FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    練馬 「玄蕎麦 野中」 蟻巣の田舎蕎麦
    2009年12月23日 (水) 22:47 | 編集

    仕事がたまっているよぅっ、と彼は休日出勤で出かけてしまったが…
    今日はせっかくの水曜日。年内に食べておきたいと思っていたお蕎麦の日。

    となると、今日しかない♪と、思い立ち、早速、練馬方面へと niko.gif

    09-12-23 店

    中村橋からも離れた、練馬の住宅街の中。
    品格感じる黒塀に囲まれた、上品に佇む一軒家屋。
    すっと下ろされた暖簾に、入り口すぐのところでは石臼が回ってる。

    中村橋 「玄蕎麦 野中」

    09-12-23 産地

    石臼の横に書かれている、「本日の蕎麦」を確かめ、暖簾を潜り店内へ…。

    平日でも客足の絶えない人気のお店。
    休日の今日は、大丈夫だろうか…と、不安だったのだが、
    早めに到着したので、まだ席が空いていたよう。

    一人であることを告げると、入り口すぐのテーブルに通される。

    09-12-23 お茶

    目の間に垣間見える、絨毯敷きのテーブル席にも座ってみたいなぁ…
    などと思っていると、すぐに出されたのは、淡い紫色した黒豆茶。
    香ばしいこのお茶があまりに美味しく、じっくりと頂き、品書きを開く。

    まずは、蕎麦前~ niko.gif

    09-12-23 品さけ

    お酒はやや高めかな?…と、燗にして頂こうかと思ったが、
    「お洒落でレトロな一合瓶を集めました」の文字に、興味が惹かれ、
    中から、和歌山の「雑賀」を冷で注文~。

    09-12-23 酒

    頼むとすぐ出されたお酒は、本当だ onpu.gif
    かわいらしい一合の瓶に、昭和を思わせるレトロな帯。
    他のお酒はどんなのだろう、などと全部見てみたくなってしまう。

    09-12-23 あて

    と、繊細に作られた薄い口のガラスの猪口もうれしく、
    添えて出された「子持ち昆布」が、ぷちぷちとしてこれも美味しい。

    これだけででも、一合飲めてしまいそうだったのだが…、
    せっかくなので、何かお料理も。

    と品書きを眺めていると、「野中」さんはどうやら「黒豆」に拘りがある様子。
    これもちょっと珍しい「黒豆湯葉の揚げ出し」を頼んでみる事に。

    09-12-23 湯葉あぷ

    たっぷりの大根おろしが盛られて出された、「黒豆湯葉の揚げ出し」。
    なるほど、確かにポピュラーな白い湯葉と違って、色が濃い。

    09-12-23 湯葉たべ

    と、ぱりぱりっとした表面を箸で崩してみると、これはびっくり。
    その下に鮮やかな紫色した、湯葉が顔を出す。

    初めて食べてみる黒豆湯葉は、しっかりと歯ごたえがあり、
    噛み締めると大豆の味がとても濃い。
    パリパリの表面に中はしっとりとした感触も楽しく、これは美味しい~

    と、これを「雑賀」でゆっくりと頂き、ひとときの憩いを楽しみ…
    いよいよ念願のお蕎麦を頂こうと、改めて品書きを開く。

    09-12-23 品みどり

    前に頂いたのは、火・木・土限定10食の「淡い緑の粗挽き蕎麦」だったので、

    09-12-23 品ありす

    今日のお目当てだったのは、これ♪
    蟻巣石の石臼で手挽きして打たれた、「蟻巣の田舎蕎麦」。

    水・金・日限定10食。
    急いで花番さんにお聞きすると、まだあるとの事なので、早速注文。

    09-12-23 品つゆ

    待ちながら、説明書きを読んでいると、この蕎麦には汁も拘りがある様子。

    09-12-23 田舎

    そして、程なく念願の「蟻巣の田舎そば」が目の前に置かれる。

    09-12-23 田舎あぷ

    どっしりとした陶器の器に盛られた蕎麦は、江戸前の蕎麦よりやや太め。
    様々な色形の蕎麦の欠片がびっしり詰まった、野手さたけた姿に見入ってしまう。

    09-12-23 田舎どあぷ

    手繰り上げると、雨竜産キタワセの新蕎麦らしい、フレッシュな香りが漂い、
    口に含むと、むちむちっとしたしっかりとした腰が歯を押し返す。
    噛み締めると、始めは穏やかだが、後からじわじわと広がる香ばしさ。

    思った程ざらつき感はないが、この力強さは食べていてうれしい。
    と、しばしそのままで蕎麦を楽しんでしまう。

    汁は、拘りがよく感じられなかったのだが、まろやかに仕上がった汁。
    が、添えられた薬味の大根おろしを加えると、ぐんっと旨みに光が差すよう。

    量もきちんとあるのもうれしく、頃合い見て出された、
    さらさらとした蕎麦湯をゆっくり頂きながら余韻に浸る futt.gif


    にこにこともてなして下さる花番さんの応対も心地よく、見ると横のお客さんの食べている天ぷらが、とても美味しそう。
    今度は、まだ頂いていない、普通の「もりそば」も頂いてみたいな、などと思いながら、
    お店を後に。

    ご馳走様でした~hahha.gif

    「お子様天丼」というのも、気になるなぁ…


    *お品書き
    せいろ 600円、重ねせいろ 900円、おろし 700円、鶴の子納豆蕎麦 900円、黒豆納豆蕎麦 1,000円、とろろ蕎麦 850円、蟻巣の田舎蕎麦 1,000円、淡い緑の荒挽き蕎麦 800円、海老天おろし、穴子天おろし、海老天とろろ 1,000円、掻き揚げせいろ 1,300円、小海老天せいろ 1,400円、魚介天せいろ、鴨せいろ 1,600円等、

    揚げなす、かまぼこ、焼きのり 600円、黒豆湯葉の揚げだし 700円、にしん旨煮 900円、海老のかきあげ 800円、こだわり豆腐 1,000円、天ぷら盛り合わせ 1,600円など



    09-12-23 店入り口
    「玄蕎麦 野中」 

    練馬区中村2-5-11  
    03-3577-6767
    11:00 ~ 15:00 / 17:00 ~ 20:00  
    月曜、第三火曜定休
    駐車場有
    禁煙



    2005年 2月17日 「淡い緑の十割蕎麦」
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    辛汁様
    ここは、東京では有名な人気店です。
    もともとは、練馬田中屋で働いていらっしゃtったご主人のお店で、この限定の蕎麦ふたつは、さすがです。

    地方の方でなくても、限定だと、なかなか食べられないので、それがちょっとつらいところ…

    >店をでてにんまり

    それが、大事ですよね!
    味も雰囲気も、応対も、
    トータルで満足できる店。
    そんなお店をやはり私も、望んでいます。

    来年は…
    そちらに行かないと(^^)
    2009/12/26(土) 09:34:07 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    久しぶりに
    久しぶりに 蕎麦切に興味のもてる 蕎麦屋さんですね。

    けちけちと 限定で出すのはよくない。
    地方の人が食べに行きにくい(泣)

    最近は 蕎麦切に重きを置きすぎているので・・
    来年は 蕎麦屋の寛ぎに 重点を 置き戻そうと 思ったりしていますが

    もう 鬼も笑わない年の瀬だけれども
    来年の話は 多分 無理かな?

    やはり蕎麦の味がそこそこで
    店を出た後に にんまり出来ないと
    蕎麦屋の寛ぎも半減します(笑)

    やはり 変われそうも無い。m(~~)m
    2009/12/25(金) 21:25:11 | URL | 辛汁 #phHF4o9M[編集]
    こんた様
    情報ありがとうございます♪

    実は、後から隣に座られたおばあちゃま4人が皆そろって、「かけ」と「お子様天丼」を頼まれていて、ものすごく興味があったんです。
    でも、出てくる前に、私は席を立ってしまったので…

    次回は、
    これも…
    うふふ、食べてみたいです(^^)。

    こんた様もよいお年をお迎え下さい。
    私も、来年の思わぬ出会いを、楽しみにしています。
    2009/12/25(金) 20:06:17 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    お子様天丼とは
    お久しぶりです。
    野中さんは本当に満足度が高いですよね。

    お子様天丼はミニ天丼ですよ。
    器は小さいけど本格的な天丼です。
    お昼時などはきちんとした身なりのおじ様達が
    「せいろと。。。お子様天丼を。。。」
    って注文なさっているのをよく見かけます。

    少し早いですがどうぞよいお年を。
    来年こそはどこかでお目にかかれますようにw
    2009/12/25(金) 15:44:49 | URL | こんた #nzdn0PDk[編集]
    ☆まがり様
    私も初めてだったのですが、とても香ばしくて美味しい湯葉でした。

    年越し蕎麦は、何としても!
    2009/12/25(金) 10:58:19 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    tatenon様
    同じ悩みを持っている方って、結構いらっしゃるんですね~。
    私もやっとです…(^^)。

    淡い緑とは又全く違って、これはよかったです。
    来年こそ!です♪
    2009/12/25(金) 10:57:21 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    shin様
    確かに、不便な場所でありながら、いつもよく混んでいます。
    この日も、昼時になるに従って、後からお客さんが…。
    相変わらず、人気のお店です。

    黒七味、大好きで、
    京都のを取り寄せていたのですが、ここででも買えるんですね♪
    知っていれば~っ…(涙)
    2009/12/25(金) 10:56:17 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    herbetsstreet 様
    そうなんですよね~
    私も、どうも水金日になかなか都合がつかなくていて、ようやく食べられました♪

    手挽きの良さが生きた、美味しいお蕎麦でした。何とか、曜日が合うように、私も祈っています(^^)。
    2009/12/25(金) 10:54:27 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    へぇ~
    黒豆湯葉!
    聞いた事が無い
    非常に興味深い

    なんか今年は蕎麦率が低かったので
    今年も後ちょっとなので
    お蕎麦屋さん何軒か巡ってみたいなー
    2009/12/25(金) 10:50:27 | URL | ☆まがり★ #-[編集]
    このそば、美味そうだなあ…淡い緑は何度も食べていて大好きだけど、蟻巣は未経験です。今年はなぜか一度も行く機会なかったし。年末まであと少し、なんとか行きたい…
    2009/12/24(木) 21:22:31 | URL | tatenon #-[編集]
    結構混んでます
    何度かお邪魔し、混んでいて何度か諦めました
    ここで黒七味を買うので、暮れに行けないと困りものです
    最近は京都の祇園で同じもの買ってきますが
    2009/12/24(木) 18:47:39 | URL | shin #ELD9pjOg[編集]
    いいなぁ
    いいなぁ、おいしそうですねぇー
    ここは何度もお伺いしてるのですが、どうも巡り合わせがわるく水・金・日はお伺いできずにおります。いいなぁ。
    うらやましいなぁ。
    2009/12/24(木) 15:11:50 | URL | sherbetsstreet #qbIq4rIg[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >