FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    八王子 「小平」
    2010年06月22日 (火) 22:16 | 編集

    前に薦められ行ってみたいな、と思いつつ行けずに、いつしか早2年。

    ひょんな事から又その話が出て、予定がぴたりと合った今日、
    朝方の仕事を済ませ…、素敵な青年にエスコートされお店へと niko.gif

    八王子駅前の賑やかな商店街から甲州街道に入り、さらに折れた路地沿いに…

    10-6-22 店よこ

    品よく植栽の植え込まれた、上品な日本家屋が見えてくる。ここが…hahha.gif

    10-6-22 店

    回り込んで正面に向かったお店は、破れ暖簾が何とも風情溢れた佇まい。
    その暖簾の端には、「創業明治四十三年」の文字が書かれ、
    明治とは、すごい…と感心しながら、暖簾を潜る。

    八王子 「つるつると蕎麦 小平」


    扉を開き入った店内は、何て素敵な和の空間 hahha.gif

    ふと背筋が伸びるような、格調高い落ち着いた空気が静かに流れ、
    手を抜いたところなど一切ない、完璧な和の良さが隅々まで行き渡っている。

    10-6-22 店内2

    思わず見とれ、ふと下を見ると、
    入口すぐの場所には、小さな池が作られ錦鯉が泳いでいる遊び心があり…

    10-6-22 蕎麦猪口2

    計算され作られた飾り窓には、素敵な蕎麦猪口が美しく並べられ、
    まるでステンドグラスのような、素敵なインテリア。

    10-6-22 店内飾り

    午後2時になろうかという昼下がり、他にお客さんはなく、
    着物姿の女将さんににこやかに通され、奥のテーブルに腰を下ろすと、
    この静かな空間に、途端にすぅ~っと心まで癒されるよう futt.gif

    一人そっとここに座り、静かにお酒を前に本など広げたりしたら、
    何時間でも居たくなってしまうだろうな~…などと、感じながら、

    10-6-22 ビール

    ムシ暑い中歩いてきたので、まずはビールで「お招き」に乾杯~

    10-6-22 品料理10-6-22 品料理2

    喉も潤いほっとしたところで品書きを手にすると、きれいに写された写真入り。
    蕎麦屋の定番つまみに始まり、フレンチを思わせる品書きが並ぶ中から…

    10-6-22 漬物

    まず出されたのは、大根の浅漬け「すずしろ漬け」。

    10-6-22 豆腐

    さらに、ウニ風味サラダ仕立ての「おぼろ豆腐」。
    盛り付けも美しい一皿で、豆腐の上に千切り大根が盛られ、

    10-6-22 豆腐アプ

    その上には贅沢にも、雲丹にキャビアまで乗っている
    大豆の味わいが濃い豆腐に、濃厚な雲丹、それに上品なドレッシングが絶妙で…

    10-6-22 品酒

    これは、やはりお酒で頂きたい、と中から「菅名岳」を選ぶと、
    「杉でよろしいですか?」と聞かれ、出された酒器に杉の猪口。

    10-6-22 酒

    注ぐのも楽しく、すっきりとして爽やかなお酒は、杉の香りがふわ~り漂い、これも風流。

    10-6-22 品料理5

    改めて見ると、酒器にこうした配慮が書かれているなんて、いいなぁ futt.gif

    10-6-22 まぐろ2

    続いて…、散らされた土佐酢ゼリーが美しい、「まぐろづけ香草添え」。

    10-6-22 まぐろたべ

    まったりとろりとした鮪に、さっぱりとしたこのジュレがとてもよく合い、
    ほんのりと香る香草が風味を加え、これは美味しい~love.gif

    10-6-22 掻き揚げ

    さらに、海老にアーモンド、野菜の「掻き揚げ天ぷら」。

    10-6-22 掻き揚げたべ2

    さくっさくの掻き揚げで、海老の旨みにアーモンドが香ばしく、
    塩で楽しみ、天つゆでしっとりとした衣を楽しみ、お酒のお代わりを。

    すべて新潟のお酒だけで統一して揃えているそうで、
    「郷越後」、「福扇」、どれもが清らかで美しい、新潟独特の淡麗なお酒。
    それでいて、それぞれの旨みが異なり、味わうのが楽しい。

    10-6-22 燗酒

    最後には、「野積杜氏」を熱燗で…。この陶器のお猪口がとっても素敵 heart.gif

    10-6-22 鳥わさ

    と、これに合わせて頼んだ「鶏わさ」も。

    10-6-22 鳥わさ食べ

    予め山葵醤油で和えて出された鶏わさは、しっとり柔らか。
    山葵の風味に白髪ねぎ、それにじわ~り広がる、鶏の旨み…

    と、美しく、繊細で上品な味わいに、すべてのお料理に魅了されてしまう。

    中休みのないお店ならではの、のんびりと寛げるのもうれしく、
    すっかり心から満喫し…、そろそろお蕎麦を頂く事に niko.gif

    10-6-22 そば

    頼むと程なく出された、「もりそば」。

    10-6-22 そばアプ

    すべて更科で打たれているとの蕎麦は、美しく輝く純白の細切り。

    10-6-22 そばどあぷ

    切りムラの一切ない端正に断たれた蕎麦は、神々しいまでの美しさ。

    10-6-22 そばたべ

    そのまま口に含むと、しなやかな心地のいい腰があり、
    噛みしめるとほろりと解け、するりと落ちる軽やかな喉越し。
    何度か手繰っていると、ふわりと蕎麦の甘みが口に広がる。

    更科はあまり食べないのだが、優しく繊細な上品な蕎麦で、
    これは、美味しいな~futt.gifと、するすると手繰ってしまう。

    まろやかでしっかりと出汁の引かれた、やや濃いめの汁が又よく合い、
    蕎麦先をちょっと浸し頂くと、ぐんぐんと甘みを深めてくる。
    飲んだ後に心地のいい爽やかな蕎麦で、手繰っていたらあっと言う間に…。

    10-6-22 蕎麦湯

    頃合いみて、すっと出された蕎麦湯は、別に作られた白濁したもの。
    注ぎ入れ頂く汁が、本当に美味しくて、これもたっぷりと頂いて…futt.gif

    10-6-22 メロン

    しかもうれしい、最後にお茶に、デザートのメロンのサービス heart.gif
    フレッシュで、食べ頃ピタリの甘いメロンが美味しくて…
    心から満喫し、堪能しきった午後のひと時。

    心落ち着く、和の空間で頂ける繊細なお料理に、新潟の地酒。
    最後に、さらりと手繰れる更科蕎麦…
    いいお店だなぁ、と感じながら、女将さんの頬笑みに見送られお店を後に。

    ご馳走様でした~hahha.gif

    素敵なひと時を思い出しながら、電車に揺られ夢の中へ…



    F君、ありがとうございました~hahha.gif


    *お品書き
    もり 850円、もり重ね 1,450円、つけとろ、おろし 1,050円、掻き揚げ天もり、鴨せいろ 1,630円、かけ 850円、山かけ 1,100円、にしん 1,380円、掻き揚げ天ぷらそば 1,630円、天ぷらそば 1,900円、

    美味サラダ 680円、おぼろ豆腐 650円、まぐろづけ香草添え 850円、地鶏の山椒焼き 650円、鴨焼 1,050円、にしん棒煮 700円、とりわさ 650円、たたみ鰯雲丹のはさみ揚げ 650円、車海老と野菜の天ぷら 1,300円、掻き揚げ天ぷら 850円、野菜の天ぷら 900円、山芋磯部揚げ 650円、玉子焼き、板わさ、よせゆば 650円、すずしろ漬け 500円

    野積杜氏 650円、菅名岳 750円、郷越後 850円、福扇 900円など



    10-6-22 暖簾アプ
    「つるつると蕎麦 小平」

    八王子市横山町20-10
    042-642-0940
    11:30~21:00(土日祝)~20:30 
    (第4土曜15時閉店)
    木曜定休
    禁煙




    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    えんじゅ様
    残念~っ、私もどうして第4土曜日が…、と思っているのですが、そうなのかもしれないですね。

    是非、あの空間で憩うえんじゅ様を、お聞きしたいです。

    本当に、この暑さ、まさに夏!という感じですよね、今年は…。
    駅からお店に行くまでの道のり、今まで以上にお店を恋しく歩いている今日この頃です。
    2010/07/25(日) 18:21:28 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    八王子の美術館に出向いたので
    この蕎麦屋で食事(もとい酒を)とたくらんでいたのですが
    午後 出かけがけにふとカレンダー見たら
    第4土曜日だった・・・・っ

    でも 行ったついでに 夕方場所だけ確認。

    いい雰囲気の店構え 頭に浮かぶはYukaさんの
    店内の写真。

    蕎麦猪口の並ぶ窓の奥からは かすかな灯りがもれ、
    中から朗らかな笑い声がもれてくる。

    第4土曜日は内輪の食事会でもなさっているのかな?

    涼しくなったら郊外の公園散歩ついでに立ち寄ろうと
    心に決めました。

    帰りは 準特急臨時停車の布田駅下車。
    多摩川の調布花火大会を楽しみました。

    昼の暑さと言い 花火といい
    いやーすっかり夏ですね。
    2010/07/25(日) 01:15:34 | URL | えんじゅ #-[編集]
    しのぶ様
    あ、あの鮪ですね♪
    この、出汁ジュレが、いいんですよね(^^)。
    おぼろ豆腐もいいですよ♪。キャビア載せてる豆腐なんて、ここにしかないかも、です♪

    2010/07/11(日) 06:57:43 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    今回は
    マグロを頂いていましたぜ(  ̄▽ ̄)b
     
    他にもいろいろと頂いていましたよ。
    今度はおぼろ豆腐を狙ってまw
    2010/07/11(日) 01:17:03 | URL | しのぶ♂@ #-[編集]
    キャミパン 様
    こちらこそ、ご紹介して下さった上、おつき合い下さり、ありがとうございました。

    素敵なひと時でしたね…(u_u*)~

    CPがどうのよりも、この空間は価値あるもの。
    今度は、今回伺った楽しかったひと時を胸に、文庫本を携え伺いましょう。
    2010/06/27(日) 23:59:49 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    しのぶ様
    フットワーク軽いですね~。

    ここは一人でもしっぽりできそうで、それもいいなぁ、なんて思ってしまいました。
    でも♪
    私は、素・敵・なデートしちゃったもんっ
    です(^^)
    2010/06/27(日) 23:56:56 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    楽しい時間をありがとうございました
    本当にうれしい時間でした。

    あのゆっくりとした時間を味わえるお店はなかなかないと思います。

    CP高めと評されることも多いようですが、あの「時間」はお金を払っても味わうべきだなぁ~と考えてしまいます。

    文庫本を片手に出かけましょう!!
    2010/06/27(日) 23:00:43 | URL | キャミパン #-[編集]
    早速。。
    伺ってきましたわd(^_^o)

    あの空間はひとり昼酒には
    ちょぃ贅沢やね。

    料理はホントに美味しかったです。
    きっとまた訪れちゃいますわww
    2010/06/27(日) 00:58:27 | URL | しのぶ♂@ #-[編集]
    しのぶ様
    さすが、オススメだけあって、とてもよかったです。新潟地酒で固めるのも又面白く、お料理がとても美味しかったです。

    しかも、この空間。
    これは、是非一度は…(^^)。
    2010/06/25(金) 07:57:15 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    あいやぁ~。。
    これはまた素晴らしいねぇ(  ̄▽ ̄)
     
    中休みがないのもステキやね。
    これは訪れてみないとだわ。
    2010/06/25(金) 00:46:58 | URL | しのぶ♂@ #-[編集]
    ひぐらし様
    本当に、どこか茶道に通じるような、これ程きちんとした店内は、なかなかないように思え、それでいて、寛げる空気がよかったです。

    私の頂いたお蕎麦は、純白だったので、変わったのかしら?
    確かに、「白雪」の名前を使っている、と、言う事は・・・(^^)。
    2010/06/24(木) 21:20:21 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    歌詞が間違ってた・・・
    レロンレロンシンタ~♪パパイヤの木が~
    でした
    どこでメロンになっちゃったんだろ
    顔からファイヤーバードが出そうです

    ちなみに小学校で習ったフィリピン民謡です
    2010/06/24(木) 10:48:19 | URL | ☆まがり★ #-[編集]
    私も以前に何回か行ったことがあります。
    小洒落た・・・どころではなく、
    大いに赴きのある店構えですよね。
    前はお蕎麦に若干色がついていたように思え、
    卵水打ちかな・・・とも思いましたが、
    更科ではなく『しらゆき』と書いてあるのでしたら、
    ○茶庵で修行なされたのかもしれませんね。

    いずれにしても、雰囲気の良いお店です。
    2010/06/24(木) 08:57:15 | URL | ひぐらし #4JcWZNxE[編集]
    little_reo(元漁師) 様
    そうでした!
    更科では、なく、「しらゆき」。
    やはり・・・・、初めから手打だったのかしら?(明治から?)などと思っていたので、今度行った折にでも、歴史を聞きたいなぁ、などと思った次第。

    10歳以下お子様お断り
    すぐ目につきました(扉に貼ってあるんですもの~)、で、さらに緊張した気持ちにも。
    でも、あの空間だったら、それも仕方ないかも、と思ったりもしました…。
    2010/06/23(水) 21:49:43 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    よしの様
    知ってはいたのですが、「更科のみ」で、今まで行かず仕舞でした。
    あの雰囲気は、でも、いい、ですよ、ね~…(u_u*)~

    そうそう、「どこにいるんだろう」気分に浸れます。
    少々お高いので、ちょくちょくというわけにはいかないですが、時折、ふっと行きたい空間と、思いました。
    (池、落ちた事、あるんですか~??笑)
    2010/06/23(水) 21:47:04 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    まがり様
    そ、その歌…
    知らないです~。。
    2010/06/23(水) 21:44:13 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    しらゆき
    ついに行かれましたか。(^。^)
    先代のころは、川向こうまで出前もする町蕎麦屋さんでしたが、
    ビルに建て直してからは、今のご主人がまるで道楽で始めたような
    お店になりましたが、蕎麦に関しては相当修行されたのでしょうか、
    しっかりした技術を感じます。
    さらしなとは言わず、しらゆきでしたか?真っ白な細くてまるで冷麦
    のようなお蕎麦は、私には上品過ぎるのと、気がつきましたでしょうか
    「お子様お断り」の張り紙に。
    小さな子供はおりませんがどうも暖簾が重たく感じてしまい、自宅から歩いて
    10分程度なのに、年に1~2度潜るかどうかです。
    でも、素敵なお蕎麦屋さんですよね。

    2010/06/23(水) 14:52:06 | URL | little_reo(元漁師) #yUhqZQVU[編集]
    独特の
    雰囲気でしょう?(笑

    私もあそこには3回くらい行ったけど、独りポツネンか、
    ちょっとワケあり?風のカップルだけとか(笑

    蕎麦は更科しかないのがちょっとね・・・

    でも、(値段を気にしなければ 笑)品数も豊富で、
    「どこにいるんだか忘れるような気持ち」になれる。(笑

    酔って玄関先のお池にはまらないように注意!ですかね。(鯉が驚く;;
    2010/06/23(水) 14:35:40 | URL | よしの #-[編集]
    メロンうまそ
    去年、さくらんぼ狩りに言ったら
    お土産にメロンを一人一玉いただいたなー
    あれは美味しかった
    しかし、メロン画像見てたら頭に浮かんだのは
    「メロンメロンシンタ~♪」
    って出てきたが歌詞の続きが思い出せない
    あれ~検索してもなかなか出てきません
    2010/06/23(水) 13:11:22 | URL | ☆まがり★ #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >