fc2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    前橋 「草庵」
    2009年03月29日 (日) 08:13 | 編集

    昨日は、青春18きっぷを使って、群馬前橋へプチトリップ niko.gif
    前々から行きたいと思っていたお蕎麦屋さんへ、お友達3人と蕎麦旅行。

    前橋に降り立つと、まず向かったのはローカルな電車に揺られた「江木駅」。

    09-3-28 草店

    自転車も載せられる(羨ましいっっ)列車で、降り立った駅は、
    懐かしい気持ちにさせられるほのぼのとした小さな駅。


    そこから歩くとすぐ。大通り沿いに面した、日本家屋の立派な建物に行きあたる。

    09-3-28 草店2

    前橋に行くなら、ここも是非、とお友達が勧めてくれた、大好きな「せきざわ」さんが修行したとのお店。
    広々と取られた駐車場に、どっしりと構えた佇まいは、威厳に満ち、悠然と佇んでいる。

    前橋 「会席そば 草庵」


    暖簾をくぐり扉を開き入った店内は、しんっと落ち着いた年季感じる風情たっぷり。
    12時丁度の店内は、まだ混雑前の静けさで、すぐに出てきて下さった女将さんに迎えられ、ゆったりとした小上がりの席に4人で腰を下ろす。

    09-3-28 草店内09-3-28 草店内2

    出されたお茶を頂きながら、品書きを眺め…、
    まずはこちらのお酒「鶴の友」を、冷と熱燗を一本ずつお願いすると、

    09-3-28 草さけ

    程なく、「椎茸軸と昆布の佃煮」に、ガラスと陶器の猪口が置かれた盆が出される。
    さすが…、「会席」と名乗っているだけあっての丁寧なお持て成し。

    お料理の品書きは、「板わさ」と「ひとひらの雪」のふたつのみ。

    09-3-28 草いた

    「板わさ」は、大胆に厚く切られたもので、しっかりとした歯ごたえがあり、味わいの深い質のいい板わさ。

    そして、
    「この『ひとひらの雪』って何なんですか?」
    とお聞きすると、にこやかに答えて下さった
    「雲丹と蕎麦粉を練り込んで作った、お酒に合う一品なんですよ」
    との、何とも美しい名前の「ひとひらの雪」。

    09-3-28 草あわ

    しっとりねっとりと練り込まれた「ひとひらの雪」は、雲丹の味わいが凝縮している。
    ちょこっと口に運ぶだけで、お酒がすすんでしまいそう。
    これは…、酒飲みにはたまらないな~…futt.gif

    それに名物の「花衣」と名付けられた天ぷらがあるとの事でそれもお願いすると…

    09-3-28 草花ごろも

    いわゆる天ぷらとは、まったく異なった、繊細で美しい網の目の衣。
    さらしな蕎麦粉で細く作られた衣は、まるで芸術品のように美しく、崩してしまうのが惜しくなってしまう程。

    09-3-28 草花ころも3

    箸を入れると、さくさくさくっと崩れるこの美しい網目。
    その中には、しっかりとした身の車海老が横たえ、この海老の旨みがとっても濃い。
    かりかりサクサクとした衣も楽しめる天ぷらで、これは美味しい。

    お蕎麦は、「せきざわ」さんの「蕎麦三昧」などの品書きを思い出される、「三昧」と名付けられた三種の蕎麦のセットがいくつも並び、とっても豊富。
    それぞれの内容を丁寧に女将さんに説明して頂き、我々が今回頼んだのは、「穴子三昧」。
    それに、単品で「醍醐蕎麦」と、「せきざわ」さんの独特の「玉子とじ」の由来をも、と「玉子とじ」をお願いする事に。

    頼むとまず、始めに出されたのは「玉子とじ」。

    09-3-28 草たまご

    こ、これこれっ…onpu.gif
    「せきざわ」さんで食べた「卵とじ」と同じ姿の、ほっこりふんわりと綴じられた玉子。
    その下の汁は、ほとんど透明な澄み切った美ししいかけ汁。

    09-3-28 草たまご2

    箸を入れ崩すと、ふわっふわっの溶けていくような優しい卵。(湯気で曇っちゃったっっ)
    汁は、すぅ~っと体に浸みこんでいく、すっきりとして出汁がしっかりと取られたどこまでも上品な汁。
    それに、ほんのり玉子のコクが染みいり、これは流石に美味しい

    09-3-28 草たまご3

    蕎麦は、繊細な細切りの蕎麦。
    温蕎麦らしい、しっとりとした心地の蕎麦に、この汁、そして玉子を絡め頂くと、ほっとしてしまう美味しさ。

    これを回し食べているところに…

    09-3-28 草しる
    「穴子三昧」につく変わり蕎麦用に蕎麦汁に、
    「醍醐蕎麦」用の、又違うもり汁に、辛味大根が出される。

    それぞれ食べ方を説明され、蕎麦猪口に辛味大根を入れ、それに盛り汁を言われた量注ぎいれ待っていると…


    程なく、蒸篭に盛られた「醍醐蕎麦」が置かれる。

    09-3-28 御前

    白めの蕎麦は、丹精に切り揃い、凛として盛られた醍醐蕎麦。
    香り風味は穏やかながら、程よい腰加減に、きちんと真面目に作られたのが伺える、正当な蕎麦。

    09-3-28 草御前2

    順番に、この辛味大根の入った汁に浸し頂くと、ぴりりっと辛みのあるおろしの汁が、この蕎麦に実によく合う。
    ちょこっと浸し頂くと、蕎麦の甘みを感じ、喉越しよくするすると頂いてしまう。

    そして、続いて出された「穴子三昧」のひとつ、「紅蕎麦」。

    09-3-28 草さくら

    櫻葉が一片載せられた蕎麦は、鮮やかなピンク色。

    09-3-28 草べに4

    手繰り上げると、桜の葉の香りがふわ~っと漂い、口に含むとぷりぷりとした腰。

    09-3-28 草わさび

    続いて出された「山葵蕎麦」は、これも鮮やかな緑色。

    09-3-28 草わさび3

    真ん中に、ちょんっと盛られた山葵菜に、これもぷるぷるっとした腰加減。
    あまり山葵の風味というのは、感じられないが、この歯ごたえに、するりと通り喉越しの爽やかな蕎麦。
    ただ残念なのは、ちょっと水切りが弱いかな…

    などと思う間もなく、これをみんなで食べたらあっと言う間 niko.gif

    そして、「穴子そば」というのが珍しくて選んだ、メインの「穴子蕎麦」が出される。

    09-3-28 草穴子

    蓋付きの器で出されたそれを、わくわくしながら蓋を開けると…

    09-3-28 草穴子2

    こ、これは美味しそう~っ
    一度炊かれた穴子の切り身が、艶々と輝き蕎麦の上に盛られてる。

    09-3-28 草穴子3

    それぞれとりわけ頂くと、この穴子がとても美味しい!。
    ふわっふわの身で、口に含むとほろほろとほどけていく。
    焚き加減、そして味付け加減が素晴らしく、蕎麦と共に頂くと又美味。
    しかも、この穴子の出汁が汁にまで沁み入り、流石老舗の貫禄を思わせる一品。

    まだまだお腹に余裕はあるけど、しっかりと満足した後に、
    こちらには何度も通っている友人が、これは是非食べないと、と頼んでくれたこれも名物との「むらくも」。

    09-3-28 草ようかん

    幸い一切れだけ残っていたものを頼んだら、きちんと四人分に切り分けて出される。
    ほっこりとした栗に、蕎麦粉を練り込んで作った羊羹で、これはしみじみと美味しい。
    改めて入れなおしてくれたお茶と共に、ほっとしたひと時を頂き…

    ここが、あの「せきざわ」さんの由来のお店なんだなぁ、
    などとしみじみと思いながら…

    ご馳走様でした~hahha.gif

    さて、いよいよ、お目当てのお店へと…。


    *お品書き
    花衣 1,275円、三昧そば 1,120円、醍醐三昧 1,530円、とろろ三昧 1,635円、花衣三昧 2,350円、霙三昧 1,680円、時雨三昧 1,680円、茜三昧 1,785円、穴子三昧 1,785円、茶漬け三昧 1,785円、醍醐そば 785円、天南 1,735円、鴨南 1,380円、親子南 1,175円、地鶏南 1,020円、しいたけ、釜揚げ 815円、月見、卵とじ 715円、かけ、もり 610円、とろそば 1,020円

    板わさ、ひとひらの雪 410円、鶴の友 700円、むらくも 400円


    09-3-28 草のれん
    「会席そば 草庵」

    群馬県前橋市荻窪町1230-1
    027-269-0936
    11:00~14:00 (月曜)
    11:00~17:00 (水曜~日曜)
    火曜定休日 P多し 禁煙




    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    ☆まがり様
    そうなのそうなの、
    この穴子蕎麦には、私もとろけそうでした~(^^)。

    三里さん!
    わたしもご無沙汰になっちゃってます。
    寒いうちに、ぜひ、こちらの鴨せいろを食べておきたいところです。
    2009/03/30(月) 20:17:26 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    juuwarisoba様
    「花衣」これはいいですよー♪
    「せきざわ」さんで・・・
    す、すみませんっっ、調べておきますっっ。

    今日、行けなかったお店に挨拶してきましたよ~。
    (イロイロ話お聞きしました^^)
    2009/03/30(月) 20:15:42 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    まあやん様
    そうなんですよ~。
    あの、「せきざわ」さんが修行なさったお店。
    変わり蕎麦は、ちょっと色が鮮やかすぎたのですが、流石に老舗の貫禄。
    玉子とじ、穴子蕎麦は本当にすばらしいものでした(^^)
    2009/03/30(月) 20:13:49 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    ぷぅ~にょ♪様
    素敵な建物ですよね~。
    私も見入ってしまいました。

    満足してもらえたの、とてもうれしです。
    又、ぜひいらして下さい(^^)
    2009/03/30(月) 20:11:55 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    草庵
    一瞬、新橋の居酒屋草庵かとw
    会社の近くにもあるので
    草庵にお蕎麦あったっけ~?
    ってすぐ違うのはわかりましたよ
    天婦羅凄いっすね
    確かにこりゃぁ箸を入れるのを
    躊躇われますな
    美味しそう
    穴子蕎麦!心がとろけしまいそうです
    拙者も、土曜日はお蕎麦
    久々の根津の三里さんへ
    小さなお店に友人と4人で行ったので
    ぎゅうぎゅうになってしまいました

    2009/03/30(月) 11:56:43 | URL | ☆まがり★ #-[編集]
    花衣
    名物の「花衣」を一度食べに行きたい。ところで、「せきざわ」さんは、今でも花衣はやっているんでしょうか。
    2009/03/30(月) 11:29:17 | URL | juuwarisoba #-[編集]
     目も舌も堪能させてくれる店のようですね~そうですか、「せきざわ」さんが修行を~
     いいですね、蕎麦行脚~次も楽しみにしています♪
    2009/03/30(月) 09:05:36 | URL | まあやん #-[編集]
    はじめまして
    外観の写真を見て期待しちゃっいました。
    数々の素晴らしい写真に何度も生つばゴックン!こんなに目で満足できるなんて(^^)
    ありがとうございました!
    ごちそうさまでした!
    2009/03/30(月) 00:14:59 | URL | ぷぅ~にょ♪ #ObcUgYao[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >>