武蔵五日市 「雙柿庵」 

2009/08/07/21:04  [東京都下の蕎麦]西多摩郡 画像あり

昨夜はまだまだ話し足りないような心地でお別れし…、
今日はK様も交えて、粗挽き好きなこのお友達を、是非案内しようと五日市へ。

私も久しぶりの…、憧れのお店の一つ、「雙柿庵」 へとご案内 niko.gif

驚く程様変わりした「拝島駅」のきれいさ驚きながら、辿りついた「武蔵五日市駅」。

09-08-07 入口
そこから3人なので、
タクシーに乗り込み、程なく下ろされた、
以前はバスで向った、停留所。

周りに広がる、野の里の風情たっぷりの景色は変わらず、
なんだかとても懐かしくなってしまうfutt.gif


09-08-07 入口看板

3人並んでほのぼの~と、
横に小川がせせらぐ野の道を歩いて行くと、程なく…、
青々とした笹竹の中にほっこり埋まった木の看板。

この看板を見たらもう、
懐かしい気持ちでいっぱい。


そして、記憶にある木彫りの看板の建てられた、まるで草庵へ続く小路のような、
両側を木々で囲まれた入口に辿りつく。

09-08-07 入口2

以前訪れた時よりも、さらに草木が覆い趣深くなっている…
と、どきどきと期待の混じった、心地いい緊張を感じつつ、入りこんで行く。

09-08-07 店

ぐるりと回った、緑の壁のアプローチの先に、
ふと、切り裂かれた空間に、視線の先に見えた真白な暖簾。

09-08-07 店あぷ

武蔵五日市 「地酒と蕎麦 雙柿庵」


暖簾を潜り、扉を開くと…、
待っていて下さったかのように、向かえて下さるまだお若い女将さん。

09-08-07 店内

「そのままでどうぞ」
と、目の前に広がる、古民家ならではのしっとりとした空気。
ああ、変わらない、あの時と…futt.gif

年代物の茶箪笥に、和紙で作られた大きな照明。
年月を重ねた柱に、磨きこまれ温もり溢れた木の床板。

09-08-07 店内2

「こちらにご用意してありますので…、どうぞ」
と通された窓に面したゆったりとしたテーブルに腰を下ろすと、それだけで憩いそう。

窓の外からは、さらさらとかすかに聞こえる、庭の笹竹。
ふわりと流れる自然の風が、肌をなでなんとも心地がいい…。
時間が止まったかのような、自然と一体感を感じる安心感。

部屋のすみずみまで手入れが行き渡った空間に、やっぱりここは素敵だなぁ、
と、しみじみと思ってしまう。

09-08-07 しな

各々腰を下ろし、すっかり憩いの気分を楽しみ…
置かれている品書きを開き、まずは乾杯ビールをお願いする。

09-08-07 ビール

置かれているビールは恵比寿の小瓶。
それを2本お願いすると、キンっと冷やされた銅のグラスが置かれる。
ん~っ、夏の日の最初のビール、しかもこの空間で頂くビールはたまらな~いっ。

と、ほっとひと心地ついたところで、予約していたコースのお料理が運ばれ始める。

09-08-07 もろこし

まず出されたのは、地元で作られたとうもろこしで作られた「とうもろこし蕎麦豆腐」。
粗越しされたようなとうもろこしの食感があり、この甘みがとても濃い。
それに天盛りされた生姜がいいアクセントになり、
早くも一品目から美味しさに堪能してしまっていると・・・

09-08-07 みそbr clear="all" />
二品目の「焼き蕎麦味噌」が置かれる。
西京味噌に、胡桃とちょっと珍しい木の芽が混ぜ込まれて焼かれた蕎麦味噌。
山椒の風味が独特で、添えられた胡瓜が柔らかく…

これらを前にして、早速お酒を注文~onpu.gif

09-08-07 さけ

選んだのは、「本日の店主のお薦めの酒」、栃木の「澤姫」。
これで改めて、蕎麦味噌にとうもろこし豆腐を味わっていると…

大皿に盛られた「季節のお料理盛り合わせ」が置かれる。

09-08-07 盛り合わせ

ひとつひとつ丁寧に説明されたお料理は、見目にもうれしい美しい盛りつけ。

09-08-07 盛り合わせ1

各々盛られた盛り合わせは、「鯵の巴巻き」に、「地元産茶豆」。
それに、「冬瓜と桃の白和え」、「茄子の揚げびたし」、「鰊煮」。

09-08-07 盛り合わせ3

それにたっぷりと白髪葱が添えられ、しっとりとした身の「鴨のロースト」。

09-08-07 盛り合わせ4


真ん中に盛られたのは、尼崎の「鱧の照り焼き」。

09-08-07 盛り合わせ5

蕎麦屋ならでは、シャキシャキとして味の染みた「山葵茎の醤油漬け」も添えられ…、

09-8-7 盛り合わせえび

猪口に盛られたのは、「冬瓜の車海老餡かけ」。

どれもが丁寧かつ、上品に味付けされた素晴らしいお料理に、
ついつい盃はすすみ…、「田酒」をさらにお変わり。

ゆっくりと時間をかけて、味わいながら頂いた大皿料理に…。
食べ終えた頃合いに、各々、品よく出された「天麩羅三点盛り」。

09-08-07 天ぷら

一夜干しの「鮎の骨の天ぷら」に、これも甘~い「アスパラ」。
それに、表面はさっくり、中はしっとりとして海老の味わい深い「海老しんじょう」。

09-08-07 ひやかけ

そして…、小椀によそられた、「冷かけそば」が出される。
ほとんど透明に近い澄んだかけ汁に、極細の粗挽き蕎麦が横たわり、
一夜干しの鮎の身が添えて盛られた、贅沢な「冷かけ蕎麦」。

09-08-07 ひやかけたべ

汁は、薄いと感じるぎりぎりの上品な味わい。
口に含むと、ふっと感じる鰹の風味に、浸された鮎の出汁がほんのり染みている。

蕎麦は、しっとりとして心地のいい腰があり、
この汁を纏った蕎麦は、もう、するすると入ってしまう心地の良さ。

ああもっと食べたい…、と思っていると、硝子の器に盛られた
黄金に輝く「金糸瓜の葛寄せ」が出される。

09-08-07 いとうり

これも何て上品な出汁が引かれた葛寄せ。

09-08-07 いとうりあぷ

そうめんのような繊細な瓜の果肉が何とも言えず、敷かれた銀餡にからまり…
言葉では言い表せない、この味わい…futt.gif

そして、お料理の最後は「出汁巻き玉子」。

09-08-07 卵

土家さん作の温もりある陶器の器に盛られた、できたてぷるぷるの出汁巻き玉子。

09-08-07 卵あぷ

たっぷり盛られた大根おろしと共に頂く、「出汁巻き玉子」は、
箸を入れた途端、出汁が溢れだすジューシーさ。
ほんのりと甘みがあり、口に入れるとじゅわ~っと広がる玉子と出汁の味わいを、
噛み締めながら、これもじっくりと頂き…

いよいよ、お声掛けで頂く、〆の蕎麦。

09-08-07 そば

常陸秋蕎麦、手挽きで挽かれた粗挽きのかなり細めの十割蕎麦。

09-08-07 そばすかし

透かし見る、その美しさに見ほれ・・
手繰り上げると、ふわぁ~っと漂う、深みのある香ばしい香り。

09-08-07 そばあぷ

口に含むと、手挽きの温もり感じる、しっとりとして心地のいい腰加減。
噛み締めようとすると、するりと溶けるような優しさがあり
飲みこみながらじわ~っと込み上げてくる穀物の味わい。

09-08-07 そばたべ

すっきりとした辛口の汁がさらに蕎麦の風味を高めるのを感じ、
フレッシュな山葵が又美味しい。

もっと…、このお蕎麦を食べていたい~love.gif
と思っているうちになくなってしまってるぅぅ。。

09-08-07 湯桶09-08-07 蕎麦湯

蕎麦湯は風情ある鉄瓶で。
柔らかく白濁した蕎麦湯を汁に注ぎ…、余韻に浸る最後のひと時futt.gif



流れるように出されたお料理に、弾む話も楽しく、すっかり満喫した夢のようなひと時。

最後に顔を出して下さったご主人は、奥様を迎えられ、以前よりもちょっとふっくらとしてお幸せそう。
お二人で、心をこめて持て成して下さる、野の里の隠れ家。
お店を後にするのが何だか寂しく、いつまでもこの空間にいたいような心地を感じ…

ご馳走様でした~hahha.gif

又、季節を変えて訪れたい。
いつまでもあの場所が残っていて欲しい、と思いながら…。




K汁、K様、ありがとうございました~hahha.gif


*蕎麦懐石 5,000円、7,000円、3,500円(平日昼のみ)


09-08-07 看板
「地酒と蕎麦 雙柿庵」

西多摩郡日の出町大久野1487
042-597-3802
12:00~15:00 / 17:30~21:00
完全予約 前日までに電話にて
水・木休  P3台
禁煙



2006年 3月10日 「昼の蕎麦コース」をしみじみと堪能

09-08-07 入口お断りあぷ09-08-07 しなことわり

大人の静かな空間を大事にしたいとの事で、写真撮影は、必ず了解を得てからにして頂きたいとの事。
場合によっては、お断りさせて頂く事もあるので、ご了承下さい、との事です。

関連記事
トラックバックURL

http://chibiyukarin.blog4.fc2.com/tb.php/1345-221951f3

◄ prev next ►