FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    拝島 「みのり」
    2010年07月14日 (水) 22:19 | 編集

    昭島に所用があり、何とか昼過ぎに済ませた帰り道…
    乗り変えついで、開店当初に伺ったきりだったお店でお昼を食べて行こう~niko.gif

    と拝島駅南口をから歩きつつ、この前は雪が舞っていたんだった…
    などと季節の移り変わりをしみじみ感じていると、程なく、

    10-7-14 店

    通りに面して、壁一面純白の、壮麗なお店に辿り着く。

    拝島 「手打ちそばの店 soba みのり」

    どこか厳かな気持ちを感じつつ、入口へと近づくと…

    10-7-14 品そと

    食べてみたいと思っていた、「平日のランチセット」の品書きが置かれてる hahha.gif

    横に石臼の置かれた打ち場が作られた、ガラス扉を開き、

    10-7-14 入り口

    素敵な写真の飾られた、ギャラリーのような白い廊下を抜け入ると、
    ぱあっと広がる、どこか神聖な心地感じる、純白の広々と空間。
    後ろには柔らかく奏でるアコースティックミュージックが流れ…futt.gif

    10-7-14 店内

    昼時とっぷりと過ぎた2時になろうとする時間には、他にお客さんがなく、
    今日は、贅沢にテーブル席を選び腰を下ろす。

    程なくお絞りにお茶が出され、早速表に出ていた「ランチセット」を頼んだら…
    なんと、すぐ後に入って来たお客さんで終わってしまったとの事。
    (早く頼めばよかったよう~hanamizu.gif

    気を取り直し、この空間にしばし浸りたく、お酒のリストの中から「黒帯」を。

    10-7-14 品ツマミセット

    頼んでから、じっくりと品書きを眺めながら待っていると…
    これもいいなぁ、夕方からの「おつまみセット」kire.gif

    三点盛りに舞茸の天ぷらがつく、ランチセットも食べてみたかったけど、
    これを頂きに来るのもいいなぁ、などと思っていると、

    10-7-14 酒

    この空間によく似合う、すっきりとした酒器に注がれお酒が置かれる。

    10-7-14 酒あて

    充てには、前回頂いてちょっと感動した、「蕎麦の実入り山葵漬け」。

    10-7-14 品まいたけ

    それと、何かお料理も…と、食べられないとなると、さらに食べたくなって、
    品書きから、檜原産の「舞茸天ぷら」を選び注文。

    10-7-14 まいたけ

    ちりちり…と、揚げる音を遠くに聞きながら、程なく出された「舞茸天ぷら」。
    粗塩を添えられ、大ぶりの立派な舞茸が5つも盛られて。

    10-7-14 まいたけたべ

    さすが檜原の舞茸、身厚でじわりとエキスが染み出るジューシーさ。
    さくさくっとした揚げ具合もよく、塩で楽しみ…

    10-7-14 まいたけつゆ

    天つゆでも食べてみたくて、お願いして出して頂き、
    これに浸し、衣をしっとりさせて食べるのが、又お酒に合う醍醐味。

    と、この心地のいい空間で、ゆっくりと舞茸で黒帯を楽しんで…
    お蕎麦は、「季節の蕎麦」の「胡麻豚汁そば」もちょっと気になったが、
    今日はさっぱりと蕎麦を手繰りたく、「もりそば」を。

    10-7-14 もりそば

    茨城県筑西市の蕎麦、九一で打たれた蕎麦は、薄いグレーの丹精な細切り。
    手繰り上げると、干し草のような香りがふわり。

    10-7-14 もりあぷ

    口に含むと…、ん?今日はちょっと柔らかい?
    前回はぴしっとした腰があったので、今日はたまたま、かな。
    わずか数秒、ちょっと引き上げるのが遅れたかのだろうか…。

    とは言え、飲み込んだ後には、蕎麦の香ばしい風味が広がるし、
    もうちょっとしゃきっとして、締りがあれば…と、
    まろやかで蕎麦と合致するもり汁も、美味しいだけに、残念でたまらない u-n.gif

    さらさらとした蕎麦湯は、きちんと頃合い見て出して下さり、
    又、是非違う日に伺い、改めて食べてみよう…と、思っていると、

    10-7-14 コーヒー

    これは、うれしい、ランチセットは終わってしまったけど、
    平日ランチには、すべてに付くとのコーヒーサービス heart.gif

    食後にコーヒーが頂けるのは、うれしい限り、これをゆっくり味わって…
    ご馳走様でした~hahha.gif

    花番さんも、丁寧に応対して下さったのも気持ちよく、
    涼しい日にでも、やっぱり気になる「胡麻豚汁そば」を食べにこよう~futt.gif



    *黒帯 500円、舞茸天ぷら 450円、もりそば 700円


    10-7-14 産地
    「手打ちそばの店 soba みのり」

    昭島市緑長4-17-15
    042-546-2270
    11:30~15:00 / 17:30~21:00
    火曜・第三水曜定休
    禁煙

    お店のHP



    2010年 2月13日 「栃尾の油揚げの葱味噌焼き」で熱燗、「舞茸ペペロン蕎麦」

    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2011/01/18(火) 00:39:31 | | #[編集]
    えんじゅ様
    まあっ、又新しいメニューが増えているようで、私も行きたくなってしまいました。
    えんじゅさんのウォーキングもすごいですね♪。
    猛暑も抜けた頃だし、私もポタポタしつついってみようかしら(^^)。

    あの雰囲気、素晴らしいでしょう♪
    2010/09/27(月) 09:10:43 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    豚角煮汁蕎麦でめざせ羽村堰
    ウォーキングで部分的に歩いたことのある
    玉川上水。

    が まだ起点の羽村堰には行っていない。
    と言うことで計画していた
    拝島から多摩川へ出て上流羽村への自主ウォーキング。

    でも本命は お昼はこちらでいただくこと・・

    うれしいことに日曜日は中休みがないので
    ゆっくり昼から出かけても間に合う。

    で 歩く前のエネルギー補給で
    「ごろんと入った豚角煮汁蕎麦 」を
    ・・・実は きのこのバターソテーと書かれている
    「キノコとじつけ汁蕎麦」も迷ったけれどやはりお肉っ! 

    おいしかったし お店の雰囲気も良かったし
    気候も涼しく 土手には彼岸花があちこちに

    yukaさん 自転車でさっそうと走り抜ける人も多かったです。
    2010/09/26(日) 22:27:24 | URL | えんじゅ #-[編集]
    gun様
    おっ、スルドイところを(^^)。

    はいっ、私は断然、味の素派です♪
    2010/07/18(日) 08:27:27 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    マヨラーって、味の素とキューピー、
    どっちが好きなんだろー?といつも思うんですが。
    2010/07/17(土) 21:02:38 | URL | gun #nEx7PFYA[編集]
    でしたら
    是非行って見てください
    8月の21,22日の土日です
    拙者は21日に行きます
    2010/07/17(土) 20:09:19 | URL | ☆まがり★ #-[編集]
    まがり様
    横田基地のお祭り…
    知りませんでした。
    でも、アメリカ~ンな雰囲気のお祭りを想像し、ちょっと行ってみたい感じです。

    ちなみに、私も密かにマヨラーだったりして…(^^;
    2010/07/17(土) 10:21:58 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    拝島
    こちらからはけっこー遠いので
    ほぼ縁が無いはずの土地だが
    去年、横田基地のお祭りに行って
    毎年、行くと決めたので
    今年も行きます
    お蕎麦なんか頂きたいが
    友人に一人「マヨラー」がおりまして
    立川の「マヨネーズキッチン」に一回行きたい
    って仰りなので今回はマヨの方優先かなー
    2010/07/16(金) 15:20:12 | URL | ☆まがり★ #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >