FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    立川 「無庵」 無仙人の蕎麦遊膳
    2009年03月11日 (水) 23:45 | 編集
    前回お昼のコースを頂き、そのお料理を存分に堪能した「無庵」。

    となったら…、
    いつかは夜に訪れ、夜のコースも食べてみたい、と思っていたところ。
    今日はうれしいお誘いを受け、(もう一つの目的もあり)  いよいよ、長年夢見てきた、夜の「無庵」さんを訪れる事が niko.gif

    09-3-11 店

    夕暮れの暗闇にほのかに漏れた灯りが、又一層、幽玄なる雰囲気を感じさせ、何とも言えない雰囲気。
    立川の街中にいる事を、ふと忘れてしまいそう…。

    立川 「蕎麦懐石 無庵」



    どこか山里辺りで出会った一庵のような、そんな気持ちになりながら、
    降ろされた大きな暖簾を潜り店内へ。
    6時丁度の店内は、我々が一番乗り。

    09-3-11 店内1

    しんっと静まり、空気がゆるゆると落ちて行くようなしっとりとした店内。
    どこもかしこも、素敵な空間…。

    09-3-11 店内2

    ゆっくりと店内を見渡しながら、通されたテーブルに腰を下ろし…、
    まずはビールで乾杯~onpu.gif

    09-3-11 ビール

    頼んで下さっていたお料理は、一度食べてみたい…と、思っていた
    蕎麦料理と季節の魚、野菜を使った蕎麦懐石の、「無山人の蕎麦遊膳」。

    まず出された前菜の「蕎麦豆腐」には、雲丹と山葵菜が添えて出される。

    09-3-11 1

    とろっとしてさらりとした蕎麦豆腐には、上品な出汁が掛けられ、
    上に載せられた雲丹の美味しい事っlove.gif
    これまで食べた雲丹の中で、一番かも…、
    と思う極上の雲丹に、添えられた山葵菜が実によく合う。

    09-3-11 1あぷ

    この一品ですでにノックアウトしてしまいそうになっていると、
    「蕎麦の実のお吸い物」 が出される。

    09-3-11 209-3-11 2なか

    蓋を開けてみると、ぷりっぷりの蛤が横たわったお吸い物。
    潮の風味がふわ~っと香る、上品で体にすぅっと染み入る。

    09-3-11 2なかあぷ

    中には、柔らかく炊かれた蕎麦の実が沈み、ほおっとするお吸い物。

    09-3-11 しなさけ
    こんなお料理を前にしたら…、
    と早速ビールからお酒に切り替えて。

    と品書きを見ると、
    飲んでみたいと思っていた、
    あきる野の「喜正」があり、
    それをお願いする事に。


    そして…、いよいよ「無庵」さん名物の、「蕎麦寿司」がど~んと目の前に置かれる。

    09-3-11 3

    「蕎麦寿司」があるのは知っていたが、実際目にするのは初めての「蕎麦寿司」は、
    巻物ではなく、なんと握り bikkuri.gif
    すし飯の代わりに、すし酢でしっかりと味付けされた蕎麦が握られ、
    その上に魚介のネタが盛られてる。

    09-3-11 3-4

    すし酢風味の蕎麦が、とても美味しく、
    上に載せられたネタの質の良さに、感動のしっぱなし。

    09-3-11 3-1

    身のしっかりとした帆立は甘みが濃く、上にはカラスミがまぶされ…

    09-3-11 3-2

    本鯛の稚魚、まさに春のお魚、かすご(春子)鯛は、
    まるで桜の花びらのように、ほんのり美しいピンク色。

    09-3-11 3-3

    ほどよく味付けされた穴子も、ふわりとして、これまた美味しい~っ

    09-3-11 さけ09-3-11 さけびん

    と、奥能登の酒 「白菊」(純米吟醸)も追加でお願いし…

    09-3-11 4

    ここで、大皿に美しく盛りつけられた数々のお料理、「季節の点心」が置かれる。

    小さなしゃもじに焼きつけられた「焼き味噌」に、
    「白バイ貝の煮付け」、「ぜんまいの白和え」、「花豆の煮物」…

    09-3-11 4-1

    小さな切り株のようみ見立てた、「独活」に、

    09-3-11 4-2

    「金目鯛の粕漬け」

    09-3-11 4-3

    「蛍烏賊とタラの芽の酢味噌がけ」

    09-3-11 4-4

    「菜の花のお浸し」。
    春の素材のお料理は、見目も美しく、どれもこれも完璧な味わい。

    09-3-11 5 

    さらに、「久寿玉」の熱燗をお願いすると、
    ここで頂けるとは思ってもみなかった、「刺身の盛り合わせ」まで。

    09-3-11 5-1

    丁寧で繊細に、美しく切り分けられた、鯛と鯵のお刺身。

    09-3-11 5-2

    透きとおるかのような鯛も、身のしまった鯵も、実に美味しい。
    端正なこの切り方具合が、又一層魚の旨みを引き立てている。

    と、これだけでもう、十分満足しきっているところに、
    「本日の蕎麦掻でございます」
    と、意表を突くような、どっしりとした大鉢のお料理が置かれる。

    09-3-11 6

    揚げ蕎麦掻に、おこぜの唐揚げ、たっぷりの新玉ねぎと菜の花が添えられ
    南蛮風味の餡がたっぷりと掛けられたもの。

    09-3-11 6-109-3-11 6-2

    かりっかりに揚げられたおこぜは、骨まで柔らかく、身はしっとりふわりとし、
    この餡に絡め頂くと、極上の味わい。

    09-3-11 6-3

    「揚げ蕎麦掻き」は、表面はカラリと香ばしく、中はとろ~りとして滑らか。
    ん~…、たまらなーい

    09-3-11 6-4

    夢中で食べてしまい、ほっとしていると…
    このタイミングが又心憎い、箸やすめのように出された、「カラスミ」。

    09-3-11 7

    「自家製なんですよ」
    との厚みのあるのがうれしいカラスミは、ふわっとして濃厚な味わい。

    09-3-11 7-1

    手作りだからだろうか、この軽やかさ、上品でふくらみのある味わいは
    これも今まで食べた中で一番!と、しかと感じ入ってしまう。
    もう、これだけでたっぷりお酒頂けてしまいそう~っbuchu-.gif

    09-3-11 8

    上品な「香のもの」が出され…

    これでお蕎麦かと思いきや、最後に「天麩羅の盛り合わせ」。

    09-3-11 9

    薄い衣でさっくりと軽やかに揚げられた天ぷらは、
    「タラの芽」に、「さわら」、「ぜんまい」に「独活」の天麩羅。
    口に入った途端にさくさくさく…と、こぼれるような天麩羅。

    09-3-11 9-1

    中でも、「鰆」の天ぷらにうっとり。
    しっとりふわりとした身の鰆に、桜葉が巻かれて揚げられ、
    ふわ~っと春の桜の香りが口に広がる、素晴らしい演出。

    すっかり、「無庵」さんのお料理を堪能しつくし、満喫したところで…、
    いよいよ〆のお蕎麦が出される。

    09-3-11 そば

    「最近、挽きぐるみの蕎麦に変えたんです」
    とおっしゃりながら、これまでの長方形の蒸篭に変えて、
    陶器の器に盛られた蕎麦は、手挽きして打たれた粗挽きの蕎麦。

    09-3-11 そばあぷ

    角がピンと立ち、やや太めになった蕎麦は透明感があり、
    蕎麦の欠片がところどころに浮いた美しい面持ち。

    09-3-11 そばどあぷ

    手繰り上げると、ふわ~っと立ちこめる香ばい豊な香りにうっとり。

    09-3-11 そばたべ

    口に含むと心地のいい腰加減を感じ、噛み締めると、じわ~っと広がる穀物の風味。
    これが濃いっっ。
    噛み締める途中で、そして飲みこんだ後からも、
    ぐわ~っと登ってくる蕎麦の風味に、思わず唸ってしまう。

    汁などいらない、この味わい。結局ほとんど汁を使わず、
    これまで以上の蕎麦に、うっとりと頂いてしまう。
    いやぁ…、この蕎麦、これは美味しい…love.gif

    お料理の美味しさに、そして最後のこの蕎麦。
    もう、夢見心地でいる所に、これも美しい「デザート盛り合わせ」まで。

    09-3-11 デザート

    さっぱりとした「甘夏ゼリー」に、
    出来たての「オレンジピール」が食べた後にとても爽やか。

    09-3-11 あいす

    胡桃がかわいい、濃厚でありながら上品な「蕎麦アイス」に、

    09-3-11 かすてら

    しっとりとした「一口蕎麦カステラ」

    09-3-11 さけかす

    それに、これがたまらな~い味わいの、「酒粕ブラマンジェ」。

    どれも欠ける事ない完璧の一連のお料理に、
    心の底から満喫した、夢のような時間…。

    尽きる事のないくらい、思う存分話せた蕎麦談義に、
    久し振りに再会した友人の笑顔がとてもうれしくて。

    しかも恐れ多くも、初めてご主人とまでお目にかかれ、
    ゆっくりたっぷりとご主人とお話できた感動の時間。
    お弟子さんのお店すべて素晴らしくあるのは、このご主人あっての事なんだなぁ、
    と、ご主人の蕎麦に対するお気持ち、お店に対する考えを聞きながら
    しかと感じた、又とない貴重なひと時。
    とてもとても魅力的なご主人に、お会いできた幸せ。

    「無庵」のお料理に蕎麦、いや、「無庵」というお店すべてから頂いたこの感動。
    ずっと忘れずに、心に留めておきたい…futt.gif

    本当に…、ご馳走様でした~hahha.gif

    K様、本当にありがとうございました~
    hahha.gif




    09-3-11 ちょうちん
    「蕎麦懐石 無庵」

    立川市曙町1-28-5
    042-524-0512
    11;30~14:30 / 17:00~21:30
    日曜、第1月曜定休日 禁煙
    お店のHP 品書きなど


    関連日記
    2008年11月17日 「お昼の蕎麦遊膳」
    2007年11月15日 「季節の点心」で蕎麦前、「生粉打ち蕎麦」
    2007年 4月23日 「季節の点心」で蕎麦前、「せいろ蕎麦」
    2005年 4月18日 「せいろ蕎麦」
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    gun様
    成程…
    言わんとすること、分かるような気がします。
    2011/07/31(日) 07:28:07 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
     はじめてうかがいましたが、あまり良い
    印象ではありませんでした。蕎麦豆腐の
    雲丹はこの写真のような見事なものでは
    なかったし、引き戸の開け閉めする音が
    頻繁にするのですが、お客さんじゃなく
    従業員なんです。なんか落ち着かなくて。

     「土家」さんが明らかにここの影響をうけ
    ているのは感じます。店内やお蕎麦も似
    ています。違いますけど。「土家」さんは、
    ここから余計なものいっさい削ぎ落とした
    感じだと思います。身贔屓な感想かな。

     それとも「きぬたや」さんに「無庵さん系
    列の蕎麦とスタイルは僕の好みではない
    んです。」というお話を聞いた後だという
    事もあったかなぁ。
    2011/07/30(土) 21:39:39 | URL | gun #nEx7PFYA[編集]
    岡崎宏一郎様
    来月に?
    羨ましい~…。
    季節毎に、違うお料理が出るようなので、岡崎さんのブログ、とても楽しみにしています(^^)。
    行かれたら教えて下さい♪
    2009/03/24(火) 10:06:00 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    来月辺り行きたいなぁ、と
    考えているのですが、yukaさんご紹介のこの
    無庵のコースは3段階のうち、どの値段になりますか。
    2009/03/23(月) 22:04:44 | URL | 岡崎宏一郎 #SiKI9aDI[編集]
    バイトN様
    そうだったのですか♪
    そういえば、土家さんで使っている陶器の器に、とても感じがよく似ていました。

    今でも使われているなんて、
    なだか、ほっと暖かい気持ちにさせられます(^^)
    2009/03/20(金) 17:20:27 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    思い出した
    ほたるイカなどがのっているお皿。
    あれは1、2年焼物の勉強をした
    土屋さんのオリジナルなんですよ
    2009/03/20(金) 01:06:53 | URL | バイトN #ja.2fmMI[編集]
    バイトN様
    久し振りにお顔が見られて、私もとてもうれしかったです♪

    ほんっとに、ほんっとに、
    どれもこれも美味しくて、幸せいっぱいでした。
    味見ができるなんて、羨ましい~っ、です(^^)。

    又、伺います♪
    素敵なところで(大変でしょうが)働けるNさんがちょっと羨ましくも…。
    がんばって下さい。
    そして、いつかゆっくりお会いしたいです。

    料理長さんの腕前、ほんっとに感動モノでした(^^)。
    2009/03/16(月) 08:18:34 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    ご来店ありがとうございました
    yukaさん、来てくださってありがとうございます!
    そんなに喜んでくださると嬉しい!
    美味しいですよね、私も味見できる事があって
    それを楽しみにバイトに励んでいます(笑)

    すぐさまにアップしてくださって、こちらの記事をお話したら
    料理長さんも「そう、良かった。」と喜んでおりました。

    毎月、毎日仕入れで天ぷらや蕎麦掻、お造りのお魚が違ったり、
    蕎麦豆腐が揚げに変わったりはございます。

    あと、予約の際にあれが食べたい!
    あれは食べれない!のリクエストには
    ほぼお答えできます~。
    食べれない量ならスモールサイズに変えて質を上げたり。

    yukaさんに喜んで頂けてバイトのモチベーションが上がりました!
    2009/03/15(日) 17:28:53 | URL | バイトN #ubrVGf1E[編集]
    K様
    私も写真を見て、自分でびっくり(^^;

    本当にどれもが美味しくて、
    ご一緒して頂いて、本当に感謝しています。
    K様がいらっしゃったから、ご主人にもお会いできた、と、うれしく思っています。
    2009/03/14(土) 08:09:09 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    ヒロ様
    ぜひ!
    もしおひとりで行かれるようだったら、「季節の点心」は食べてみて下さい。(ハーフで作ってくれるので)。私もこれまではいつも一人だったのですが、これをいつも頼んでいました。

    コースは、ぜひ、ご主人と一緒にでも(^^)
    2009/03/14(土) 08:07:37 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    ☆まがり様
    この握りが又美味しくて、美味しくて…。
    手作りのからすみは、やっぱりいいですね~。

    もう、一年分くらたのしんじゃった気分でした。

    こちらのお店のお弟子さんのお店も、皆、同じように素晴らしいんです。それも感心させられています。
    2009/03/14(土) 08:05:52 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    zanki 様
    そうなんです!
    ちょっとした料亭なんかより…
    と思ってしまいました。
    すごすぎ、ですよね~(^^)。
    2009/03/14(土) 08:04:00 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    花まき様
    あ~、仕返しされちゃったぁ(^^)。

    でも、やあっぱり、無庵はすごいと、心底感動しちゃいました。
    蕎麦寿司、私も握りは初めて。
    もう~、思い出しただけでも又食べたいくらい、美味しかったです。
    2009/03/14(土) 07:43:08 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    あんなに
    食べたかな?

    yukaさんの美味しい、の声厨房に聞こえたんだね。
    ご主人思わず席に来られましたね。

    蕎麦寿司芸術的に仕上がってましたね。
    2009/03/13(金) 17:44:18 | URL | K #-[編集]
    豪華!
    美しいお料理に、美味しそうなお蕎麦。うらやましいです(>_<)。まだ行った事がないので、今度一人でお蕎麦食べに行ってきます(^^♪
    2009/03/13(金) 17:25:36 | URL | ヒロ #-[編集]
    ご馳走じゃ
    ございませんか!

    お蕎麦の握りって初めて見た~!

    からすみって自作!
    あれ、ちょっと大変らしいですよ
    手間隙かかってますねぇ
    蕎麦屋の枠は完全に飛び越えちゃってますな
    すばらしい
    2009/03/13(金) 16:16:13 | URL | ☆まがり★ #-[編集]
    これは
    お蕎麦屋さんじゃなく、高級料亭ではないですか!すごすぎる。
    2009/03/13(金) 16:05:22 | URL | zanki #nEx7PFYA[編集]
    いいな、いいな♪
    いいな、いいな、yukaさんいいな♪
    無庵さんの夜のコース料理なんて、すっごく羨ましいです~。
    多彩な料理の数々、見ているだけで、うっとり。
    蕎麦寿司好きとしては、蕎麦のにぎりがみょ~に気になりました(^-^)
    2009/03/13(金) 12:47:41 | URL | 花まき #pYrWfDco[編集]
    まあやん様
    私も今まで昼専門だったのですが、
    これはすごいでしょ~(^^)。
    無庵さんの、素晴らしさを堪能してしまいました。
    ぜひぜひ、です。
    2009/03/13(金) 11:40:18 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    美味しそうです
     ふうむ、この映像を見てしまうと、これは夜訪問しなくてはなりませんね(^^;
     昼専門でしたから~
    2009/03/13(金) 09:53:40 | URL | まあやん #-[編集]
    ひめはるぜみ様
    私もそのように思い(盛りつけ方とかも)、お聞きしたら、ちょっと変わったそうです。
    それにしても、
    本当にすばらしいお料理でした!
    夜は、さらにいいですね~~♪♪

    蕎麦、変わりましたよ!
    粗挽きの、一層おいしい蕎麦に、もううっとり…、でした。
    2009/03/13(金) 08:41:22 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    岡崎宏一郎様
    そうなんです、そうなんです、
    ほんっとに、どれもこれも、とても美味しいお料理でした。
    蕎麦も、おっしゃっていた通り、以前と変わり一層おいしかったです。

    それはそうと、岡崎さんのお写真の美しいこと、美しいこと…!
    あの発砲酒、まだあったんですね(^^)。
    早速行かれた事、私もとてもうれしいです。
    え?話題…?
    ど、どんな…・(ドキドキ)
    2009/03/13(金) 08:39:47 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    傾向が変わりました?
    料理の幅というか 料理人の好みが 少し変わったような感じを受けました。が?

    立川では相変わらずの人気店です。和食***ダイニング等にいくより よっぽど 値ごろです。たまに飲みに行こうかと先輩を誘うのですが、奥の座敷の予約がなかなか取れなくて・・・。
    2009/03/12(木) 22:31:22 | URL | ひめはるぜみ #-[編集]
    お~!これは御主人の心のこもった
    素晴らしいコースではないですか~。
    手の込んだ、見栄えのするお料理の数々、
    素晴らしい。こんだけの料理があの値段って
    安いですし、やっぱyukaさんってお人柄が
    いいですよね。

    今日のランチはいっこうにしました。お勧めの
    超粗挽きをとても気に入りましてね。yukaさんの
    話題も出ていましたよ。ご紹介ありがとうございました。
    2009/03/12(木) 17:15:40 | URL | 岡崎宏一郎 #SiKI9aDI[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >