メニューの中に蕎麦も載っている創作
    居酒屋というのがこの店の僕の印象。
     アワビのキモ焼きを頂きましたが、そえら
    れたカポナータは美味しかったのですが、
    その油との相性が悪いのか、肝心のアワ
    ビの磯の香りが臭さに感じられました。

     
    2013/09/03(火) 22:30:31 | URL | gun #nEx7PFYA[編集]
    gun様
    随分ご無沙汰しちゃってて…
    ありがとうございます。
    修正しておきます。
    2013/09/03(火) 09:16:54 | URL | yuka #-[編集]
    休みが「土」と「祝」に変わりましたね。
    2013/09/02(月) 11:06:25 | URL | gun #nEx7PFYA[編集]
    anago+kusai 様
    しばらく訪れていないのですが…
    なるほど。。
    2011/09/29(木) 11:18:52 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    がっかりの店でした。最悪です!ネットで調べて国立だし感じいいかもと期待して予約の上訪問。店内の雰囲気はよろしく、いい感じの暗さ、座り心地の良いイスに期待感高まり待っていました、アラカルトやコースを注文。ところが、めっちゃ少ないそばが出てきて視覚的に不満からスタート。でも、そばの味はまずまずなので、次に出てくるものに期待と思い、不満を飲みこむことに。コースも次々来るが、変にひねってコジャレた感を出したいのか味はどれも決しておいしいといえるものはひとつも出てこず、なんともいえない訳のわからない味のソースなど正直、首をかしげるものばかりで、あきれる。段々、嫌な予感が・・・この店、ハズしたかな?と。それでも、次こそ期待を、と出てきた「アナゴの天ぷら」。おいしくあってほしいという、祈りにも似た気持ちを持ちながら、一口目を口へ・・・なんだ?この匂いは?・・・思わず、お茶でゆすぎ、気のせいかと、二口目を口に。そうです、鮮度が悪く、長く冷凍庫?冷蔵庫?の中に入っていたのか、庫内のいろんな匂いを吸収していたようです。結局、3分の2を残し、みんなで顔を見合わせ、思わず調理人を呼んで「この匂いは何?」と文句言う寸前でした。女性のフロア担当も、アナゴの旬は今ですと嘘ばかり。旬はとっくに終わっているのに。信じて注文したこちらがバカ見ました。しかも、おすすめ的なメニューの書き方でもあり、騙されました。結局、店を入ってから出るまで、他の客は来ずです。天候の良い、夕食時の7:00前後のことでした。満席でもおかしくない時間帯なのに?・・・おいしければだが。この空き具合が、店の味の評価なのだろう。いちげんさん頼みの店なのか?食べ歩きが好きで、いろんな店に行くが、こんなにがっかりさせられた店は無かった。コスパも悪くとにかく最悪でした。怖いもの見たさなどに興味のある方は訪れてみてはいかがでしょう?決してオーバーな感想ではありませんので。
    2011/09/28(水) 22:05:58 | URL | anago+kusai #-[編集]
    ヒロ様
    素敵なお店でしたよ(^^)。
    お近くでしたら、ご主人と一緒に夜にゆっくりと、なんていうのもいいだろうなぁ、なんて思います。

    本当に国立はお蕎麦屋さんが増えて、うれしく迷ってしまいます(^^)
    2009/03/03(火) 11:22:57 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    蕎麦昼膳
    いいですね(>_<)食べてみたいです。のんびり美味しい物を頂いてると、幸せな気分になりますよね。この前車で通った時、yukaさんのブログを思い出しました。国立は行ってみたいお蕎麦屋さんが沢山あります。旦那の職場の方は素朴庵さんを絶賛してました。色んな町に、魅力的なお蕎麦屋さんが増えるとうれしいですね。一人でゆっくり楽しむも良し、お友達とわいわい楽しむも良し、好きな物を頂きながらのひと時は至福の時間ですね(^^♪
    2009/03/02(月) 12:28:17 | URL | ヒロ #-[編集]
    shin様
    私も、すごい密集してる…
    とつくづく。

    そうそう、「蕎廬庵」さんは、おととしの末にお店を閉められ、今は、御殿場IC近くで新しく営業なさっているんですよ♪
    2009/02/27(金) 13:53:55 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    恵比寿様
    ほんっとに、激戦区。
    ちょっと歩けば、「俊」さん。
    定休日が微妙に違うのが、うれしいかも、なんて思ってしまいました。
    2009/02/27(金) 13:52:33 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    計画的様
    はい、ちょっとゆっくりランチには、雰囲気もよくていいですよ~。
    2009/02/27(金) 13:51:33 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    ひめはるぜみ様
    お料理、なかなかよかったです。
    これで1,600円は楽しめるランチだと思いました。
    お酒は…、
    確かに、国立ならでは、かもしれないですね~…(^^;。

    今度は、太打ち、食べてみたいです。
    2009/02/27(金) 13:50:43 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    国立も....
    国立も......というより矢川には名店素朴庵がありますし、激戦区ですね。谷保にもいい蕎麦屋がありますし、駅前には蕎廬庵があります。僕は高校時代に通ったから、その時分からは想像できません。
    2009/02/27(金) 13:38:46 | URL | shin #eqo2pWHE[編集]
    酒肴が...
    よさげですね~美味そうです♪

    先日、「俊」からこちらに向いましたが辿りつけず。。
    相変わらずの方向音痴ぶりですが、国立は「素朴庵」「きょうや」を
    筆頭に蕎麦激戦区になりましたね。出直して参ります♪
    2009/02/27(金) 06:00:44 | URL | 恵比寿 #-[編集]
    プチ整形
    この雰囲気いいですねぇ。
    料理も美味しそうだし、ぜひ行ってみたいです。
    2009/02/27(金) 05:01:03 | URL | 計画的さん #RZ4X6psw[編集]
    昼酒 最高~~
    やっぱり、お酒がおいしそうですね。
    つまみが おいしそうです。
     おしゃれな飲み屋といったところが コンセプトか?

    酒飲み親父には、少し 良いお値段です。
    国立ならではの お店だと思いました。
    2009/02/26(木) 16:48:27 | URL | ひめはるぜみ #-[編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2009/02/26(木) 10:59:20 | | #[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >