つれづれ蕎麦 
    高千穂 「天庵」
    2009年06月02日 (火) 07:00 | 編集
    雨に降られながらの高千穂峡散策から、一旦宿に入り…
    「神楽の舞」の名前の所以となるところの、本物の「神楽の舞」を見物しに再び出発。

    囲炉火を囲んで、神話に元づいた「神楽の舞」。

    09-5-30 神楽舞

    「手力雄の舞」に始まり、「鈿女の舞」、そして、〆の「戸取の舞」。
    天岩戸を開き天照大神(あまてらすおおみかみ)に再び出て頂き、
    これで又世の中が明るくなった…という神話に基づいた舞。

    ちかちかと興っている炭火を囲みながら…というのが又良く、
    むか~し読んだ神話を思い出しつつ見入ってしまう。

    09-5-30 神楽舞差k

    ふむふむ、この「神楽の舞」、確かにこの雰囲気がよく出ているなぁ futt.gif

    09-5-30 神楽舞かっぽ09-5-30 かっぽのbm

    そして、ここでふるまわれるのは、「かっぽ酒」。
    竹筒に焼酎を注ぎいれ、それを囲炉裏に掛けて温めて飲むそう。
    注ぐ時に、かっぽかっぽ…と、心地いい音が聞こえるのが、何とも風流~。
    焼酎には、竹の香りがほんのり移り、これは又美味。
    (でも焼酎そのものの味は、分からなくなっちゃう??(笑))

    お料理は、囲炉裏にど~んと置かれる大きな竹笊に盛られたお煮しめなど。

    09-5-30 神楽舞料理

    「しょーけ盛り」という(そうな)、薩摩揚げに野菜の煮物、それにお握りやお稲荷…
    などなどぎっしりと盛られたお料理。
    宮崎独特との、やや甘めの味わいが、しみじみとして美味しいなぁfutt.gif

    と、珍しい経験をさせて頂き……… sunglass.gif


    やっぱ~り、〆はお蕎麦でしょうっ♪
    運よく宿近くにあった、高千穂町中にある、手打ちのお蕎麦屋さんへ~。

    09-5-30 夜1

    街中の通りから入った路地すぐに、木彫りの看板が暗闇に灯されている。

    09-5-30 夜3

    その横の細い通路を入って行くと…
    凛っとした「蕎麦」の文字に、すっと降ろされた生成りの暖簾。

    高千穂 「手打ちそば 天庵」

    かの高橋さんの達磨で修業なさったとの、女御主人の手打ちのお店。



    細いアプローチを入り、のれんをくぐった先は、
    暖かな灯りに包まれた柔らかな空気。
    コの字型のカウンタ席が厨房を囲み、
    常連のお客さんと見られる方々がゆったりと寛いでいる。

    そして、後ろには掘りごたつの小上がりの席がゆったりと作られ・・・、
    空いていたそこに通される。

    ほのぼのとして品のある、和の雰囲気あるお店はほおと馴染むようで心地よく、
    出された美味しい蕎麦茶を頂きながら品書きを…。

    ふうむ、この小さなコースがリーズナブルに書かれているのがいいなぁ。

    などひととおり眺め、でも、お腹は結構一杯なので…
    シンプルに「ざるそば」をお願いする事に。

    まずは、大きめの楕円のお皿に薬味に蕎麦猪口が乗せて置かれ…

    09-5-30 夜7

    笊に盛られた蕎麦が出される。

    09-5-30 夜8

    笊に盛られた蕎麦は、キリッと角の立った丹精な細切り。
    翁系らしい、すっきりと伸びた二八の蕎麦。

    09-5-30 夜9

    手繰り口に含むと、しなやかな腰があり、香りはあまり強くはないものの、上品な味わい。
    鰹の風味高いすっきりとした汁がよく、それに浸し頂くと、蕎麦にぐんと旨みが増すかのよう。

    09-5-30 夜6

    頃合い見て出された蕎麦湯は、きちんと白濁した熱々のもの。
    ほんわ~かとした魅力のある、女性ご主人自ら出して頂き、
    お聞きすると、蕎麦は地元の蕎麦で打っているとの事。

    「広島まで通ったですよ…」
    と、あったかい言葉でぽつりぽつりとお話して下さるのがうれしく、しばし話し込んでしまう。
    「ここ(熊本)には、太くて黒い蕎麦しかなくて…、だから、きれいな蕎麦、作りたくて…」
    と、広島に通われて修行なさったとの事。

    高千穂の町中で、すでに5年。
    ここにも、高橋さんの心が来ているんだなあ、などとしみじみと思いながら…

    今日も最後にお蕎麦が頂けた事を幸せに思い…
    御馳走さまでした~futt.gif




    *お品書き
    ざる・かけ 700円、地鶏蕎麦、たまごとじ、淡雪そば 1,000円
    千穂コース(蕎麦、小鉢、天ぷら、蕎麦寿司、蕎麦の実のムース) 1,000円、高天コース(揚げ出汁蕎麦豆腐が加わる)、天照コース(高天に和牛のローストビーフが加わる) 1,500円

    蕎麦シュウマイ、蕎麦豆腐 500円、そば豆腐の揚げ出汁 600円、
    ビール 500円、焼酎各種 600円、日本酒 700円~



    09-5-30 夜2
    「手打ちそば 天庵」

    宮崎県西臼郡高千穂町三田井1180-25
    0982-72-3023
    11:00~20:00
    日曜・第4月曜定休




    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント
    この記事へのコメント
    tatenon様
    そうなんです、神々の土地に一つ又(^^)。

    是非、お聞きしてみてください♪
    お話しているとほっとするような、あったか~い感じの女ご主人でした(^^)。
    2009/06/03(水) 07:49:10 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    うーん、いいなあ(笑)
    神話の地に、いいなあ。しかもそこに高橋さんのお弟子さん。今度高橋さんに会ったら話を聞いてみます。
    2009/06/02(火) 22:46:27 | URL | tatenon #JXoSs/ZU[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >