FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    賛:瑞穂町 「花蕎好」
    2010年07月31日 (土) 23:23 | 編集

    うめもん様から、「花蕎好」さんが、お店を閉められると教えて頂き、
    びっくりした共にとても寂しい思いでいっぱい hanamizu.gif

    彼もここはお気に入りだったので、話をすると「それは行こう!」。
    早速、最終日になる今日、一路お店へと新青梅を一走り。

    到着した早々、晴れていた空が急に曇り、突然のどしゃぶり

    10-7-31 店

    それでもこの佇まいを心に留めたくて、しばし眺め…、
    駆け込むように、扉を開く。

    瑞穂町 「手打ちそばうどん 花蕎好(そばよし)」


    入ると、やはり同じ心の方々で、店内は一席残して満席。
    今日が最後と…、名残惜しむようにお蕎麦を食べているよう。

    10-7-31 お知らせ

    その寂しくも、ここに集まった方々の気持ちが、暖かく店内に漂い、
    何とも言えない、優しい空気に包まれている… futt.gif

    10-7-31 品

    私も急いで靴を脱いで上がって腰をおろし、
    壁にかけられた、このほのぼのとした品書きをしっかり見つめ…

    最後なので、基本の「もり」に「掻き揚げ」をお願いする事に。

    10-7-31 そばきた

    程なく、ご主人自ら出して下さった、ふたつのお盆。

    10-7-31 そば大盛り

    彼の「大盛り」は、相変わらずの盛りの良さ、こんもりと盛られ…

    10-7-31 そば

    使いこまれた蒸篭に盛られた蕎麦は、柔らかい肌色の素朴な佇まい。

    10-7-31 そばあぷ

    ざっくりと断たれた切り口は、穀物感溢れ、ぴんっとして野趣さ感じる。
    手繰り上げると、ふわりと漂う、干し草を思わせる懐かしい香り。

    10-7-31 そばたべ

    口に含むと、しっかりとした腰が頼もしく、噛みしめるとじわじわと広がる甘み。
    洗練された、端正な、とは又違う、大らかで素朴な、温かみ溢れた蕎麦に、
    ああ、やっぱり美味しいな~…、としみじみと思ってしまう。

    10-7-31 掻き揚げ

    立派に揚げら得た大ぶりの掻き揚げも、さくっさくの美味し~い掻き揚げ。
    ぷりぷりとした小海老の味がたまらなく、人参の甘みがとても濃厚。

    ああ、もっと来て「かけ」も食べてみたかった、などと思いながら、
    「美味しいね」と二人、夢中で手繰ってしまう。

    最後にゆっくりと、ナチュラルに白濁した蕎麦湯を注ぎ入れ、
    これもしっかりと頂き…、その間にも次々に訪れるお客さん。

    「寂しくなっちゃうよ~」と言葉をかけている人や、あれこれ挨拶している方、
    このお店が、今までどんなにか愛されていたかが、伺えるよう。

    「今まで、ありがとうございました」
    女将さんに、ご主人も顔を出し、おっしゃって下さる言葉に胸がいっぱい。

    本当に…、ご馳走様でした。
    そして、お疲れ様でした…。

    ずっと、このお店の事、お蕎麦の事、胸に残していきます u-n.gif

    うめもん様、本当にありがとうございました…<(_ _)>。



    10-7-31 看板
    「手打そばうどん 花蕎好」

    西多摩郡瑞穂町長岡1-34-3
    042-557-2601 
    11:30~14:00
    月曜・第3日曜定休
    P2台+2台
    禁煙



    2009年10月31日 「鴨せいろ」
    2007年 8月26日 「せいろ」と「掻き揚げ」
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2010/08/04(水) 22:45:05 | | #[編集]
    ひめはるぜみ様
    多分、そうかと思われます。
    残念です。
    (彼は、土日だけやってくれればいいのに、なんて言ってました…)
    2010/08/03(火) 07:48:54 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    よしの様ぁ…
    なんとも言えない想いで、胸がいっぱいでした。
    集まっていた(食べに来た)お客さんの心が皆一つだったような、「寂しいけど、お疲れ様…」というような、不思議で暖かい空気でしたよ。

    ちょっとさびしそうに、にっこり笑ったご主人に奥様、本当に寂しい想いでいっぱいです。
    きれいなお店はできてきても、
    こういう憩いのお店がすぐに出来る事はないでしょう…。
    さびしかったです。

    この日も、よしのさんの事、思い出していました。
    そして、よしのさんの分も、じっくり目に焼き付けておきました・・。
    2010/08/03(火) 07:47:51 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    まあやん様
    こういうお店がなくなってしまう事、とても寂しいです。
    本当に、いいお店だったんです…
    2010/08/03(火) 07:43:18 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    なぜでしょう
    毎日 自分達が食べていけるだけ作ればいいようなお店です。

    お疲れになったんでしょうか。
    2010/08/02(月) 21:41:14 | URL | ひめはるぜみ #-[編集]
    ユカさんが
    仰るとおり、私も寂しさ一杯です。
    (蕎麦屋さん一般の問題でもありましょうが。

    本当に素朴な良いお店でしたね。
    (ま、グルメ向きっていうよりか、庶民の憩いのお店というかね。
    色々安くで・・・。

    二八でイインです、とキッパリ仰ったキップの良いおばさん。
    温かみあふれる独特なおじさんの声。
    印象の深いお店でありました。

    お訪ねいただき感謝します。
    2010/08/02(月) 16:18:46 | URL | よしの #-[編集]
    閉店ですか! 此処、結局行けず仕舞い。残念です~
    2010/08/02(月) 09:02:16 | URL | まあやん #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >