つれづれ蕎麦 
    藤枝 「ながいけ」
    2009年09月25日 (金) 22:22 | 編集

    ああ今日は…、なんて充実した気分を味わえた日だろう…futt.gif

    今年の初めごろ、辛汁さんのブログで知った、藤枝の「ながいけ」。
    興味を持ちお店のHPを開くと、すぐ心を惹いた「粗挽き三兄弟」。
    粗挽き…、しかも三酒類の粗挽きを打ち分けているなんて…。

    さらに、「コラム」に書かれたご主人の蕎麦に対する意気込みを読むうちに、
    是非行ってみたい、いや、行かねば…と、思い募っていたところ。

    やはり粗挽きを愛する、仲良し蕎麦友に話すと、すぐ興味を持ってくれ、
    とんとんと話しはまとまり、今日、いざ、藤枝へ~onpu.gif

    気持ちよく走らせた東名高速を焼津で下り、国道横にある細い路地。
    見逃してしまいそうな細道を下りていくと…

    09-09-25 店ついた

    秋の日差しをさんさんと浴びた、ちょっとモダンな素敵な建物。

    09-09-25 店あぷ

    白い麻の暖簾がさらさらと風に靡く様子に、既に心は粗挽きでいっぱい…futt.gif

    静岡県藤枝市 「手打そば ながいけ」

    昼丁度にたどり着いた事もあり、暖簾をくぐり扉を開くと、満席との事。
    平日でありながらも、さすが、人気のお店なんだなぁ…
    と、打ち場の前に置かれたベンチでしばし待ち、程なくして店内に通される。

    「お待たせして申し訳ありませんでした…」
    と、優しそうなご主人自ら顔を出して下さるのもうれしく、
    入った店内は、窓からの日差しが入りこんだ明るく気持ちのいい空間。
    ぬくもりある木のテーブルがいくつか置かれ、優しい空気に満ちている。

    09-09-25 味噌

    空いた窓際の席に腰を下ろすとすぐに出されたお茶には、蕎麦味噌のお通し。

    頂く前に、すぐに品書きを開き見る我々。

    09-09-25 しな兄弟

    これこれ、この「粗挽き三兄弟」 ♪。
    中の二つ、「十割粗挽きそば」と「手挽きそば」は、水・土・日限定。
    3食から取り置き予約で作ってもらえるので、もちろん、事前にこれを予約して…

    09-09-25 しな109-09-25 しな2

    あるのだが、他の品書きも、魅力的なものがいっぱ~い heart.gif

    あれこれと見ている我々に、
    「お蕎麦は、どの順番でお出ししましょうか」
    とご主人が聞きに来られ、
    お蕎麦はちょっと待って頂き…、その前にまずは蕎麦前 niko.gif

    09-09-25 ビール

    秋晴れのこんな日は、まさにビール日和。と、ビールをくぃ~っと。

    09-09-25 あゆ

    このビールに、「サービスです」と出されたちょっとしたお料理。

    09-09-25 あゆあぷ

    地元焼津で取られた「稚鮎の南蛮漬け」に、

    09-09-25 あゆのよこのまぐろ

    これも地元の鮪で手作りされたという、「鮪の佃煮」。
    美味しい二品に、早速お酒が欲しくなり、静岡のお酒「志田泉」に切り替えて。

    09-09-25 さけ

    お蕎麦を出したくてうずうずしているようなご主人だが(^^;、
    お酒の充てに、と「京にしん」の棒煮をも。

    09-09-25 にしん

    じっくりと炊かれた鰊は、ふわっとしたというよりも、佃煮に似たしっかりとした味付け。

    09-09-25 にしんたべ

    さらにきのこ好きとしては気になる、「山のきのこのおろしあえ」。

    09-09-25 きのこ

    珍しい姿かたちのキノコが何種類もたっぷりと盛られ、
    上品に味付けされたきのこは、どれもが美味しい
    天然もの?地のものなのかな?このきのこが本当に美味しい。

    09-09-25 きのこあぷ

    と、さらに「喜久酔」吟醸もお変わりをして、楽しんだところで、いよいよお蕎麦を。

    09-09-25 食べ方

    まずは、通常にある「粗挽き」と
    予約した「粗挽き十割そば」に、「手挽きそば」を一枚ずつ頂き、
    それぞれ取り合い、食べ比べてみる事に。

    まず、初めに出されたのが通常ある「粗挽きそば」。
    福井の丸岡在来種9割に茨城常陸秋そば1割をブレンドした玄蕎麦を
    手挽きし、十割で打たれた粗挽き。

    09-09-25 あらびき

    角が立ち、きらきらと輝くやや黒めの蕎麦には、蕎麦の欠片が豪華に散りばむ。

    09-09-25 あらびきあぷ

    かなりの粗挽きでありながら、切りムラ、長さにもムラのない穀物感溢れた細切り。

    09-09-25 あらびきたべ

    これを手繰り口に含もうとすると、途端に香る濃く香ばしい香り。
    豊かに香る、蕎麦独特の香りにうっとりしつつ、口に含むと、
    しっとりとした心地のいい腰加減。
    噛みしめると、これも濃い蕎麦の風味が、ダイレクトに広がる。

    こ、これは、美味しい~love.gif

    香りといい、風味といい、かすかに掠めるざらつきに、ややぬかり感のある感触。
    まさに、私の好みの蕎麦だ…と、
    これがいつでも食べられるなんて、途端このお店が近くに欲しくなってしまう。

    皆すっかり、汁を漬けるのも忘れ、あっという間に頂いてしまい…

    続いて出された二枚目 「粗挽き十割蕎麦」。
    こちらは、北海道と茨城の蕎麦を半々にブレンドした丸抜きを、
    やはり手挽きし十割で打ったそう。

    09-09-25 十割

    丸抜きならではの、先の玄挽きよりも色も薄めな、これも端正な細切り。
    その中に、透明な蕎麦の粒々がびっしりと隙間なく詰まった粗挽き。

    09-09-25 十割あぷ2

    繊細で芸術品のような美しさに見とれ、手繰り上げると、これもなんて濃厚な香り。
    先ほどとは又違う、しっかりとした香りが豊かに漂う。

    09-09-25 十割たべ

    口に含むと、なんともしなやかな腰加減。
    玄挽きに比べ、しっとりと歯を包み込むような感触があり、心地のよいぬめり感。
    噛みしめると、香ばしさに後には、甘みがしっとりと残るような感覚があり…

    んん~、これも美味しい~love.gif

    久々の感動を心から感じながら、うっとりとしているところで…、

    09-09-25 てびき

    三枚目 「手挽き蕎麦」。

    09-09-25 てびきあぷ

    これは、「十割粗挽き」と同じブレンド、丸抜きを二八で打たれたそうで、
    今までの蕎麦よりも細めの、見た目にも繊細な面持ち。

    09-09-25 てびきたべ

    香りは同様にふわりと豊かに漂う。
    口に含むと、ほろりとした感触で、噛みしめた途端に溶けていくよう。
    つなぎが入った分喉越しもよく、粗挽きが苦手な人でもこれはよさそう。
    非常に上品で繊細な粗挽き、そして何とも優しい、不思議な感覚…。

    と、それぞれの蕎麦に余韻を感じ、あれこれ4人で語りあいながら、
    どうしても気になる品書きの「桜えびせいろ」、
    友人達はさらに欲張り「鴨せいろ」も気になるとの事で…。

    予約した「十割粗挽きそば」と「手挽きそば」が、あと二枚ずつ残っているので、
    この二つの汁を一つず添えて頂きたいとお願いしたところ…

    09-09-25 えびじるそば

    なんてうれしい、ご主人のお心遣い 泣
    二枚分のお蕎麦を4等分して盛りつけて下さった上、
    「具はちょっと少なめだけど…、一つを回し食べっていうのもなんだから」
    と各々汁を作って出して下さった、「桜えび汁」に「十割粗挽き蕎麦」。

    09-09-25 えび

    とは言え、薄く衣をつけカリっと揚げられた桜えびが器にいっぱい。
    そのまま食べてみると、さくっとして香ばしい凝縮した海老の味わい。
    さすが、地元の桜エビ、これをヌキでお酒を頂きたくなってしまいそう。

    09-09-25 えび十割たべ

    これに、先ほどの抜きで打たれた粗挽きそばを絡め頂くと、これがたまらない。
    海老の香ばしい出汁が、染み入った汁。
    それに、蕎麦の香ばしさが加わった素晴らしい味わい。

    09-09-25 鴨と手引

    さらに、「鴨せいろ」も各々作って頂き、今度は「手挽きそば」も等分に盛られ出される。

    09-09-25 かも

    ふわっと身が柔らかくジューシーな鴨肉。
    桜えび汁の味わいとは全く異なる鴨肉の出汁が染み入る汁。
    代わる代わる、汁を変えながら、二つのお蕎麦もペロリと。

    09-09-25 蕎麦ゆ

    頃合い見て出して下さった蕎麦湯は、別に作られたとろっと白濁した蕎麦湯。
    それぞれの汁に注ぎ入れ、味の違いを楽しみながらすっかり頂いてしまったら、
    もう、大満足~ hahha.gif


    だったのだが…ase2.gif
    さらに、我々の好奇心と欲望が合致した、「温かい蕎麦も食べてみたい」。

    と、中からきのこがとても美味しかったので「きのこ蕎麦」を選び、
    普通は微粉で打たれた「せいろ」の蕎麦のところを、「粗挽きそば」でお願いする。

    09-09-25 きのこそば

    程なくして置かれた「きのこそば」が、又なんて美味しそう~
    つまみで頂いたきのこと同じ、様々なきのこがたっぷり。

    09-09-25 きのこそばたべ

    このきのこを口に含み、中の粗挽きの蕎麦を手繰り口に含むと…

    これは美味しい buchu-.gif

    熱を帯びた事で、ほろりとした穀物感が増す粗挽き蕎麦。
    どこかに感じるざらつきがたまらなく、汁に交わった粗挽きの美味しさ。

    やっぱり、この「粗挽きそば」は美味しい~と、「もり」でも「かけ」でも心から感じ入る。
    みんなで回し食べたら、これもあっさりと niko.gif

    09-09-25 店内

    「よく食べましたね~」
    と、すっかりお客さんのなくなった店内に、ご主人も顔を出して下さり、
    あれこれ質問などしながら、お話して下さるのがうれしい。
    これまでの試行錯誤、創意工夫、そして、さらに又一つ新たな粗挽きができそうとの事。

    これは、又しても楽しみな一言に、是非完成した折には、訪れたいと。

    ご馳走様でした~hahha.gif

    09-09-25 花

    久々に、心の底から満喫した心地を感じ、再び車に乗り込み…
    来てよかった、と皆口ぐちに。



    ご主人、本当にありがとうございました~hahha.gif
    新たに作られているお蕎麦も、とても楽しみ。
    又、ぜひ…、訪れたいと、
    頂いた蕎麦を、ゆっくりと反芻して思い起こしながら、しかと思う・・・・


    Tさん、さん、Kさん、ありがとうございました~niko.gif

    09-09-25 看板
    「手打そば ながいけ」

    静岡県藤枝市志太5-9-2
    054-644-8518
    11:30~14:30  夜は予約のみ
    月曜、火曜定休(祝日営業)
    禁煙 
    Pあり
    お店のHP




    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント
    この記事へのコメント
    つれづれ…(照れちゃって^^;)様
    やはりっっ。
    今とっても行きたいお店のひとつなんです。
    どうやって行こうか…
    と画策していたのですが、やはり車がいいんですね。

    近いうちに、
    とは言えないのが悲しいところですが、
    絶対、行きます♪
    2009/11/10(火) 21:42:31 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    再び♪
    そう!蕎麦切り こばやし  さんはホント
    お勧めです。

    荒挽き好きなyukaさんにぴったりのお店ですよ。

    ただ・・場所がかーなーり奥まっているので、ドライブがてらに・・・って感じでしょうか。
    2009/11/10(火) 20:46:14 | URL | つれづれ蕎麦ファン #WY75oEQ6[編集]
    蕎麦喰い師様
    ・・・・!!!

    その、「こばやし」さんの事を、ついこないだ某所で薦められたところなんです!
    (ゴルファー?)
    調べてみて、ものすごく行きたくなっているのですが、なかなか駅から歩くのは・・・(汗)
    どうやって行こうかな、なんて思っていたところでした。
    さすが!喰い師様…

    でも、「ながいけ」さんも、本当によかったです。
    最近の静岡のレベルに目を見張るばかりです。
    (まだ、いくつか行きたいところが…)
    2009/10/20(火) 22:57:22 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    チョット場違いか・・
    そのうち陽の目を見るだろうから・・

    もっと手前の富士市の「こばやし」は良いですよ。
    香味、風味、吟醸黒、吟醸白(黒・白は時期によって切り替わるから実質三種です。まあ、事前に伺いますよと言えば・・・)
    綺麗にヌキにした実を粗めに手挽きして中太に打った香味は、殻の星でなく白い星が散っていて・・・
    あちら方面に行かれる折りには是非かも・・
    某T氏に「山・・」と同じ時に報告しておきました。
    ながいけさんも良いですよね。
    2009/10/20(火) 14:44:02 | URL | 蕎麦喰い師 #VDz0rjeM[編集]
    辛汁様
    男の隠れ家で気になっていたところに、辛汁さんのブログで、ものすごく興味もっていたんです!

    私の文章で、感動が、蕎麦の旨さが伝わるかどうか…。

    ここまで満たしてくれる蕎麦は久しぶりでした。
    こういう蕎麦に出会うと、本当にうれしくなります。
    又、行きたい…。
    4兄弟も楽しみにしているところです。
    2009/09/27(日) 10:16:30 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    まあやん様
    少々遠いですが、食べに行くだけの価値のある蕎麦です。
    ぜひ!
    2009/09/27(日) 10:13:56 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    cr-mo1 様
    どの蕎麦も、完成度の高い・・
    というか、私の欲求を満足にしてくれるものでした。
    ご主人のお人柄もよく、
    お店もとても気持ちのいい空間でしたよ~。

    是非、一緒に行きたかったです!
    2009/09/27(日) 10:13:12 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    蕎麦喰い三兄弟
    T,S、Yの三兄弟だと思って居たらKさんも・・だれ?

    どの蕎麦もお店のフラグに出来そうなもの
    贅沢な三兄弟 また 食べたい。

    完成度と 研究熱心さの震源地は 藤枝にありと言うところです

    少しの間は どこで粗挽きを食べても
    ながいけの蕎麦を思い出すことでしょう
    またまた 長池さんと話したくなり 蕎麦が
    食べたくなる そんな蕎麦屋です。

    いっこうも未だに思い出します(笑)

    記憶に残るだれにも話したい蕎麦屋って
    そんなに多くないのが 最近身にしみます。
    2009/09/27(日) 10:01:46 | URL | 辛汁 #phHF4o9M[編集]
    藤枝ですか~行く機会はほどんどなさうですが、実に美味しそうな蕎麦ですね! あちら方面に足を伸ばすチャンスにはぜひ足を運びたいですね~
    2009/09/27(日) 06:23:06 | URL | まあやん #-[編集]
    美味しそうですね、なにもかもが。
    美しい、素晴らしい。
    家族で訪れてみたいです。
    2009/09/27(日) 01:33:37 | URL | cr-mo1 #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >