FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    新橋 「辻そば」
    2009年06月22日 (月) 23:45 | 編集
    久しくご無沙汰していた新橋の「辻そば」さんが、今月いっぱいでお店を閉められ、移転してしまうという hanamizu.gif
    その後、お店はお弟子さんが継ぐそうだけど、やっぱり移転してしまう前に、今の「辻そば」さんに、もう一度行っておきたい…。

    今月いっぱいとなったら、、もう残された時間もわずか。
    今日だったらなんとか行けるかも!、と僅かなお昼の時間に急ぎお店へと。

    001.jpg

    新橋の赤れんが通りをひたすら歩き歩き…、一つの角を入った静かな路地裏。
    その中に、小さな看板が置かれ、白い暖簾がすっと下ろされた凛とした佇まい。

    新橋 「新橋 辻そば」




    懐かしさ感じながら、引き戸を開き中へ入ると、すぐ目に留まるゆっくりと回る石臼。
    そして、「いらっしゃいませ」と気持ちのいい声に迎えられ、中に通される。

    すっと伸びたカウンターに、後ろに並ぶテーブル席。
    余計な飾りたてのないすっきりとした店内は、江戸気質を感じられる清潔感溢れる空気。
    そろそろお昼の時間も終わりそうな時間にも関わらず、まだまだお客さんがお蕎麦を手繰ってる。

    私も空いていた席に通され、出されたお茶を頂きながら、感慨感じながら眺めてしまうお品書き。

    002.jpg003.jpg

    最後だからこそ、「ざる」を頂こうか、それとも「田舎」か…
    と悩んだが、一度食べてみたいと思っていた、「辻そば」での「越前おろし」をお願いする事に。

    無駄口きくことなく、きびきびとした動きの厨房の中のご主人にお弟子さんの姿を、ぼおっと見とれ眺めていると、程なくして目の前に「越前おろし」が置かれる。

    006.jpg

    「よく混ぜて召し上がってください」
    と、言葉を添えて出された、深皿の中には、蕎麦の姿は全く見えない程たっぷりと盛られた大根おろし。
    それに今掻いたばかりと言わんばかりの、勢い感じる鰹節に浅葱もたっぷり。

    007.jpg

    まずは、混ぜる前に…
    と、そっと手繰り上げると、角のきりっと立った挽きぐるみの野趣さ溢れた田舎蕎麦。
    鰹節がこんなにもかかっているにも関わらず、口元に寄せるとふわりと感じる、深い穀物の香り。
    しっかりと歯を包み込むような弾力ある腰があり、ゆっくりと噛み締めて行くとじわじわと濃厚な甘みが広がってくる。

    美味しいなあ…futt.gif

    と、何度かそろりと蕎麦を手繰り頂き…

    008.jpg

    ざっくりざっくりとこの大根おろしに鰹節、葱を混ぜ、絡め頂くと…

    これはいいな~…love.gif
    大根おろしのぴりりっとした辛さに清涼感。
    それに鰹節のコク、旨味が広がり、生醤油だけの汁が極上の味わい。
    それにこの雄々しい蕎麦がしかと受け止め、一緒に口に入ると、蕎麦の甘みが一層引き立つ。

    食べつくしてしまうのが惜しいような気持ちを感じつつ、それでも箸は止まらない。

    009.jpg

    食べ終える寸前の頃合い見て出された蕎麦湯は、優しく白濁した熱々のもの。
    これにまだまだたっぷりと残った大根おろしの汁に注ぎいれると、じわじわと広がる蕎麦湯と汁のコントラストが又芸術的。

    温められた事で、辛味が柔らかい甘みになっていく大根おろし汁も、たっぷ~りと頂いたら、ほおっとした気持ちに浸ってしまう。

    美味しかった…futt.gif
    この気持ちを忘れずにいよう、と思いつつ席を立つ。

    御勘定をしながら、ふと見ると、目の前の柱には「移転のお知らせ」。

    011.jpg

    お聞きすると、九十九里浜近くの一宮町に移転し、自家野菜を作ったりしながらのんびりとしながら、9月ごろに又、改めて蕎麦屋をやっていく予定だそう。

    「でも、ここも、弟子が…、「ときそば」と名前を変えて、7月の7日、七夕辺りに新たにオープンしますので、又よろしくお願いします」
    と、暖かな笑顔でおっしゃる女将さん。

    厨房の中で、凛々しく働いているお弟子さんを垣間見つつ、新しいお店も期待十分。

    ご馳走様でした~hahha.gif

    ぎりぎりではあったけど、最後に頂けてよかった、と満足な心地でお店を後に。
    九十九里のお店にも、いつか是非とも、訪れたい、な…



    010.jpg
    「新橋 辻そば」

    港区新橋5-33-3
    03-5401-1851
    11:30~14:00 / 17:30~22:00 (21:30 L.O.)
    ※土曜昼のみ
    日曜・祝日 定休



    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    Man太郎様
    コメントありがとうございます。

    私も本当にそう思います。
    接客に、お料理に蕎麦を、とてもきちんと提供してくれた、「いい」お店だったと・・・。
    でも、千葉で今度は、又違ったゆったりとした時間の中で、というのもいいなぁ、などと思っています。
    是非、伺ってみたいです。

    こちらを引き継ぐお弟子さんも、とても真面目な方だそうです。
    今は、新たな「ときそば」に、とても期待しています。
    2009/06/28(日) 23:15:00 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    新橋で貴重な・・・
    落ち着いた雰囲気と、しっかりとした蕎麦とつまみを堪能できるお店。新橋では最も気に入っていたため、閉店の告知には驚きました。

    非常に残念ながらも、いわば発展的解消&新店をお弟子さんに任せる、ということなんですね。

    千葉での益々のご繁栄をお祈りするとともに、お弟子さんのリニューアル後の店舗に期待いたしております。
    2009/06/28(日) 20:04:10 | URL | Man太郎 #-[編集]
    ROM専様
    コメント、ありがとうございます~♪

    そうなんです…、なんだか寂しいですよね。
    でも、九十九里浜で、ゆったりと蕎麦屋を営んでいく辻そばさんも、魅力的だなぁ、などと思っています。

    お弟子さんも、まじめそうな方でした。
    私も「ときそば」に又、期待しています(^^)
    2009/06/25(木) 10:51:32 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    そうか、閉店するのか……
    いつも楽しく拝見してます。
    辻そばさん店閉めちゃうのか。残念だな。
    以前は仕事で新橋に行くことがちょくちょくあって、ここは比較的空いていたのと、回転がよかったからよく入ってたんだけど。
    実はもりしか食べたことないんだけど、こうなると他のメニューも食っときゃよかったなと思います。
    さすがに九十九里は行けないや。
    お弟子の店に期待だな。
    ではまたROMに戻ります。
    2009/06/24(水) 23:57:49 | URL | ROM専 #-[編集]
    tatenon様
    コメントありがとうございます♪
    本当に…。今年で10年になるそうです。

    私も、女将さんが生き生きと九十九里のお話をされているのを見て、これも又楽しみだなぁ、と思っていたところです。
    2009/06/24(水) 09:17:27 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    やきとり君様
    こちらこそ、ご無沙汰しております。

    私も少々駅から歩くので、時間がないとなかなか行けなくていて…。
    寂しいように思いましたが、九十九里浜での「辻そば」さんも、なんだかとても楽しみです。

    もちろん、お弟子さんのお店もどのように又、特色が出るかななんて、これも期待十分です(^^)。
    今度いらっしゃる時には、教えて下さいね~♪
    2009/06/24(水) 09:16:10 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    まあやん様
    そうなんです、新しいお店も楽しみですが、やっぱりちょっと寂しいような気持ちもあって…。
    でも、千葉でのんびりと、というのも楽しみです。
    今月までなので、まあやんさんも是非…
    2009/06/24(水) 09:13:43 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    はっちゃん蜻蛉 様
    鹿児島…、鹿児島産の蕎麦、ちょこちょこ頂いています。
    まだ、鹿児島に行った事ないので、ぜひ、伺ってみたいです。
    蕎麦で地域御輿!応援します!
    2009/06/24(水) 09:12:39 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    そうそう、田舎でのんびり開いても大丈夫なお年になったそうですね。新天地でのおそばも楽しみにしましょう
    2009/06/23(火) 22:14:48 | URL | tatenon #-[編集]
    ずいぶん前に
    ご無沙汰しております。
    辻そばさんには随分前に一度お伺いしたきりです。脱サラ、越前おろし、簡素なお店・・・と蕎麦もご主人も純朴素朴で好ましい印象があります。
    新橋駅から歩くにはちょっと遠いので、サラリーマンの昼休みには中々・・・。
    「閉店」の文字で寂しく感じましたが、お弟子さんが引継がれ、ご主人は九十九里浜で蕎麦と野菜を探求されるそうで「発展的」閉店。
    九十九里浜は無理ですが、お弟子さんの店には行ってみたいものです。
    2009/06/23(火) 22:01:56 | URL | やきとり君 #oBjgO9bs[編集]
    ここの越前おろし~美味しいですよね!
     しかし、今月いっぱいで閉めて、移転してしまうんですか!お弟子さんが別名で店をやるとはいえ、寂しいですねえ。(--)
     今月中に一度、伺っておきたいなあ。
    2009/06/23(火) 14:45:08 | URL | まあやん #-[編集]
    初めまして
    初めまして
    たくさんのそば屋さんの情報、楽しく拝見させていただいております。
    趣味の蕎麦打ちの参考になります。
    鹿児島は田舎蕎麦のかけそば文化ですが、ざるそばの店も多くなりました。
    今年から、夏蕎麦(春のいぶき)で地域興しはできないか模索中です。
    yukaさんの助言よろしくお願いします。
    2009/06/23(火) 12:54:44 | URL | はっちゃん蜻蛉 #2jYKuCO2[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >