調布 「原田」

2005/06/03/23:06  [東京都下の蕎麦]調布市 画像あり

調布の八雲台。
なんでも、新しく手打ちのお蕎麦屋さんができたと聞いて、こりゃ行かねばっ。。と。

出雲そばで有名な「やくも」の前を通りすぎて、甲州街道にぶつかるちょっと手前になるほど、新しそうなお店が見えてきた。。
20050603231143.jpg
手打 そば うどん 「原田」

まだ木の匂いがしそうな感じの、シンプルな店がまえ。
派手さもなく、「我は我」という感じ。
場所が場所だけに、静かな佇まい・・
さてさて、どうだろう。。



中に入ると、これまたさっぱりとした作り。
和風な感じの、がらんとした空間に、小さなカウンターがあり、4人がけのテーブルがひとつ、6人がけのテーブルがふたつ、そして二人がけがひとつ、どっちかというと、無造作に置かれている。
ものすごくシンプル。
食堂って雰囲気もしないことも。。。

ほお・・・
でも、昼過ぎの平日の時間帯だというのにも関わらず、
しかも、けして目立つ場所でもないというのに、お客さんがほぼ満席に埋まってる。
これは、すごいな。。

お店の方も、なかなか忙しそう。。
お品書きに目を通すと、種物の品書きは一切排除したもので、こういうのは、返って気持ちがいい。
とはいっても、結構独特なものがあるじゃない?
「里山汁」(山菜とキノコの温汁)
「湯葉汁」(京ゆばの温汁)
なんて、すごくおいしそうっ

でも、やっぱり最初だし、「もりそば」を。
前のお客さんの頼んでる天ぷらを見てると、天ぷらもおいしそうだな・・なんて思いつつ、威勢のいい水を切る音が。。
ほどなくして、やってきたのが、これ。
20050603232609.jpg

おっなんかよさそう♪
クリーム色の細切りのそば。
よく見ると、細かな蕎麦の粒が散ってる。
そして、このネギ!
最近、こんなに丁寧に切られているネギは久々に見るかも。
ふわふわの糸状にきられていて、こういうのはすごくうれしい。

さて・・とおもむろに口に含む。
いいよっ!なかなか♪。
ほのかに蕎麦の風味が漂い、コシの加減も悪くない。
どちらかというと、たおやかで甘みを感じていくタイプの蕎麦。
エッジはきりり。このあたりに主人の心意気が見えてくる。

つゆは、ほんのりとかえしを含んだ、中辛口といったところかな?出汁の香りを押さえ、そばとの調和もいい。

しかも、底下げのざるに盛られた蕎麦の量が、これまたたっぷり。男の人でも満足できるんじゃないかな・・・。
しかも、添えられた、水菜と揚げのお浸しがおいしい♪

いやはや、これはすごくうれしい。
近くに、ひとつおいしいお店が出来た・・・

かなりうれしい気分になって、お勘定を。
ついつい、いつから・・・?と訪ねると、去年の11月に開店したばかりだという。なんでも、八王子の「穂科」さんで修行したあと、何軒か回りながら独自に勉強したんだと、店主みずから顔を出して話してくれる。すごく気さくな人柄で、とても好感

夜も、ゆっくりいらしてみてくださいよ。なんて言われて。。
ほんとに来てみたくなってくる。

ま、しいて言えば、空間にもちょっと工夫があったら言うことないかな。
パーティッションとかがあるといいんだけど・・・。
あるいはテーブルの配置にもう一つ。
照明ももちょっと落としてあったら、もっと憩える雰囲気になりそう。。
ま、でも、住宅街のこういうお店にはこれもありかな。。

これから大いに期待しちゃいます!

*お品書き
もりそば 700円、とろろ 900円、ぶっかけ 1,000円、山菜おろし 1,000円、里山汁 950円、湯葉汁 950円、鴨汁 1,400円、天もり 1,500円、

田楽 150円、そば味噌 400円、板わさ 400円、鴨くんせい 700円など
麒麟山、緑川、真澄(500円~)


手打 そば,うどん 原田
調布市布田1-15-9 0424-82-8122
11:30-14:30 17:30-20:30 月曜休
関連記事
トラックバックURL

http://chibiyukarin.blog4.fc2.com/tb.php/143-ed307e36

◄ prev next ►