FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    高田馬場 「もり」 青海苔切り
    2009年03月05日 (木) 23:43 | 編集
    朝方の仕事を済ませ、高田馬場駅に降り立ち、すぅっと息を呑む。
    今日は…、賭けに出てみようっ
    お天気もいいし、今日だったら…、と、ここのところ3度程振られ続けているお店へと、いざ、向かってみることに。

    高田馬場からなだらかな上り坂進み、明治通りを左に曲がる。
    心歩みをゆるめながら歩いていくと…

    09-3-5 もり

    よかった hahha.gif、今日はやってる♪
    風に揺れる暖簾が目に入り、通りに面して小さな間口の窓も開けられている。

    高田馬場 「手打そば もり」

    久しぶりだなあ…と、扉を開き入ると、昼過ぎの店内には、何人かのお客さんが座ってる。
    カウンター6席のみの小さな空間は、ご主人の笑顔のようにほっとする温かな空気が漂う。

    「いらっしゃい」とご主人に声を掛けられ、空いていた椅子に腰を下ろすと、美味しい冷たい蕎麦茶が出され、やっとひと心地。

    09-3-5 もりしな09-3-5 もりしな3

    珍しいお酒も揃う品書きに、いつかここも夜に訪れてみたいなぁ、
    としみじみ思いながら、今日の「変わり蕎麦」は何かな、と、壁に目を向けると…

    09-3-5 もりかわり

    これは初めて bikkuri.gif。珍しい、「青海苔切り」と書かれてる。
    これは是非食べてみたい、と、「変わりそば」と「田舎そば」の二色でお願いすることに。

    09-3-5 もりいそ

    そして程なくして、まずは「変わりそば」の「青海苔切り」が出される。

    09-3-5 もりいそあぷ

    カウンターから受取り、目の前に置いた瞬間にふわ~っと香る磯の香り。

    09-3-5 もりいそどあぷ

    艶々と輝く蕎麦は、丹精に切りそろえられ、思わず見とれてしまう程の美しい緑。
    向こう側が透けて見えるかのような透明感があり、まるでガラス細工のよう。
    その中に盛り込まれた細かな青海苔が、模様のように透け見える。

    09-3-5 もりいそたべ

    口に含むと、きりっと冷水で〆られたつるりとした心地のいい口当たり。
    噛み締める間もなく、じわ~っと広がる青海苔の何とも言えない香ばしい風味。
    汁など全く必要もない、この磯の香ばしい味わいがたまらない。
    これは美味しい~…futt.gif

    09-3-5 もりいなか

    と、するすると手繰り食べ、タイミングよく出される二枚目の「田舎蕎麦」。

    09-3-5 もりいなかあぷ

    北海道沼田の蕎麦を石臼で挽き打たれた二八の蕎麦は、殻ごと挽きこんだ粗挽きの蕎麦。
    角がぴんと立ち、鮮やかな切り口の蕎麦は、穀物感溢れた野趣たけた姿。
    手繰り上げると、ふわっとこれも深く香ばしい蕎麦の香りが豊かに立ち込める。

    09-3-5 もりいなかたべ

    やや粘り感をまとった蕎麦を口に含むと、ざらりとかすめていく心地のいいざらつき感。
    噛み締めると、しっとりとした腰があり、じわじわと穀物の味わいが広がっていく。
    久し振りの「もり」さんの田舎そば。これはやはり美味しい…love.gif

    汁は、やや甘みを含んだまろやかで奥行きのあるもので、蕎麦とのバランスもいい。
    そのままで、汁をちょっとつけ、後に添えられた辛~い辛み大根を落とし入れ、とこれもあっという間に食べてしまう。

    09-3-5 盛り蕎麦湯

    頃合い見て出される蕎麦湯は、これも濃く白濁したポタージュ仕立て。
    この蕎麦湯にまで蕎麦の風味がしっかりと染みていて、あまりに美味しく注ぐ手が止まらない。
    すっかり全部飲みきってしまうと、お腹もいっぱ~い。

    「まだ、あんまり良くはないんですが…」
    と、体調を壊されていたと、控え目な笑顔でおっしゃるご主人。
    いつまでもやっていて欲しい、としかと思いながらお店を後に。

    ご馳走様でした~hahha.gif

    今度は夜にもゆっくり訪れてみたいなぁ futt.gif.


    *お品がき
    せいろ 750円、田舎 800円、変わり 850円、二色そば 850円、三色そば 950円、おろし、きのこおろし、とろろ、納豆 950円、鴨せいろ 1,300円、かけ 800円、玉子とじ 950円



    09-3-5 もり2
    「手打ちそば もり」

    新宿区高田馬場1-3-10 
    11:30-15:00 / 18:00-20:30
    090-1764-1136
    土曜定休


    関連日記
    2006年 9月 3日 「芥子切り」「田舎そば」
    2005年 9月 1日 「山椒切り」「田舎そば」
    2005年 4月12日 「桜海老切り」「もり」「田舎そば」
    2005年 1月21日 「一味切り」「もり」「田舎そば」

    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    鍵コメ様
    いつもありがとうございます(^^)。
    感謝しております…。
    2010/07/06(火) 14:32:39 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2010/07/06(火) 05:57:51 | | #[編集]
    ROM専様♪
    はい、はい、やっていてくれました♪
    変わらずの、美味しいお蕎麦に、とろっとろの絶品蕎麦湯。
    満足した次第です。
    ぜひ…。

    コメントありがとうございました。又・・、待っています(^^)。
    2009/03/11(水) 07:18:05 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    おぉ!もりの店主復活か!
    いつも楽しく拝見してます。
    もりの店主復活していたのかぁ。そうかぁ。よかったよかった。
    今度行こ。
    またあの超白濁のポタージュそば湯を飲みたい。
    それじゃYUKAさんまたね。貴重な情報ありがとうノシ
    2009/03/10(火) 22:07:55 | URL | ROM専 #-[編集]
    まあやん様
    そうなんです。まだあんまり調子はよくないらしくて…。
    でも、今回はうかがえてよかったです♪

    私も三点盛りに蕎麦前を…
    ああ、また食べたい、行きたい(^^)、です。
    2009/03/07(土) 08:02:39 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
     「もり」の蕎麦~おお、美味しそうです。店主は相変わらず、腰の持病で休むことがあるんですね。
     ここはいいお酒を吟味しておいているので、それをいただくのもまた楽しいものです。3点盛りをアテに2~3杯、種類の違うお酒をいただいて、最後に、できれば3色でしめる~おお、食べたい、行きたい(^^;
     
    2009/03/06(金) 12:53:47 | URL | まあやん #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >