FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    西国分寺 「潮」 秋の夜の「蕎麦会席」 うずら茸鍋
    2010年11月28日 (日) 23:55 | 編集

    春以来、久々の、楽しみな潮さんのお料理を頂きに…
    すっかり日の落ちるのも早くなった、夕暮れ時。

    10-11-28 店

    夕闇に、凛とした灯りが灯り、悠然と佇むお店へと futt.gif

    西国分寺 「手打十割そば 武蔵国分寺 潮」

    端正な顔立ちの作務衣に身を包んだご主人に迎えられ…

    10-11-28 ビア

    まずは、先に到着していた友人達と、ビールを頂き、今日のご馳走に乾杯。
    人数が揃ったところで、いよいよ今日のお料理が運ばれ始め、もうわくわく onpu.gif

    10-11-28 1ふた

    まずは、温肴「牡蠣薯蕷(じょうよ)蒸し」

    10-11-28 1蓋あけ

    蓋を空けると、途端に生姜の香りがふわっと広がり、
    黄金色の生姜餡のかけられた蒸されたとろろが顔を見せる。

    10-11-28 1たべ

    箸ですくうと、とろりとして滑らかなとろろが何とも心地よく、

    10-11-28 1牡蠣1

    中にはぷりっぷりの牡蠣が埋まり、これがたまらない love.gif
    周りのとろろにも牡蠣の出汁が染み入り、
    さらに銀杏に、ほこほこの百合根の埋まり、この一品にすでにほっこり。

    10-11-28 1酒

    すぐに切り替えた、浦霞の熱燗と共に、じっくりと味わって…futt.gif

    10-11-28 2

    食べ終えた頃合いに、これが又楽しみな、「前菜盛り合わせ」。

    10-11-28 2たこ

    温州ミカンの器に盛られた、「海藤花(かいとうげ)塩辛」。
    初めて食べた、海藤花、蛸の卵の塩辛は、まるで綿毛のように繊細で、
    じわ~りひろがる、珍味の乙な味わいが酒を進ませ…

    10-11-28 2烏賊

    さらにこれも極めつけな酒の充て、「烏賊ごろ味噌漬」に、

    10-11-28 2チーズ

    ずわい蟹に、チーズ豆腐の組み合わせが絶妙な「ずわいチーズ寄せ」。

    10-11-28 2鴨ロース

    じっとり旨みの載った「鴨ロース」も美味しく、

    10-11-28 2松茸

    贅沢に松茸の薄切りが何枚も入った「松茸昆布」の香り風味は抜群で、
    これは、お持ち帰りしたくなってしまうほど、毎日食べたい佃煮。

    10-11-28 2からすみ

    さらに、見ただけで小躍りしたくなっちゃう「新唐墨」。
    大事に大事に口に含むと、ほろりと柔らかく、粒々が口の中でうごめくこの感触。
    ん~っ、潮さんの唐墨は、美味し~い love.gif

    10-11-28 2棒すし

    最後に笹にくるまれた一品、

    10-11-28 2棒すし空け

    広げてみると、美しい「かます棒寿司」が現れる。
    あちこちで歓声聞かれる中、この前菜の一皿だけでも、満喫してしまいそう~…

    10-11-28 3お椀

    と、続いて「碗盛り」「霙仕立鱈場蟹(タラバ蟹)白子包み」が置かれる。

    10-11-28 3お椀あけ

    蓋を開けると、目に飛び込む美しいこの風景。
    鮮やかなピンクのたらば蟹に、一文字軸葉に口柚子の彩に思わず見とれ…

    10-11-28 3白子あぷ

    身のしっかりとして、蟹の旨みが凝縮したたらばを食べて行くと、
    中には、ぷくぷくとした白子がたっぷり。
    蟹の味わいに、とろふわ白子に、もう、くらくら love.gif

    10-11-28 4お造り

    さらに、「向附」「鯛松皮に肝を添えた皮はぎ」のお造り。

    10-11-28 4たべ

    身の締った鯛に、肝を溶かしてポン酢で頂く皮はぎに舌包み。

    10-11-28 5あぷ

    焼肴は「白川尼鯛の西京焼き」、京菊菜柚子浸しが添えて出され…

    10-11-28 6ふた

    蓋付きの器で出された一品は、

    10-11-28 6海老芋

    大好きな、潮さん特製の「海老芋の炊きもの」
    ほこほことして、滑らかに口の中で溶けていく海老芋は、
    じっくりと上品な出汁がしみ、ふわりと広がる甘みに、これもうっとり。

    そして、いよいよメインのお鍋 niko.gif

    10-11-28 7鍋よそり2

    今日は、きのこたっぷりの「鶉なべ」だそうで、ご主人自らよそって下さる。

    10-11-28 7鍋食べる

    この出汁が、なんて奥行き深く、鶉の旨みの染みた汁。
    骨ごと丁寧に叩いてつくられたつくねに、様々な種類のきのこがどっさり。
    椎茸、平茸、花びら茸、大黒しめじ、白れい茸、なめこ茸、山えのき。
    それに下仁田ネギに、もっちりとした粟麩まで。

    10-11-28 7鍋わいわい

    もう、無口になりながら、夢中で食べるひと時があり…

    10-11-28 8そばすし2

    これも潮さん特製の「蕎麦寿司」も一人一つづつ作って頂き、

    10-11-28 9鰊

    蕎麦屋の定番、「鰊煮」に、(3人で一皿)

    10-11-28 10鮎

    「子持ち鮎の甘露煮」も、三人で一皿ずつ、別に注文~。

    心底、最初から最後まで、うなりっぱなしの美味なるお料理をたっぷり頂き、
    そろそろ、〆のお蕎麦を。

    10-11-28 本日のそば

    「本日のそば」は、群馬赤城の常陸秋そば。

    10-11-28 そば

    うっすらと緑がかった、ぴしりと角の整った端正な細切り。

    10-11-28 そばあぷ

    一糸乱れぬ凛々しい蕎麦からは、芳しい蕎麦の香りがふわりと漂い、
    口に含むと、しゃきっとした腰が、飲んだ後に心地いい。
    するすると喉元をすぎ、まろやかな汁と共に頂いて…

    さらりとした蕎麦湯でほっと一心地ついたところで、これも楽しみにしていた、
    「Patisserie de Ushio」の始まり~ niko.gif

    10-11-28 モンブラン

    今日のでデザートは、これもうれし~い、「和栗のモンブラン」。
    周りの栗のデコレーションはもちろん、中のメレンゲが極上 buchu-.gif

    10-11-28 シフォン

    さらに、料理人潮さんならでは、河豚切り包丁で切り分けて出された…

    10-11-28 シフォンたべ

    ふっわふっわの、「塩キャラメルシフォン」まで。

    10-11-28 和栗2

    「栗の渋皮のブランデー漬け」までも頂いて…
    すっかり、心の底から堪能した、夢のようなひと時。
    ご主人を囲んでの、お話しも又楽しく…

    今日も心の底から、ご馳走様でした~hahha.gif

    心から、季節毎に訪れたいな…futt.gif



    *お品がき
    そばぎり(150g) 800円、大盛り 1,100円、おかわり600円、おろしそば 1,000円、鴨汁そば 1,300円
    玉子やき 550円、そばがき 800円、生ゆば 800円、にしん棒 650円、鰊昆布 200円、このわた 1,000円、やきみそ 500円、焼きたけのこ 650円その他、

    蕎麦会席 4,000円~ (予算に応じて相談)(今回のお料理は10,000円+α)

    浦霞、酔鯨、春鹿、八海山 600円~、ビール(エビス、スーパードライ)



    10-11-28 品書き
    「武蔵国分寺 潮」 
     
    国分寺市西元町 2-18-11
    042-359-2898
    11:30~14:00 / 17:00~21:00
    (土日祝)
    11:30~15:00 / 17:00~21:00 
    火曜定休  店内禁煙 P2台




    2010年 4月25日 春の夜の「蕎麦会席」 花山椒肉鍋
    2010年 1月31日 「冬の夜の蕎麦会席」 あんこう鍋
    2009年11月 1日 「秋の夜の蕎麦会席」
    2009年 8月10日 「夏の夜の蕎麦懐石」
    2009年 3月23日 「春の夜の蕎麦懐石」
    2007年11月23日 「秋の夜の蕎麦会席」
    2007年 6月20日 「焼筍」、「鰊昆布」、「そばきり」
    2005年 3月18日 「そばきり」
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    岡崎宏一郎様
    ここは、是非コースがやっぱりお勧めです。
    予め、ご主人が用意して下さるので、定番にはない品書きに多いに楽しめます(^^)。

    でしょでしょ、何故か、潮さんのお料理だったら、いくらでも食べられちゃうんです。
    心配ご無用(^^)。

    是非、今度はコースで♪。
    あ、ご主人にそんな事おっしゃっていたんですね(^^;
    2011/01/07(金) 11:49:57 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    昨夜行ってきたのですが、
    いやぁ、ちょっと失敗でしたね。
    というのは一緒に行ったおばさまが
    かなりの少食みたいな話だったのに、
    ゆかさんがおっしゃっていたように、
    するすると「潮」のお料理は食えちゃったようで、
    結局アラカルトにして、
    同じくらいお金はかかった。
    なら少量多種のコースにしとけばよかった。
    いかわたの味噌漬けは珍味佳肴、
    蕎麦は蕎麦で「静御前」といえば古河になるのかな、
    僕の好みの挽きぐるみとは違いましたが、
    緑色がかった生粉打ちは鴨出汁なコクと相まって
    美味しかったです。

    なんだかんだと楽しめました。
    おすすめ、ありがとうございました。
    ゆかさんは小柄なのに、
    あれ?誰かに食ってもらったのでは、
    というくらいによくお食べになると
    言っていましたよ。
    2011/01/07(金) 07:29:09 | URL | 岡崎宏一郎 #SiKI9aDI[編集]
    ユメ様
    ご無沙汰しております。
    コメント、とってもうれしい…♪

    やっぱり、そろそろ、なんて思っていました?うふふ(^^)、行っちゃいました。
    やっぱり、潮さんのお料理は心の底から素晴らしいです!

    又…、帰ってきたおりにでも、お会いできたら…
    などとおもっております(u_u*)~。

    2010/12/01(水) 22:00:18 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    ご無沙汰しています!
    yukaさんこんにちは。以前、素朴庵でお会いしたユメです。
    アメリカでも(食べに行けないのに・・)yukaさんのブログを楽しみに拝見しています。とくに潮さんの回は「そろそろかな」とyukaさんが食べに行かれるのを心待ちにしているくらいです(笑)
    今回も本当においしそうで、今すぐ帰国して食べにいきたくなりました・・・

    これからもブログ、楽しみにしてますね!
    2010/12/01(水) 11:09:13 | URL | ユメ #-[編集]
    まがり様
    心から・・、幸せになるお料理ばかりでした(^^)。

    でも、そうなの、
    鰊、とか、鮎だけでも、
    もう、うっとりするほど美味しくて…。

    2010/11/30(火) 22:59:27 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    牡蠣のじょうよ蒸しなんて
    そんな手の込んだ料理食べたことがありません
    白子も蟹の身で包むなんて!!
    とり鍋が超うまそう
    デザートまでっ!
    くわっ

    あーでもシンプルに鰊なんて
    ちょっと食べたくなったかもだ
    2010/11/30(火) 13:18:52 | URL | ☆まがり★ #-[編集]
    崎宏一郎様
    本当にお久しぶりです♪
    帰ってきてくださったんですね。
    コメント、何よりうれしいです。

    はい、この前菜だけでメロメロでした(^^)。
    さすが、その筋の一流トップだっただけあり、センスの光方が違います。

    心底堪能した夜でした…。
    2010/11/30(火) 11:14:19 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    レモン様
    本当に、本当に素敵なご主人ですよね~~。私も、見つめられるとドキドキしてしまいます。
    さぞや、美男子だったのでは、と今でも。。

    ぜひぜひ、会いに行かれて下さい(^^)。
    平日のランチのセット、おすすめです♪
    2010/11/30(火) 11:12:56 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    ナベ様
    そ、それは大変な事に…!
    お大事になさってください。
    骨折のつらさは、私も十分わかるので、お辛いだろうと、心が痛みます。
    でも、歩けるのが羨ましかしら、私は歩けず、半年間お蕎麦やさん行けなかったんです。
    でも、時がたてば、すぐ・・・!

    本当にお大事になさって下さい。
    あとちょっとの辛抱です。
    (でも、フォーク持って行くの、素敵ですよ!)
    2010/11/30(火) 11:11:21 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    すごいな!
    何もかも、絶品ですね。

    幸せな夜でしたね。
    2010/11/30(火) 09:48:07 | URL | 夢八 #D2os1cdk[編集]
    八寸(?)だけでもう昇天しちゃいそうじゃないですか~。
    yukaさん、こんばんは~。
    お久しぶりです~。
    とある1万円くらいの日本料理屋で聞いたことがあるのです。
    器や店内の設えにカネをかけなければ、
    2万と言わず1万円でも
    ちゃんと旨い日本料理は食える、と。
    潮さんのばあいは器も良さそうですし、
    和食ベースの創作料理は
    変に奇を衒わず全部ちゃんと美味しいのでしょうね~。
    御主人はかなりの食いしん坊なのかな。
    カワハギの身と肝のみならず
    そこにコリコリとした皮付の鯛を加えた一点だけとってみても
    御主人のセンスの良さが分かります。
    2010/11/30(火) 04:40:24 | URL | 岡崎宏一郎 #SiKI9aDI[編集]
    主人は気がききます。メロメロ
    あいたいです。もう一度あいたいです。
    2010/11/29(月) 22:15:03 | URL | レモン #-[編集]
    羨ましい
    お蕎麦屋さんの会席料理で旨酒一献とは羨ましすぎます。海藤花、鰊、鍋は特に美味しそう!私は10月末に右鎖骨骨折で3ヶ月の自宅療養。早くもお正月休み突入でお蕎麦屋さんはおろか、自宅でも満足に食事ができません。毎日パソコンの前でため息ついてます。でもフォーク持ってお蕎麦屋さんに行ってみようかな。
    2010/11/29(月) 17:24:29 | URL | ナベ #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >