東小金井 「醍醐」

2009/07/15/22:21  [東京都下の蕎麦]小金井市 画像あり

又今年も、秋の出展の打ち合わせも兼ね、先生宅へ向かう前に、ふと思いつき久しぶりに東小金井のお店へと。

思えばもう…、4年ぶりだろうか。
駅近くにありながら、何となくご無沙汰していて、このところちょっと気になっていて…。

09-7-15 店

と、走り出した途端にギラギラ照る太陽に、熱風に煽られ、辿りついた東小金井。
駅目の前の通り沿いに、町の蕎麦屋風情で佇む小さなお店。

それでもしっかりと書かれた「手打そば」の文字が頼もしく、以前訪れた時の事を懐かしく思い出す…futt.gif

東小金井 「古式蕎麦 醍醐」

暖簾の「古式蕎麦」の文字をしみじみと眺め、扉を開き店内へ。

ああ、変わらないな~futt.gif

年季の入った畳の小上がりの席に、小さなテーブルに、カウンター席。
昔からある町のお蕎麦屋さんも、リニューアルしてどんどんモダンなお店に変わっている今、却ってこういう昔ながらの風情は貴重にさえ思えてしまう。

「いらっしゃいませ~」
と明るく迎えてくれるのもうれしく、窓際の小さなテーブル席に腰を下ろす。

途端に吹き出る汗をふきつつ、冷たいお茶を頂きながら置かれた品書きに手をのばす。
ああ…、品書きも、そのままだ futt.gif

冷たいお蕎麦に、温かいお蕎麦、そして丼物。
そして、最後のページには、ずらりと書かれた月変わりの「変わり蕎麦」。

09-7-15 しなかわり


と、達筆で書かれた品書きをめくっていると、中に季節の蕎麦なのかな?
別に挟まれているお品書き。

09-7-15 しな109-7-15 しな2

「肉もりうどん(そば)」に惹かれたが、今日の天気にはちょっと暑そう。
食欲もあまりないので、「ごま酢そば」もいいなぁ、と思ったが、久し振りに訪れるお店。
今日は、やっぱり「もりそば」を頂こう…。

と、お願いすると、すぐ程なく、お盆に載せられ「もりそば」が置かれる。

09-7-15 もり

これも使い込まれた長方形の蒸篭に、盛られた蕎麦は切りムラのない、丹精な細切り。

09-7-15 もりあぷ

さほど特徴はないお蕎麦だが…、手繰り上げてみるとこれがびっくり。
ふわ~っと、香ばしいしみじみとした蕎麦の香りが豊かに漂う。

09-7-15 もりどあぷ

口に含むと、心地のいい程良い腰加減。
噛み締めると、これもゆっくりと広がる穀物の風味に、後からじわじわと甘みが追いかける。
これは…、美味しいではないの hahha.gif

09-7-15 もりたべ

見た目は滋味だが、この味わいは美味しい…と、うれしく手繰ってしまう。

ただ汁がやや甘めで、奥が浅いような気もするが、蕎麦との相性は悪くはないよう。
個人的には、もう少し、きりりっとした汁で頂きたいが、お客さんのニーズもあるんだろうなぁ…

と、食欲ないなぁ、と思っていたにも関わらず、あっと言う間に頂いてしまう。

頃合い見て出された蕎麦湯は、ナチュラルの熱々のもの。
優しく白濁した蕎麦湯で、これがほっとする美味しさを感じてくる。

久し振りに訪れたお店の蕎麦に、満足な心地でお勘定をと席を立ち、今日は暑いわね~と女将さんとあれこれと話す世間話もほっとさせられる。

…と、そういえば、と以前から気になっていた、
「小平の『醍醐』さんと、何か関係あるんですか?」
とお聞きすると、
「そうなのよ、あちらにも伺った事ある?、関係あるの。兄弟なんですよ」
との事。ご主人同士がご兄弟だそう。

そうだったのか~・・・・
と、気になっていた事もすっきりし、この女将さんのなんだかあったかい応対に心がほっと温まるよう。

ご馳走様でした~hahha.gif

駅からも程近く。
今度は、蕎麦前から頂いて、もう少し、女将さんとお話しに来ようかな・・・futt.gif


*御品書き
もり、さらしもり 630円、醍醐(ごまみそダレ) 787円、おろし、とろろ、鴨汁 892円、穴子天もり 1,312円、天もり 1,628円、玉子とじ、なめこ、しっぽく 787円、山かけ、そばがき 945円、鴨南、牡蠣とじ 1,260円など
カツ丼 892円、玉子丼 735円、天重 1,637円、カツ丼セット 992円、玉子丼セット 892円など

豆腐の味噌漬け 210円、冷奴 315円、焼きみそ、なめこおろし 420円、揚げ出汁豆腐、焼き海苔、味噌田楽、漬物、板わさ、揚げそば 525円、卵焼き 682円、馬刺し 630円など
ビール575円、お酒 420円、冷酒(三千盛、越州)630円



09-7-15 箸ふくろ
「古式蕎麦 醍醐」

小金井市梶野町5-1-8 
042-383-1248
11:00-16:00 17:30-21:00 
木曜休



2005年 3月26日 「もりそば」
関連記事
トラックバックURL

http://chibiyukarin.blog4.fc2.com/tb.php/1323-456286fd

◄ prev next ►