FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    西国分寺 「山泉」
    2010年06月14日 (月) 21:37 | 編集

    国分寺での所用を済ませ、ふと思い立ち一駅先の西国分寺へ。
    何度か近くまで来ていながら、久しく頂いてなかったご主人の蕎麦に会いたくて…futt.gif

    西国分寺駅から大通りの交差する泉町程近く。
    梅雨入りした今日は、さめざめとした雨が降り注ぐ昼下がりに、
    しっとり素朴な佇まいで、大通りに面しても静かに佇んでいる。

    10-6-14 店

    西国分寺 「十割手打ちそば 山泉 さんせん

    扉を開くと、すぐ待っていてくれたように迎えて下さる女将さん。
    お昼もどっぷりすぎた2時すぎ、他にお客さんのない静かな店内に通され、
    今日もテーブル席に座り、ふっと見渡す店内が、なんだか懐かしい…futt.gif

    10-6-14 店内

    「山口瞳」の書が掛けられた小上がりの席の向こうには、打ち場が見渡せ、
    飾り気のないお店は、実直なご主人のお人柄のよう。

    10-6-14 品 張り紙

    すぐに出されたお茶を頂き、今日はもう用事も澄んだので…
    横殴りの雨に打たれてきた体がしんしんとして、まずは熱燗をお願いし、
    前にぺたぺた貼られた品書きの中から、「とりわさ」を。

    10-6-14 酒

    しばしして、「とりわさ」と共に、きちんと燗してくれたお酒が目の前に出され、
    おずおずと注ぎ、そっと口にすると、ふわりと柔らかい口当たり。

    思わずお聞きすると、喜多方のお酒「弥右衛門」というお酒だそうで
    後からじわじわとじっくり旨みが広がり、これは美味しい…m001.gif

    10-6-14 とりわさ

    「とりわさ」は、美しいとりささみに三つ葉が盛られ、たっぷりの山葵がうれしいなぁ。

    10-6-14 とりわさあぷ

    添えて出された醤油をたらりと垂らして、ざっくりと混ぜ頂くと…、
    ふっくらとした鶏肉に、山葵に三つ葉、それにちぎり海苔が香ばしく、
    これがこの熱燗にとてもよく合う。

    しっとりとした雨の昼下がり。
    こうして、静かな空間を独り占めして、ゆったりとお酒を口にする、
    ん~…、これも又いいなぁ~futt.gif

    …と、ふと、ざらりざらりと奥から音が聞こえ、ふと顔を上げると、
    小上がりの奥の打ち場でご主人が蕎麦の実を選別しているよう。
    その真剣な姿が何とも言えず、久しぶりに頂く蕎麦への想いが募ってくる。

    10-6-14 品 そばアプ

    その音をBGMに、ゆっくりと蕎麦前を楽しんで、そっと開く品書きの蕎麦は…

    これこれ、ここはご主人が丁寧に石臼を回し挽いて打たれるすべて「手挽き」。
    今日は、初めて頂いた時の感動を思い出し、「むき実手挽き」の「せいろ」を注文。

    10-6-14 そば

    頼むとすぐ、もり汁の入った猪口に薬味が置かれ、
    続いて、年季の入った蒸篭に盛られ、蕎麦が出される。

    10-6-14 そばあぷ

    久しぶりに目のあたりにするこの蕎麦の、この美しさ…bikkuri.gif

    艶々と輝きながらも、力強い切り口に、その一本一本に埋め込まれた蕎麦の粒々。
    むき実の透明な欠片に、様々な色合いの粒が浮く姿に、思わず見入ってしまう。

    10-6-14 そばたべ

    北海道日高の蕎麦とお聞きしながら、手繰り上げると、
    自ずから放つ、清々しい香りの後に追ってくる、香ばしい香り。

    口に含むとしっとりとした腰を感じ、その後に感じるざらりとした粒の感触。
    これがもうたまらなく、噛みしめるとじわじわと広がる蕎麦の味わい。

    ああ…、やっぱり、これは美味しい…love.gif

    10-6-14 薬味

    そのまましばし手繰り、とろりと濃厚な甘さを控えた汁を、
    ほんのちょっと先だけ浸し手繰ると、ぐわんっと蕎麦の風味が増す。
    口の中で広がる甘みを感じながら、もう夢中で手繰ってしまう buchu-.gif

    見ていて下さる女将さんの配慮の元、頃合いぴたりと出される蕎麦湯は、
    細工なしの、そのままさらさらとした熱々のもの。
    これを濃厚もり汁に何度か注ぎ入れ、ゆっくり頂いて余韻に浸っていると…

    ふっと暖簾の奥から、ご主人が顔を出して下さり、しばし蕎麦談義。
    うれしいな、覚えていて下さったんだ…ase.gif

    あったかく、それでいて蕎麦に対する情熱は人一倍のご主人。
    まだまだお話ししたいところに、すっとお客さんがいらっしゃり…
    又来ます、と言葉を残してお店を後に。

    ご馳走様でした~ hahha.gif

    やっぱり、ここの蕎麦は美味しい。
    毎日でも食べたいなあ、などと思いながら、雨降る中心満たされ駅まで…
    でも、女将さんはやっぱり固いなぁ~(^^;



    *お品書き
    せいろ 700円、田舎そば 800円、天ぷら付せいろ 1,350円、鴨汁とせいろ 1,250円、ごま汁とせいろ、おろしそば、冷きのこそば 950円、焼きなすそば 1,050円、きのこそばセット(そばの芽サラダ、きのこそば、そばくずもち)1,400円、天麩羅そば 1,350円、鴨南蛮 1,250円、きのこそば 950円、かけ 700円、(うどんもあり)

    天麩羅もりあわせ 1,250円、穴子の天麩羅 750円、鴨焼き 750円、鴨の燻製、豚角煮 550円、そばの芽サラダ、鶏わさ、お新香、たたきのり、きのこおろし 500円、そばがき 900円、他季節メニュー
    エビス小瓶 350円、中瓶 550円、燗酒、弥右衛門 500円、今月の酒 650円



    10-6-14 店ドア
    「山泉(さんせん)」

    東京都国分寺市西元町2-17-16
    042-327-7400
    11:30~15:00くらい(そば仕舞)
    木・第2水休
    禁煙 P2台




    2007年12月 4日 「田舎そば」
    2007年 8月20日 「とりわさ」に「せいろそば」
    2005年 9月21日 ビールで「にがうり」、「せいろそば」
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    よしの様
    えー、分かりたくないです…(:_;)
    ご無沙汰しちゃってたから、たから、
    すごくすごく残念です。

    行ってみます!
    ご主人にお会いしたいです。。
    2012/12/08(土) 11:45:11 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    プラ様
    えええええええええええええええ~っっ
    ものすごく、ショックです!
    すぐ、行ってきます!

    お知らせ下さり、本当に本当にありがとうございました。
    2012/12/08(土) 11:43:43 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    そうなんですか
    分かるような、分かるような、
    分からないような、分からないような、
    分かりたくないような、分かりたくないような。。。

    これは、あれでしょうか、。。。

    「諸行無常」

    に通じるような。。。

    あの。

    行きたいけど、行けません。。。

    諸行無常、諸行無常、諸行無常。。。

    PS.(潮さんには、さほど行きたいとは思わないんですけど...
    2012/12/07(金) 22:14:04 | URL | よしの #-[編集]
    今月で閉店
    今月いっぱいでお店をたたむそうですね。
    長年美味しいお蕎麦をありがとうございました。
    2012/12/07(金) 18:53:48 | URL | ブラ #-[編集]
    ぷらね様
    うふふ、一瞬、 σ(・・*)なんて思ってしまいましたが、ぷらねさん♪

    そうでしたっ、
    そうでした…

    喜多方は、そうそう、、「ら志久庵」!
    今更ながら、じ~んと感動してきちゃっています。
    そうなんです、絶対にもう一度足を運びたいと思っていた矢先の、泉岳寺のお店の閉店。
    とても残念で、別の場所ででも、又やって欲しいと思っています。
    本店、喜多方の方も、改装しているそうだし…

    私も気になって仕方ありません。。
    2010/06/16(水) 09:55:27 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    ごめんなさい!!
    先ほどの「ぷ」は、わたくし「ぷらね」
    でした・・・・。
    失礼致しました・・・・。
    2010/06/15(火) 19:58:02 | URL | ぷらね #-[編集]
    大和川酒造
    yukaさん、ご無沙汰しております・・・・。
    “弥右衛門”というお酒は、大和川酒造さんで作っているお酒ですよね。
    そして、大和川酒造と言ったら、「ら志久庵」ですよ!! 
    元々は、喜多方にあったお蕎麦屋さんだったんですよね。
    しかし、今は泉岳寺にあったお店も閉店されたようで・・・・。
    その後、どうなされてるのでしょうか?
    私は、泉岳寺のお店では食べた事がないのですが、喜多方で食べた時の美味しさが忘れられません。
    その後が、非常に気になります・・・・。
    2010/06/15(火) 19:55:51 | URL | ぷ #-[編集]
    辛汁様
    久しく訪れてなかったので、きちんと行って報告しなければ…、などと思ってしまって。

    半煮えではないですよ。
    「しっとりとした腰」ですもの…。

    農家さんから取り寄せる蕎麦を選別して、ヌキ実で挽いていらっしゃります。
    詳しいお話はご主人にお聞きになってみては…。
    なかなか粗いですよ (。≖ิ‿≖ิ)
    2010/06/15(火) 10:22:20 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    燻製道士様
    ありゃりゃ、皆さん、しっかりご覧になっているんですね~(^^:

    でも、確かに蕎麦は旨いっ。
    ご主人もにこやかで温和で大好きです。

    潮さんのランチにも惹かれますが、山泉さんの蕎麦も魅力いっぱいで…
    どうしてこんなに近いのかしら(^^;
    2010/06/15(火) 10:16:59 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    よしの様ぁ
    (^^;
    やっぱり、相変わらずでした。
    途中、お店の前で雨宿りしながら遊んでる下校中の小学生に
    「お店やってるからダメ」とぴしゃり、の場面もあり・・・。さすがでした(^^;。

    私も久々にいただいた、ご主人の手挽き。
    やっぱり、この蕎麦はいいですね。
    そばがき、まだ頂いていないです。
    ぜひ食べてみたい…。

    よしの様もトム臼を♪
    そうそう、粒粒がとっても甘くて、芳ばしいんですよね。いいなぁ、私もほしくなってしまいます。<トム臼
    2010/06/15(火) 10:15:20 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    生にえ
    固いのは 生煮えなのか?
    狙ったコシなのか?(笑)
    その様に打ったのか?

    敵情視察ありがとう御座います
    2時ごろでも大丈夫だと安心しました。

    くりはらの石臼の出どころなので興味がありました。

    写真では中?粗い程度のそばに見えますが・・
    ヌキミの粗挽きであることは
    十二分に 遠征の価値ありと思いまする。

    楽しみ楽しみ、、、

    2010/06/15(火) 09:03:22 | URL | 辛汁 #phHF4o9M[編集]
    最後の一文、よくわかります(笑)
    でもお蕎麦はおいしいですよねー。

    潮さんとどっちにいくか、
    いつも迷ってしまいます。
    2010/06/15(火) 08:02:48 | URL | 燻製道士 #klq26XPE[編集]
    でも、やはり
    >女将さんはやっぱり固いなぁ~(^^;

    これで「山泉」さんらしさが余計に強まるのかもしれませんね(笑

    当店の手挽きせいろ、久しぶりに手繰りたくなりました。

    こちらの蕎麦掻きも、確か注文を受けてから石臼で手挽きしてくれます。是非お試しを。

    菊谷さんの粗挽き蕎麦掻きのまねをして、当方もやってみました。
    トム臼でかなり荒く挽いて、加減を見ながら火に掛ける。
    粒々がとっても甘~くなるんですね。気に入りました。
    2010/06/15(火) 01:28:57 | URL | よしの #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >