つくば 「蕎舎」

2009/05/05/23:45  [関東の蕎麦]茨城 画像あり

5月4日(月) 

連休半ばの初夏を思わせる天気の中、(半分竹の子目当てに)実家に帰省 niko.gif

高速1,000円を利用して向おうと、外環から三郷のICを入ったら・・・
こ、これは、すごいっっa.gif
入口からすでに渋滞が始まり、車が列をなしている 。
それでも何とか、とろとろと動いてはいるが、これだったら…、
と、途中「谷和原」で降り、下から行こうと急遽変更。

となったなら♪、丁度気になっていたつくばのお店でお昼を食べようと、これも予定変更して向かってみることに。


と、着いたのは谷和原ICから程近く、つくば「みずほの村市場」。

09-5-4 bまほろbま

地元の新鮮野菜や卵、花木などを販売している市場の敷地内にあるとの事で…


市場の前を通り過ぎ、奥へと進んでいくと、目の前に立ちはだかる立派な古民家。

160年前の明野の民家を移築したという、
土壁に高い天井の風情溢れたお店が建っている。

09-5-4 bみsで

周りを青々とした木々に、草木が取り囲んだまるで旧跡のようお屋敷。
長い年月が醸し出す、何とも言えない風格ある建物の横には、
大きな大きな水車が、ゆっくりと大らかに回っている。

09-5-4 水車

つくば市  みずほの村市場内 「蕎舎(そばや)」


が、連休半ばの今日は、さすがにお客さんがいっぱい。
外にも中にも待ち人が溢れ、中の紙に名前を記し待つことに。

重い木の幾つも傷のついた扉を開くと、ほの暗い土間があり、
高い高い天井に、どっしりとした黒木のいくつもの梁に、太い柱。

09-5-4 tでんない

ぶら下げられたアンティークな電灯や、広いお座敷の間などを垣間見ていると、
いつしか自分も古い時代にタイムスリップしたような気持ちになってくる。

もっと静かな日に訪れたら、どんなに気持ちがいいだろうなぁ…
などと思っていると、ようやく名前が呼ばれ席に着くことが futt.gif


置かれている品書きには、お蕎麦は、「もりそば」と「限定20食の十割蕎麦」。

09-5-4 こであw5あり

それに温かい蕎麦がいくつかに、ここのお野菜を使ったサラダやお新香、そして、土間にある釜で炊いているご飯の「麦とろ」など。

目を通し、すぐに「限定20食」の蕎麦が気になるが…、
さすがに2時になろうとするこの時間 (1時間待っちゃった…)、しかもこれだけの人が来ているからには、なくなってしまっているだろうと思ったが、花番さんに尋ねると、一食だけ残っているとのこと。

これはうれしい heart.gif
と、私はすぐにこの限定20食の「十割そば」を、彼は「もり蕎麦」を選び、蕎麦がそれぞれ「もり」150g、「十割」130gと少なめなので、「とろろ飯」を付けてお願いする事に。

待つ間に再び品書きを捲り、書かれている拘りを読んでみると、ここでは地域で穫れた常陸秋そばだけを使用し、熱を持たないよう水車小屋でゆっくりと石臼で挽いているそう。
市場内の蕎麦屋であるのにこの拘り。
すでに期待する気持ちをむくむくと感じているところに、蕎麦が目の前に置かれる。

09-5-4 bもり

まずは、彼の「もりそば」から。

09-5-4 bもりあぷ

笊に盛られた蕎麦は、角がくっきりと立った丹精な細切り。
少しもらって手繰ってみると、香りが濃い。香ばしくまろやかな穀物の香りが豊かに漂う。

口に含むと心地のいい腰があり、噛み締めるとこれも蕎麦の味わいがじわじわと広がる。
これは美味しい、と思っていると…

続いて私の「十割蕎麦」も目の前に置かれる。

09-5-4 銃w5あり

こ、これは…っbikkuri.gif
四角の蒸篭に盛られた蕎麦を前に、一瞬息を飲んでしまう。

09-5-4 銃w5あり09-5-4あう

穀物感溢れたその切り口に、中にびっしりと埋まった蕎麦の欠片。
玄挽きの粗挽きされた蕎麦の、その野趣さ長けた姿に、それだけでうっとり。

09-5-4 銃w5ありえおあぷ

おずおずと見つめながら、手繰り上げると、顔を寄せるまでもなく、ぐわ~っと香ばしい蕎麦の香りが漂う。
香ばしくて深い、ふくよかなる穀物の非常に濃い香り。
こ、この蕎麦は…

09-5-4 銃w5ありたbmで

と、口に含むと、まず感じる、心地のいいざらりとした感覚。
しなやかな腰があり、噛み締めると香り以上に濃い味わいが、口いっぱいに広がる。
香ばしくて膨らみのある、深く濃い蕎麦の味わい。
食感にこの味わい、これは粗挽き好きにはたまらない love.gif

これは美味しい~…
でも、少ない~…u-n.gif

と、もっと食べたい気持ちいっぱいで、蕎麦湯を注ぎいれるとこれもしっかりと白濁した蕎麦湯。

09-5-4 そbまゆ

鰹の風味漂う、まろやかなもり汁は、この蕎麦湯を注ぎいれ頂くと、これが又美味しくたっぷりと頂いてしまう。
そのままでも蕎麦の味わいのある蕎麦湯で、これも美味しい。

09-5-4 bむぎbmでし

そして、釜で炊かれた麦ごはん。

09-5-4 とろろ09-5-4 とろろたbm

予め出汁汁で丁寧に混ぜられたとろろは、それだけでも美味しい。
このたっぷりのとろろを麦飯にかけ頂くと、これも美味しくペロリと頂いてしまう。
添えられた切干大根の漬けものも、しゃきしゃきとして旨い。

と、たっぷりの蕎麦湯に、とろろ飯まで食べたらお腹もいっぱい。
その上、思った以上の蕎麦に、待たされたのも忘れ、大満足な心地に。

「お蕎麦美味しかったです」
とお勘定をしながら花番さんにお伝えすると、
「そう、ここの蕎麦は美味しいんです」
と自信たっぷりでお答する花番さん。
「ただ、人手が足りなくて、お待たせしてすみませんでした」
とおっしゃって下さるのもうれしく、又この蕎麦を食べに訪れたい…
できれば、もっと静寂の中で、この空間をたっぷりと味わって頂けたら、
としみじみと思ってしまう。

ご馳走様でした~hahha.gif

思いがけず出合った、情緒ある空間で頂く、絶品の蕎麦。
帰りは、お隣の市場で、美味しい玉子でも買って…niko.gif


*お品書き
もり 819円、十割(限定20食) 1,050円、天もり 1,554円、鴨汁そば 1,680円、釜揚げ風そば 1,029円、麦とろ 399円、そばがき 1,134円、かけ 819円、天ぷらそば 1,554円、鴨南蛮 1,680円

厚焼き卵 504円、鴨焼き 1,029円、お新香 504円、天ぷら盛り合わせ 1,029円、板わさ 714円、冷奴 399円、やさいサラダ 504円、
つくば錦 (220ml)2,520円、霧筑波 1,050円、菊盛 1,050円、つくば泉 1,365円



09-5-4 かんbまn
「蕎 舎(そばや)」

茨城県つくば市柳橋496
029-856-1090
11:00~20:00(売り切れしまい)
火曜定休(祝日営業)
P多数

お店のHP 



関連記事
トラックバックURL

http://chibiyukarin.blog4.fc2.com/tb.php/1256-d180cbcc

◄ prev next ►