FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    神保町 「源四郎」 (閉店・松戸にて再開店)
    2009年12月14日 (月) 22:45 | 編集

    久しぶりに、所用で訪れた神保町。
    以前、働いていたこの街は、やっぱりとても懐かしい…futt.gif

    お昼になり、界隈をちょっとうろうろしながら、
    前々から一度行ってみたいと思っていた、山形蕎麦を食べられるお店へと。

    09-12-14 店

    神保町を横切る靖国通りから何本か入った路地沿い。
    その通りに面して打ち場があり、感じのいいお店が佇んでいる。

    神保町 「そば切り 源四郎」

    山形県大石田町に本店を持つとのお店。
    そこから直送した山形の玄蕎麦を自家製粉し、さらに天然水で打っているそう。


    山形、そして現地の板蕎麦が食べられる onpu.gif

    と、うれしく扉を開くと、すぐ横には石臼の置かれた打ち場があり、
    その奥には、照明がすっと落とされ木の壁に囲まれた長細い空間。

    かわいい花番さんに通され、空いていたテーブル席に腰を下ろす。

    09-12-14 店内

    居心地のいい、4人掛けのテーブルが4卓一列に並び、
    その横には、ゆったりとした掘り込み式の、小上がりの席が一卓。

    ぐるりと店内を見渡していていると、程なくそば茶が出され、
    「品書きは壁に貼られています」
    とおっしゃり、改めて見る壁のお品書き。

    09-12-14 品3

    お蕎麦は、「そば切り(板そば)」、「きじそば」の二種類。
    それに、「きじ汁」の単品のお汁がある模様。

    その下に、「夜メニュー」と書かれた、おつまみの品書きがずらり。
    おつまみ三点盛りを先頭に、山形名物「玉こんにゃく」や「芋煮」。
    「山形味噌キュー」や、「がんも」「厚揚げ」…と、食べてみたいものばかり。
    それも、手ごろな値段で書かれているのがうれしい限り。

    とは言え、今はお昼なので…ase.gif
    「板そば」に、東京では珍しい「きじ汁」を添えてお願いする事に。

    09-12-14 漬物

    頼むとすぐ、まずは徳利に猪口、薬味に、赤蕪の漬物が添えて出される。
    さっくりと漬けらた甘酢漬けの赤蕪に大根もまじり、これが美味しい。
    さすが、山形の漬け物は美味しいな~と、頂いていると、ど~んと板蕎麦が出される。

    09-12-14 そば

    独特の板に盛られた蕎麦は、どっしりとした太打ち。
    透明感のあるグレーの蕎麦で、細かな蕎麦の欠片が散る粗挽き蕎麦。

    そばあぷ

    手繰り上げると、新蕎麦らしいフレッシュな蕎麦の香りが漂い、
    口に含むと、しっかりと穀物がのされたような強い腰。

    09-12-14そそばどあぷ

    じっくりと噛み締めていくと、じわじわと甘みが広がってくる。
    ほお~、独特の感触に味わい、これは美味しい futt.gif

    09-12-14 そばたべ

    ふっと抜ける鰹の風味に、まろやかな辛口の汁はこの蕎麦にはやや薄め。
    が、どっぷりと浸し頂くと、これがよく蕎麦に合うよう。

    09-12-14 キジ汁

    そして、湯気を立て、たっぷりよそられた「きじ汁」も。

    09-12-14 そばと汁

    この汁にさっと蕎麦をくぐらせ頂くと…

    これは美味しい love.gif

    熱々の汁に浸された事で、ほっと優しさが加わり、甘みが強くなる蕎麦。
    キジのい~い出しがたっぷりしみ込んだ汁は、上品でいて濃厚。
    これは、旨いっ。

    09-12-14 蕎麦と汁のおろし

    しかも、ぐいっと底から蕎麦を手繰らせ食べてみると、
    下にはたっぷりの大根おろしが沈んでる。
    きじ汁の旨みがしみ込んだ大根が蕎麦によく絡み、さらに美味しい。

    09-12-14 キジあぷ

    もちろん、中にはたっぷりのキジ肉も。
    身のしまったキジは、噛み締めるとコクがじわ~っと染み出るよう。
    鳥とも鴨とも又違う、この美味しさにすっかり大満足 niko.gif

    きちんと見計らって、タイミングよく出されるのもうれしい蕎麦湯。
    これをたっぷりと、このキジ汁に注ぎ入れ頂くと、
    これが、体をじわ~っと温め、コラーゲンを取っている~♪
    という実感と共に、沁み入るような美味しさが広がってくる。

    すっかり大満足でいると、後から来たサラリーマンの方々は、
    板蕎麦にキジ蕎麦(温)の両方を食べていて、これが又美味しそう。

    このしっかりとした腰の蕎麦で、温かい蕎麦もいいだろうな~
    と、思いを馳せながら、ゆっくりと席を立つ。

    ご馳走様でした~hahha.gif

    今度は、是非、温かい「きじ蕎麦」を。
    いやいや、夜に伺い、山形のお料理にお酒をも頂きに来よう~♪。




    *お品書き
    そば切り 900円、きじ蕎麦(温)1,200円、きじ汁 300円、かいもづ(そばがき)900円
    (夜)おつまみかいもづ 500円、玉こんにゃく 400円、きじスモーク 500円、がんもどき 300円、厚揚げ 500円、山形味噌きゅー 300円、板わさと海苔 300円、おつまみ盛り合わせ 500円、自家製ぬか漬け 300円、湯豆腐 400円、いも煮 700円、青菜漬け 400円など
    ビール(小)400円、(大)600円、山形焼酎 400円、
    朝日鷹、初孫、大山、三十六人衆、上喜元、出羽桜、百香、おおいもだ、あらばしりなど



    09-12-14 品さけ
    「そば切り 源四郎」

    千代田区神田神保町2-10-8
    03-3556-1400
    11:30~14:30 / 17:30~21:00
    土曜・日曜・祝日
    禁煙
    (年末28日昼まで)

    お店のHP


    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    みさんが様
    教えて下さり、ありがとうございます!

    しかし、松戸とは…。
    近くに行った折に、ぜひとも寄ってみたいです。
    2015/09/24(木) 17:46:36 | URL | yuka #-[編集]
    閉店されて
    数年前でしたか閉店され(跡地はイタリアンだそうです)、しばらくたって下記にて再開されております。
    千葉県松戸市二十世紀が丘戸山町52-2
    かみさんの実家近くで気になっておりましたが、昨日、行ってきました。きじそば、きじ汁ももちろん看板メニューのままです。
    2015/09/23(水) 13:38:42 | URL | みさんが #zKbIHRcg[編集]
    よしの様
    しっかり昼酒込み、うふふ(^^)。

    雉は、実は私も祖父の家で何度か見た事があるんです。
    たしか、空気銃で打っている人もいたような…。

    庭に卵を産んでいたとなると、雉は木に巣を作るんではないんですね~。赤ちゃん雉、見たい気がします♪

    それはそうと、雉肉が美味しかったんです♪
    こちらのお店は、静岡から雉を取り寄せているそうです。
    2009/12/22(火) 08:25:04 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    御茶ノ水の
    あのお店。
    東京付近にいた頃に一度行きました。
    しっかりと昼酒込みで。

    雉はどこにでもいます、都会でなければ。
    当家の庭が丈の高い草で覆われている頃には卵を、それもかなり大きくて、鶏の卵に近いものを、幾つも産み付けられてしまいました。

    さらに悪いことには、その草を鎌で薙ぎ伏していったところ、寸前で親鳥が飛び去ったことでした。何か悪いことをしたような気がして。

    雉は、季節にさえなれば、当地ではいつでもいますから、その気になれば捕獲できるでしょう。悪いことではないと思う。
    2009/12/21(月) 23:26:28 | URL | よしの #-[編集]
    まがり様
    まがり様は、本当にいろんな事を見たり、そして知っているんですね~…
    2009/12/17(木) 09:30:53 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    …様
    確かにそうかも…
    ですね。
    2009/12/17(木) 09:30:00 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2009/12/16(水) 20:44:41 | | #[編集]
    うむ
    東京で雉重とか雉丼って
    鶏のてりやきが多いものね
    拙者も一回だけ
    新橋の「かおりひめ」で季節メニューで
    雉のたたきを食べたことがあるだけ
    確かに独特の風味でした
    ふと、疑問なんだが
    日本では基本的に野鳥は食べてはいけないのだが
    雉って養殖してるのかしら??
    木曽では野生または猟師が放鳥した
    雉がわさわさいるので生きてるのは
    よく見ますが
    それが養殖されてるのって想像困難
    あー、でも猟師が結局撃つためとは言え
    放鳥してるんだからどっかで養殖してるんだな
    ちょっと見てみたい
    ちなみに今くらいの季節、熊に恐れず
    山の中に分け入っていくと
    斜面一帯にすげー数の雉がいたりします
    ちょっと怖いくらいですよ
    2009/12/16(水) 10:50:37 | URL | ☆まがり★ #-[編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2009/12/16(水) 10:14:31 | | #[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >