FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    吉祥寺 「ほさか」 冷やしカレー
    2009年11月21日 (土) 22:31 | 編集
    仙川での所用が終わり、時計を見ると既に2時をとうに回ってる。
    でも、大丈夫 niko.gif。今日久しぶりに訪れようと思っている、隣駅のお店は中休み無し。
    と、ペコペコのお腹もなんのその、と隣駅のお店へと向かうと…

    何やら様子が怪しいような

    近づいて見ると…、あああああ~itata.gif 又しても~~っ。
    「準備中」の看板が置かれ、扉には、「本日のそばうどん売り切れました」の文字。

    そ、そんな…との思いを抱え、ヨドバシを見たかったので、吉祥寺へ即移動。


    さて、まずは、お昼ご飯をば~u-n.gif

    09-11-21 店

    吉祥寺駅そば、中休みなしというのは、こんな時はもう~、感謝したい程。

    吉祥寺 「五色そば 手打そば ほさか」

    09-11-21 壁しな

    民芸調どっぷりの店構えの窓には、ここにも「新そば」の文字。
    早くも「柚子切り」も始まったんだ…futt.gif

    「いらっしゃいませ、空いている席にどうぞ~」。
    明るい声に迎えられ、こんな時間にもちらほらと寛ぐお客さんの中、
    空いていたテーブルの一つに腰を下ろす。

    09-11-21 酒

    座れ、やっとお昼が頂ける安堵感を感じながら、まずは、蕎麦前、熱燗を。

    09-11-21 品さけ

    ほおっと途端に身体が暖まるのを感じ、ここの熱燗も美味しいなぁ、
    と品書きを改めて開き見る「熱燗」には、「菊正宗」の文字。

    升も燗もそうだったんだ、と改めて確認し、「本日のおつまみ」の中から、
    以前頂いて気に行ってしまった、「蕪の甘酢漬け」をあてに注文。

    09-11-21 蕪

    純白の清楚な蕪に、ちょんっと天盛りされた紫蘇が爽やか。

    09-11-21 蕪あぷ

    丁寧に菊花切りされた蕪を崩し頂くと、さっくりと漬けられた蕪の食感に、
    甘さ控えめの甘酢がほどよく、やっぱり熱燗に心地いい。

    09-11-21 蕪くずし

    途中で、黒胡麻が(何故か)多めのここの「七味」をちょっと漬け頂くと、
    胡麻の香ばしさが加わり、さらに美味しくてこれはやっぱりお気に入り。

    3時を過ぎようとする時間。
    目の前で追い打ちをしている姿を眺めながら、ゆっくりと熱燗を楽しみ…
    ずらりと並んだ品書きの中から、お蕎麦は何を頂こう~。

    「冬の」と接頭語がわざわざついた、「鴨汁そば」にも心惹かれたが、
    以前食べた「カレーせいろ」の美味しさを思い出したら、あれが食べたい♪
    と、蕎麦は細打ちを選んで、「冷やしカレー」を注文。

    09-11-21 そば

    程なく、湯気を立てたカレー汁が添えられ、笊に盛られた蕎麦が出される。

    09-11-21 そばあぷ

    早速、角がぴっと立った、端正な細切りの蕎麦を手繰り上げると、
    ふわりと香る、新蕎麦らしい穀物の香り。

    09-11-21 そばたべ

    口に含むとしなやかな腰が心地よく、噛みしめるとじわりと広がる蕎麦の味わい。
    なんだか、以前よりもさらに穀物感感じる感触を感じ、
    ここの蕎麦、又一段と美味しくなった?などとうれしく手繰ってしまう。

    09-11-21 かれ-

    そして、湯気を立てた熱々のカレー汁。
    ここのカレー汁は、鴨出汁ベースで作られ、玉ねぎがたっぷり。

    09-11-21 カレーたべ

    これに蕎麦を浸し頂くと、これが美味し~い buchu-.gif
    後にぴり~っとくる、かなりスパイシーなカレーでありながら、
    ベースが和出汁であるからだろうか、まろやかさがあり、蕎麦との違和感を感じない。

    むしろ、浸し頂くと、蕎麦の甘みがぐ~んっと口に広がり、
    蕎麦の旨みを再び感じてくるよう。

    09-11-21 カレー鴨

    しかも、鴨出汁で、鴨は入っていないはずのカレー汁に、
    これはラッキー?、鴨肉も一切れ入っていて、歯ごたえのある鴨肉も旨みたっぷり。

    鴨すきまでやっているこちらのお店。
    今度は、ぜひ、鴨南蛮か、鴨汁せいろも食べてみようかな…futt.gif

    最後にナチュラルな蕎麦湯をこのカレー汁に注ぎ入れ、
    じっくりと、このカレー汁の旨みをたっぷり堪能。

    ご馳走様でした~hahha.gif

    やっぱり、ここのカレー汁は美味しいな~♪


    ヨドバシは人だらけ~


    *お品書き
    もり 660円、大もり 990円、小もり 440円、変わりそば 840円、二色 880円、三色 1,440円、四色 1,500円、五色 1,920円、きつねもり、山菜もり 810円、冷やしカレー 870円、鴨汁 1,030円、つけとろ 990円、おとし、納豆、なめこおろし、冷やし山かけ 1,080円、冷やし鴨南蛮 1,500円、かけ 760円、揚げ玉、山菜、きつねそば 910円、卵とじ、力、カレーそば 990円、山かけ 1,160円、鴨カレー 1,440円、鴨南蛮、天ぷら 1,560円、など

    蕪の甘酢漬け、なめこおろし 400円、山菜 350円、椎茸昆布 300円、板わさ、鳥わさ、納豆サラダ、もろみ豆腐 490円、揚げ出し豆腐、浅利の酒蒸し、お袋焼き、もつの生姜煮 550円などなど豊富
    ビール(小)380円(大)650円、樽酒 650円、地酒各種 750円~



    09-11-21 ごちそさま
    「五色そば ほさか」

    武蔵野市吉祥寺南町1-4-1 井ノ頭ビルB1F
    0422-48-2118
    11:00~21:00(日、祝~20:30)
    月曜定休 5時まで禁煙



    2009年 5月29日 「山菜おろし」に「つけとろそば」
    2009年 2月24日 「蕪の甘酢漬け」に、田舎蕎麦で「カレー蕎麦」
    2008年11月28日 鳥わさ、「かけそば」玉付き
    2008年10月21日 「冷やしカレー」
    2008年 8月15日 「甘海老の唐揚げ」、「紫蘇切り」
    2007年10月23日 「玉子とじそば」
    2007年 7月10日 「鳥わさ」、「蕎麦そうめん」
    2007年 6月12日 「山菜おろし」で枡酒、「紫蘇切り」
    2006年 6月30日 二色そばで「かぼちゃ切り」
    2005年 5月31日 二色そばで「胡麻切り」
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    まあやん様
    本当にうれしい限りです。
    ここは、地味だけど、いいですよね~♪

    柚子切り、始まりましたよ(^^)。
    でも、ここの冷やしカレーは、やはり絶品です。
    2009/11/23(月) 22:17:37 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
     ここ、日進月歩、最近とみに蕎麦が良くなっていますね~

     柚子きりが始まりましたので、次回は柚子きりかなあ♪
    2009/11/23(月) 22:02:50 | URL | まあやん #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >