下北沢 「くりはら」

2010/03/12/23:55  [東京の蕎麦]世田谷区 画像あり

今夜は、京都のお友達のリクエストもあり、
久しぶりに行きたいと思っていた「くりはら」さんへ、友人を誘って夕餉の集い niko.gif

10-3-12 店

下北沢西口から、えんえんえんえんと歩き…、お店の途切れた暗闇に、
ほっと洩れこぼれる柔らかな灯り。

10-3-12 看板

木彫りされた看板の文字が、暖かく迎えてくれている futt.gif

下北沢 「十割蕎麦処 くりはら」

扉を開くと、普段は陶芸のお教室の店内は、
どっしりとした木のテーブルが並べられた、ほのぼのとした空気。

10-3-12 店内

「いらっしゃい」と、にこにことご主人に迎えられ、
用意してもらっていた、窓際のテーブルに腰を下ろし…

ちょっと早目に着いてしまったので、ビールを頂き待つ事に。

10-3-12 ビア10-3-12 揚げそば

蕎麦の切れはしで作られた揚げ蕎麦のお通しは、軽やかで、
これをぽりぽりつまんでいると、程なく全員揃って、改めて乾杯~onpu.gif

お料理を頼むのを忘れる程、すぐに話込みながらも、お願いしたお料理の数々。

10-3-12 蕎麦味噌

やっぱり、「くりはら」さんに来たら、これonpu.gif、特製「蕎麦味噌」。

カリカリに炒った蕎麦の実がぎっしりと、蕎麦味噌で丸められたもので、
味噌の風味がふわりと感じる、香ばしい蕎麦の実が絶品。

10-3-12 三点もり

さらに各々ひとつづつお願いした「珍味三点盛り合わせ」。

10-3-12 三点 とうふ

まった~りとした味わいがたまらない「豆腐の味噌漬け」に

10-3-12 三点 たらこ

粒々がうれしく、ガーリック風味が独特の「鱈子のニンニク和え」。

10-3-12 三点 ゆべし

ぎゅっと濃厚な味わいの「ゆべし」の盛り合わせに…

早速お酒を頂こうと、お願いするお酒は、ここでは「鶴の友」ひといろ。
その、「上白」、「純米」、「特撰吟醸」三種を、それぞれ飲み比べる事に。

10-3-12 お猪口

まずは、陶芸教室ならでは、様々な手作りのお猪口が出され…

10-3-12 お猪口並べました~

お猪口もみっつ選んで、三種のお酒の、飲み比べ niko.gif
(猪口の選び方も、好みが出て面白い…sunglass.gif

同じ銘柄でも、風味、味わいの違いがあり、珍味と共に吟味していると…

10-3-12 そばがき

ほっこりと丸められた「そばがき」が出される。

10-3-12 そばがき食べ

ほかほかの「そばがき」は、箸を入れると、ふわ~り漂う香ばしさ。
口に含むと、もっちりとろり、口の中でまどろみ溶けながら、
じわ~っと広がる味わいが豊かで、何も漬けなくて食べてしまう。

10-3-12 春巻き

さらに、私のリクエスト、お気に入りの「春巻き二種」を二皿。

10-3-12 春巻きたべ

カリカリっと軽~い衣に包まれた春巻きの中には、
鳥肉を蕗味噌で包んだものと、海老を巻いた二種類の風味。

口に入れた途端に、はっと広がる蕗味噌に、プリプリした海老もたっぷりで、
やっぱり、これは美味しいな~buchu-.gif

これらのお料理に盃は交わされ、「上白」の熱燗と冷の飲み比べなども味わい…
誰かが頼んだお料理のお皿が次々に運ばれる heart.gif

10-3-12 利休煮

鶏もも肉を焼いて、つけ汁に漬けてさらに蒸し、更に漬けこんだ
「平飼い鶏の利休煮」。

しっとりとしてジューシー、汁が染み入り鳥肉の風味が実に味わい深い、
これも「くりはら」さんの絶品料理。

10-3-12 出汁巻き

丁寧に巻かれた、ほんのり甘めの「出汁巻き玉子」に、
(ありっ、一切れ食べられちゃったっっ)

10-3-12 漬けもの

粗挽き蕎麦粉を発酵させて作った糠床で漬けられた、「お新香」は、
糠漬けよりも柔らかい風味に仕上がり、これも美味しい~

10-3-12 揚げそばがき

さらに、周りがカリカリ、中がとろ~りとした「揚げ蕎麦がき」。
「そばがき」も良かったけど、これは、又いいな~

と、すっか~り、お料理にお酒を満喫し…
最後にお願いする、「せいろ」そば。

10-3-12 せいろ

陶器の器に盛られた十割の蕎麦は、エッジの鋭い、端正に切り揃った細切り。

10-3-12 せいろあぷ

瑞々しく輝く蕎麦を手繰り上げると、うれしくなる鼻孔を掠める蕎麦の香り。

10-3-12 せいろたべ

口に含むと、きりっと〆られた感触に、しっとりとした腰が心地いい。
噛みしめると解けるように溶けながら、じわじわと広がる香ばしい味わい。

するりと落ちる喉越しが、飲んだ後に実に爽やかで、
その後で、ふっと感じる優しさある蕎麦の味わいがたまらなく…

温もりに優しさ、そして蕎麦の気高さをも感じられ、
ああ、やっぱり、「くりはら」さんの蕎麦は美味しい~love.gif

10-3-12 蕎麦湯

と、するすると食べ終え、そっと出される蕎麦湯は、陶器の器で。
優しく白濁した熱々蕎麦湯を汁に注ぎ入れ、すぅ~っと伸びる汁の旨さを実感。

美味しくて、楽しかったな~…と、余韻を噛みしめながら
ゆっくり、たっぷりと頂く蕎麦湯 futt.gif

木々の温もり溢れた空間の中での、このひと時。
にこにこと始終もてなして下さる、ご主人。

本当にご馳走様でした~hahha.gif

金土日だけというのが、残念だけど、又訪れたい…
と、心に思いながら、皆さん、ありがとうございました niko.gif




*お品書き
盛り蕎麦 1,000円(手挽き10割そば)

粒蕎麦味噌和え、蕎麦豆腐、蕎麦刺身、板わさ、お新香、大和芋、ひじき煮 400円、珍味三種盛り、そばがき 500円、揚げそばがき、厚焼き玉子、平飼い鴨利久煮、春巻き二種 600円、
エビス生ビール 500円、「鶴の友」上白 600円、純米 700円、特撰吟醸 800円


10-3-12 品 蕎麦粉
「手打ち十割蕎麦 くりはら」

世田谷区北沢4-16-10
03-3466-7980
(金)   18:30~22:30
(土・日)11:30~15:30 / 18:30~22:00
禁煙



2008年 9月27日 友人達とひじき煮、そば豆腐、大和芋などたっぷり堪能
2008年 2月 3日 「蕎麦豆腐」「出汁巻き」「揚げそばがき」などなど
2005年11月18日 初めての訪問、「蕎麦刺身」にせいろを堪能
関連記事
トラックバックURL

http://chibiyukarin.blog4.fc2.com/tb.php/1528-a684e7fa

◄ prev next ►