FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    旗の台 「長寿庵」
    2010年03月11日 (木) 17:22 | 編集

    何度か前を通りがかり、ちょっと気になっていたお店。
    某サイトの口コミを見ると何だかよさそう~。

    と、旗の台の駅まで向かう途中、昼時だったので寄って見る事に。

    10-3-11 店

    車の行きかう中原街道沿いのビルの間に、丸太の柱の立てられ、
    大きく窓の取られた、ちょっと和風モダンな佇まい。

    10-3-11 品そと210-3-11 品そと1

    外に置かれた品書きもちょっと魅力的。
    「春のメニュー」に、豊富でリーズナブルな「セットメニュー」。
    「昔ながらの伝統丼」っていうのが、なんだかいいな~futt.gif

    10-3-11 蕎麦粉は

    入口には、「北海道和寒産の蕎麦粉使用」と、しっかり書かれてる。

    旗の台 「総本家 長寿庵」

    扉を開け入ると、外から想像したのとちょっと違う、モダンな雰囲気のワンフロア。
    白木のスタイリッシュな椅子にテーブルが3卓置かれ、壁際にはカウンター席。

    10-3-11 店内

    「どうぞ~」と暖かい声に迎えられ、おずおずとテーブルに腰を下ろす。
    すぐに暖かいお茶にお絞り、外にあったお品書きに加えて、
    「本日の日替わり定食」のメニューも置かれ、これがすごいっ。

    秋刀魚の塩焼きや、鯖の味噌煮定食などずらりと書かれたお料理に、
    ちょっとした定食屋さんになぞ、負けない程のお品書き。

    さらに、定番のメニューも豊富にあるときているもんだから、
    メニューをめくりながら、ものすごく迷ってしまう。

    結局、「昔ながらの伝統丼」の言葉が気になり、中から「天丼セット」を注文。

    10-3-11 天丼セット

    しばしして、「お待たせしました~」と出された「天丼セット」。
    丼からはみ出る程の見事な海老が2本乗った天丼。

    10-3-11 そば

    蕎麦は、深めのお皿に簀が敷かれて盛られた、白めの細切りの蕎麦。

    10-3-11 そばあぷ

    手繰り上げると、ふわっと北海道の蕎麦らしい、爽やかな香りが漂い、
    口に含むと、しゃきっとした腰があり、つるつるとした蕎麦肌。

    ところどころに蕎麦の欠片が混ぜ込まれ、粗挽きの粉も混ぜているようで、
    やや長めの蕎麦は、風味は弱いが喉越しよくするすると過ぎていく。

    と、あと二手繰りくらいのところで、出された蕎麦湯。
    「あ、ちょっと早かったかしら?」
    と、おっしゃって下さる、細かな配慮が、うれしいな~futt.gif

    10-3-11 天丼

    そして、立派な海老の乗った天丼をも。
    蕎麦屋特有の蕎麦衣を美しくまとった海老は、さっくさく。
    かけられた丼汁が美味しく、ご飯もふっくらと炊かれ、これは美味しい。
    (ちょっと私にはご飯が多すぎたけど…)

    お腹いっぱいになって食べ終え、ほっとしていると…

    10-3-11 まんじゅう

    これもうれしいサプライズ、「蕎麦団子」が出される。
    「食後にちょっと、いいでしょ」
    とにっこりおっしゃって下さり、頂いた小豆のかかった蕎麦団子は、
    もっちりとして、程良い甘みが、うれしいデザートに。

    優しく話しかけて下さったり、暖かな持て成しに気持ち良くお店を後に。

    ご馳走様でした~hahha.gif

    お料理もいろいろと揃っているし、夕刻、前の通りの車の灯りを眺めながら、
    ゆっくりとひと時すごすのもいいだろうな…。



    *もり、かけ 600円、種物いろいろ、セット 800円~1,000円、定食 800円~1,000円
    お料理いろいろ 500円~



    10-3-11 看板
    「総本家 長寿庵 」

    品川区旗の台6-24-12
    03-5751-1551
    11:30~14:30 / 17:00~21:00
    日曜定休



    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    …様
    ものすごくよく分かります(^^;
    2010/03/18(木) 08:29:39 | URL | yuka #-[編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2010/03/18(木) 06:30:38 | | #[編集]
    真秀様
    さ、さすが、真秀様…。
    そ、そうだったのですか。

    知らずに、気になっていて、
    入ってみたんですが、女将さん、花番さん(ご家族かな?)、本当に心地のいい持て成しでした。
    ただ、お客さんが私ひとりだったので、ちょっと緊張しちゃったのですが…。

    種物なども、楽しみですね。
    2010/03/13(土) 09:47:23 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    のこ様
    のこ様、お店にあった品書きの中に、由来があったのですが、その通り!です。
    目黒から移ってきたそうで、れっきとした「総本家」の「長寿庵」だそうで…。

    お昼のランチは、なかなかCP良さそうです。
    (確かに、遠くはないけど、あまり通らない道かもしれませんね…^^::)
    2010/03/13(土) 09:45:18 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    いいなあ。
    こちらは、一度寄らなければと思っているお店の一つです。
    ご存知の通り、
    都内で300軒を越える「長寿庵」さんのなかで、
    元祖たる元禄5年創業の「竹川町長寿庵」さん直系(暖簾分け)で、
    明治10年創業の現存の中で一番古い「長寿庵」さんだそうですね。

    のこさんの言われるとうり、
    近年、目黒から移られたそうですね。

    単純に歴史だけで言えば、現存の「藪」「更科」「砂場」より古いお店。
    yukaさんの感じられたという、居心地の良さに伝統を感じました。
    2010/03/12(金) 22:41:28 | URL | 真秀 #p6owyR5Q[編集]
    あらまあ、お近くに
    いらしゃったんですね(^_^)
    近くとはいえ、あまり通らない所なので
    入ったことはありませんが、参考になりました~ありがとうございます。
    こちらのお店、数年前に目黒からこちらへ移ってこられたんじゃなかったかな。
    2010/03/12(金) 20:24:15 | URL | のこ #GdAGOLT6[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >