中野 「じゆうさん」 絶品、氷結 「梅冷かけ」

2009/08/14/21:38  [東京の蕎麦]中野区 画像あり

今日も朝から、どっしりとしてぬるい空気。日が上がるに従い、暑さは増し…太陽

そうだ、こんな日こそっ piko-n.gif

今月初めから始まったという、今年も又待ち焦がれていたお蕎麦を頂こう~♪と、
所用をそそくさと済ませ、「新江古田」へと。

09-8-14 店

地下鉄を上がるとすぐ目の前の、通りの激しい目白通り。
その通り沿いに、周りのビルに囲まれ埋もれるように、さりげなく佇むお店。
すっと控えめに掛けられた暖簾に、蕎麦屋であることを気づかされる。

江古田 「手打蕎麦 じゆうさん」



入口横に置かれた「今日の産地」にちょっと目を落とし、重厚な扉を開くと…

おおっ、これはすごい wao.gif
お盆休みと言う事もあるのだろうか…、カウンタもびっしりとほぼ全席埋った店内。

運よく、帰られるお客さんが丁度いらっしゃり、何とか腰を下ろす事ができてほっと。
忙しそうな女将さんが、それでもにっこりとお絞りと品書きを置いて下さり、まずはゆっくりとこれを眺めていると…

09-8-14 しな09-8-14 しなひやし

通常の品がきの上に置かれた「おすすめ」に、あったあった「梅おろし」の文字 onpu.gif
これが、食べたくて…、それも暑い日に是非食べたいと思っていたところ。

すぐにお願いしようと思ったが…、
この状況からすると、先のお客さんの注文がまだまだ入っているだろうし、
待たされるのは目に見えている。

だったなら…sunglass.gif
やっぱりここは蕎麦前を頂いて、のんびりとしていこう、と「おすすめ」に書かれたお酒の中から、「喜久酔」(特純)をお願いする事に。

09-8-14 酒

すぐに出して頂いたお酒には、ご主人手作りの美しい硝子の猪口が添えられて。

09-8-14 とおし2

それに、お通しの自家製の「山葵漬け」が添えて出される。
まったりとして柔らかい味わいの山葵漬け、これが美味しい…bikkuri.gif

09-8-14 しなとうふ

あてに選んだのは、「自家製湯葉付き」の文字がずっと気になっていた「お豆腐」を。


山葵漬けで楽しんでいると、程なく出された「おとうふ」は、涼しげなガラスの器に盛られ、思ったよりたっぷりと出される。

09-8-14 豆腐

まずは下のお豆腐を崩し頂くと、これが甘い!
久し振りに食べた「扇田豆腐」は、大豆のコクに甘みがとても濃く、何も付けずにも味わい十分。

09-8-14 ゆば

そして、上に盛られた湯葉を頂くと…
又これが、何とも美味しい~

しっかりとした湯葉は、豆腐以上に甘みが濃く、歯ごたえも楽しい。
これはいいな~と、お酒にこの湯葉とお豆腐でゆっくりと楽しんでいると…

「お待たせしちゃってすみません」と、ちょこっと出してくれた小さな一品。

09-8-14 サービス09-8-14 サーあらあぷ

海苔に載せられた、ミニミニ「荒挽きそばがき」。
箸を入れると、蕎麦の粒々がびっしりと埋まり、口に含むとぷつぷつと口に弾けるように掠める蕎麦の粒。それが次第にゆっくりと溶けていく中に、香ばしさと濃い甘みがじわりと広がる。

「じゆうさん」では、まだそばがきを頂いた事がなかったけど、これは美味しい。
(今度は頼んでみようっと)

などと楽しんでいる間に、いつしか店内も落ち着き始め…、
私もそろそろお蕎麦を頂こう、と、前回頂いた「手挽き田舎」がとても美味しかったのを思い出し、お願いして「手挽き田舎」で、お目当ての「梅おろし」を作って頂くことに。

09-8-14 ひやかけ

程なくして目の前に置かれた、一年ぶりの「梅おろし」。
これこれっ onpu.gif、澄んだ美しい冷かけ汁の上に、ちょんっと載せられた凍った梅。

09-8-14 うめ

出汁を、自家製梅干しの果肉を丸めたものを中に入れ凍らせた、見目にもなんとも涼しげな、美しい一品。
周りには、ざっくりと下ろされた鬼おろしに、刻んだ茗荷も散り、夏の涼味たっぷり。

09-8-14 そばあぷ

たっぷり目で楽しみ、汁を添えられたスプーンで口に含むと、きんっと冷やされたかけ汁。
出汁の旨みがまろやかに沁み渡り、すぅ~っと入って柔らかさ。
ああ、美味しいな~…と、じっくりと味わってしまう futt.gif

09-8-14 そばたべ2

そして、まずは梅を崩さずに、そっと手繰り上げる蕎麦。
手挽きされた蕎麦の表面は、穀物感溢れた面持ちで、中に所々に混ざった蕎麦の欠片。
口に含むとしっとりとした、手挽きならではの感触感じる腰があり、ざらりと心地よく掠める蕎麦の粒。

これを楽しみながらゆっくりと噛み締めると、じわ~っと甘みが広がってくる。
やはり、これは美味しい。
と、この手挽きの蕎麦が美味しくて、何度か手繰り…、

09-8-14 うめくずし

少しずつ、この梅入り氷を崩し、まだちょっと氷の残った汁ごと頂くと、すぅっと、優しい出汁のかけ汁に梅の酸味、塩味が交わる。

これが楽しい niko.gif
上品なかけ汁と調和していく、独特の梅の風味。
これが汗をかいてきた体に、なんとも馴染み、きりっと引き締めてくれるよう。

09-8-14 うめすくい

次第に、梅の味が溶け、最初の汁から変化するのを楽しみながら・・・

09-8-14 うめとそば2

蕎麦にこの梅氷を絡め頂くと、梅の酸味に蕎麦の甘みがふわっと立つ。
散らされた鬼下ろしのしゃきしゃきっとした歯ごたえも、時折ふっと広がる茗荷の香りもすべてが調和し…

ん~っ、やっぱりこれは美味し~い love.gif
しかも、手挽きの蕎麦で頂ける、この贅沢…。

蕎麦だけで、汁に絡め、梅をちょっと乗せ、とするすると頂いてしまう。
最後の汁すべてまで頂いたら、心から満足な心地に…。

09-8-14 蕎麦湯

食べえた頃合いみて出される、とろっとろのポタージュ蕎麦湯。
猪口にちょっともり汁を入れて出されるのもうれしい配慮で、これもたっぷりと頂きながら、余韻に浸るひと時。

09-8-14 店内

ご馳走様でした~hahha.gif

開店してもうすぐ4年。
「じゆうさん」の蕎麦も、すっかり熟練してご主人の持ち味が現れてきたな~futt.gif



*お品書き
せいろ 787円、田舎そば 997円、おろし蕎麦 1,050円、とろろ 1,050円、天せいろ 1,890円、かけ 787円、天ぷらそば 1,890円など、ランチ 850円

玉子焼き、豆腐、焼きみそ、ぜんまい 各525円、板わさ 735円、棒にしん945円、牛すじ 630円、鰊と椎茸の旨煮 840円など
生ビール 525円、菊姫山廃 945円、喜久酔 1,280円、都願 1,890円など



09-8-14 ごちそうさま
会津十割蕎麦 黒姫手挽蕎麦
「手打蕎麦 じゆうさん」

中野区江原町3-1-4
03-3951-3397
11:00~14:30 / 17:00~21:00
月曜休  近くにコインPあり
禁煙



2009年 5月23日 お料理をいろいろと、「手挽き田舎」を堪能
2008年 7月23日 絶品、「氷結梅冷し」
2007年 8月22日 五臓六腑に染みわたる 「氷結梅冷し」
2007年 5月 8日 「鰊煮」に「山葵漬け」、「十割せいろ」
2006年 7月 4日 片松葉で初訪問 「天麩羅」に「手挽きせいろ」
関連記事
トラックバックURL

http://chibiyukarin.blog4.fc2.com/tb.php/1355-4756cb83

◄ prev next ►