つれづれ蕎麦 
    飯綱高原 「ふじおか」
    2009年07月24日 (金) 23:41 | 編集
    「黒姫」と言ったら、私の中では真っ先に、「ふじおか」。
    蕎麦の孤高「ふじおか」さんが、黒姫を離れ、隣の飯綱高原に移転する。。

    どんなお店になるんだろう、と楽しみにしていたところ、
    「ふじおか」さんと仲良しのお友達から、開店前の今日、「一緒に行きましょう♪」とのうれしいお誘い。
    …そうとなったら何がなんでも… bikkuri.gif

    と、あっと言う間に仲良し蕎麦友10余人集まり、車に便乗して向う事に hahha.gif

    朝8時過ぎには高速に乗り込み、順調に車を走らせ…

    09-7-24 店まえ

    辿り着いた飯綱高原は、東京の雨降りと打って変わり晴れ渡った気持ちのいい空気。
    ところどころに別荘が点在する、緑溢れた森林の中を走りぬけると…

    09-7-24 店

    国立公園の一角に、ふっと立つ、切り抜きの看板、「ふじおか」。

    09-7-24 看板と店

    その後ろに、まだ新しい木の温もりたっぷりの素朴なログハウスのような建物が、緑の中に佇んでいる。

    長野 飯綱高原 「蕎麦 ふじおか」

    ここが…、新生「ふじおか」なんだ…futt.gif


    しみじみと眺め、爽やかな高原の空気をたっぷりと吸いこみながら、ドキドキわくわくする気持ちを抑える事ができずに、入口の階段を上る。

    入るとすぐある玄関で靴を脱ごうとすると…

    あ、あれはっ bikkuri.gif

    以前のお店にかかっていた看板がそっと置かれ、途端に以前訪れた時の事を思い出し、何とも言えない気持ちでいっぱい…futt.gif

    09-7-24 うちば09-7-24 玄関

    その横すぐには、これもまだ新しい打ち場があり、その奥へと入ると…

    09-7-24 店内

    これは素敵な空間。
    お店というのを忘れてしまうような、立派なグランドピアノが置かれた素敵なリビング。
    高い天井に、置かれているのは骨董の年季の入った箪笥に調度品。

    09-7-24 店内2

    窓際に置かれているテーブルは、前のお店で使われていた温もりある木のテーブル。
    部屋の真ん中には、ほっとしてしまうような暖炉が置かれ、広々とした窓からは外の森林がいっぱいに広がっている。

    このテーブルに座っただけで、もう心いっぱい「飯綱高原」の空気を感じながら、ふじおかさんとご挨拶する事もでき…

    09-7-24 ビール

    落ちついたところで、まずは皆でビールで乾杯~。

    すっかりこの空間に心地よく、喉を閏わせたところに「ふじおか」さんの「せいろ」に含まれるお料理が出される。

    09-7-24 ししとう

    まずは、取り分けて頂く、「ししとうとじゃこの炒め煮」。

    09-7-24 ししとうあぷ

    とろっと柔らかく炊かれたししとうに、じゃこの香ばしさが染みいったほっとする味わい。

    09-7-24 盛り合わせ

    そして、「ふじおか」さんならではの、「季節の野菜料理の盛り合わせ」。

    09-7-24 盛りパプリカ

    彩鮮やかなお野菜のサラダ仕立て一つは、コリンキーとトマト、それに浅利をバジル風味で和えたもの。
    どこかボンゴレを思わせる、野菜の甘みが引き立つ爽やかな一品。

    09-7-24 盛りなす

    それに、とろっと柔らかく煮られた茄子の胡麻和え。
    中に、不思議な香ばしい風味の食材が混ぜられ、お聞きすると「クジラの塩漬け」を一緒に和えているそう。
    これは、初めての磯のような不思議な味わい onpu.gif

    09-7-24 盛り白和え

    そして、以前も頂いた事のある、「野菜の白和え」。
    やっぱり、「ふじおか」さんの白和えの味付けは美味し~い
    しかも珍しいのは、モロッコインゲンとしめじに加え、とうもろこし、それにブルーベリーが一緒に和えられている。
    ほんのり甘酸っぱいブルーベリーが不思議によく合う。

    と、各々歓談を兼ねて、取り分け頂き…
    本当は、「蕎麦雑炊」のところが、今日はちょっと間に合わなくて、と申し訳なさそうに奥様がおっしゃりながら出して下さった、「温蕎麦」。

    09-7-24  温蕎麦

    私には、これはうれしい onpu.gif
    「ふじおか」さんでの、多分、最初で最後に頂く温蕎麦。(普段は雑炊なので…)
    かけ汁とは又異なる、優しく上品な出汁に浸された蕎麦は、しっかりと腰があり、噛み締めるとほおっとする心地。

    09-7-24 じゅんさい

    上には小海老の入った、ふわっとした手作りの小がんもが乗り、それにびっくりするほど立派なじゅん菜。
    これが、とろんっと蕎麦に絡まり、この口当たりが何とも心地いい。
    (でも、「蕎麦雑炊」も食べてみたいな~…)

    そして、「せいろ」とは別にお願いする、「そばがき」がここで出される。

    09-7-24 そばがき

    つけ汁が出され、銘々に丸められたまだ熱々の蕎麦掻は、置かれた途端にふわっと蕎麦の香りが漂う。

    09-7-24 そばがきあぷ

    箸を入れるとふわっとして柔らかい。
    口に入れるととても滑らかで、次第に蕩ける蕎麦掻。
    溶けながら、ふっと抜ける香りがたまらない美味しい蕎麦掻。

    と、じっくりと味わったところで…、
    いよいよ、楽しみにしていた久し振りの「ふじおか」さんの「せいろ」が置かれる。

    09-7-24 せいろ

    人間国宝作の白木肌だった蒸篭は、漆を塗られたそうで褐色に輝る蒸篭に変わり…、
    それに盛れた蕎麦は、以前よりもやや色の濃い、茶色かかった細切りの蕎麦。

    09-7-24 せいろどあぷ

    角がぴしっと立った、かなり細切りの蕎麦を手繰り上げた途端、ぶわ~っと立ち込める馥郁とした香ばしい穀物の香り。
    あまりに香り豊かな蕎麦に、うっとりとしつつ口に含むと、しっかりとした腰。
    以前よりもやや硬めになったかな?と、やや硬質感を感じながら、噛み締めると深く香ばしい、膨らみある穀物の香ばしさ。
    これに、もう… love.gif

    引っ越しなど含め、数か月打っていなかったんですが・・
    とおっしゃる藤岡さんだが、この蕎麦はやはり素晴らしい。

    09-7-24 せいろたべ

    細切りの蕎麦だが、頼りないところなどなく、最後まえ絡まる事のない見事な蕎麦。
    喉越しよくするすると入っていってしまい、いつまでもたべていたくなってしまう。

    鰹の風味がふわっと立つ、上品でまろやかな汁も、
    新鮮で、瑞々しい甘みのある辛さの山葵も美味しく、

    全員そろって、お変わりを buchu-.gif

    09-7-24 蕎麦湯きゅうす09-7-24 蕎麦湯

    二枚ペロリと頂いてしまい、心から満足しきったところで、蕎麦湯が出される。
    熱々で白濁した蕎麦湯だが、以前のとろとろに比べるとややさらりとした感じ、かな?

    と、もり汁に注ぎ、これもたっぷりゆっくりと頂いていると、これも「せいろ」に含まれる「漬け物盛り合わせが」出される。(これは5人分)

    09-7-24 つけもの

    大根に、胡瓜、瓜に茄子。それに、コリンキーの漬物に白菜、人参、野沢菜の浅漬け。
    そして、これも初めて頂いた、「菊芋」の醤油漬け。
    素材の良さが生かされたお漬物はどれもが美味しく、蕎麦湯とゆっくりと頂き…

    最後には、「そばがきぜんざい」も heart.gif

    09-7-24 ぜんざい

    甘さ控えめに炊かれたぜんざいは、ほっこりと柔らかく、食後にうれしい優しい甘み。

    09-7-24 ぜんざいたべ

    中には、やはり柔らか滑らかのそばがきが置かれ、小豆と共に頂くのも又格別。

    09-7-24 桜湯

    これに添えられた、可憐に花びらの浮かべられた桜湯が又美味しい~

    09-7-24g窓から

    始終、流れるように運ばれたお料理にすっかり満喫した時間。
    いつでも憧れだった、「ふじおか」さんのお蕎麦に、再び心から魅了され…
    至福な心地でいっぱいに。

    「石臼などみんな揃って新しくしたので、まだまだ慣れてないのですが…」
    と話される、おだやかな面持ちの藤岡さんだが、蕎麦はやっぱり素晴らしい。

    ゆっくりとご夫妻のお話もお聞きする事ができ、夢のような時間をすごし…

    ご馳走様でした~hahha.gif

    きっと、もう時期…
    飯綱高原と言ったら、「ふ・じ・お・か」となる日が、来るんだろうな~…futt.gif



    *お品書き
    せいろ(季節の野菜料理 そば雑炊 漬け物) 3,000円
    そばがき 800円、
    そばぜんざい 1,000円、
    そばのおかわり 800円

    ビール(中) 600円、日本酒 鄙願 1,500円



    09-7-24 看板あぷ
    「蕎麦 ふじおか」

    長野県長野市上ケ屋2471-2066
    026-239-2677
    金・土・日・月曜営業
    二名以上、完全予約制 
    11:30にお越し下さい。



    正式な営業は8月1日から。
    藤岡さんからのお言葉に…

    「どうか国立公園内での営業のため、モラルを守って頂きたく、
    10才以下のお子様の入店はお断りさせて頂いています。
    引っ越したばかり、
    なにからなにまで新しい環境の中での船出というこですが、どうぞよろしくお願い致します。」

    との事です niko.gif

    09-7-24 はがき


    2006年 6月26日 以前訪れた黒姫での出来事

    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント
    この記事へのコメント
    岡崎宏一郎様
    め、目の敵…?????(^^;;

    そ、それは…
    レポ、楽しみ~にしています♪
    2009/07/31(金) 23:50:16 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    僕を何故か目の敵にしている弟が住んでいるものでね
    近付くに近付けないのですけど(笑)、今度取材に行こうかなと考えている蕎麦屋がおっしゃるヌキ実を挽いているそうで、質問しました。有難う御座います(^_^)/。
    2009/07/31(金) 12:53:39 | URL | 岡崎宏一郎 #SiKI9aDI[編集]
    岡崎宏一郎様
    いいな~、別荘、羨ましいです♪
    じゃ、定期的に行かれているのかしら?

    挽きぐるみですが、どちらもさします、と思います。ヌキ実の挽きぐるみ、玄蕎麦の挽きぐるみ、どちらもあります。
    でも、一般的に挽きぐるみと言うと、玄そばからのものを言うのが多いように思います。
    2009/07/29(水) 11:04:28 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    うちは~別荘は
    歩いて30秒のところにありますよ。どっちもボロボロですけどね~。ひとつゆかさんに聞き忘れていたのは、玄そばのみならず、甘皮付のそばを挽いたのもひきぐるみと言うのですか。
    2009/07/29(水) 10:50:31 | URL | 岡崎宏一郎 #SiKI9aDI[編集]
    岡崎宏一郎様
    まあ、それは、夏に涼しいイベント??(笑)。
    と言う事は、こちらに別荘があるんですか?
    羨ましいです~。

    そうそう、この温蕎麦は、あくまで、蕎麦雑炊が間に合わなかったので、変わりに作って下さったもので、メニューにはないですよん。
    2009/07/29(水) 09:28:42 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    蕎麦喰い師様
    蕎麦喰い師様、私お聞きしてなかったですよ~(^^;;

    今回は、たっぷりお話などしてゆっくりしてしまったのですが、滋賀高原の方にも行ってみたいです。
    「山の実」も以前に教えて頂いてから、まだ伺えなくているし…。
    長野は、本当に右に行っても左に行っても、迷ってしまいます。
    又、喰い師さんのお話を楽しみにしていますので、よろしくお願い致します♪
    2009/07/29(水) 09:26:51 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    へぇ、コリンキーまで入ってるってやりますね。
    飯綱はですね、闇夜に別荘地の垂れ流し冷泉を
    浴びたところですが、
    ご紹介のふじおかさんはいいですね。
    太麺の温蕎麦に興味しんしんです。
    2009/07/29(水) 08:14:00 | URL | 岡崎宏一郎 #SiKI9aDI[編集]
    碧の 蕎麦たち
    「ふじおか」か・・
    時間が取れなくて場所も開店日も知っているが中々行けないな。
    これは暫く前にyukaさんに教えませんでしたっけ? 本当はもう暫くは隠しておこうと思ってましたが、いずれは陽の目を見る事と思いまして。(某T御大にも情報を流して有りますが)
    折角「ふじおか」詣をしたのなら、その足でもうチョット北上して志賀高原に行かれれば良かったのに!竜王スノーパークのロッジ「石窯焼ピッツァ」の売り文句の看板の後ろに潜んでいる凄い蕎麦を供するお店「山の実」
    去年の事にはなりますが、本当に久し振りに膝叩いて「ウォッ・・」っと、唸れるお蕎麦でした(ついで言うなら蕎麦掻きも、もう一つオマケにピッツァも美味い)
    蕎麦は日々変わります、同じ打ち手が同じように打っても。これは冗談じゃなく、「ふじおか」さんを凌駕するんじゃないかと言うようなお蕎麦を突きつけられました。
    近いうちに何とか時間の都合をつけて、「ふじおか」「山の実」の味比べツアーを決行してみたい・・・
    もう一軒あの辺りに隠れ名店が・・
    2009/07/28(火) 14:52:10 | URL | 蕎麦喰い師 #VDz0rjeM[編集]
    メタbow様
    すみませ~ん(^^;
    一足お先に…。。

    はい、戸隠も近くだし、
    道のりも、前よりは分かりやすいと(多分)思います♪
    電車でも、長野駅から前よりは近いみたいなので、4人くらいだったらタクシーで伺うのもいいかもしれないですよん(^^)
    2009/07/28(火) 06:37:51 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    nanarin様
    はい、10才になったら、ぜひ♪

    お料理も、いろいろなお店から、わたしも参考にさせてもらっています(^^)
    2009/07/28(火) 06:36:03 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    もう行ってる~(笑)
    早すぎますよぉ~♪
    今年の新蕎麦の時期には、絶対再訪したいお店ですね(^^)
    ふむふむ、大久保の茶屋の少し手前の辺りですね・・・
    黒姫の頃より道はわかり易くなったのかなぁ?(笑)
    戸隠も近いし、はしごも楽しめそうで楽しみです!!
    あ、ダイエットが・・・(汗)
    2009/07/27(月) 22:45:53 | URL | メタbow #-[編集]
    野菜料理もおいしそ~
    こんにちわ! お蕎麦屋さんなのに野菜料理がすっごいですね。白和えにブルーベリー?なんてアイデアでしょう・・・茄子の胡麻和えもおいしそ~。yukaさんのブログを見てると蕎麦の前のおかず?おつまみ?がとても参考になります。鯨・・・はないけれど^^;胡麻和えやってみまーす。ここも素敵なお店~あと5年したら10歳になる!それまで我慢でーす^^b
    2009/07/27(月) 09:10:48 | URL | nanarin #-[編集]
    まあやん様
    今年になってから、ずっと閉めているんですよ~。
    新しいお店もとても素敵で、蕎麦はやっぱり素晴らしかったです。

    黒姫よりアクセスもよくなったので、ぜひ♪
    2009/07/27(月) 09:05:59 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
     ふじおかさん、移転するんですね~知りませんでした。相変わらず美味しそうですね。行きたいなあ(^^)
    2009/07/26(日) 14:21:08 | URL | まあやん #-[編集]
    辛汁様
    >3月に…

    そうだったのですか。。
    そう、ちょっと伸びたみたいです。はじめは私も5月と聞いていたので…
    (さすが、よくご存じ♪)

    長野からは近くなりました。
    駅からタクシーでも、4人でなら5,000円位とおっしゃっていたような…。

    夜はやらないとおっしゃっていたので、二回りはないようです。

    はい♪いろいろ…(^^v
    2009/07/26(日) 07:11:14 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    電話したら
    3月に電話したら 5月にはと言われていたんですが・・
    道に迷わない別荘地? 長野からタクシーも可能な近さなど
    関西からは行き易くなりましたね
    2回転目は無くなったのでしょうか?席数少なそう
    野菜料理は要らないので 蕎麦だけ食べさせてくれる店になるとよかったんですが・・・
    お話聞けるのが楽しみです。
    2009/07/26(日) 06:43:51 | URL | 辛汁 #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >