下高井戸 「たま庵」

2009/08/27/23:58  [東京の蕎麦]世田谷区 画像あり

朝方の花活けの仕事の後に、三軒茶屋でちょっとした用事があったので…、

ちょっとご無沙汰していたお店でお昼を頂こうと、レトロな雰囲気たっぷりの世田谷線に乗り込み下高井戸へ。

久し振りに降り立った街は、相変わらず人々の活気溢れた商店街。
その賑やかな商店街の中に、小さな間口ながら、ほのぼのとして明るい雰囲気の、何だか楽しい気持ちにさせられる、橙色の暖簾が降ろされている。

09-8-27 店

「皆に愛される、町の猫のような、そんなお店になったらなぁ、と思って…」

初めて伺った時に、打ち手である女将さんが、恥ずかしそうにおっしゃっていた言葉が、ふと思い出される…futt.gif

下高井戸 「手打そば たま庵」




と、まるで「いらっしゃい♪」と呼んでいるような暖簾に近づくと…

09-8-27 そとしな09-8-27 そとしな2

入口に前に置かれた、「季節限定メニュー」が写真入りで置かれてる。

おっ、こういうのも始めたんだ…hahha.gif

09-8-27 そとしな3

なんだか楽しそうな「ランチメニュー」。

ざっとそれらに目を通し、暖簾の奥の扉を開き入ると、

09-8-27 さんち

階段の横に掛けられた「蕎麦の産地」は、おおっ♪、ここも又「夏新」


どんなお蕎麦かな niko.gif と、ワクワクした気持ちで階段を上り店内へ…。

チリンチリン~♪
と音が鳴り、上がったフロアは、以前と変わらず…
いや、以前に比べ、何かが馴染んだような、落ち着いた空気を感じるよう。
1年経ったんだなぁ、とカウンターの席へ向かうと、覚えていて下さった女将さんが、にっこり微笑んで迎えて下さる。

「ランチ、はじめたんですよ~」
とにこにことおっしゃる言葉を聞きながら、前に置かれている品書きを広げ、改めて眺めると、これはなかなか魅力的 onpu.gif

小丼の付くセットや、サービス価格で提供する大盛りがあり、
何よりもうれしいのは、どのメニューにも付く、「ランチプレート」。

09-8-27 しならんち09-8-27 びあ

し・か・も…、「ランチビール 200円」の文字が輝いて見えるようで、
咄嗟にこれをお願いしてしまう(^^;

乾いた喉をくっと潤すのに、丁度いい量のグラスビールを頂き、
お願いして、先にランチプレートを出して頂くと…

09-8-27 ぷれーと

これは、ちょこっとつまむのになんてうれしい盛り合わせ。
丁寧に作られた出汁巻き玉子に、浅利入りの切干大根。
それに、ほっとするちょこっとの糠漬けがあり、これだけで私には十分蕎麦前のあてになってしまいそう。

というわけで…
ちょっとだけ、と、半合から頼めるのもうれしく「鷹勇」を半合お願いすると、
(この半合用の、小さな酒器がかわいいな~♪)

09-8-27 さけ

さらに、しっとりと炊かれた「煮昆布」がついてくるのが、又うれしい heart.gif

とちょっと楽しみ初めていると、既に2時もとうに過ぎている時間に係らず、次に次にとお客さんが入ってくる。
すっかり地元に愛されているんだなぁ、としみじみと思いつつ…

私もそろそろお蕎麦をも。

「冷かけ」や、「ちらしおろし」もとても魅力的ではあるのだが…

09-8-27 しなきせつ


向かう間、久し振りなので、今日は「せいろ」と「田舎」の両方を頂ける「二色蕎麦」をと思っていて…

お願いすると、
「ご、ごめんなさ~いっっ汗
と、申し訳なさそうに、
「今日は『田舎』を頼まれるお客さんが多くて、終わっちゃったんです~」
との事 hanamizu.gif

無いもの、は、仕方、無い…
ならば、と、せっかくある「ランチメニュー」。小天丼とのセットをお願いしてみる事に。

頼むと一つづつ丁寧に女将さん自ら天麩羅を揚げだして・・
程なく出された、「烏賊と野菜の小天丼」付きのせいろ蕎麦。

09-8-27  ランチ

別に「くるみ汁」も添えらるのがうれしい蕎麦は、盛りもたっぷり。
やや平打ち気味の、角が立った細切りの蕎麦。

09-8-27 そばあぷ

やや切り幅にムラがあるものの、手打ちの暖かみを感じさせ、手繰り上げるとゆっくりと漂う、しかと感じる蕎麦の香り。

09-8-27 そばたべ

口に含むと心地のよい腰があり、するりと落ちる爽やかな喉越し。
夏新と言う事もあり、風味はまだあまり強くはないが、それでも食べ進めて行くに従い、じわじわと蕎麦の風味を感じてくる。

鰹の風味がふっと立つ、まろやかな汁も美味しく、頂き…

その後で、添えられた胡桃汁を浸し頂くと、思ったよりも胡桃の風味は穏やかめ。

09-8-27 くるみ09-8-27 くるみたべ

個人的には、もっと胡桃の個性を出した汁が好きかなぁ、とも思えるが、二つの汁が出されるのはやっぱりうれしい。

と、思った以上にたっぷりのお蕎麦を頂き…
添えられた、野菜の天ぷらがたっぷり盛られた「小天丼」も。

09-8-27 天丼

さつま芋、人参、ピーマン、茄子、そして烏賊の天ぷらが隙間なく盛られた、
豪華な「小天丼」。
どこか家庭的で、ほっとする天麩羅で、人参の甘みが濃く、烏賊はぷりぷり。

なんだか、あったか~い気持ち感じながら頂いたら、もうお腹いっぱーい futt.gif

09-8-27 蕎麦湯

「みわ」さん仕込の、とろとろまろやか~な濃厚な蕎麦湯もたっぷりと頂き…
満足な心地に。

開店して一年半。
すっかり板に着いたようで、花番さんとの連結もスムーズなのも気持ちがいい。

女性だけでもてなしてくれる、何とも言えない優しさがうれしく、
こういうお店が近くにあったらいいなぁ~、と思わせる。

女将さんのお人柄なんだろう…
なんだか、ほっと気持ち温かくなった心地を感じ、お店を後に。

ご馳走様でした~hahha.gif

で、も~・・・・
「田舎」のリベンジしに、又来なくちゃ niko.gif

09-8-27 暖簾
「蕎麦 たま庵」

世田谷区松原3-30-11
03-3325-3962
11:30~15:00 / 17:00~21:00
(夜は木・金・土曜のみ)
11:30~17:00(日曜祝日)
月曜・第1、3水曜定休(祝営業翌休)
禁煙
お店のHP 品書きなど




2008年 9月19日 「生桜海老の掻き揚げ」に「かけそば」
2008年 2月 7日 新しいお店が下高井戸に♪ 「料理二点盛り」で一杯、「二色そば」
関連記事
トラックバックURL

http://chibiyukarin.blog4.fc2.com/tb.php/1366-21a513d3

◄ prev next ►