FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    荻窪 「本むら庵」
    2009年07月13日 (月) 22:04 | 編集
    又々、今日も日差しの厳しい、真夏の陽気…晴

    吉祥寺での所用を済ませ、すぐに涼しい場所へと移動しようと思ったが、
    何だか妙に、今日はどうしても「本むら庵」の、「あの」蕎麦が食べたい…

    と、汗を掻きつつ荻窪まで ase2.gif

    09-7-13 店

    西荻窪と荻窪の、丁度中ほど。
    静かな住宅街の路地沿いに突然現れる、老舗の貫禄を携えた風格ある佇まい。
    ああ、これが…、「本むら庵」なんだよな~futt.gif

    大正13年創業、「粗挽き」という蕎麦を、真っ先に取り入れた…

    荻窪 「御免蕎麦司 本むら庵」

    初めて訪れたのは、いつの事だっただろう…
    などと、久し振りのお店を前に、しばしこの佇まいを見つめ、おずおずと扉を開く。

    午後2時になろうとする昼さがり。
    だが、足を踏み入れた店内は、まだまだ活気溢れ賑わった空気に満ちている。
    中休みない、というのもあるのだろうが、昔から通い続けているお客さん達などで、ほぼ席の埋まった店内に、さすがだなぁ~…と、感心していると、すぐに
    「いらっしゃいませ~」
    と明るい声で出迎えて下さる、熟練の花番さん。

    一人だと告げると、すぐに空いている席を確認し、案内して下さる姿も楚々として気持ちがいい。
    座った途端に吹き出てくる汗をぬぐいつつ、やっぱりこの空間はいいなぁ~futt.gif

    09-7-13 窓から

    と、、まずは、「ビールが飲みたい~」と向かって来たのだが…、
    すぅっと冷房の利いた店内で、キンキンに冷えた美味しいお水を頂いたら、その気持ちもどこかにふっと消え去り、やはり、ここでは…

    と、お決まりの枡酒を注文 niko.gif

    09-7-13 樽酒

    程なく出された枡酒は、そうそう、これこれ♪
    銀皿ではなくて、この陶器に置かれた枡が、やっぱりしっくりくるなぁ、

    …と、懐かしく思いつつ、頂くこの枡酒が、やっぱり美味しい。
    どうして、「本むら庵」の枡酒はこんなに美味しく感じるのかしらん~…

    09-7-13 あて

    そして、お酒には定番の塩に、「山葵の醤油漬け」。
    この漬かり具合、山葵の味わい、私の好みにがっちりで、しみじみと美味しい。

    と、汗も次第に引き、ほっとしながら品書きを手にし、あれこれと吟味。
    今年も旬の品書きに「アボガドサラダ」があって迷ったが、これも大好きな
    「つぶ貝のしぐれ煮」を。

    09-7-13 つぶ貝

    厚岸産のつぶ貝を、大根おろしでしっとりと炊かれた一品。

    09-7-13 つぶ貝あぷ

    ぷるぷると歯ごたえがありながら、柔らかく炊かれたつぶ貝。
    しっかりと味が染み、これをほうばりながら頂く枡酒がこれまた美味しい。

    と、心地よく聞こえる、周りの話し声を聞きながら、一人まったりとするひと時 futt.gif

    この蕎麦屋ならではの風情、きびきびと働く花番さんの姿、
    いかにも「蕎麦屋で昼酒している」なあ、という心地がたまらない。

    と、すっかりのんびりと寛がせて頂き…、
    そろそろ、念願のお蕎麦、ここではやはり「せいろ」を。

    09-7-13 薬味

    お願いすると、すぐに置かれる蕎麦猪口と薬味の葱に、山葵。
    蕎麦が来るまでにこの山葵を摺りつつ、摺り立ての山葵で、一口程残しておいたお酒をそっと頂くのも一つの楽しみ。

    そして、程なくして年季の入った蒸篭に盛られ、蕎麦が目の前に置かれる。

    09-7-13 せいろ

    薄く上品に盛られるのも「本むら庵」。
    その蕎麦には、上品な蕎麦の粒々がびっしりと埋め込まれ、瑞々しく輝いている。

    09-7-13 せいろどあぷ

    手繰り上げ、口に含むと、粗挽きでありながら、しっとりたおやかな腰があり、これが心地いい。
    程よい加減に感じるぬめりのような舌触りに、口に含むと優しく溶けていくような感覚。

    09-7-13 せいろたべ

    今日の蕎麦は、香りはやや穏やかではあるが、この独特の感触がたまらなく、かみ締め、味わい、手繰り続けていくうちに、じわじわと蕎麦の風味が広がってくる。
    ああ、やっぱり、美味しいな~…futt.gif

    粗挽きで、繊細で、優しいぬめりのある蕎麦。
    この蕎麦がどうしようもなく、私は好きだなぁ、と感じながらあっという間に食べてしまう。

    09-7-13 蕎麦湯

    頃合見て出された蕎麦湯は、ナチュラルならではの、最初サラサラ、後にどろりと白濁してくる蕎麦湯で、これも最後まで頂いて、初めて蕎麦が食べ終えた気持ちに。

    久しぶりの「本むら庵」に、大満足な心地で席を立つ。

    ご馳走様でした~hahha.gif

    ここは、やっぱり時々訪れたいな…。


    *お品書き
    せいろ 735円、おろし 892円、なめこ、納豆 945円、とろろ 892円、ごまだれ 1,260円、鴨せいろ 1,417円、 天ざる 1,890円、卵とじ、なめこ 945円、山かけ、山菜 997円、おかめ 1,055円、生湯葉、磯の香 1,155円、鴨南蛮 1,365円、蕎麦掻 1,050円

    つぶ貝しぐれ煮 525円、板わさ、玉子焼き、生湯葉、蕎麦豆腐、きんぴら、お新香 703円、山菜煮、磯揚げ、鳥だんご、揚げ出し豆腐 840円、そら豆、アボガドサラダ 735円
    枡酒 630円、燗酒 577円など



    09-7-13 暖簾
    「本むら庵 荻窪本店」

    杉並区上荻2-7-11
    03-3390-0325
    11:00~21:30(L.O.21:00)
    火曜日(祝日の場合翌日)
    分煙 P多し
    お店のHP


    荻窪 「本むら庵」 関連日記
    2008年 4月16日 「アボガドサラダ」「せいろそば」

    大好きだった、旧「六本木本むら庵」 関連日記
    2007年 8月27日 最後の日。。。
    2007年 6月27日 ぶっかけスタイルの「おろしそば」
    2007年 5月24日 「揚げ出し豆腐」の旨さに堪能 「せいろそば」
    2007年 2月22日 「おきつね焼き」、「せいろそば」
    2007年 1月29日 これで飲めそう…「おかめそば」
    2006年12月29日 今年の食べ納め 「山いも」で枡酒、「せいろそば」
    2006年10月30日 ボリュームたっぷり「蕎麦サラダ」、「せいろそば」
    2006年 9月29日 「せいろそば」
    2006年 9月21日 「山かけそば」
    2006年 8月 9日 「三点盛り」で枡酒、「せいろそば」
    2006年 6月28日 美味「鳥わさ」で一杯、「せいろそば」
    2006年 1月26日 「生湯葉そば」
    2005年12月 2日 「蕎麦寿司」を味わう夜会
    2005年11月28日 「せいろそば」
    2005年10月24日 「新そば」
    2005年 8月17日 「鳥わさ」「玉子焼き」「きんぴら」を堪能
    2005年 8月12日 「卵とじそば」
    2005年 6月27日 「とろろせいろ」
    2005年 4月25日 「卵とじそば」
    2005年 3月23日 「とじせいろそば」
    2005年 1月28日 「納豆そば」

    現在の 六本木 「HONMURA AN」関連日記
    2009年 2月 9日 「華麗なる晩餐」?
    2008年 6月20日 掻き揚げ、鳥わさで一杯、せいろそば
    2008年 5月27日 お昼に…
    2007年12月26日 「HONMURA AN」に変わって初訪問


    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    jin-n様
    そうなんです、そうなんです、
    やっぱり「本むら庵」が、私はよくて…。
    (横文字ぢゃなく)

    ふと、昔を思い出したりもして、一人しみじみしちゃいました。
    2009/07/16(木) 00:21:19 | URL | yuka #DwEb0iGw[編集]
    まあやん様
    以前は、六本木のお店を愛していたのですが、本店もやっぱりいいですね(^^)。

    ここは…
    やっぱり、トータルに見て、
    店の雰囲気、花番さんのもてなし、料理に蕎麦、
    しみじみといいなぁ、といつも思ってしまいます。
    2009/07/16(木) 00:19:14 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    やっぱり、ここかぁ
    HONMURA ANより本むら庵ですねぇ。
    しっくりきますね。

    こちらは、ちょっと不便なのが、また、いいところで。
    喜多見のお店とは、また、異なる趣が、素敵ですよね。

    枡酒に山葵かぁ、いいなぁ。
    でも、本当に小食ですね。
    私、きっとyuka様の3倍は、食べますね。
    2009/07/15(水) 22:56:39 | URL | jin-n #3aXRcdxk[編集]
    いいなあ
    ここはいつ訪ねでもって、気持ちよく美味しい樽酒とアテ、そして美味しい蕎麦がいただけますね。('-^*)/


    2009/07/15(水) 09:49:26 | URL | まあやん #-[編集]
    森のたぬき様
    行かれていたんですね♪

    どれどれ…

    お、「田舎」を召し上がれたんですね(^^)
    (痛くありませんでした?笑)

    次回は是非、枡酒から・・・。
    冬になってからでいいのですが、ここの温かいお蕎麦も美味し~いんです♪
    2009/07/14(火) 23:41:20 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    shin様
    そうだったんですか!

    ぜひぜひ。
    大人になったからこそ、楽しめる空間かもしれないですよ~(^^)
    2009/07/14(火) 23:39:51 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    ああ・・・
    たぬきが座ったテーブルが写ってる!!

    次回は「せいろ」にしますー☆
    2009/07/14(火) 23:12:51 | URL | 森のたぬき #uG9d5srs[編集]
    ここも来てません
    この家こそ近くて遠い店、20年以上来ていません。旨かった思い出だけです。そうか吉祥寺に戻ったのだから行ってみよう....
    2009/07/14(火) 23:03:46 | URL | shin #ELD9pjOg[編集]
    辛汁様
    ご存じでしたか。

    しかも胡蝶庵がこちらで…、とは知りませんでした。

    ここは、何を言われようとも、私の原点でもあるような蕎麦やなんです。粗挽きに目覚めた…。
    本当は、亡き六本木本むら庵をこよなく愛していたのですが、ここ本店荻窪の風情はやはり素晴らしい。
    ぜひ、ご案内したかったです。

    又、来て下さい!
    (って、まだ来る前から・・・^^;;)
    2009/07/14(火) 22:01:52 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    sherbetsstreet #様
    うれしいです。
    ほんとに、どうしてここの枡酒は、なんだかいいんでしょうね(^^)。

    蕎麦屋然とした雰囲気の、しっとりとした中で、頂くお酒にお料理。
    そして、この粗挽きのしなやかな蕎麦。

    喜んで頂けたみたいで私もうれしいです。
    これからも…
    よろしくお願い致します。
    2009/07/14(火) 21:57:15 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    つながり
    京都にこらの実家の岐阜の某そばやさんが 
    技術指導を 本むら庵から受けました。
    (今は 影響の見る影もありません)
    そしてそちらで 蕎麦打ちしていた 胡蝶庵仙波氏影響を与え 
    そして間接的に にこらとのつながります。 
    これらを考えると 一度お伺いしたかったが 丁度 夏休み中で断念
    代わりに行っていただいて お腹が一杯になりました。
    2009/07/14(火) 21:03:20 | URL | 辛汁 #phHF4o9M[編集]
    枡酒
    ブログよく拝見させていただいております。
    以前(6月です)、土日に仕事がポッカリと空き、どこ行こうと思いこちらのブログの荻窪で検索し行ってまいりました。ここの枡酒いいですね。昼から酔っぱらってしまうほど飲んで食べてきました。
    また参考にさせていただきます。(楽しく読んでおります。)
    では。
    2009/07/14(火) 13:45:09 | URL | sherbetsstreet #qbIq4rIg[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >