つれづれ蕎麦 
    新江古田 「じゆうさん」 氷結 「梅おろしそば」
    2010年07月27日 (火) 22:26 | 編集

    寒さにはめっぽう弱いけど、暑さは結構平気だと思っていたのだが、
    流石に今年のこの暑さに、夏バテしたのか、食欲があまりなく…

    こんな時こそ、あのお蕎麦、と…futt.gif

    10-7-27 店

    殺風景な目白通り沿いに、ひっそりとさりげなく佇む、
    素材からすべてにおいて拘りをしかと持った、気鋭のお店。

    江古田 「手打蕎麦 じゆうさん」

    お昼をちょっと過ぎた1時過ぎ、扉を開き入ると、
    先客一人のみのゆるりとした心地のいい空気流れる中、
    「暑いはね~」と、にっこり迎えてくれる女将さん。

    汗をぬぐいつつ、空いていたカウンターに腰を下ろし、早速手にするお品書き。
    何日か前に、ご主人のブログで始まった、と書いてはあったけど…

    10-7-27 品

    今日は、「あれ」が目当てで来たので、ちょっと心配しつつ目を通すと、
    あるあるあるある、盛夏限定、初めて食べた時からクギづになった
    「梅おろし」

    と、安心したところで…、このしっとりとした素敵な空間をしばし楽しみたく、
    「おすすめ」の中から、「喜久酔」を。

    10-7-27 酒

    程なく、陶器の片口に注がれ、ご主人デザインのグラスが出され…

    10-7-27 酒とあて

    注いでいる間に、うれしい充てが出される。

    10-7-27 さけあてあぷ

    自家製の「山葵漬け」。
    とろ~りクリーミィー、山葵がしゃきっと歯に当たる、絶品の「山葵漬」。

    10-7-27 とうふ

    それに…、「たたき海苔」とちょっと迷ったのだが…、
    「扇屋」の極上豆腐が食べたくて、頼んだお気に入りの「お豆腐」。

    10-7-27 とうふの湯葉

    上にこんもりと盛られた湯葉は、歯ごたえがあり濃厚な味わいで、
    しっかりとした豆腐は、口に含むとじわじわと広がる大豆の甘み。

    ああ、やっぱり、この湯葉に豆腐は美味しい…u-n.gif
    と、すっきりとした口辺りの「喜久酔」をしみじみ味わっていると、

    一人、二人、又お二人…と、ちょこちょこと訪れてくる心地のいい人の流れ。
    途中、気になったのが、隣に座ったお客さんが頼んだ「ひやにしん」。
    んっ、これも、とっても美味しそう…。

    などと煩悩膨らませつつ、私もお願いするお目当ての「梅おろし」。

    10-7-27 梅下ろし

    そうそう、これこれっ、待ちにまっていたこの姿 hahha.gif

    10-7-27 梅

    見るからに涼しげな、自家製梅干しを出汁で覆った、氷玉。

    10-7-27 おろし汁

    その回りを覆う冷かけ汁は、きんっとして清らかな琥珀色。
    それに浮かぶ、鬼おろしに、たっぷり散らされた茗荷の千切り。

    10-7-27 汁のみ

    まずは、汁をスプーンですくい口に含むと…、
    ああ、やっぱり、「じゆうさん」のこの汁、これは美味しい~futt.gif

    奥行き深いいくつもの出汁が絶妙な調和をなす、極上のかけ汁。
    薄過ぎず、濃過ぎず、じわ~っと体に染み入り、しばし何度かすくい味わい…

    10-7-27 そばたべ2

    そうろりと手繰り上げる蕎麦は、端正に断たれた細切りの蕎麦。

    これが…!なんって、もっちもっちとした心地のいい感触。
    まるで、もち米を延ばし断たれたかのような、この歯ごたえ。
    冷かけにするとぱきぱきっとした感触が多いのだが、このもちもち感…bikkuri.gif

    と、お聞きすると、山形で栽培された新潟の「とよむすめ」という蕎麦だそう。
    噛みしめるのが楽しい、このもちもち感がたまらなく…

    10-7-27 そばとおろし2

    おにおろしに、茗荷と共にほうばる蕎麦が、又旨いっ。

    10-7-27 梅割り

    そして、いよいよ、氷梅をスプーンで、崩し、
    じわじわと溶けて行くのを楽しむ、これとない楽しみ

    10-7-27 そばと梅

    溶けて行きながら、じんわりと梅の風味が溶け染み広がるり、
    さらに、じわじわと汁がさらに冷えてくる、この楽しみ。
    しかも、今年の梅干し、これが又美味しい…hahha.gif

    優しくまろやかな梅の酸味が実に上品で、
    それが、じわじわこの汁に染みていくのだから、これは、もう…love.gif

    10-7-27 そばあああっぷ

    手繰りあげ見る蕎麦が、あんまり美しくて、思わずうっとり。

    10-7-27 蕎麦湯

    頃合い見て出して下さる蕎麦湯は、熱々でとろ~り。
    そのまま飲んでも、蕎麦の風味が濃く、ああ、美味しい…futt.gif

    と、これもたっぷりと頂き、余韻に浸って行くうちに、
    なんだか、体もしゃきっとすっかり元気になった気分。

    ご馳走様でした~hahha.gif

    やはり、夏にこの「梅おろし」は欠かせない…と心底感じつつ、
    又ひとつ気になる「ひやしにしん」、これも食べてみたいな。





    *お品書き
    せいろ 787円、田舎そば 997円、おろし蕎麦 1,050円、とろろ 1,050円、天せいろ 1,890円、かけ 787円、天ぷらそば 1,890円など、

    玉子焼き、豆腐、焼きみそ、ぜんまい 各525円、板わさ 735円、棒にしん945円、牛すじ 630円、鰊と椎茸の旨煮 840円など
    生ビール 525円、菊姫山廃 945円、喜久酔 1,280円、都願 1,890円など



    10-7-27 ご馳走様
    十割蕎麦 手挽蕎麦
    「手打蕎麦 じゆうさん」

    中野区江原町3-1-4
    03-3951-3397
    11:00~14:30 / 17:00~21:00
    月曜休  近くにコインPあり
    禁煙

    ご主人のブログ


    2010年 4月15日 「かき菜のお浸し」、「葱鶏そば」
    2009年 8月14日 極上「おとうふ」、夏限定「梅おろし」
    2009年 5月23日 お料理をいろいろと、「手挽き田舎」を堪能
    2008年 7月23日 絶品、「氷結梅冷し」
    2007年 8月22日 五臓六腑に染みわたる 「氷結梅冷し」
    2007年 5月 8日 「鰊煮」に「山葵漬け」、「十割せいろ」
    2006年 7月 4日 片松葉で初訪問 「天麩羅」に「手挽きせいろ」
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント
    この記事へのコメント
    covatan様
    びっくりしました。
    そうだったんですね…。北海道に落ち着いたそうで、ちょっと遠いので寂しいです。
    でも、いつか北海道に行く時には、いろいろと教えて下さい。

    次に何をなさるのか、楽しみにしております。
    2010/07/30(金) 06:28:34 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    shin様
    何事にも、丁寧に真剣に作ってくれるお店です。
    目にも美しく、いつくしむように美味しいお蕎麦。
    shinさんも、夏限定なので、これを是非・・(^^)。
    2010/07/30(金) 06:27:05 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    夏向きですね~♪
    そんなこんなで札幌です!(^^)!
    3週間も経っていないのですが、こういう涼しげな蕎麦は魅力ですよね。
    札幌は寒すぎ(^_^;)
    器も素敵だし、スプーンとは面白い!
    こういう蕎麦は江戸ですね。
    2010/07/29(木) 08:10:56 | URL | covatan #-[編集]
    Beautiful
    肴も、そして器も、ガラスの銚子もきれいだね
    それに盛夏に美しい梅おろし、ほんとにきれいです
    こういうところ大事にしたいですね
    2010/07/28(水) 14:15:34 | URL | shin #ELD9pjOg[編集]
    まがり様
    氷を崩しやすいように、スプーンなんです。

    これは、絶品ですよー。
    それと、福島の「扇屋」のお豆腐、伊勢丹にならあるかもしれません。是非食べてもらいたいくらいの、美味豆腐です。
    2010/07/28(水) 11:40:03 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    おお
    濃厚な湯葉!
    いいですなー
    毎日が猛暑なので冷奴食べたくなった

    お蕎麦に銀色のスプーンが
    ビジュアル的に新鮮
    汁がうまそう見ててどきどきしてしまうま

    2010/07/28(水) 11:10:41 | URL | ☆まがり★ #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >